« 2013年11月14日 | トップページ | 2013年11月16日 »

2013年11月15日

2013年11月15日 (金)

工藤会系組幹部2人に無罪=会社社長銃撃で-福岡地裁小倉支部(15日)時事

福岡県中間市で2012年1月、建設会社社長だった男性を銃撃し、重傷を負わせたとして、殺人未遂罪などに問われた特定危険指定暴力団工藤会系組幹部の福田伸也(39)、藤野義光(36)両被告の判決が15日、福岡地裁小倉支部であり、大泉一夫裁判長は「実行犯であると認めるには疑いが残る」などとして、2人に無罪を言い渡した。
 検察側は福田被告を実行者とみて無期懲役を、共謀者として藤野被告に懲役20年を求刑していた。
 検察側は公判で、事件翌日に福田被告宅から出されたごみ袋から、犯行に使われた銃弾と痕跡が似た薬きょう数個や、硝煙反応が検出された衣服などが見つかったと主張したが、大泉裁判長は「薬きょうは、事件以外で使用された可能性も否定できない」と述べた。廃棄された衣服が被害者の目撃証言と一致するとした点も「際立った特徴がなく、福田被告と犯人の同一性を認定できない」と退けた。
 この裁判は裁判員裁判の対象だったが、検察側の請求に基づき、同支部は「危害が加えられる恐れがある」と判断。裁判官だけで審理された。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013111500965Top_header_logo21

| コメント (0) | トラックバック (0)

脱法ドラッグと称し麻薬販売容疑 警視庁、会社役員逮捕(15日)共同

脱法ドラッグと称し麻薬を販売したとして、警視庁組織犯罪対策5課は15日までに、麻薬取締法違反(営利目的譲渡)の疑いで、東京都練馬区の会社役員沖山潮容疑者(41)ら2人を逮捕した。
 組対5課は練馬区の脱法ドラッグ製造工場や保管場所15カ所を家宅捜索し、原材料の粉末などを押収した。
 組対5課によると、沖山容疑者の会社が中国から原材料を輸入し脱法ドラッグを製造、全国の店に販売し、2年間で約20億円の売り上げがあったとみて裏付けを進めている。2人は容疑を否認している。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013111501002162.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警部ら2人、現金100万円脅し取る…逮捕(15日)読売

会社役員から100万円を脅し取ったとして、福井県警は15日、同県警警部の朝井信二(51)(福井県永平寺町中島)、知人で不動産会社役員の五十嵐豊(51)(福井市和田東)両容疑者を恐喝容疑で逮捕した。


 朝井容疑者は警察官と明かしたうえで、トラブル解決の報酬として現金を要求したという。
 県警監察課などの発表によると、両容疑者は6月上旬、福井市内の飲食店で、五十嵐容疑者の知人で50歳代の会社役員男性に対し、「暴力団と付き合いがあるという投書が県警や県に来ている」「話を収めるなら、多少なりとも金を使わなあかん」などと迫り、100万円を脅し取った疑い。両容疑者は「恐喝はしていない」と容疑を否認しているという。(2013年11月15日20時39分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・野田市の廃油処理工場で爆発、2人死亡(15日)TBS

千葉県野田市の廃油処理工場で起きた爆発火災で、男性2人が死亡、男女16人が重軽傷を負いました。
 これは爆発が起きた直後の野田市の廃油処理工場「エバークリーン千葉リサイクルセンター」の映像です。午後4時10分ごろ、爆発火災が起き、火は1時間ほどで消し止められましたが、工場内で発見された男性2人が死亡しました。また、男性2人が重傷を負ったほか、男女14人がけがをしました。
「どーん、どーんと2回。その後、においがした。焦げたにおい」(近所の人)
 「響きがすごい。地震と同じような」(近所の人)
 「灯油の臭いが爆発の30、40分前からしていた。あまりに臭くなってきたので、見に行こうと思ったら爆発した」(隣の工場の従業員)
 「(爆発が)2度ありました。(眼鏡が)1メートルくらい飛んでいる」(隣の工場の従業員)
 工場内にあるエンジンオイルの蒸留施設が火元とみられ、警察と消防は、さらに詳しく原因を調べています。(15日20:36)

Logo1_5 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2055397.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

