カテゴリー

« 2013年11月20日 (水) | トップページ | 2013年11月22日 (金) »

2013年11月21日 (木)

2013年11月21日 (木)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日単位・レベル)
偽札と言えるの?
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20131112122142

 驚く前に気付かなかったのだろうか?と思いたくなる事件が発生した。
 なんと、盛岡市の食糧販売店で100万円札が見つかった。その100万円札には「贅沢銀行券・100万円」と書かれ、裏は真っ白だったそうだが、これは刑法の「通貨偽造罪」には該当しませんよね。
 本来流通していないし「日本銀行券」とは書いていないのだから…一部には「紛らわしい外観」として製造・販売が禁じられている「通貨及証券模造取締法」ではどうかと言う意見もあるようだ。
 そして、この100万円札の正体は、東大阪市の包装資材メーカーの商品だった。昨年10月に名古屋市内で「100万円札」を使った詐欺事件が起きて製造は中止していた。岩手県警でも詐欺罪での立件を視野に捜査しているという。
 この偽札など偽造通貨も最近は少なくなっている。警察庁によると今年9月までに発見された偽造銀行券枚数は738枚で前年より1212枚少ない。内訳は1万円券385枚、5千円券61枚、千円券291枚、2千円券も1枚あった。一方硬貨は五百円貨幣が682個だった。
 偽札事件と言えば、思い出すのは「チ-37号事件」。チとは千円札の意で37号とは37番目の偽札事件。秋田県を振り出しに22都道府県で343枚も発見されている。
 もうひとつ自分が担当した忘れられない事件に偽一万円札が東京・港区のゴミ集積所から発見された「和D-14号事件」がある。印刷ボケなどが多く、使えないことからゴミ置き場や荒川で大量に見つかった。
 これが、童話作家につながり、さらに宝石商殺しまで拡大するという大きな事件だった。昭和62年の話である。この偽札-収益なくして量刑が重いのだ。最低でも懲役3年から無期まである。やがては時代とともに消えるかもしれない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 
2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。
 田園調布誘拐事件の容疑者検挙で警察庁長官賞

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2" »

« 2013年11月20日 (水) | トップページ | 2013年11月22日 (金) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

留置所

無料ブログはココログ