« 「男が待ち伏せ」と警察に相談(9日)NHK | トップページ | 解体現場に白骨遺体、業者ら「作業遅れる」と通報せず (9日)TBS »

2013年10月 9日 (水)

暴力団融資放置は「会社ぐるみ」 みずほ銀トップの責任は?(9日)産経

みずほ銀行の西堀利(さとる)元頭取が、暴力団組員らへの融資を放置していた問題を把握していたことが明らかになった。当時のトップの関与で不祥事の実態は「会社ぐるみ」だったといえる。前身の旧第一勧業銀行や4大証券による総会屋への利益供与事件(平成9年)では、問題発覚後、トップが軒並み引責辞任している。みずほ銀のトップはどう責任を取るのか。
 利益供与事件で辞任したのは、第一勧銀、野村証券、大和証券、山一証券、日興証券のトップら計70人余り。野村証券社長や第一勧銀会長らは自らの関与が発覚する前に、金融界全体の社会的信頼を傷つけた道義的責任を取って辞任した。その後、利益供与を部下に指示したり、報告を受け了承するなどしていたことが判明し、多くの逮捕者を出した。第一勧銀相談役の自殺もあった。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131009/crm13100900480004-n1.htm

« 「男が待ち伏せ」と警察に相談(9日)NHK | トップページ | 解体現場に白骨遺体、業者ら「作業遅れる」と通報せず (9日)TBS »

暴力団関係、 銃刀法違反事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/58348885

この記事へのトラックバック一覧です: 暴力団融資放置は「会社ぐるみ」 みずほ銀トップの責任は?(9日)産経:

« 「男が待ち伏せ」と警察に相談(9日)NHK | トップページ | 解体現場に白骨遺体、業者ら「作業遅れる」と通報せず (9日)TBS »