« 2013年10月30日 | トップページ | 2013年11月1日 »

2013年10月31日

2013年10月31日 (木)

78歳を粘り強く説得、詐欺を防いだ信金職員(31日)読売

お年寄りが振り込め詐欺被害に遭うのを防いだとして、愛媛県警宇和島署は30日、宇和島市の宇和島信用金庫恵美須町支店の職員、志摩龍哉さん(25)に感謝状を贈った。
 同署によると、今月11日、市内の一人暮らしの女性(78)から「900万円を振り込む必要がある。すぐに来てほしい」と支店に電話があり、志摩さんが訪問した。志摩さんは理由を言わない女性を粘り強く説得し、買った覚えのない高額商品を解約するためのお金だと聞き出し、浜田竜也支店長らと相談して詐欺と判断した。
 同支店では詐欺被害を防ぐ訓練を今月3日に行ったばかり。宇和島署で富岡和夫署長から感謝状を受け取った志摩さんは、「女性は詐欺で捕まると脅され、おびえていた。職員が連携し被害を防ぐことができた。女性に『ありがとう』と言ってもらったのがうれしい」と話した。
 同署は「不審な電話があれば相談してほしい」と呼び掛けている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査1課警部を再逮捕=情報漏えい事件で3度目-愛知県警(31日)時事

愛知県警警部による情報漏えい事件で、捜査を担当していない暴力団関係者らの記録を調べたとして、県警捜査2課は31日、公務員職権乱用容疑で捜査1課警部倉木勝典容疑者(56)を再逮捕した。倉木容疑者の逮捕は3度目。「よく思い出してから話す」と認否を留保しているという。
 逮捕容疑は2010年12月、暴力団関係者で風俗店グループ実質経営者の佐藤義徳容疑者(56)=携帯電話不正利用防止法違反容疑で再逮捕=ら2人について、県警内部の過去の情報照会記録を担当者に検索させた疑い。
 同課は、倉木容疑者が佐藤容疑者側から頼まれて記録を調べた可能性があるとみている。(2013/10/31-20:13)

Top_header_logo21 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013103101058

| コメント (0) | トラックバック (0)

GSが組長車を無料洗車500回 大阪、暴排条例違反(31日)共同

指定暴力団山口組系の組長や組員の車と知りながら、無料で洗車サービスを繰り返したとして、大阪府公安委員会は31日、府暴力団排除条例に基づき、組員や府内のガソリンスタンド(GS)の店長に同様の行為をしないよう勧告した。府警捜査4課によると、洗車回数は約2年間で約500回に上るとみられる。
 捜査4課によると、店長は2011年4月~今年8月、組長の専用車や組員のマイカーを無料で洗車したり、スタンドの一角を駐車場代わりに使用させたりしていた。
 組員が常連客で、店長は約10年前から付き合いがあった。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013103101001884.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドライバーで首刺され重体、殺人未遂の疑いで男逮捕(31日)TBS

ショッピングセンターで男性が首を刺され、意識不明の重体です。
 午後2時半ごろ、茨城県潮来市のショッピングセンターの駐車場で60代の男性が男にマイナスドライバーで首を刺されました。男性は首から大量の血を流して倒れていて、意識不明の重体です。
 警察は、その場にいた鈴木弘容疑者(48)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。鈴木容疑者は被害者と顔見知りで、警察の取り調べに対し「刺したことは間違いないが、殺すつもりはなかった」と供述しているということです。

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2043567.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中日本高速子会社の男逮捕 ガソリンスタンド強盗疑い(31日)産経

川崎市高津区のガソリンスタンドから今年9月、現金約170万円を奪ったとして、神奈川県警は31日、強盗の疑いで、静岡県御殿場市新橋、中日本高速道路(名古屋市)の子会社社員、石塚敏浩容疑者(47)を逮捕した。
 石塚容疑者は中日本高速道路の子会社「中日本ハイウェイ・パトロール東京」に勤務。県警によると、事件直前までガソリンスタンドでアルバイトをしており、金庫の鍵の保管場所を知っていたという。
 逮捕容疑は9月25日未明、川崎市高津区新作4丁目のガソリンスタンド事務所に押し入って男性店員(39)を刃物で脅し、金庫にあった計約170万円を奪った疑い。
 中日本ハイウェイ・パトロール東京の総務部は「詳細が判明次第、厳しく対応する」と話した。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131031/crm13103115540010-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(31、1日単位・レベル)
摘発が目的ではないsign02
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20131027105546

