« 2013年10月29日 | トップページ | 2013年10月31日 »

2013年10月30日

2013年10月30日 (水)

暴走族少年を「受け子」に使う おれおれ詐欺容疑の男(30日)共同

おれおれ詐欺で得た現金の受け取り役「受け子」に暴走族の少年を使い、東京都の高齢女性2人から現金計約890万円をだまし取ったとして、大阪府警交通捜査課は30日、詐欺などの疑いで、大阪市西区の建設作業員菅原龍太郎容疑者(23)ら4人を逮捕した。
 交通捜査課によると、菅原容疑者は大阪市の暴走族のOBで、後輩の少年やその友人計5人を受け子に勧誘。「物を運ぶだけの楽な仕事がある」と持ちかけていた。少年は「しばかれるので断れなかった」と供述している。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013103001002729.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【天安門車炎上】テロと断定、ウイグル族5人拘束 車中からガソリン容器(30日)産経

【北京=川越一】中国国営新華社通信によると、北京市公安当局は30日、北京中心部の天安門前で起きた車両突入事件を「テロ事件」と断定し、ウイグル族の容疑者5人を拘束した。中国中央テレビ(英語版)は、天安門に突入、炎上した車両の中から、ガソリン容器や鉄の棒、宗教的スローガンが記された旗が見つかったと伝えた。
 拘束された容疑者の氏名や性別などは不明だが、公安当局が同日までに、写真付きで手配書を配布した8人の容疑者の一部とみられる。炎上した車に乗っていた実行犯は、ウイグル族の「ウスメン・ハサン」とその妻、母親と断定された。同市公安局報道官は、3人が衝突後、自らガソリンに火をつけて自殺したと説明している。
 同日、中国版ツイッター「微博」に「天安門嫌疑人」とのタイトルで投稿された手配書には、新疆ウイグル自治区出身の8人が容疑者として掲載されていた。それぞれに附記された身分証番号から、8人中4人が女性であることが判明。うち2人は丸刈り姿の写真が掲載されていた。70歳の高齢女性も含まれており、車中で死亡した母親の可能性もある。
 これまで、容疑者を7人とするものや、漢族が含まれているものなど、数種類の手配書が流布されていた。海外のウイグル人組織幹部は「容疑者は住所も年齢もバラバラで、同じグループとは思えない。この事件をきっかけに、ウイグル族の弾圧を強化している可能性がある」と指摘した。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/world/news/131030/chn13103020150005-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

前にも…高齢者の首絞め“強盗”か 45歳女を再逮捕(30日)テレビ朝日

女は3年前にも、高齢女性の首を絞めて現金を奪った疑いが持たれています。
 清掃作業員の小沢勝代容疑者(45)は2010年4月、千葉県長生村で、一人暮らしの女性(当時83)の自宅に侵入し、首を絞めて意識不明にさせ、現金約20万円を奪った疑いなどが持たれています。女性はその後、意識を取り戻しましたが、全治3週間ほどのけがをしました。小沢容疑者は容疑を認めています。小沢容疑者は、別の女性(当時84)の首を絞めて意識不明にさせ、現金を奪ったとして8月に逮捕されていました。

2009_1229_211958annlogo1_3 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000015116.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日単位・レベル)
法改正しかないannoy
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20131027110811

