« 国交省、JR北の追加監査終了…小池会長も聴取(13日)読売 | トップページ | 交際女性殴り大けが 男を逮捕(13日)NHK »

2013年10月13日 (日)

三鷹・高3殺害:警察切迫感なく…三鷹署長、把握は事件後(13日)毎日

女優になる夢を抱いていた東京都三鷹市の私立高校3年の女子生徒は8日朝、警視庁三鷹署の署員に約1時間半、元交際相手の池永チャールストーマス容疑者(21)からのストーカー被害を訴えた。数時間後、生徒が襲撃されたのは自宅だった。警視庁管内で受理するストーカーの相談件数は年間約1500件に上る。18歳のいのちを守れなかった同庁の対応を検証した。【松本惇、山崎征克、林奈緒美、藤沢美由紀】

 「生徒がつきまといに遭っている。どこに相談すればいいか」。女子生徒の高校の担任教諭から杉並署に相談の電話があったのは4日午後のことだ。杉並署の担当者は現場が三鷹市内だとして三鷹署への相談を勧めた。
 被害者の「たらい回し」を防ぐため、警視庁は他の署に被害相談を引き継ぐ場合は記録を残すよう指示しているが、杉並署の担当者は記録を取らず三鷹署にも連絡しなかった
 杉並署幹部は「学校側から被害者の名前や詳しい被害状況を伝えられなかった」と釈明するが、1995年10月、神奈川大に通う長女(当時21歳)を同じ大学の男子学生に殺された山内久子さん(68)は「なぜ電話1本でも横の連絡ができなかったのか。最悪の事態は防げたかも」と悔しがる。
 女子生徒が両親と三鷹署を訪れたのは8日朝。「関西に住んでいるはずなのに、1日と4日の通学途中に自宅近くで待ち伏せていた。怖い」と口頭か文書による警告を求めた。
 しかし、署員は別の相談処理や上司がイベントに出席していたことから、内容をすぐ上司に伝えなかった。元交際相手からのメールや手紙を9日に確認してからと考え、被害届も取らなかった。警察庁は通達で速やかな上司への報告と署長指揮を求めているが、上司への報告は事件発生時間帯まで遅れ、署長に伝わったのは事件後だった。
 ◇「パトロールできた」 ストーカー問題に詳しい番敦子弁護士は「関西から上京し、自宅周辺に2度も姿を見せている。生徒を帰宅させずパトロールすることもできた」。別の署の幹部も「警察に来る時点で被害者は切羽詰まっている。ホテルに避難を勧めたり学校を休ませたりするなど慎重な対応が取れたのでは」と言う。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20131013k0000m040071000c.html

« 国交省、JR北の追加監査終了…小池会長も聴取(13日)読売 | トップページ | 交際女性殴り大けが 男を逮捕(13日)NHK »

ストーカー事件・DV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三鷹・高3殺害:警察切迫感なく…三鷹署長、把握は事件後(13日)毎日:

« 国交省、JR北の追加監査終了…小池会長も聴取(13日)読売 | トップページ | 交際女性殴り大けが 男を逮捕(13日)NHK »