 国家公安委員長が交通取締について「摘発が目的になっている」と指摘したことを受けて警察庁は大学教授や自動車の専門家などからなる「交通事故抑止に資する取締・速度規制等の在り方に関する懇談会」を設けて検討に入っている。
 「摘発が目的になっている」と指摘する言葉の裏には「隠れて交通取締を実施する」「ノルマを果たすのが目的」という取締は止めろと言う意図が見え隠れする。
 ある時、若い警察官がこれに異論を唱えたことを思い出す。「警察官の姿が見えるから規制を守る。見えなければ守らない-これでは事故は減らない。本来なら姿が無くても守るべきなのに、姿が見えない時に違反する者は交通法令を遵守する意思がみられず、他の場所でも違反している。隠れて取り締まるのは交通マナーの教育。どんな時でも規則を守るという認識を持たせるためにも必要だ」
 違反しなければ警察官の姿が見えても見えなくても議論にすらならないはず。交通警察官の交通取締は刑事警察で言うなら〝捜査手法〟のひとつ。国家公安委員長は捜査の内容にまで踏み込んではいけない。〝指揮権発動〟は慎むべきである。
首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。
 オレオレ詐欺の金、顔知らぬ指示役へ8割 大阪の少年ら

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

銃刀法違反で逮捕の男「拳銃はフリマで買った」(31日)読売

山梨県警組織犯罪対策課と鰍沢署などは30日、市川三郷町落居、雑貨商望月喜広容疑者(61)を銃刀法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕した。


 発表によると、望月容疑者は同日午前9時頃、自宅に拳銃を所持していた疑い。望月容疑者は「自分のものです」と容疑を認めているという。 県警に情報が寄せられたため、同日、望月容疑者の自宅を捜索したところ、階段の下から拳銃1丁が見つかった。望月容疑者は拳銃について「2、3年前にフリーマーケットで買った」と供述。銃弾は持っていなかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

赤ちゃん3人遺棄、「長男は埼玉県内に捨てた」(31日)TBS

東京・大田区に住む30代の夫婦が、生まれたばかりの赤ちゃん3人を遺棄したとみられる事件で、この夫婦が、11年前に生まれた長男について、「死んでしまったので埼玉県内に捨てた」と供述していることがわかりました。
 この事件は、2011年3月、大田区大森西の公園内に生まれたばかりの女の赤ちゃんが遺棄されていたもので、近くに住む無職の戸沼英明容疑者(32)と妻の千恵美(31)容疑者が保護責任者遺棄の疑いで逮捕されました。
 夫婦はこのほかにも2人の赤ちゃんを遺棄したことを認めていますが、警視庁へのその後の取材で、夫婦がこのうち、11年前に生まれその後行方不明になっている長男について、「死んでしまったので埼玉県内に捨てた」と供述していることがわかりました。
 警視庁は、長男が死亡したいきさつについて、さらに夫婦を追及する方針です。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2043231.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