 殺人など重大事件にエスカレートすることを防ぐための対策を検討する研究会が発足するという。被害者保護だけでなく、精神科医などによる加害者側へのカウンセリングや治療法も研究し、「被害者も加害者も生まない社会」の実現を目指すのが目的。
 女性をシェルターに避難させるなどの「対症療法」では根絶できないとし「加害者を生まない仕組みづくりが必要」と、重大事件に至る前に加害者にカウンセリングをする米国やカナダを参考にするようだ=毎日新聞電子版。
 何故?殺人に発展するのか。加害者は「相手が分かってくれない」と解釈。「強行に押せば受け入れられる」と勝手に思い込む。
 事件はこの「思い込み」の程度を読み取れないために起こる。殺人は全国の相談の0.0001%だが、被害者が拒否した段階から殺意を固めてしまう場合に起きる。三鷹事件がその例だ。パソコンの記録によると9月20日には殺害を決意。10月8日に相談。翌日にはナイフを購入して京都から上京。被害者の自宅に入り待ちしていた。
 被害者自身が「殺害される」という危険度を見抜いていれば警察も対処できたはずだが、そうでなくても警察的には、被害者の自宅をパトロールするなどの対応をしていれば悔いは残らなかった。
 カウンセリングで加害者を生まない仕組みと言うが、警視庁管内では4000件以上の相談者がいる。全国では何万件になる。この中の僅かな者が殺意を持っているだけでどう見抜くか。極めて難しい判断が求められる。法律は「人」がつくるもの。法改正しかない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 
2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。
11月は「犯罪被害者支援推進月間」です。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官を180m引きずり逮捕(30日)NHK

今月17日、東京・足立区で職務質問をしようとした警察官を車でおよそ180メートル引きずりけがをさせたとして、42歳の男が殺人未遂などの疑いで警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは東京・足立区東伊興の内装業、清野健志容疑者(42)です。
警視庁の調べによりますと清野容疑者は今月17日の深夜、足立区西竹の塚の路上で竹の塚警察署の24歳の男性巡査から職務質問を受けた際、乗用車を急発進させて窓にしがみついた巡査をおよそ180メートル引きずり、両足などにけがをさせたとして殺人未遂などの疑いが持たれています。
これまでの調べによりますと、清野容疑者が運転する車がウインカーを出さずに交差点を曲がったため、自転車でパトロール中だった巡査が呼び止めて停車させ、職務質問を始めたところ車が急発進したということです。
巡査は途中で手を離しましたが、清野容疑者はそのまま現場から走り去ったということです。
調べに対して清野容疑者は「車を急発進させてけがをさせたが殺すつもりはなかった」と供述しているということで、警視庁が動機を詳しく調べています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131030/k10015673791000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「送りつけ商法」11人に逮捕状…被害者4千人(30日)読売

注文していない健康食品を一方的に送りつけ、現金をだまし取ったとして、埼玉、静岡、茨城、福井4県警の合同捜査本部は30日、東京都新宿区の健康食品会社「健美食品」の元社員(29)(東京都世田谷区)ら男女11人(22~41歳)に対し、詐欺容疑で逮捕状を取るとともに、同社の関連会社など約30か所の捜索を始めた。


 合同捜査本部は、同社による「送りつけ商法」の被害者は全国の約4000人に上り、被害総額は1億円を超えるとみている。 捜査関係者によると、元社員らは今年2~4月、商品を注文していない埼玉県などの71~84歳の女性11人に対し、「あなたが注文したアンチエイジング(抗加齢)のサプリメントを送る」などと電話して商品を送り付け、代金引換で1人あたり2万~6万円をだまし取った疑いが持たれている。
 女性が断ろうとすると「特別に安い商品にする」「年金で払える」などと強引に勧誘していたという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

川上哲治氏が死去 「打撃の神様」・巨人V9 93歳(30日)朝日

 プロ野球界で「打撃の神様」と呼ばれ、監督に転じてからは巨人を9年連続日本一に導いた川上哲治(かわかみ・てつはる)さんが28日、死去した。93歳だった。
 川上さんは熊本県生まれ。熊本工時代は投手として活躍し、1937年の全国中等学校優勝野球大会(現・全国高校野球選手権大会)で準優勝。38年に巨人に入り、一塁手に転向して39年、打率3割3分8厘で首位打者になった。
 58年に引退するまで首位打者5回、本塁打王2回、打点王3回。1979試合に出場し、通算打率3割1分3厘、本塁打181本、1319打点を残した。「赤バット」で人気を博し、「ボールが止まって見える」の名言を残した。
 61年に巨人の監督に就任。長嶋茂雄王貞治の両スター選手を抱え、65年からの9連覇を含め、74年までの14年間に11度リーグ優勝をし、日本シリーズもすべて勝った。
 65年に野球殿堂入り。背番号「16」は巨人の永久欠番となっている。監督を退いた後は解説者を務めるかたわら、少年野球の指導に力を注ぎ、全国各地で野球教室を開いた。

