« 朝鮮総連本部の売却許可延期 「モンゴル企業」なお審査(22日)朝日 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2013年10月22日 (火)

顧客資金1億円着服か 実兄刺殺容疑の元弁護士、横領容疑で立件へ 警視庁(22日)産経

東京都墨田区で昨年11月、無職の大久保敏明さん=当時(58)=を殺害したとして、殺人容疑で逮捕された実弟の元弁護士、敦容疑者(52)が、弁護士業務の過払い金返還請求などで取り戻した資金の一部を、顧客に返さずに着服していた疑いが強いことが、捜査関係者への取材で分かった。着服総額は約1億円に上るとみられ、警視庁は業務上横領容疑で敦容疑者を立件する方針を固めた。
 捜査関係者によると、敦容疑者は平成11年に弁護士登録し、東京都足立区に事務所を構えた。当初は不動産処理などを請け負っていたが、数年前から消費者金融などへの過払い金返還請求の依頼が増えたのを機に、返還資金の一部を着服するようになったという。
 警視庁が大久保さん殺害事件を捜査する過程で、敦容疑者の口座に出所不明の預金があることが分かり、裏付け捜査を進めていた。
 敦容疑者は大久保さん殺害事件後の今年に入り、墨田区内の自宅に事務所を移したが、弁護士業務はほとんど行っておらず、7月末には所属先の東京弁護士会に、弁護士登録の取り消しを自ら申し出ていた。
 敦容疑者は今月3日、殺人容疑で警視庁に逮捕されたが、一貫して容疑を否認しているという。警視庁は大久保さんとの間に金銭以外のトラブルを抱えていたとみて詳しい犯行動機を調べるとともに、敦容疑者の勾留期限が満期となる24日以降、業務上横領容疑で再逮捕する方針だ。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131022/crm13102217080008-n1.htm

« 朝鮮総連本部の売却許可延期 「モンゴル企業」なお審査(22日)朝日 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顧客資金1億円着服か 実兄刺殺容疑の元弁護士、横領容疑で立件へ 警視庁(22日)産経:

« 朝鮮総連本部の売却許可延期 「モンゴル企業」なお審査(22日)朝日 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »