« 2013年11月16日 | トップページ | 2013年11月18日 »

2013年11月17日

2013年11月17日 (日)

いじめ相談全国ネット始動 弁護士60人参加(17日)共同

学校でのいじめや体罰の問題に詳しい弁護士が、被害者や遺族の相談を受け付ける全国初のネットワーク「学校事件・事故被害者全国弁護団」が17日、発足した。16都道府県の弁護士約60人が加入し、引き続き全国からの参加を募る。情報交換を図りながら、問題の「真相」解明を求めて学校や教育委員会への対応にあたり、事実関係の開示などに不備があれば訴訟も検討する。
 東京都内で創立総会が開かれ、発起人で副代表を務める野口善国弁護士は「被害者や遺族から問い合わせが相次ぎ、一刻も早い創立が必要と判断した」と話した。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013111701001720.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

新たなストーカー対策導入へ 警察庁(17日)NHK

ストーカーによる凶悪な事件が相次ぐなか、警察庁は、ストーカーの危険度を客観的に見極めるため、加害者の性格や特徴など40項目からなるチェックシートを作り、年内にも全国の警察本部で導入する方針を決めました。

おととし12月に長崎県西海市で起きたストーカー殺人事件や、先月、東京・三鷹市で起きた事件では、被害者や家族が事前に警察に相談していましたが、警察は差し迫った危険性はないと判断し、十分な対応を取っていませんでした。
こうした事態を受けて、警察庁は、ストーカーの危険度をより客観的に見極める必要があるとして、ストーカーの診断に当たっている精神科医などの協力を得て、危険度を判定するチェックシートを作成し、年内にも全国の警察本部で導入する方針を決めました。
専門家によりますと、殺人など凶悪な行為に及ぶ人物は、医学的に、「被害妄想があり疑い深い」、「自分は特別な存在だという意識がある」、「罪悪感が薄い」といった特徴があるということで、チェックシートは、こうした医学的な見解に基づき、全国のおよそ3000件のストーカー事件のデータを分析して作られました。加害者の性格や特徴に加え、犯罪歴があるかどうかや被害者の性格に至るまで、合わせて40の項目について1つ1つ確認し、当てはまる項目の数などによって危険度を4段階で判定する仕組みです。
警察庁は、判定結果を基に、被害者を直ちに避難させるなどの迅速な対応につなげたいとしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131117/k10013125521000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

コインロッカーに忘れた250万、紙袋ごと盗難

 16日午前9時頃、茨城県筑西市、農業手伝い女性(65)が同市伊讃美の斎場内コインロッカーに置き忘れた現金約250万円入りの紙袋が無くなっていることがわかった。
 筑西署は窃盗事件とみて調べている。
 同署の発表によると、女性は10日午前、同斎場で夫の葬儀を行った際、コインロッカーにこの紙袋を入れた。同ロッカーに荷物を出し入れしているうちに無施錠のまま置き忘れた。
 女性は15日夜に思い出し、16日朝に同斎場に電話で問い合わせたという。(2013年11月17日16時58分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本ダム湖女性遺体、JA職員を死体遺棄容疑で再逮捕(17日)TBS

熊本県菊池市のダム湖で行方不明となっていた高見美加さん(当時33)が遺体で見つかった事件で、窃盗の疑いで逮捕されていた知人のJA職員、三森雄太容疑者(26)が死体遺棄の疑いで再逮捕されました。
 捜査関係者によりますと、2人の間に金銭トラブルがあり、三森容疑者が「首を絞めて殺害した」と供述していることから、警察は容疑が固まり次第、殺人の疑いで三森容疑者を逮捕する方針です。

Logo1_2

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2056524.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅に押し入り車強奪 逃走中に事故 男を逮捕(17日)テレビ朝日