Logo2_2 http://www.asahi.com/articles/TKY201310300255.html?ref=com_top6_1st

| コメント (0) | トラックバック (0)

車内に刃物刺さった男性遺体、事件と自殺両面で調べる (30日)TBS

30日昼すぎ、神奈川県相模原市の公園の駐車場に止めてあった軽乗用車に、胸に刃物が刺さった状態で男性が死亡しているのが見つかりました。警察は事件と自殺の両面で調べています。
 30日午後0時半すぎ、相模原市中央区の公園の駐車場で「車内で男性が刺されている」と、近くを通った男性から110番通報がありました。警察が駆けつけると、駐車場に止めてあった軽乗用車の助手席に、男性が胸に包丁が刺さった状態で死亡しているのが見つかりました。
 男性は年齢が50代から60代くらいで、争った形跡はなく、運転席のドアも施錠してあったということで、警察は男性の身元の確認を急ぐとともに、事件と自殺の両面で調べています。(30日15:00)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2042646.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「子ども3人捨てた」“赤ちゃん遺棄”30代夫婦逮捕(30日)テレビ朝日

生後間もない女の赤ちゃんを東京・大田区の公園に遺棄したとして、30代の夫婦が逮捕されました。夫婦は、「これまでに3人の子どもを捨てた」などと供述しています。
 大田区の無職・戸沼英明容疑者(32)と妻の千恵美容疑者(31)は一昨年3月、女の赤ちゃんを自宅近くの公園に捨てた疑いが持たれています。赤ちゃんは無事保護されています。警視庁によりますと、戸沼容疑者らにはほかに3人の子どもがいて、このうち、男の子については2002年ごろから行方が分からなくなっています。さらに2010年には、生後間もない女の赤ちゃんが捨てられ、もう1人の男の子も虐待を受けたとみられています。取り調べに対し、千恵美容疑者は「これまでに3人の子どもを捨てた」「お金がなく育てられなかった」と供述しています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000015089.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗容疑のブラジル人、屋上まで逃げ飛び降り自殺 説得に応じず(30日)産経

29日午後8時55分ごろ、愛知県豊田市保見ケ丘にある5階建ての県営住宅の屋上で、県警が窃盗や入管難民法違反(不法残留)の疑いで逮捕状を取っていたブラジル国籍の職業不詳サカモト・アレアス・レイス・フレデリコ容疑者(39)が約16メートル下の地面に飛び降り死亡した。
 豊田署によると、署員らが同日午前11時50分ごろ、8月に同県瀬戸市でオートバイを盗んだ疑いなどで逮捕しようと、県営住宅3階のサカモト容疑者の部屋をノックすると、ベランダから逃走。他の部屋や雨どいなどを伝って午後1時40分ごろに屋上にいるのが確認された。県警は約90人態勢で県営住宅を取り囲み、午後6時ごろから、捜査員が数メートル離れたところで日本語やポルトガル語で説得したが、サカモト容疑者は「近づくな」と話すだけで、説得に応じず、指笛を吹いて突然飛び降りた。
 県警と消防は地上に計11枚のマットを設置していたが、サカモト容疑者はマットのないところに落下した。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131030/crm13103014400013-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

