« 2013年10月31日 | トップページ | 2013年11月2日 »

2013年11月1日

2013年11月 1日 (金)

中国人女に不正に在留資格 4人逮捕(1日)日本テレビ

NPO法人で雇っていると偽って、飲食店で働く中国人の女に不正に在留資格を取得させたとして、日本人と中国人の男女4人が逮捕された。  入管難民法違反の疑いで逮捕されたのは会社役員・砥上康二容疑者(66)とNPO法人代表・柏崎史帆容疑者(42)、中国人の整体師・湯国金容疑者(40)ら4人。
 砥上容疑者らは、去年9月、NPO法人で雇っているとするウソの書類を東京入国管理局に提出して、飲食店従業員の中国人の女に、不正に在留資格を取得させた疑いがもたれている。湯容疑者が、中国人向けのサイトや中国語新聞の広告で、在留資格を求める中国人を集めていたとみられている。
 NPO法人には実体がなく、砥上容疑者は警視庁の調べに対し、容疑を一部否認しているという。

2010_0318_173406banner011_3 http://www.news24.jp/articles/2013/11/01/07239521.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

踏切渡りきれず96歳女性死亡、東急電鉄・大井町線(1日)TBS

1日午後0時半すぎ、東京・世田谷区の東急電鉄大井町線・尾山台駅近くの踏切で、歩行者の女性が急行電車にはねられました。
 警視庁によりますと、はねられたのは、近くに住む無職で96歳の塩路芳子さんで、病院に運ばれましたが、頭を強く打つなどして、まもなく死亡が確認されました。
 踏切は幅がおよそ10メートルあり、警視庁は塩路さんが渡りきれずにはねられたとみて、原因を調べています。

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2044573.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日単位・レベル)
どうすれば防げるのか

【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20131027101731

 実在しない「中京放送」を名乗り、現金をだまし取る事件が全国で相次いでいるが、こうした特殊詐欺犯は今年9月まで8503件を認知、前年同期より2607件も増加していることが警察庁のまとめで分かった。
 中でも増加しているのが振り込め詐欺。7883件、被害額は173億6953万円。前年同期と比べ3590件、77億2436万9000円と急増しており、警察庁は注意を呼びかけている。
 このうち、オレオレ詐欺は約半数近くの3726件で1173件の増。被害額は114億9273万6000円で45億932万2000円の増加となった。
 還付金詐欺も1394件で被害額は12億9895万4000円だった。
 今月11日、愛媛県宇和島市で、78歳の女性が900万円を振り込もうとしたが、理由を言わないことに疑問を持った25歳の職員が粘り強く説得、未然に防ぎ、このほど感謝状が贈られた。
 このように金融機関の説得や警察では、「見回り隊」まで設置し、お年寄り宅を訪問するなどで懸命に防止に努めているが、一向に減らない。抜本的な対策を考えないと21世紀の歴史に残る犯罪となりますぞ!
 東京・新宿区で31日夕、31歳の男性が、複数の男に現金およそ3000万円が入ったキャリーバッグを奪われる強盗傷害事件が発生したが連続性がないので
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。
2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。
 顧客から2千万円を詐取 容疑の元税理士を逮捕

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

ストーカー対策検討会 桶川事件の遺族が参加(1日)産経

改正ストーカー規制法が全面施行されたことを受けて、ストーカー被害の防止策などを話し合う警察庁の有識者検討会の初会合が1日、開かれた。同庁の辻義之生活安全局長は、「ストーカー事案は高い水準で推移している。被害を発生させない対策を検討していただきたい」と述べた。
 委員には、同法が作られるきっかけとなった、平成11年の埼玉県桶川市のストーカー事件で長女を殺害された猪野憲一さんや、ストーカー被害の相談を受けているNPO法人「ヒューマニティ」(東京都)の小早川明子理事長が加わっているほか、弁護士などの専門家が参加した。
 ストーカー対策については、警察は相談体制の強化などの対策を取ってきたが、対応が後手に回り被害者が殺害される事件も相次ぎ、先月8日には東京都三鷹市で女子高生が元交際相手の男に殺害される事件も発生している。
 検討会ではこの事件についても報告される予定。会合は月に1回のペースで開催し、来年夏をめどに報告書をまとめる。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131101/crm13110117180019-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホームの女性に下半身露出 41歳男を逮捕(1日)日本テレビ