派遣型売春クラブから「みかじめ料」 元暴力団組員の男を逮捕(15日)フジテレビ

元暴力団組員の男が、「みかじめ料」などの名目で、派遣型売春クラブから、およそ80万円を受け取っていた疑いで、警視庁に逮捕された。
逮捕された指定暴力団山口組系元組員・和田和正容疑者(39)は、派遣型売春クラブの経営者から、みかじめ料などの名目で、およそ82万円を受け取った疑いが持たれている。
警視庁によると、和田容疑者は、店の経営者に「組長のホテル代を払え」、「賭けマージャンに負けた」などと言って、1年間におよそ800万円を受け取っていたが、調べに対し、黙秘しているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00257901.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(15、16日単位・レベル)
草葉の陰で…
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20131105102700

 警視庁捜査1課管理官 警視 故・小山金七さん「あなたが現場を100回踏んだ」事件にようやく動きが出ましたよ。金ちゃんにとって心残りの事件(山)でしたよねえ~
 東京・八王子市のスーパー「ナンペイ」で事件が起きたのは平成7年7月30日午後9時15~25分の間。女性3人が拳銃で頭などを撃たれ殺害された事件。それから2年後の9年9月5日、金ちゃんは警視庁捜査1課から八王子署の刑事課長になった。「犯人検挙の厳命」を受けた人事と言われた。
 課長になってほぼ1年後、久しぶりに金ちゃんと再会した。その時、金ちゃんが自分にこう言った。「俺…あの現場を100回踏んだよ」。課員にも内緒で犯行時間帯に現場に立ちつくしたのだ。そして、最後にこう付け加えた。「立っているとな、なぜか見えてくるんだ…。あれは絶対に外国人だよ」…
 あれから15年-「実行犯を知っている」とされるカナダ在住の43歳の中国人を旅券法違反の疑いで逮捕。八王子署に移送された。歴代の警視総監と会うたびに「あの事件と世田谷一家殺人を挙げたい」と言っていたが、10人目の90代総監・西村泰彦氏にチャンスが回ってきたのだ。
 あとは「落としの金ちゃん」の後輩の「落としのデカさん」に期待したい。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 
2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。
 国重要文化財:85件が行方不明 その57件は盗難届け

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

八王子の3女性射殺事件、「実行犯知る?」男が成田到着(15日)TBS

東京・八王子市のスーパーで女子高校生ら3人が射殺された事件にからみ、事件の実行犯を知っている可能性があるとされるカナダ在住の中国人の男が、15日午後、成田空港に到着しました。
 旅券法違反の疑いで逮捕されたカナダ在住の中国人、何亮容疑者(43)を乗せた飛行機は、午後3時半ごろ、成田空港に到着しました。
 何容疑者は2002年に、他人名義のパスポートで日本を出国した疑いが持たれていますが、18年前に東京・八王子市のスーパー『ナンペイ』で、女子高校生ら3人が頭をけん銃で撃たれ、殺害された事件について、実行犯を知っている可能性があるとされています。
 警視庁は、これまで、何容疑者について、カナダ当局に身柄の引き渡しを求めてきましたが、現地の裁判所の引き渡しを認める決定に対して、何容疑者が上告を断念したことから今回の引渡しが実現しました。
 弁護人によりますと、何容疑者は八王子の事件について『知らない』と話しているということです。警視庁は今後、捜査本部のある八王子警察署に身柄を移し、射殺事件についても事情を聴く方針です。

Logo1_4

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2055141.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

闇サイト“仲介の男”を逮捕 女子中学生誘拐事件(15日)テレビ朝日

東京・田園調布で中学1年の女子生徒(12)を誘拐したとして43歳の男ら3人が逮捕された事件で、警視庁は新たに男1人を監禁容疑で逮捕しました。容疑を否認しています。
 無職の稲垣博也容疑者(22)は6日、田園調布で、帰宅途中の中学1年の女子生徒を監禁した疑いが持たれています。警視庁によりますと、稲垣容疑者は事件を主導した羽田宏明容疑者の闇サイトへの書き込みを見て、ほかの実行犯2人を連れて、事件の当日、羽田容疑者と世田谷区内の公園で会っていたということです。稲垣容疑者は女子生徒を連れ去った車には乗らず、その場から逃走していました。取り調べに対し、稲垣容疑者は「羽田容疑者にだまされて紹介しただけで、監禁には関与していない」と容疑を否認しています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000016126.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