トラック突入前、自宅アパートに放火 埼玉・川口、容疑男を再逮捕(30日)産経

埼玉県川口市でトラックが民家に突っ込み住人が切りつけられた事件で、殺人未遂の現行犯で逮捕された元運送業、平田昭夫容疑者(40)=川口市南鳩ケ谷=が事件直前、自宅アパートに放火した疑いが強まったとして、県警は30日、現住建造物等放火容疑で再逮捕した。県警によると、平田容疑者は「弁護士と相談しなければ何も言えない」と供述している。
 逮捕容疑は10日午前6時15分ごろ、川口市南鳩ケ谷の2階建てアパート1階の自室に放火、室内の一部を焼損したなどとしている。
 平田容疑者は約10分後、近くの民家にトラックで突入。室内に入り、ノコギリで住人の男性(84)ら家族3人を切りつけた。平田容疑者は直後にこの家で首つり自殺を図り、住民らに取り押さえられ、「(自分の)家に火を付けてきた」と説明。駆けつけた消防隊が火災を発見した。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131030/crm13103016320016-n1.htmMsn_s1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗んだ切手を被害者の金券ショップに持ち込み逮捕 岐阜羽島署(30日)共同

 郵便局で忘れ物の高額切手を置引したとして、岐阜羽島署は29日、窃盗の疑いで岐阜県羽島市正木町曲利、無職伊藤弘治容疑者(39)を逮捕した。
 逮捕容疑は7月23日午後0時10分から20分ごろまでの間に、羽島市内の郵便局で、金券ショップ店長の男性(41)が店内に置き忘れた1000円切手99枚と500円切手2枚(計10万円分)を盗んだとされる。容疑を認めているという。
 同署によると、伊藤容疑者は犯行の10分後、郵便局の近くで被害者が経営する金券ショップに切手を持ち込み、換金を依頼。店長は不在で別の店員が換金に応じたが、盗まれた高額切手と同じ組み合わせであることに店長が後で気づき、同署に被害届を出した。伊藤容疑者は換金の際、身分証明のため免許証を提示。店が保管するコピーから身元が分かった。(中日新聞)

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013102990215622.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

未公開株詐欺容疑で逮捕 全国で120人被害か(30日)NHK

未公開株などの購入を持ちかけて、福島や静岡、長野に住むお年寄りから合わせて95万円をだまし取ったとして、男女5人が、詐欺の疑いで逮捕されました。
警察では、被害者は32都道府県の120人に上るとみて実態の解明を進めています。

逮捕されたのは、住所不定・無職の旗手康人容疑者(64)ら20代から60代の男女5人です。
警察によりますと、旗手容疑者らは、平成22年から去年にかけて、福島県と静岡県、それに長野県に住む60代から70代のお年寄り3人に、上場する見込みのない未公開株などの購入を持ちかけ、合わせて95万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。
5人は「上場すれば何倍もの値段になり、もうかる」などと持ちかけていたということで、警察の調べに対し、いずれも容疑を認めているということです。
警察によりますと、東京・新宿にある旗手容疑者らの事務所や家から押収した通帳などを調べたところ、口座には全国32都道府県の120人から現金が振り込まれていたということで、被害額はおよそ1億9000万円に上るとみられています。
警察は5人を取り調べ、実態の解明を進めることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131030/k10015662341000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「客に危害加える」と脅迫状…黒子のバスケ、ツタヤから撤去(30日)産経

週刊少年ジャンプ(集英社)に連載中の人気漫画「黒子のバスケ」の作者らに脅迫状が相次いで送られているが、今度はレンタルビデオ店も標的になった。レンタル大手「TSUTAYA(ツタヤ)」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は29日、「黒子のバスケ」に関連するすべての商品を全国の約1450店舗から撤去すると明らかにした。「撤去しないと客に危害を及ぼす」という内容の脅迫状が届いたためで、同社は「客の安全を第一に考えた」としている。(サンケイスポーツ
 作者への恨みからか、それとも愉快犯なのか。いずれにしても卑劣な犯罪だ。
 CCCによると、脅迫状は15日、東京都渋谷区の本社に郵送で届き、「11月3日までに撤去しなければ、客の身体生命に危害を加える」などと書かれていた。同社はその日のうちに警視庁に相談し、脅迫状を任意提出。そのうえでレンタルや販売している単行本全24巻、アニメ版のDVD、CDなどの撤去を28日から始めた。11月3日までに完了させるとしている。