東京・杉並区で先月31日、下半身を露出し、フェンス越しに駅のホームにいる女性に見せたとして、建設作業員の男が逮捕された。
 公然わいせつの疑いで逮捕されたのは、建設作業員の堀江尚正容疑者(41)。警視庁によると、堀江容疑者は先月31日午前1時過ぎ、京王井の頭線・久我山駅のホームにいる女性に対し、フェンス越しに下半身を露出した疑いが持たれている。堀江容疑者は駅近くの建設現場で作業員として働いていて、仕事を終えた先月30日午後10時頃から3時間近く、ホームの女性と目が合うたびに下半身を露出したという。
 堀江容疑者は警視庁の調べに対し、「女性に見せることで興奮し、快感がある」と話し、容疑を認めているという。

2010_0318_173406banner011_2 http://www.news24.jp/articles/2013/11/01/07239507.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

首相の警護車両、連日の接触事故…けが人なし(1日)読売

安倍首相の警備を担当する警視庁警護課の警護車両が10月30、31日、東京都内で相次いで事故を起こしていたことが同庁への取材でわかった。
いずれもけが人はなく、後方を走っていた安倍首相の公用車への影響はなかった。
 30日午後、港区芝浦の首都高1号線で、首相の車列を先行する乗用車が車線変更の際、前方のトラックに接触。31日午後には、千代田区永田町の首相官邸前の交差点で、秋の園遊会から移動中だった首相の先行車が車線変更の際、後方から来たタクシーと接触した。
 安倍首相の車列を巡っては、今年4月にも安倍首相自身が乗る車が同課の車に追突する事故が起きている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

議員会館の徳田議員事務所を捜索、徳洲会公選法違反 (1日)TBS

大手医療法人「徳洲会」をめぐる公職選挙法違反事件で、東京地検特捜部は1日午前、衆議院第一議員会館にある徳田毅議員の事務所の家宅捜索を始めました。
 衆院第一議員会館の徳田毅議員の事務所には、午前11時前、東京地検特捜部の係官およそ10人が家宅捜索に入りました。
 徳洲会は、去年12月の衆院選挙で徳田議員の選挙運動に病院職員を派遣し、報酬を支払った公職選挙法違反の疑いがもたれています。特捜部は9月に強制捜査に乗り出し、徳田議員の鹿児島市内の自宅や事務所などを捜索していますが、議員会館の捜索は初めてです。
 関係者によりますと、父親の徳田虎雄前理事長や徳田氏の親族は、これまでの特捜部の任意での事情聴取に違法な選挙運動への関与を否定していますが、特捜部は徳田毅議員についても違法な選挙運動への認識や関与がなかったかどうか調べを進めるものとみられます。(01日12:02)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2044273.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「言葉遣い、生意気」部下に銃口、巡査部長停職 兵庫県警、書類送検(1日)産経

兵庫県警は1日、勤務中に部下に拳銃を向けたとして、銃刀法違反容疑で、交番に勤務する尼崎南署の男性巡査部長(49)を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分にした。
 捜査関係者によると、巡査部長は交番で7月中旬、20代と30代の男性巡査に実弾入りの拳銃の銃口を数メートル離れた距離から向けた疑いが持たれている。引き金には安全用のゴムが付いており、実際は引けない状態だった。
 県警の調べに「生意気な言葉遣いを注意するため冗談でやった。申し訳ない」と認めているという。
 捜査関係者によると、巡査部長は、昨年にも別の部下に拳銃を突き付けたことがあった。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131101/crm13110114380015-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

実在しない「中京放送」かたる詐欺に注意を(1日)日本テレビ

実在する名古屋市のテレビ局「中京テレビ放送」に似た「中京放送」という実在しない放送局を名乗り、現金をだまし取る事件が全国で相次いでいる。
 これまでに愛知県に住む男性が100万円、長崎県の男性が80万円の被害に遭っており、さらに先月30日、長野県に住む80代の女性が640万円をだまし取られていたことが新たに分かった。「中京放送」を名乗る男は、全国各地の詐欺の被害者を狙って電話を掛け、金をだまし取っていると見られている。テレビ番組への取材協力をもちかけて近づく、その巧妙なだましの手口とは…
 被害に遭いかけた女性「『中京放送ですけれども、詐欺被害に遭われた方の、年末に特集番組をやりますので、その件でお電話を入れたんです』と。『もう私はだまされない』という企画だとおっしゃったので」  依頼は、詐欺を取り上げた番組の取材に協力してほしいというものだった。女性の自宅に届いた資料には、実在しない「中京放送」のパンフレットの他、被害金額が返ってくると思わせるような書類が入っていた。その後の電話は「取材」の話から「金を取り戻せる」という話にすり替わっていった。
 NNNは先月29日、「中京放送」を名乗る男から電話があり、合計で80万円振り込んでしまったという長崎県の60代の男性を取材していた。