学校に爆破予告書き込みの疑い 高校生を書類送検、山形県警(15日)産経

山形県警鶴岡署は15日までに、県立鶴岡工業高校(鶴岡市)に爆弾を仕掛けると短文投稿サイト「ツイッター」に書き込みをしたとして、威力業務妨害容疑で、同校の男子生徒を書類送検した。
 書類送検容疑は、9月29日午前、ツイッターに「明日の朝6時半に鶴岡工業高校に爆弾をセットする」と投稿し、教職員や警察署員の業務を妨害した疑い。
 関係者によると、投稿は当日中に削除されたが、教職員や署員は校内の安全を確認する作業に追われた。30日が中間テストの最終日だった。
 同校によると、男子生徒は「反省している。また頑張りたい」と話しているという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131115/crm13111512080008-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪白書 女子受刑者20年で2倍超(15日)NHK

法務省はことしの犯罪白書をまとめ、去年新たに刑務所に入所した女子受刑者の数がこの20年間で2倍以上に増え、高齢化が進んで収容率も過剰な状態が続いているとして、処遇体制を充実させるべきだと指摘しています。

ことしの犯罪白書によりますと、去年1年間の刑法犯罪は201万5000件余りで、全体の半分を占める窃盗犯が減ったことなどから10年連続で減少する一方、再犯者は13万人余りと検挙者全体のおよそ45%を占め、再犯者率は平成に入って最も高くなっています。
また、振り込め詐欺を含めた特殊詐欺は8693件で、前の年に比べておよそ2割増え、被害総額は前の年のほぼ倍の357億円余りに上っています。
一方、白書では女性の犯罪を詳しく分析し、去年新たに刑務所に入所した女子受刑者の数は2225人で、この20年間で2倍以上に増え、このうち65歳以上の割合はおよそ13%と、男子受刑者に比べ高齢化が進んでいるとしています。
また、収容率も103%と、過剰な状態が続いているとしています。
このため、白書では、医療や介護などの専門家と連携したり施設を拡充したりするなど、女子受刑者の処遇体制を充実させるべきだと指摘しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131115/t10013078031000.html

News_pic1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

西東京市の薬局に強盗、現金5万円奪い逃走(15日)TBS

東京・西東京市の薬局で、客を装った男が包丁のようなもので女性店員を脅したうえ現金およそ5万円を奪って逃走しました。
 14日午後7時前、西東京市谷戸町の薬局で、客を装って入ってきた男が突然包丁のようなものを女性店員(66)に突きつけて、「金を出せ」と書いた紙を見せながら「刺すぞ」と脅しました。
 男は、女性店員がカウンターの引き出しから差し出した売り上げ金およそ5万円を奪って逃走しました。女性店員にけがはありませんでした。
 逃げた男は、身長160センチほど、黒っぽい上着で、白色のタオルを頭と口に巻いていたということです。
 近くの防犯カメラにはひばりヶ丘駅方向に逃げる男の姿が映っていたということで、警視庁は強盗事件として行方を追っています。

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2054994.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

オレオレ詐欺 弟の名前呼び見破る(15日)NHK

息子を装ったオレオレ詐欺の電話を受けた都内の71歳の女性が不審に思ってあえて60代の弟の名前で呼びかけても相手が気付かなかったため警視庁に通報し、女性の元を訪れた少年が現金を受け取ってだまし取ろうとした疑いで逮捕されました。
少年は容疑を否認しているということです。

警視庁によりますと、15日午前、東京・練馬区に住む71歳の女性の自宅に息子を装った男から「小切手が入ったカバンを駅でなくした。取引先の担当者が行くので100万円渡してほしい」と電話がかかってきたということです。
女性は不審に思い、だまされたふりをしてあえて息子ではなく60代の弟の名前で呼びかけたところ、男が気付かずにそのまま応じたためオレオレ詐欺だと分かり、警視庁に通報したということです。
その後、背広姿の男が自宅に現れ、女性から封筒を受け取ったため、張り込んでいた警察官が詐欺未遂の疑いで逮捕しました。
逮捕されたのは大田区の解体工の17歳の少年で、調べに対し「池袋で男に書類を取りに行く仕事を頼まれた。現金だとは知らなかった」と容疑を否認しているということです。
女性は「電話の声が息子とは違う気がして機転を利かせてみた。ふだんからオレオレ詐欺には気をつけていた」と話しているということです。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131114/k10013069091000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

