« 九州誠道会、新団体を立ち上げ 警察、抗争再燃を警戒(8日)朝日 | トップページ | 仙台市太白区の住宅で43歳女性が窒息死 殺人事件として捜査(8日)フジテレビ »

2013年10月 8日 (火)

千葉大生強殺、2審は無期 裁判員の「死刑」破棄2例目(8日)産経

千葉県松戸市で平成21年、千葉大4年の荻野友花里さん=当時(21)=を殺害したなどとして強盗殺人などの罪に問われ、1審千葉地裁の裁判員裁判で死刑とされた無職、竪山辰美被告(52)の控訴審判決公判が8日、東京高裁で開かれた。村瀬均裁判長は1審判決を破棄、無期懲役を言い渡した。
 裁判員裁判の死刑判決が高裁で破棄されるのは2例目。殺害された被害者は1人で、高裁の判断が注目されていた。
 1審は竪山被告が荻野さん殺害以外にも、短期間に強盗致傷や強盗強姦を繰り返していたことなどから、「殺害の被害者が1人であることや殺害に計画性がなかったことは、極刑を回避すべき決定的事情とまではならない」と判断。「更生可能性は乏しい」として、死刑を選択した。
 1、2審判決によると、竪山被告は21年10月、松戸市のマンションの荻野さん宅に侵入し、包丁で脅して現金などを奪った上、胸を刺して殺害。翌日、証拠隠滅のため現場に戻り、室内に放火するなどした。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131008/trl13100811240000-n1.htm

« 九州誠道会、新団体を立ち上げ 警察、抗争再燃を警戒(8日)朝日 | トップページ | 仙台市太白区の住宅で43歳女性が窒息死 殺人事件として捜査(8日)フジテレビ »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉大生強殺、2審は無期 裁判員の「死刑」破棄2例目(8日)産経:

« 九州誠道会、新団体を立ち上げ 警察、抗争再燃を警戒(8日)朝日 | トップページ | 仙台市太白区の住宅で43歳女性が窒息死 殺人事件として捜査(8日)フジテレビ »