続きを読む "実在しない「中京放送」かたる詐欺に注意を(1日)日本テレビ"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁 コカインなど簡易試験廃止(1日)NHK

違法な薬物の簡易試験のミスが原因で、コカインを隠し持っていたとして誤って男性を逮捕したことを受けて、警視庁は、今月から判別が難しいコカインなど一部の薬物の簡易試験を原則として廃止し、詳しい鑑定を踏まえて捜査することを決めました。

警視庁では先月下旬、40代の男性が持っていた粉末を簡易試験した巡査長が、コカインの反応が出たとして男性を逮捕しましたが、詳しい鑑定の結果、粉末は法律で規制されていない脱法ドラッグだったため、謝罪して釈放しました。
脱法ドラッグの中には、簡易試験でコカインなどの違法な薬物と同じような反応を示す物があり、警視庁は簡易試験だけで逮捕しないよう指導していましたが、巡査長はこの指導を認識していなかったということです。
このため再発防止策を検討した結果、警視庁は今月から、コカインや合成麻薬のMDMAなど判別が難しい一部の薬物は原則として簡易試験を廃止し、詳しい鑑定を踏まえて捜査することを決めました。
判別が比較的容易な覚醒剤や大麻などは引き続き簡易試験だけでも逮捕するということですが、ことし9月に覚醒剤の簡易試験でもミスがあったことから、警視庁はより慎重に行うよう指導を徹底することにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131101/k10015729611000.html

News_pic1

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京外環道:夜間、対向車に瓶投げ付け相次ぐ 容疑者逮捕(1日)毎日

埼玉県内の東京外環自動車道で、夜間に走行中の車から対向車の運転席に瓶を投げ付ける事件が相次ぎ、埼玉県警交通捜査課が31日、器物損壊容疑で、岡山県倉敷市の運送会社に勤務する50代のトラック運転手の男を逮捕したことが捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、男は「(勤務先の指示で)ゆっくり走行しなければならず、ストレスがたまっていた」と供述。外環道では美女木ジャンクション(埼玉県戸田市)付近で8月に車の窓ガラスが割られるなどの被害が数件あり、別の高速道路での同様の被害もあったという。(共同)

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20131101k0000m040169000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

遺言書作成で3150万円請求、弁護士を懲戒(1日)読売

遺言書の作成費用として3000万円超の高額報酬を不当に受け取るなどしたとして、第二東京弁護士会は31日、同会所属の山崎康雄弁護士(72)を10月23日付で業務停止3か月の懲戒処分にしたと発表した。
発表では、山崎弁護士は2009年5月、都内の資産家の女性(09年12月死去)の依頼で、経営する木材関連会社の経営などを孫の男性に相続させる内容の遺言書を作成。翌6月、費用の内訳などを説明せず、男性に3150万円を請求して受け取った。さらに、10年3月には、定職がなかった自分の息子ら2人を雇用するよう男性に強要した。
 同会の調査に対し、山崎弁護士は「報酬には女性の死去後の手続き費用も含まれており、高額ではない」と主張したが、同会は「算出根拠も示しておらず、弁護士にあるまじき行為」と判断した。
 山崎弁護士の事務所は取材に対し、「コメントすることはない」としている。(

2013年10月31日20時09分

  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性上司を殺害する目的で刃物所持、容疑の男を逮捕 (1日)TBS

東京・北区の路上で職場の上司の女性を殺害する目的で刃物を持っていたとして、39歳の介護職員の男が警視庁に逮捕されました。
 殺人予備の疑いで逮捕されたのは、北区に住む、介護職員の根間旭容疑者(39)です。根間容疑者は10月28日、午後6時20分頃、北区にある職場近くの路上で、「ぶっ殺してやる」などと騒ぎながら、上司の女性(48)を殺害する目的で包丁のような刃物を持っていた疑いがもたれています。
 事件当日の夕方、上司の女性は「根間容疑者と職場内でトラブルになり、変なメールを送られている」と警視庁滝野川警察署に相談に訪れていたということです。
 取り調べに対し、根間容疑者は、容疑を認めたうえで、「仕事上のトラブルで恨みを持っていた」などと供述しているということです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2044021.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