17日午前、福島県田村市で、男が住宅に押し入り、女性を刃物で脅して車を奪って逃走しました。男はその後、いわき市内で事故を起こし、警察に逮捕されました。
 警察によりますと、郡山市の自称・除染作業員、野村顕一郎容疑者(49)は午前11時前、田村市船引町で車ごと田んぼに転落後、近くの住宅に押し入り、女性を刃物で脅して軽乗用車を奪って逃走した疑いです。野村容疑者はいわき市内でも事故を起こし、包丁を持っていたことから、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されました。警察では、強盗事件でも調べを進めることにしています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000016253.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日単位・レベル)
国境のない事件
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20131117113447_2

 カナダ・トロントの警察が大規模な児童ポルノ事件を摘発した。規模は米国やカナダ、オーストラリアなどで350人の逮捕者、336人の児童が保護された=産経新聞
 自分が警察庁を担当しているころ、たしか1999年のケルンサミット前だと記憶しているが、日本からインターネツトで流される児童ポルノが世界中から非難をあびた。
 今回のカナダの摘発は2010年ごろから始まっていた。そして42歳の男が逮捕され、世界各地の協力者がいたというが日本はなかった。
 あれから10数年、名誉は保たれた。
 【写真】は東京・武蔵野市の玉川上水。紅葉に見とれる白鷺。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺:サッカー監督の男、スポーツ保険で詐取 「診断書不要」逆用か(17日)毎日

スポーツ用の損害保険で保険金をだまし取ったとして、岩手県警岩手署は16日、青森市在住のサッカーチーム監督の男性を詐欺容疑で逮捕した。選手のけがや通院を装い、不正に保険金を請求したとされる。医師の診断書が無くても一定額まで請求できる保険で、利用のしやすさが逆用された可能性もあるという。【浅野孝仁、酒造唯】
 逮捕されたのは、東北社会人サッカーリーグ所属「ラインメール青森FC」の監督で青森市浦町、丸山富洋(ふみひろ)容疑者(37)。逮捕容疑は2009年11月9日〜10年1月26日、社会人サッカーチーム「アンソメット岩手八幡平」=既に解散=の監督時代、複数の選手と共謀し、けがや通院事実が無いのに、損保会社に数回にわたり虚偽の請求をし、保険金計十数万円をだまし取ったとされる。「弁護士が来てから話す」と容疑の認否を保留しているという。
  同署によると、今年6月に保険会社から告訴があり、捜査していた。同署は受け取った保険金の使い道や余罪の有無などを調べており、選手からも任意で事情を聴いている。
 県サッカー協会は昨年から、保険会社の照会を受けていたという。数万円単位の被害が数十件あるとし、「病院に行っていなかった」「一度病院に行っただけなのに、何回も通ったように見せかけていた」などと伝えられたという。
 丸山容疑者が利用したとされるのは「スポーツ安全保険」で、加入者がスポーツ中にけがや事故にあった際、治療費や賠償金を補償する。請求額が10万円以下の場合は医師の診断書が不要で、けがの症状や治療内容、病院の名前などを書面に記入すれば請求できる。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20131117mog00m040002000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

3兄妹連れ回した容疑 除染作業員の男逮捕 福島・郡山(17日)朝日

 福島県警は17日、男児ら兄妹3人を車に乗せて連れ回したとして、郡山市久山町久保田の除染作業員、前羽幸則容疑者(60)を未成年者略取誘拐の容疑で逮捕し、発表した。前羽容疑者は「全く知らない」と容疑を否認しているという。
 郡山北署によると、前羽容疑者は10月1日朝、郡山市の男児(10)、女児(6)、幼稚園児(5)の兄妹3人に路上で声をかけ、11時間にわたって同市内の温泉施設やコンビニエンスストアに車で連れ回した疑いがある。同日夜、3人の自宅周辺に戻って降ろしたという。3人は食べ物などを買い与えられており、被害に気づいた家族が後日、同署に届け出ていた。http://www.asahi.com/articles/TKY201311170023.html

Logo2

| コメント (0) | トラックバック (0)