Msn_s1

詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131030/crm13103007180006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

ストーカー:事件前にカウンセリングを…研究会11月発足(30日)毎日

ストーカー事件の被害者遺族や専門家らが11月、殺人など重大事件にエスカレートすることを防ぐための対策を検討する研究会を発足させることが分かった。ストーカー対策でこうした横断的な試みは初めて。被害者保護だけでなく、精神科医などによる加害者側へのカウンセリングや治療法も研究し、「被害者も加害者も生まない社会」の実現を目指す。【神保圭作】
 ◇被害者遺族や専門家ら横断的試み
発起人は、神奈川県逗子市のストーカー殺人事件で、妹の三好梨絵さん(当時33歳)を失った男性(42)=福岡県在住。梨絵さんの元交際相手の男は2011年6月、執拗(しつよう)に電子メールを送りつけたとして脅迫容疑で逮捕されていたが、その後もストーカー行為はやまず、梨絵さんは自宅で刺殺された。
 男性は事件後、「事前に何かできることがあったのでは」との思いに駆られ、ストーカー問題に詳しい専門家らを訪ね歩いた。再発防止に向けた意見を聞き、海外の事例や対策を調べた。米国やカナダでは、重大事件に至る前に加害者にカウンセリングなどを行うことに力を入れているが、日本では一部の民間組織の活動にとどまっている。
 その結果、女性をシェルターに避難させるなどの「対症療法」では被害を根絶できないと感じ、「加害者を生まない仕組みづくりが必要」と考えるようになったという。発足させる研究会には臨床心理士や犯罪心理学者らに参加を呼びかけ、一部からは内諾を得た。加害者側への医療的ケアや家族を含む周囲の対処法を研究し、国に対策を提言する方針だ。
 男性は「加害者側へのアプローチを充実させれば、事件を生み出す感情のゆがみを正せる可能性がある。東京都三鷹市で女子高校生が殺害された事件についても事前に対処できた可能性もある。社会として事件を防ぐ方法を考えたい」と話す。

続きを読む "ストーカー:事件前にカウンセリングを…研究会11月発足(30日)毎日"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官は殺害行為に加担…弁護士遺族、損賠提訴(30日)読売

秋田市で2010年11月、弁護士津谷裕貴さん(当時55歳)が自宅で刺殺された事件で、殺害されたのは秋田県警の警察官が現場で津谷さんを犯人と間違えて取り押さえたためだとして、遺族が29日、県と、殺人罪で起訴された男に、総額2億2305万円の損害賠償を求めて秋田地裁に提訴した。
 訴状では、10年11月4日未明、津谷さんは自宅に侵入した無職菅原勝男被告(69)(勾留中)から拳銃を取り上げたが、警察官2人に両手を持ち上げられて体の自由を奪われ、菅原被告に剪定ばさみで胸を刺され死亡したと主張。警察官2人の行為は「殺害行為に加担するもの」としている。

 津谷さんの妻、良子さん(56)は記者会見で「警察に不利な部分は隠されている。真相究明が夫への供養」と話した。秋田県警は「訴状が届いておらずコメントできない」としている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺防止ソング、署長がセンターで熱唱 広島の警察署(30日)朝日

「♪きっとかかるよ詐欺電話 かぜひいた息子、偽警官~」。詐欺被害の撲滅ソングをひっさげ、広島県警福山西警察署の音楽ユニットが活動を始めた。
 ユニット名は署の名前から「FNK110」。インパクトのある注意喚起で被害を食い止めようと、署次長が作詞、交番勤務の警部補が作曲した。
 インターネットで流すビデオの撮影も快調だが、踊りはなし。お披露目の日は署長自らセンターを務め、「♪まずは相談~」と背筋を伸ばして熱唱した。