尼崎連続変死:大江さん事件、3親族に有罪 神戸地裁判決(31日)毎日

兵庫県尼崎市の連続変死事件で、2011年11月、ドラム缶から遺体で見つかった大江和子さん(当時66歳)への傷害致死や死体遺棄などの罪に問われた長女香愛(かえ)(45)ら3被告の裁判員裁判の判決公判が31日、神戸地裁であった。細井正弘裁判長は、香愛被告に懲役3年、執行猶予4年(求刑・懲役4年)、次女裕美被告(42)に懲役2年、執行猶予3年(同)、次女の元夫の川村博之被告(43)に懲役3年6月(求刑・懲役5年)を言い渡した。事件化された被害者6人のうち、死亡に絡む刑事責任を問う初判決だった。
 起訴状では、3被告は自殺した角田美代子元被告(当時64歳)と共謀し11年7〜9月、尼崎市のマンションに大江さんを監禁。食事やトイレの回数を制限し、腹部や顔を蹴るなどして死亡させ、ドラム缶にコンクリート詰めにして貸倉庫に放置したとされる。川村被告は香愛被告への傷害罪なども問われた。
 3被告は起訴内容を大筋で認め、弁護側は「心神喪失か心神耗弱状態で違法行為は避けられなかった」として無罪を主張。責任能力が最大の争点だった。
 3被告は美代子元被告らから暴力を受けていたとされ、地裁が公判前に実施した精神鑑定結果では「事件当時、(脅迫や暴力などにより行動しても状況が変わらないと考える)学習性無力感の状態だった。明らかな精神障害はないが、善悪を判断する能力が失われるか、著しく損なわれ、行動を制御する能力は失われていた」とされた。
 これまでの公判で検察側は、美代子元被告の影響は一定程度にとどまるとし、精神鑑定結果について「抵抗しづらいという心理状態の説明に過ぎず、鑑定に問題がある。責任能力はある」と指摘。その上で「壮絶で類を見ない事件で世間を震撼(しんかん)させたが、被害者的な立場という特殊性もある」と述べていた。
 これに対し、弁護側は鑑定結果を基に「心神喪失か心神耗弱状態だった」として責任能力を否定し無罪を主張。家族に暴力を振るったり虐待を目の当たりにしたりするうちに美代子元被告に「心理的に完全降伏し、無批判・無抵抗状態だった」と反論していた。【椋田佳代】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20131031k0000e040215000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

朝の口論で殴った母親が帰宅後、遺体に…高2長男を逮捕 千葉・松戸(31日)産経

自宅で母親(52)に暴行してけがをさせたとして、千葉県警松戸東署は31日、傷害の疑いで松戸市に住む通信制高校2年の長男(18)を逮捕した。母親はその後死亡しており、同署が死因などを調べている。
 同署によると、長男は30日午前7時20分ごろ、自宅で母親と口論になり、顔面や腹を数回殴ったり蹴ったりした。約10分後に父親が止めに入り、そのまま長男と父親は外出した。
 同日午後5時ごろ、帰宅した長男が1階の脱衣所であおむけに倒れている母親を発見。119番通報で駆けつけた救急隊員により死亡が確認された。母親の顔面が腫れ上がっていたため、署員が事情を聴いたところ、長男が暴行を認めたため逮捕した。
 調べに対し長男は、母親から生活態度などを注意されたことに腹を立て、「かっとなってやった」などと話しているという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131031/crm13103111270004-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

国の重要文化財 全国で76点所在不明(31日)NHK

国宝を含む国の重要文化財が、各地で所在不明になっていることが、NHKの取材で明らかになりました。
その数は全国で76点に上り、文化財保護法で義務づけられた届け出をせずに重要文化財が無断で売買されていることから、文化庁は所在不明の実態について確認を進めることにしています。

国は、歴史上、芸術上、価値の高い文化財が海外に流出することなどを防ぐため、仏像や絵画、刀剣など1万点あまりを、重要文化財に指定しています。
NHKが全国の都道府県に調査をしたところ、国宝1点を含む76点の重要文化財が、本来の所有者の手元になく所在不明になっていることが明らかになりました。
文化財保護法では、重要文化財の所有者が変更になった場合は、新たな所有者が文化庁に届け出なければなりませんが、国宝の刀剣「短刀銘来国光名物有楽来国光」は、静岡県の所有者が死亡したあと、届け出のないまま親族に譲渡され、そこから借金の担保として売買されていたことが分かりました。
さらに、滋賀県の大岡寺が所有していた「木造千手観音立像」と「木造阿弥陀如来立像」も、寺の関係者が持ち出したあと第3者に売り渡されているなど、物品を特定できた41点のうち、少なくとも10点が文化財保護法に義務づけられた届け出をせず無断で売買されていました。
このほか、盗難の被害届が出されているものが、27点ありました。
専門家は、美術品として仏像などの価値が高まっている一方で、所有する寺院などが経済的に困窮していることが背景にあるとして、対策を強化する必要性を指摘しています。
こうした事態を重く見て、文化庁は、都道府県とともに、所在不明の重要文化財がどれだけあるのか、確認を進めることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131031/k10015696471000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

