« 警察庁も「警察協力章」授与決める、救助で死亡の女性に (4日)TBS | トップページ | JR北海道、運転士の薬物検査拒否 社内体質改善に消極的(5日)産経 »

2013年10月 4日 (金)

2会社員、架空会社名義でスマホ詐取容疑(4日)読売

携帯電話販売店からスマートフォンをだまし取ったとして、警視庁は4日、会社員・望月昭成(26)(横浜市緑区)、会社員・松坂健太(25)(岩手県釜石市)の両容疑者を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。


 同庁は、2人が昨年6月以降、仲間数人と実態のない会社名義で約250台のスマホをだまし取り、中国のブローカーに転売して総額1000万円以上の利益を得たとみて調べている。
同庁幹部によると、2人は今年1月3日、神奈川県内の携帯電話販売店で架空の会社名義で法人契約し、スマホ4台をだまし取った疑い。調べに対し、容疑を否認している。

« 警察庁も「警察協力章」授与決める、救助で死亡の女性に (4日)TBS | トップページ | JR北海道、運転士の薬物検査拒否 社内体質改善に消極的(5日)産経 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/58320707

この記事へのトラックバック一覧です: 2会社員、架空会社名義でスマホ詐取容疑(4日)読売:

« 警察庁も「警察協力章」授与決める、救助で死亡の女性に (4日)TBS | トップページ | JR北海道、運転士の薬物検査拒否 社内体質改善に消極的(5日)産経 »