不発弾処理で住民7000人避難 作業は無事終了(17日)テレビ朝日

東京・北区で不発弾を処理する作業が行われ、近くの住民約7000人が一時避難しました。作業は17日午前、無事終了しました。

 北区赤羽で7月、川の護岸工事の現場から、第2次世界大戦中にアメリカ軍が投下したとみられる重さ1トンの不発弾が見つかりました。処理方法を検討した結果、現場で起爆装置を取り外すことになり、午前11時から作業が行われ、周辺の半径約500メートルが立ち入り禁止区域になり、住民7000人が避難しました。
 避難所へ向かう住民:「怖いですね。(爆発したら)家がなくなっちゃうからね」「預金通帳とか印鑑とかカードとか、一式まとめて(持ってきた)」
 この作業により、周辺の幹線道路が通行止めになったほか、近くを通るJRの京浜東北線や湘南新宿ラインなどが一部区間で運転を見合わせ、約3万3000人に影響が出ました。作業は午前11時半すぎに無事終了し、避難や交通規制は解除されました。

2009_1229_211958annlogo1

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000016240.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

回収菓子からニコチン検出=毒物混入防止法適用も-「黒子のバスケ」脅迫・警視庁(17日)時事

人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる脅迫事件で、毒入りの菓子を置いたとする脅迫文が届いたため、コンビニ大手「セブン-イレブン・ジャパン」の店舗から回収された同作品のカード付きウエハース菓子から、毒物のニコチンが検出されていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。客が購入する前に店頭から撤去されており、健康被害は出ていない。
 一連の事件で、同作品の関連商品からの毒物検出が明らかになったのは初めて。警視庁捜査1課はこれまでの威力業務妨害容疑に加え、より刑罰の重い流通食品毒物混入防止法違反容疑の適用も視野に捜査している。ニコチンはごく微量で、致死量ではなかった。
 捜査関係者によると、10月下旬に報道機関や出版社などに届いた脅迫文には、千葉県内のセブンイレブンに「農薬を付けた菓子を作って置いてきた」などと書かれていた。この店を含む複数の店舗から撤去された菓子を警視庁が調べたところ、包装を破った跡がある商品を発見。中のウエハースからニコチン成分が検出された。
 たばこを水につけるなどして抽出したニコチンを付着させたとみられ、包装が破れた部分には「毒入り危険」などと書かれたシールが貼られていた。10月上旬~中旬ごろ、何者かが店頭の商品に紛れ込ませたとみられる。ニコチンは毒劇物取締法で毒物に指定されており、たばこ数本から成人の致死量が抽出できるという。
 作品の関連商品の撤去などを求める脅迫文は10月以降、書店やイベント会場など全国約250カ所に送られ、一部には「送付数は500カ所を超える」との記載もあった。コンビニのほか、大手書店やレンタルショップでも関連商品が撤去されるなど、各業界に影響が広がっている。(2013/11/17-02:35)

Top_header_logo21 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

中3自殺「いじめ大きな誘因」 調査委が報告書、広島・廿日市(17日)共同

広島県廿日市市で5月、市立中3年の女子生徒(14)が自殺した問題で、市教育委員会の調査委員会は16日、部活の同級生によるいじめがあったと認定した上で「自殺の大きな誘因」とする最終報告書をまとめた。
 報告書は、いじめへの学校の対応について「指導力不足もあった」と指摘。いじめの加害者となった同級生だけでなく、学校にも自殺の原因があったと分析した。
 報告書によると、女子生徒は、同じ部活の複数の女子生徒から「気持ち悪い」などと、継続的に悪口を言われたり、無視されたりするなどのいじめを受けていた。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013111601002170.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ラブホテル爆発:4年前にダンプ突入事件 佐賀、関連捜査(17日)毎日

16日未明、佐賀市中心部のラブホテルの玄関付近で爆発物のようなものが爆発した建造物損壊事件で、このホテルがレンタルルームとして使われていた2009年にも玄関にダンプが突っ込む事件が発生していたことが分かった。佐賀県警佐賀署は、現場は同一だが、ホテル関係者からトラブルなどの相談を受けていなかったとしており、関連の有無を慎重に調べるとともに爆発物の特定を急いでいる。