連続強盗:包丁持つマスク姿の男が押し入る 堺の民家に(31日)毎日

堺市北区で30日夕、民家に包丁を持ったマスク姿の男が押し入って現金を要求する強盗事件が2件相次いだ。大阪府警北堺署によると、いずれも民家は無施錠で、男は上下とも黒い服装で30代とみられる。同署は同一犯による可能性もあるとみて調べている。
 30日午後6時半ごろ、同区百舌鳥西之町2丁の民家の台所で、無職女性(65)に男が背後から包丁を突きつけ、「金を出せ」と脅した。女性が財布から現金7000円を渡すと玄関から逃走した。
 また約30分後、北西に約450メートル離れた同区百舌鳥赤畑町5丁の民家の台所でも、契約社員の女性(41)に男が後ろから包丁を突きつけ、「静かに」と脅した。女性が抵抗すると、男は逃走した。女性は右手の指に軽傷を負った。【五十嵐和大】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20131031k0000m040138000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

組事務所取り壊され…通学路、5年半ぶり元通り(31日)読売

福岡県久留米市通東町にあった指定暴力団道仁会旧本部事務所が取り壊されたことを受け、近くの市立南薫小(390人)は11月1日から、事務所周辺の市道を通学路に再指定する。
 抗争事件の影響で、安全を確保するため迂回を余儀なくされていた児童たちの登下校は、約5年6か月ぶりに元の道に戻る。地域の人たちからは「子供たちが元気に通う姿をまた見られる」と歓迎の声が上がっている。
 旧事務所跡地は同小の約200メートル南の校区内にある。事務所は2006年5月に銃撃され、道仁会から分裂した指定暴力団九州誠道会(本部・福岡県大牟田市)との抗争が発生した。
 その後、地域住民のボランティアが週2日、事務所周辺で下校中の児童の見守り活動などを開始。しかし、両組織の抗争が収まる気配は見られず、同小は08年4月、「このままでは児童が巻き添えになりかねない」として事務所の南側と東側を通る市道の各300メートル、250メートル区間を「通学禁止区域」に指定した。現在も児童約120人が迂回路で通学している。
 転機になったのは、地域住民らが09年に起こした事務所の立ち退き訴訟。今年7月、道仁会側の負担で建物を解体し、市の公社が更地約880平方メートルを約1億6000万円で買い取る内容の和解が成立した。
 今月11日、更地は公社に引き渡され、同小は久留米署などと協議して安全が確保されたと判断。15日に禁止区域の解除を決め、保護者に文書で通知していた。
 11月1日には同小の朝会に原告団長や校区の暴力追放推進協議会長ら4人を招き、児童代表が感謝の言葉を述べる。再指定後1週間は、教職員が毎朝、通学路に立ち、児童の見守りや登校指導を行うという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

署長・副署長、虚偽調書を黙殺 組織的隠蔽で立件も(31日)朝日

【阿部峻介、岡本玄】大阪府警堺署での虚偽調書問題で、当時の署長と副署長が、真相を明かした報告書を受け取り、経緯を把握しながら黙殺していたことが朝日新聞の取材でわかった。報告書を作成した警察官2人は提出後、虚偽調書に沿って、公務執行妨害罪などに問われた男性被告の公判で偽証。捜査当局もこれを把握しており、署長らについて、虚偽調書作成を指示した警部補の不正行為を隠した犯人隠避容疑などでの立件を視野に慎重に捜査を進めている。
 関係者によると、今回新たに存在が明らかになったのは、偽証した留置管理課の男性巡査長(33)と男性巡査(25)が署長と副署長へ提出した報告書。最初の虚偽調書を取り繕うために書かれた二つ目の虚偽調書作成から2日後の昨年12月17日に提出された。
 この報告書で2人は、最初に虚偽調書作成を指示したのが、上司にあたる警部補と明らかにしていた。警部補の指示は一連の虚偽調書の中では一貫して伏せられており、この報告書は事実上の「告発」だった。しかし署長らは報告を受けた後も適切な対応を指示せず、結局2人は今年3月1日の公判で、警部補の指示がなかったかのように偽証した。

http://www.asahi.com/articles/OSK201310300139.htmlLogo2

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅の冷凍庫から女性の遺体、死体遺棄事件として捜査 (31日)TBS

