« 【衝撃事件の核心】面識ない犯人が残した「お前に用はない」…深まる謎 埼玉・越谷男性殺害事件(27日)産経 | トップページ | 「一警察官として命がけでやる」 連続企業爆破事件の内幕本刊行 土田警視総監の日記「解読」(27日)産経 »

2013年10月27日 (日)

【衝撃事件の核心】警視庁のお騒がせ失踪警察官は何がしたかったのか 自殺?強盗? エリートの胸に巣くったものとは…(27日)産経

警視庁の現職警察官が勤務中に、実弾入りの拳銃を持ったまま忽然(こつぜん)と姿を消したのだからただ事ではない。綾瀬署中央本町交番の巡査長、小林英正容疑者(24)は失踪から3日後の10月18日夜、交番から約90キロ離れた宇都宮市内で発見され、銃刀法違反容疑で逮捕された。拳銃以外に目出し帽を持ち歩き、強盗目的を連想させる一方、約200万円の現金も見つかり、謎が謎を呼んでいる。父親が検察官を務めたという家庭で育ち、巡査部長試験にも最短で合格するというエリート街道を歩み始めていた男の胸中には、何が巣くっていたのか-。
「少年が騒いで…」苦情処理?で出動 誘拐事件のプロが追跡
 「小林英正だな」
 JR宇都宮駅(宇都宮市)近くのビジネスホテル。18日午後7時半ごろ、外からロビーに入ってきた小林容疑者は警視庁の捜査員に取り囲まれ、声をかけられた。黒っぽい上着の私服姿で、バッグを大切そうに抱えていた。
 宿泊していた部屋に連れて行かれ、バッグから拳銃が見つかり、銃刀法違反容疑(加重所持)で逮捕された。捜査員に逮捕容疑を読み上げられても、ぶるぶると体を震わせるだけで、何も言葉を発しなかった。拳銃には、実弾5発が込められたままだった。
 詳細は以下をクリック
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131027/crm13102707010001-n1.htm

« 【衝撃事件の核心】面識ない犯人が残した「お前に用はない」…深まる謎 埼玉・越谷男性殺害事件(27日)産経 | トップページ | 「一警察官として命がけでやる」 連続企業爆破事件の内幕本刊行 土田警視総監の日記「解読」(27日)産経 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【衝撃事件の核心】警視庁のお騒がせ失踪警察官は何がしたかったのか 自殺?強盗? エリートの胸に巣くったものとは…(27日)産経:

« 【衝撃事件の核心】面識ない犯人が残した「お前に用はない」…深まる謎 埼玉・越谷男性殺害事件(27日)産経 | トップページ | 「一警察官として命がけでやる」 連続企業爆破事件の内幕本刊行 土田警視総監の日記「解読」(27日)産経 »