嘱託警察犬:トイプードルのカリンとフーガ、イベントに引っ張りだこで集中力低下、本職に弊害(15日)毎日

◇今日審査会、訓練士は弱気も
 年に1度、警察犬としての技量をチェックする鳥取県警嘱託警察犬の審査会が15日に開かれる。2年前に初めて受けた審査会で合格し嘱託警察犬になったのが、トイプードルのカリン(3歳)とフーガ(4歳)。一躍人気者となり、県警の広報犬としても活躍してきた。今も各種イベントに引っ張りだこだが、その分「本職の訓練に弊害が出ている」と訓練士の宮本誠さん(32)は顔を曇らせる。今年は不安を抱えての審査会出場になりそうだ。【川瀬慎一朗】
 県警鑑識課によると、警察犬の審査は服従と臭気選別、足跡追及の三つ。服従は人への服従度などを審査し、全ての犬が受けなければならない。臭気選別と足跡追及は選択制で、臭気選別は10メートル先の台に並べられた5枚の布の中から特定の臭いが付いた布を選ぶテスト。足跡追及は犯人が歩いた経路を臭いでたどり、遺留品を発見する。6月と今月2日に実施された訓練会やこれまでの実戦成果も加味され、合否が決まる。
 カリンとフーガは過去2回、足跡追及で合格している。2年前の審査会は2匹とも足跡追及のみに挑戦。昨年はフーガが足跡追及のみ、カリンは両方に挑戦したが、共に足跡追及のみ合格した。3年目の今年、フーガは両方に挑戦。一方、カリンは昨年不合格だった臭気のみに挑戦するという。宮本さんは「カリンは足跡への意欲があまりない。物を持ってくるのが好きなので、今回は臭気に絞った」と説明する。
 「本番で成果が出せるか心配」。審査会を目前にした今月上旬、訓練を続ける宮本さんから弱気な声が漏れた。2匹は警察犬として話題になると、県の嘱託犬や県警の広報犬にも任命され、交通安全教室のようなイベント出演が増えた。その数は昨年で約30、今年が現在までに約20。「警察犬、広報犬ともどっちつかず。審査会だけを目指す犬ならば、それだけに焦点を合わせられるが、2匹はそうはいかない」と宮本さんは話す。イベントで人前に出て可愛がられることで、訓練への集中力が低下。作業態度がいいかげんになることもあるという。「2匹の気持ちをうまく調整し、審査会に意欲的に臨めるかどうか」(宮本さん)が合否の鍵を握りそうだ。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20131114mog00m040015000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

交流サイトで犯罪被害の子供、半年で598人(15日)読売

交流サイトの利用をきっかけに性犯罪などの被害に遭った18歳未満の子供が今年上半期で598人に上ることが14日、警察庁のまとめでわかった。


 全国の警察で把握できた343人のうち190人(55%)は、サイト利用について親の注意を受けたことがなかった。 被害に遭った子が交流サイトを利用した目的では、友だち作りや情報交換が68%を占めた。しかし上半期に摘発された859件のうち837件(97%)で、容疑者は性行為などを目的にしていた。被害の人数は、性犯罪の温床とされる「出会い系サイト」での73人を大幅に上回っている。
 被害に遭った子の89%は携帯電話で交流サイトを利用していた。しかし、法律で義務づけられたフィルタリング(有害情報の閲覧制限)を設定していたのは5%にとどまった。警察庁は「親が子どもにせがまれるなどして携帯電話会社に設定しないよう求めたケースが多い。親も含めて交流サイトの危険性を知ってほしい」と呼びかけている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

同僚に睡眠剤入りシュークリーム 小学校講師に傷害容疑(15日)朝日

同僚の女性教諭に睡眠導入剤入りのシュークリームを食べさせ、急性薬物中毒に陥らせたなどとして、大阪府警は14日、大阪市立加美北小学校(大阪市平野区)で音楽担当だった中岡温子常勤講師(60)を傷害と器物損壊の疑いで書類送検し、発表した。容疑を認め、「指導方法や教育方法に不満があった。邪魔で仕方なく、職場からいなくなればいいと思った」と供述しているという。
 平野署によると、中岡講師は昨年6月1日、職員室で開かれた学年会議で、出席した教諭5~6人に市販のシュークリームを1個ずつ配った。その際、40代の女性教諭の分に睡眠導入剤「ブロチゾラム」を入れて食べさせ、急性薬物中毒に陥らせた疑いがある。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ケネディ新駐日大使「日本に行くのが待ちきれない」(15日)TBS

