« 暴走族少年を「受け子」に使う おれおれ詐欺容疑の男(30日)共同 | トップページ | 【大田区女児遺棄】居所不明の小中生、全国に669人 「児相の目、届かぬ」(31日)産経 »

2013年10月31日 (木)

【大田区女児遺棄】児童相談所、16年に把握、警察に相談も…悲劇防げず(31日)産経

生まれたばかりの子供が親の身勝手で遺棄される事件が再び起きた。児童相談所は9年前に虐待を受けた疑いがある次男を保護し、間もなく長男が行方不明になっていることを把握。警視庁にも相談していたが、長女、次女が遺棄されるのを防げず、長男の行方はいまだに分かっていない。
 「長男は生後数カ月で親族に預けた」。東京都によると、戸沼英明、千恵美両容疑者は平成16年12月中旬、北児童相談所の職員に長男の行方を尋ねられ、こう説明した。職員は数日前に虐待の疑いがあるとして次男を保護しており、住民票などから長男の存在を把握していた。詳細は以下をクリックdownwardleft
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131031/crm13103100110000-n1.htm

« 暴走族少年を「受け子」に使う おれおれ詐欺容疑の男(30日)共同 | トップページ | 【大田区女児遺棄】居所不明の小中生、全国に669人 「児相の目、届かぬ」(31日)産経 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/58485706

この記事へのトラックバック一覧です: 【大田区女児遺棄】児童相談所、16年に把握、警察に相談も…悲劇防げず(31日)産経:

« 暴走族少年を「受け子」に使う おれおれ詐欺容疑の男(30日)共同 | トップページ | 【大田区女児遺棄】居所不明の小中生、全国に669人 「児相の目、届かぬ」(31日)産経 »