30日、北海道深川市の住宅で、冷凍庫の中から遺体が見つかりました。この家に住む73歳の女性と、女性の息子とみられる男性の行方がわからなくなっていて、警察は死体遺棄事件として捜査しています。
 30日午前11時ごろ、北海道深川市の末吉幸代さん(73)の住宅で、1階の倉庫にある冷凍庫から遺体が見つかりました。遺体は背中だけが見える状態で、ピンク色のパジャマ姿で凍った状態でした。
 近所の人によりますと、9月上旬から末吉さんの姿が見えなくなっていました。
 「(自宅に)様子を見に行った。(男性が)『息子で2番目だ』。『母は栃木に行っている』と言った)」(近所の人)
 末吉さんはひとり暮らしですが、息子と名乗る男性が応対したということです。
 警察は、現在、連絡がつかない40代の男性が何らかの事情を知っているとみて、行方を捜すとともに死体遺棄事件として捜査しています。(31日00:31)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2043236.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

架空社債購入持ちかけ現金詐取 詐欺グループ主犯格の男ら逮捕(31日)フジテレビ

架空の社債購入を持ちかけ、現金をだまし取っていたとして、詐欺グループの主犯格の男らが、千葉県警に逮捕された。
自称・不動産会社役員の今 良悦容疑者(54)と、自称・会社役員の斉藤 保容疑者(53)は、2011年7月中旬ごろから、東京都内の男性に対し、架空の設備会社のパンフレットを送り、「パンフレットが届いた人しか、社債購入できない」などと電話で持ちかけ、現金320万円を口座に振り込ませて、だまし取った疑いが持たれている。
今容疑者らは「身に覚えがない」などと、容疑を否認している。
今容疑者らは、100ほどの口座を利用して、犯行を繰り返していたとみられ、被害総額は、13都府県で、およそ14億5,000万円になるという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00256920.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

数十mの血痕…死亡ひき逃げで捜査 千葉・松戸市(31日)テレビ朝日

千葉県松戸市の路上で遺体が見つかり、警察は、死亡ひき逃げ事件として捜査しています。
 午前1時半ごろ、松戸市の国道6号を通行中の男性から「ひき逃げのようだ」と110番通報がありました。警察などが駆けつけたところ、遺体とともに血痕などが数十メートルにわたって残っていました。車にひかれた後引きずられたとみられ、黒っぽいジャンパーと緑色のシャツという服装などから、男性とみられるということです。警察は、死亡ひき逃げ事件として捜査しています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000015149.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【大田区女児遺棄】居所不明の小中生、全国に669人 「児相の目、届かぬ」(31日)産経

貧困や育児放棄などを理由に住民登録しなかったり、登録地に住んでいなかったりする居所不明の子供の問題に歯止めがかからない。両親とも連絡が途絶え、虐待死などの重大事件に発展するケースもあり、早期の警察の介入を求める声もある。
 今回の事件で、戸沼英明容疑者(32)らの行方不明の長男は生存していれば、小学6年。文部科学省によると、1年以上居所不明の小中学生は今年5月時点で全国に669人おり、両親らと連絡が取れないケースも少なくないという。
 英明容疑者らは次男が児童相談所に保護された後に8年余り音信不通となり、その間に長女、次女を遺棄したとされる。横浜市で昨年7月に女児(6)を暴行死させ、逮捕された両親は、児相の調査中に犯行に及び、警察に通報があったときには失踪していた。
 文科省の別の調査では、24年5月時点で1年以上居所不明だった小中学生976件のうち、警察に通報されたのは22件のみ。警察関係者は「虐待をする保護者ほど児相の目が届かない。早急に警察も巻き込むべきだ」としている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131031/crm13103100170001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

【大田区女児遺棄】児童相談所、16年に把握、警察に相談も…悲劇防げず(31日)産経

生まれたばかりの子供が親の身勝手で遺棄される事件が再び起きた。児童相談所は9年前に虐待を受けた疑いがある次男を保護し、間もなく長男が行方不明になっていることを把握。警視庁にも相談していたが、長女、次女が遺棄されるのを防げず、長男の行方はいまだに分かっていない。
 「長男は生後数カ月で親族に預けた」。東京都によると、戸沼英明、千恵美両容疑者は平成16年12月中旬、北児童相談所の職員に長男の行方を尋ねられ、こう説明した。職員は数日前に虐待の疑いがあるとして次男を保護しており、住民票などから長男の存在を把握していた。詳細は以下をクリックdownwardleft
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131031/crm13103100110000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月30日 | トップページ | 2013年11月1日 »