« ブレーキない自転車で走行の疑いで逮捕(11日)NHK | トップページ | スマホ詐取は「警察官の見立て」 大阪地裁、被告に無罪(11日)朝日 »

2013年11月11日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(11、12日単位・レベル)
angry厳罰で臨めannoy
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212_2

20131105100631

 赤信号で右折して右側通行する〝自転車暴走族〟を見るたびに「ええ加減にしろsign03」と言いたくなる。今朝も外を見ていたら腹が立った。NHKで、ブレーキのない危険な自転車を運転していた31歳の都内の男が道交法違反で警視庁に逮捕されたニュースを見てスカッとした。
 男は2度にわたり切符を切られるなど違反を繰り返し、しかも出頭に応じなかったもので、自転車の運転者が逮捕されたのは全国で初めてだという。
 一方、東京地検は自転車事故を重く見て、特に人身事故を起こした運転者を重過失傷害罪で在宅起訴するなど厳罰化で臨むことになっている。
 警察も酒酔い運転や信号無視といった悪質な違反者の取り締まりを強化している。今後は逮捕した者の氏名を公表せよ。
 今年に入って9月までの273日で全国の自転車による死者数は432人。1日平均1.5人が死亡していることになる。最も多い年齢は65歳以上で267人。年齢的に暴走行為が多いとみられている20歳以下では31人だった。
 自損行為ならいざ知らず、もらい事故では保険金をがっぽり請求するなど社会全体で厳しさを自覚させるべきである。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 
2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。
止まれない自動ブレーキ、フェンス衝突2人ケガ

10日午後0時45分頃、埼玉県深谷市山河の自動車販売会社「坂田自動車工業」の駐車場で行われた試乗会で、マツダの乗用車「CX―5」に搭載された障害物を認識して自動ブレーキがかかる機能を体験中、車がフェンスに衝突した。
 運転していた本庄市の男性会社員(39)が首を捻挫する軽傷を負い、助手席の自動車販売会社の男性(22)が腕の骨を折るなどの重傷を負った。
 県警深谷署の発表によると、駐車場には障害物としてウレタン製のマットがつるされ、車は約7メートル離れた場所から発進したが、マットにぶつかった後、約6・6メートル先のフェンスに衝突した。同署が詳しい状況を調べている。
 マツダ広報本部によると、この機能は時速4~30キロで走行中に障害物を認識すると自動停止するという。同社は「同様の事故が起こらないよう再発防止を徹底したい」とのコメントを出した。

« ブレーキない自転車で走行の疑いで逮捕(11日)NHK | トップページ | スマホ詐取は「警察官の見立て」 大阪地裁、被告に無罪(11日)朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/58557475

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« ブレーキない自転車で走行の疑いで逮捕(11日)NHK | トップページ | スマホ詐取は「警察官の見立て」 大阪地裁、被告に無罪(11日)朝日 »