【動画】FNK110、振り込め詐欺防止ソングでデビュー=橋本弦撮影Logo2 http://www.asahi.com/articles/OSK201310290126.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋の男子高校生、知人からの恐喝を苦に自殺か (30日)TBS

名古屋市守山区の男子高校生が、9月に首吊り自殺を図って死亡していたことがわかり、警察は知人の男から恐喝されたことを苦に自殺した可能性があるとみて調べています。
 死亡したのは、名古屋市守山区に住む17歳の男子高校生です。
 警察によりますと、男子高校生は9月27日、守山区の集合住宅の屋上で首を吊って死亡しているのが見つかり、警察が動機などを調べたところ、知人で小牧市の派遣社員・堀井紀宏容疑者(22)が、自殺の2日前にメールで現金10万円を支払うよう脅していたことがわかりました。警察は堀井容疑者を恐喝未遂の疑いで逮捕し、恐喝が自殺の引き金になった可能性もあるとみて調べています。
 男子高校生の携帯電話には、堀井容疑者からの「あしたまでにカネ用意しろよ」などと書かれたメールが残されていたほか、自殺の3日前には顔にけがをしたまま登校していたということです。(30日00:37)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2042210.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺で男逮捕 報酬に詐取した現金2.5%と受け取り役勧誘(30日)フジテレビ

振り込め詐欺でだまし取った現金の2.5%を報酬とする約束で、現金受け取り役の勧誘を行っていた男が警視庁に逮捕された。
詐欺の疑いで逮捕された石橋 慶容疑者(34)は2013年6月、仲間らと東京・中野区内の87歳の女性に、孫と偽って「電車の中にかばんを忘れてしまった。かばんの中には1,200万円の小切手が入っていた」などと電話をかけ、現金500万円をだまし取った疑いが持たれている。
石橋容疑者は「知りません。関係ありません」などと容疑を否認しているが、警視庁は、石橋容疑者がだまし取った現金の2.5%を報酬として支払うと約束して、現金の受け取り役を勧誘していたとみて調べている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00256834.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察から逃走のブラジル人男性が飛び降り死亡 愛知・豊田市(30日)フジテレビ

29日夜、愛知・豊田市の県営住宅で、警察の逮捕から逃げようと屋上に居座ったブラジル人の男性が、説得に応じず飛び降り、死亡した。
死亡したのは、豊田市の職業不詳のブラジル人男性で、29日正午前、愛知県警の捜査員が窃盗事件の逮捕状を執行しようと訪ねると、県営住宅の3階から屋上に逃げ出したという。
男性はその後も捜査員の説得に応じず、およそ9時間後に、16メートルほど下の地面に飛び降り死亡した。
男性は、8月にオートバイを盗んだ疑いで逮捕状が出ていて、愛知県警豊田署の山口勝弘署長は、「捜査全体を通じて、適正だったか精査する」と話している。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00256843.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

徳田虎雄前理事長から聴取 選挙違反違反事件(30日)産経

医療法人「徳洲会」を巡る公職選挙法違反事件で、東京地検特捜部が、徳洲会の創設者・徳田虎雄前理事長から任意で事情聴取を行っていたことが分かりました。
 徳洲会は、去年12月の衆院選で、徳田毅衆議院議員の陣営に職員を派遣し、報酬を支払っていた疑いが持たれています。関係者によりますと、特捜部は29日、徳洲会の創設者・徳田前理事長から入院先の病院で、任意で事情を聴いたということです。徳田前理事長は難病で会話が困難なため、検察官の質問に対して文字盤上の文字を目で追って答える方法で行われたということです。特捜部が徳田前理事長を聴取したのは初めてです。選挙運動を実質的に主導していたとされる徳田前理事長に対して、報酬の支払いを把握していたかなど聞いたものとみられます。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000015064.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月29日 | トップページ | 2013年10月31日 »