 同署によると、16日午前4時半ごろ、同市愛敬町のホテル付近にいた男性が爆発のような音を聞き、ホテル内が光ったのを目撃。連絡を受けた従業員が確認したところ、フロント付近のタイルの一部が焦げ、玄関ドアのガラスやドア上部の窓ガラスが割れていた。
 同署は玄関の内側に爆発物のようなものがあり、ガラス破片の大半が外側に飛び散っていることから、何者かが爆発物をホテル内に投げ込んだとみている。
 ダンプの事件は09年4月に発生。玄関付近に後ろから突っ込んだ4トンダンプが放置されているのを関係者が発見した。この施設のほか佐賀県内の風俗店2カ所でも同時期にダンプが玄関に突っ込んでおり、暴力団が関係しているとみて捜査が進められたが、未解決になっていた。
 現場はJR佐賀駅から南に約800メートル。繁華街に近く、飲食店や民家が並んでいる。近くに住む30代男性は「夜中にドンという音が聞こえて起きたが、まさか爆発だとは思わなかった」と恐怖を訴えていた。http://mainichi.jp/select/news/20131117k0000m040103000c.html

Logo_mainichi_s1

| コメント (0) | トラックバック (0)

人気漫画“商品”に脅迫文、撤去菓子から微量の毒物(17日)TBS

人気漫画「黒子のバスケ」の関連商品に毒を入れたとする脅迫文が大手コンビニチェーンなどに送りつけられた事件で、すでに撤去された菓子から微量の毒物が検出されていたことがわかりました。
 この事件は先月、大手コンビニチェーンの本社などに「『黒子のバスケ』のキャラクター商品のウエハースの取り扱いをやめないと毒を入れてばらまく」と書かれた脅迫文が届いたものです。
 大手コンビニチェーンは店頭からウエハースを撤去しましたが、警視庁へのその後の取材で、撤去されたウエハースの1つから毒物であるニコチンがごく微量、検出されていたことがわかりました。健康被害は確認されていません。
 「黒子のバスケ」をめぐっては、今年10月以降、全国各地でおよそ250通の脅迫文が確認されています。警視庁は、流通商品毒物混入防止法違反の疑いも視野に捜査しています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2056144.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

スピード超過原因か 自動ブレーキ車衝突事故(17日)産経

埼玉県深谷市でマツダの乗用車が自動ブレーキ機能の体験試乗中、フェンスに衝突し2人が重軽傷を負った事故で、車は自動ブレーキが作動しない時速30キロ超で走行していたとみられることが16日、捜査関係者への取材で分かった。
 事故は10日午後0時45分ごろ、深谷市山河の自動車販売店駐車場で発生。自動ブレーキを備えたマツダ車「CX-5」が、障害物に見立てたマットの前で停止せず、さらに前方のフェンスに衝突した。運転の男性客(39)は首に軽傷、助手席のマツダ系列会社員の男性(22)が腕を骨折する重傷を負った。
 県警の調べでは、CX-5の自動ブレーキは主に市街地を想定。時速4~30キロで走行中に前方の障害物を検知すると作動する一方、アクセルが一定以上踏み込まれたり、時速30キロを超えたりすると作動しない仕組みになっている。事故当時は速度が30キロを超えていた可能性があり、県警は販売店側の男性客への事前説明や、自動ブレーキ機能への認識を裏付けるとともに、走行状況を詳しく捜査している。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131116/crm13111621150006-n1.htmMsn_s1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

お台場で屋形船が座礁 乗客けが人なし(17日)産経

16日午後7時10分ごろ、東京都港区のお台場海浜公園の海上バス乗り場付近を航行中だった屋形船「第一ふじ岡丸」(16トン)から第3管区海上保安本部(横浜)に「何かに乗り上げて船内に浸水している」と通報があった。第一ふじ岡丸は浅瀬に乗り上げ、乗客ら22人は他の屋形船に避難、けが人はいなかった。
 東京海上保安部によると、第一ふじ岡丸は横浜港を出航し、お台場海浜公園に向かっている最中だったという。警視庁東京湾岸署などが事故原因を調べている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131117/dst13111700160000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月16日 | トップページ | 2013年11月18日 »