「日本に行くのが待ちきれない」アメリカの新駐日大使、キャロライン・ケネディ氏が、日本に向かう飛行機に乗り込む前に、JNNの呼びかけに答えました。
 「ケネディさんが空港に到着しました」(記者)
 (おはようございます)
 「おはようございます」(新駐日大使 キャロライン・ケネディ氏)
 (Q.調子はいかがですか?)
 「いいわ」(新駐日大使 キャロライン・ケネディ氏)
 (Q.日本の皆さんに一言)
 「日本に行くのが待ちきれないわ」(新駐日大使 キャロライン・ケネディ氏)
 JNNの呼びかけに控えめな笑顔でこう応じたキャロライン・ケネディ氏。乗り込んだ飛行機は、日本時間15日午後3時前に成田空港に到着する予定です。
 故・ケネディ元大統領の長女で、幼少のころから注目を集めてきたキャロライン氏は、作家や弁護士としての顔も持ちますが、外交経験はゼロ。TPPや沖縄基地問題、複雑化する東アジア情勢など山積する課題に抜群の知名度をどう生かせるか。迎え入れる日本側の手腕も問われます。(15日02:38)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2054977.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ナンペイ事件」実行犯を知る可能性の男、日本へ移送 (15日)TBS

18年前、東京・八王子市のスーパーで、女子高校生ら3人が射殺された事件にからみ、事件の実行犯を知っている可能性があるとされる、カナダ在住の中国人の男が警視庁の捜査員らに連れられ、現地を出発しました。
 男はカナダ在住の中国人(43)で、1995年7月、八王子市のスーパー「ナンペイ」で、女子高校生ら3人が頭をけん銃で撃たれ、殺害された事件について実行犯を知っている可能性があるとされています。
 一方、男の担当弁護士によりますと男は「八王子の事件については知らない」と話しているということです。
 「彼は八王子の事件を一切知らないという主張を繰り返している」(男の担当弁護士)
 警視庁は15日、男の身柄を日本に移した後、旅券法違反の疑いで逮捕し、八王子の事件についても事情を聴く方針です。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2054980.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上に倒れていた80歳女性が死亡 ひき逃げか 青森・黒石市(15日)フジテレビ

青森・黒石市で80歳の女性が倒れているのが見つかり、死亡した。ひき逃げされたものとみられている。
14日午後6時ごろ、黒石市の路上で、隣の平川市に住む、原田 レイコさん(80)が倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが、頭などを強く打っていて、死亡した。
付近では、白っぽい車が立ち去るのが目撃されていて、警察は、ひき逃げ事件として捜査している。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00257866.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「好き」46歳高校教師が教え子にメッセージ1000通(15日)テレビ朝日

高校の男性教師が、女子生徒に不適切な内容のメッセージを送っていたとして処分されました。
 停職3カ月の懲戒処分を受けたのは、愛知県瀬戸市の県立高校の46歳の男性教師です。愛知県教育委員会によりますと、この教師は8月から約1カ月にわたり、女子生徒に携帯電話で「好きです」「いつも綺麗だよ」などというメッセージを約1000通送っていました。さらに、ほかの生徒の成績なども知らせていたということです。生徒の母親が気がつき、学校側に連絡したということです。この教師は「寂しさを紛らわすためにやってしまった」と話していて、14日付で退職願を出したということです。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000016079.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

脱走のドイツ人 「東北人の善意」に助けられ…(15日)産経

傷害容疑で逮捕されたドイツ国籍のシューツ・ペトロ・ウラジミロビッチ容疑者(25)が宮城県警仙台中央署の取調室から逃走した事件。容疑者は署から沿岸の宮城県七ケ浜町まで約16キロ、途中で衣服をもらい、車に乗せてもらうという“東北人の善意”に助けられていた。「捕まって安心」「殺人など新たな事件に発展しなくてよかった」。成り行きを見守っていた住民からは安堵の声が漏れた。
 のどかな住宅街に位置する七ケ浜交番。「確保、確保」。14日午後6時半、同容疑者が出頭すると、警察官が叫んだ。近くでガソリンスタンドを経営する男性(68)は逃走劇のラストシーンを目撃。逃走犯と知らずに、多くの人が容疑者に服をあげたことを指摘し「困った人を助けるいいところが裏目に出て残念だ」と振り返った。
 車で移送された容疑者は仙台中央署に到着。両脇を署員に抱えられ、頭は濃いグレーの服で覆われていた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131114/crm13111423140019-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月14日 | トップページ | 2013年11月16日 »