赤ちゃん遺棄事件 東京・北区の児相、2005年に警察に調査依頼か(1日)フジテレビ

30代の夫婦による赤ちゃんの遺棄事件で、これまでに夫婦は、3人の遺棄について供述しているが、これまでの関係機関の対応も1つの焦点となっている。
無職・戸沼英明容疑者(32)は、2011年、生後まもない女の赤ちゃんを公園のベンチに放置した疑いで逮捕された。
そして、戸沼容疑者の妻で、ホステスの千恵美容疑者(31)も、同じく保護責任者遺棄の疑いで逮捕された。
夫婦は31日朝、身柄を東京地検に送られた。
2011年当時の戸沼容疑者らを知る人は「男(夫・英明容疑者)とも、あいさつ程度は何回かしたんですが、ちょっと仕事つけない状態のようで、いつも寝てるって感じ。家賃も払わなくなっちゃったから。女性の方は、気さくに話も」、「夕方になると出て行くのに、よく会いました」と話した。
千恵美容疑者は「夫と相談して、2人で捨てました。お金もなく、育てられない」と供述している。
2人の逮捕容疑は、へその緒がついたままの次女を、公園のベンチに置き去りにしたとされるもの。
しかし、次女以外にも放置されていた。
長女を発見した人は「黒いセーターにくるまれて、何かわからなかったけど、持ち上げたら赤ちゃんだったので。見ましたら息をしてたので」と話した。
警視庁のこれまでの調べで、夫婦の間には、これまでに4人の子どもがいて、このうち3人が放置され、残る1人も、虐待を受けていたとみられることが判明している。
最初の長男放置から、すでに11年。
わが子の放置は、なぜ繰り返され、なぜこれまで発覚しなかったのか。
戸沼容疑者と妻の千恵美容疑者は、2002年、埼玉・上尾市に住んでいた。
そして、この年、千恵美容疑者は、長男を出産した。
近所の人にも当初、長男の存在は知られていたという。
この長男について、2人は、警視庁の調べに「生まれたあとに死んだので、自宅近くに遺棄した」と供述しているという。
当時を知る人によると、このころの2人については「夜逃げしたと認識している。ある日突然、荷物を置いたまま、いなくなってしまった」という。
そして、2人は東京に移り住んだ。
2004年に、戸沼容疑者らは、東京・北区赤羽に引っ越した。
その際の住民票には、戸沼容疑者と千恵美容疑者、すでに遺棄していたとみられる長男と、この年に生まれた次男の表記があったという。
そして、この年の12月、次男への虐待の疑いが発覚した。
北区の児童相談所が、戸沼容疑者夫婦の次男を保護したが、その際、住民票に記載されていた長男の行方がわからないことに、担当者が気づいたという。
この時、戸沼容疑者らは、「長男を親戚に預けている」と説明したという。
この時も、夫婦は、児童相談所との連絡を絶ち、家を引き払って姿を消した。
このあと、児童相談所の職員が、長男の所在がわからなくなっていることなどについて、警視庁赤羽警察署に電話で調査依頼したと、記録に残っている。
しかし、警視庁との間で、具体的な話し合いはされず、具体的な手が打たれることはなかった。
こうして、その後も、千恵美容疑者は、2人の女の赤ちゃんを出産し、放置を繰り返した。
この無責任の連鎖を、何かで止めることはできなかったのか、今後の解明が待たれる。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00256965.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自営業の男性が現金3,000万円を奪われたと届け出 東京・新宿区(1日)フジテレビ

東京・新宿区で、自営業の男性(31)が、現金3,000万円を奪われたとの届け出があり、警視庁が捜査している。
10月31日、新宿区の路上で、自営業の男性が助けを求めているのを通行人が発見し、交番に届け出た。
男性は「現金3,000万円が入ったキャリーバッグを、2~3人の男に奪われた」と話し、顔などに軽傷を負っているということで、警視庁が当時の状況を調べている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

少年を監禁・暴行…サッカークラブコーチら逮捕(1日)テレビ朝日

サッカークラブのコーチの男ら3人が、教え子の自転車を盗んだ少年に腹を立て、車に乗せて監禁して暴行を加えたなどとして逮捕されました。
 サッカークラブのコーチの山下裕史容疑者(28)ら3人は去年10月、教え子の自転車を盗んだ少年(17)を車に乗せて両手を縛って監禁したうえ、千葉県木更津市まで移動し、公園で暴行を加えた疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、山下容疑者が教え子の自転車を盗んだ少年に腹を立て、「自転車の持ち主に謝ってほしい」などと言って呼び出したということです。取り調べに対し、山下容疑者らは「木更津で少年の胸ぐらをつかんだだけ」などと否認しています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000015221.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月31日 | トップページ | 2013年11月2日 »