« 2013年10月22日 | トップページ | 2013年10月24日 »

2013年10月23日

2013年10月23日 (水)

早急な「ストーカー対応」を~警察庁長官(23日)日本テレビ

警察庁は全国の警察の生活安全部長を集めた会議を開き、米田長官が、ストーカー事案に対して警察としてより一層の取り組みを行うよう指示した。
 米田長官は訓示の中で、今月、東京・三鷹市で女子高校生が殺害された事件を念頭に、「わずかな行き違いや配慮不足が被害者の死亡につながる」と指摘し、全国の警察に対してスピード感のある対応を強く求めた。ストーカー事案については、警察への事前の相談件数が過去最多を記録するととともに、一部のストーカーによる重大事件が大きな社会問題となっている。
 警察庁は現場の警察官の対応能力を高める一方、有識者や被害者団体と協議を行い、ストーカー規制法の在り方について、さらに検討する方針。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2013/10/23/07238873.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山2歳男児暴行死 26歳父親を傷害致死容疑で逮捕(23日)フジテレビ

またしても、幼い子どもの虐待死事件が起きた。逮捕された父親は、以前にも、この男の子を虐待し、逮捕されていた。
和歌山県子ども・女性・障害者相談センターの所長は「2歳の幼児が亡くなるという悲しく残念な結果となり、子どもの尊い命を守れなかったというのは、誠に遺憾です。今後このようなことが起こらないよう検証を行い、再発防止に努めたいと考えております」と話した。
守れるはずだった幼い命。
防がねばならなかった事件が、また起きてしまった。
和歌山市内の閑静な住宅街にあるアパートの部屋で、2013年7月、2歳の男の子が亡くなった。
父親から虐待を受けていた疑いがあるという。
「長男がぐったりして息をしていない」と、26歳の父親から119番通報があったのは、2013年7月23日、和歌山市のアパートからだった。
当時2歳の星涼(せり)ちゃんは、意識不明の状態で病院に運ばれたが、翌日、死亡した。
司法解剖の結果、死因は、頭に強い衝撃を受けたことによる、外傷性くも膜下出血だった。
このとき、父親は「風呂場から出る時に転倒した」と供述していた。
しかし、司法解剖の結果、転倒しただけでのけがではないことが判明した。
23日、父親の原 和輝容疑者(26)が、傷害致死容疑で逮捕された。
原容疑者は、2011年11月、星涼ちゃんに暴行したとして、2度逮捕され、起訴猶予になっている。
この時、生後6カ月の星涼ちゃんは、右足太ももを骨折した。
虐待されているおそれがあるとして、児童相談所の施設に保護されていた。
しかし、児童相談所は、2013年に入り、星涼ちゃんの家庭復帰は可能と判断し、7月8日に星涼ちゃんは自宅に戻った。
それから、わずか2週間後、事件は起きた。
なぜ児童相談所は、「家庭復帰を可能」と判断したのか。
和歌山県子ども・女性・障害者相談センターの所長は「保護者は、当所や施設との間で一定の関係が築かれており、2点目として、定期的な面会・外出・外泊がなされ、特に問題はなく」と述べた。
さらに、親族の協力が得られていたことや、施設の訪問などを受け入れていたことから、施設入所措置を解除したという。
このころ、星涼ちゃんは、父親に走り寄ったり、甘えたそぶりを見せていたという。
一見良好な家族関係が見られていたにもかかわらず、なぜ、事件は起きてしまったのか。
虐待の防止策などを研究している「子どもの虹 情報研修センター」の川崎 二三彦研究部長は、「家庭復帰させるための判断の甘さ・不十分さが考えられると思う。家庭復帰後は、約半年ぐらいは少なくとも注意が必要で、援助もしっかりしていかないといけない」と話した。
亡くなった2歳の星涼ちゃんは、両親ときょうだいの5人暮らしだが、母親が出かけていた時に事件が起きた。
警察の調べに対し、原容疑者は容疑を否認している。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00256425.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

夜道の女性狙いひったくり30件?28歳男逮捕(23日)テレビ朝日

夜道を通る女性を狙い、30件近くのひったくりを繰り返していたとみられています。
 水出勝也容疑者(28)は先月9日の夜、東京・北区の路上で、40代の女性会社員に後ろからバイクで近づき、バッグをひったくった疑いが持たれています。警戒中の警察官が、目撃された特徴と良く似たバイクをパチンコ店の駐車場で発見し、水出容疑者を割り出したということです。水出容疑者は2月以降、夜道を通る女性を狙い、都内で30件近くの犯行を繰り返したとみられています。取り調べに対し、「家賃のためにやった」と話し、容疑を認めています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000014656.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日単位・レベル)
火付盗賊改方
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20131008105947

 富士山や北海道の山が冠雪するなどまもなく〝冬将軍〟がやってくる。この時期、増えるのが火災。なかでも空気の乾燥から放火などは被害を拡大するので恐れられている。江戸時代から放火は重罪で火付盗賊改方も存在したほどだ。
 東京・江戸川区の建築中の住宅の壁などに火をつけたとして36歳の男が警視庁に逮捕された。周辺で15件の不審火があり余罪を追及している。
 さらに愛知県岡崎市や安城市などで2月以降、不審火が相次いでいた。その犯人と思われる48歳の男が愛知県警に逮捕された。
 警察庁のまとめによると今年9月までの全国の放火事件の認知件数は808件。最も多かったのが大阪の95件。次いで東京75件、愛知55件、千葉40件、福岡37件と続く。
 「検挙に勝る防犯はなし」-全国平均の検挙率は71.2%。奈良の125%をはじめ大分114.3%、北海道が107.1%など100%以上が13道県もあった。その他にも茨城が52.2%、福岡48.6%、大阪が45.3%と高い検挙率を示している。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。
 三鷹女子高生殺害、重く…警視庁がストーカー対応で実務研修会

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官、警棒奪われ銃抜く 南風原 発砲なし(23日)共同

南風原町喜屋武の公園で与那原署の50代の巡査長の首をつかむなど暴行を加えたとして、同署は21日、本島南部の型枠大工の少年(17)を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。容疑を認めているという。もみ合いとなった際、巡査長が持っていた拳銃が少年の左側頭部に当たり、4針を縫う2週間のけがを負った。
 同署によると、21日午後7時52分ごろ、「少年が集団で飲酒している」と同署に通報があった。現場に到着した警察官2人が職務質問をすると約10人は逃走し、残りの約10人が詰め寄ってきたという。
 応援要請を受けた巡査長が現場に駆けつけると、複数の少年が警棒を奪うなどして抵抗。逮捕された少年は巡査長を斜面に押しつけながら首をわしづかみにし、押し返してもさらに向かってきたという。巡査長は拳銃を取り出し、少年を払いのける際に銃が頭部に当たった。警棒は現場で回収したという。
 巡査長は同署に「身の危険を感じた」と説明しているという。同署は「銃口は向けていない。一連の行為については適法な職務執行と認識している」とコメントした。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-10-23_55656

| コメント (0) | トラックバック (0)

郵便局員が機転 詐欺未遂容疑で逮捕(23日)NHK

オレオレ詐欺の電話を受けた東京・杉並区の88歳の女性の家を訪れ、現金300万円を受け取ってだまし取ろうとしたとして、21歳の男が、女性が現金を引き出そうとした郵便局からの通報で張り込んでいた警察官に詐欺未遂の疑いで逮捕されました。

警視庁によりますと、21日、東京・杉並区に住む88歳の女性の自宅に長男を装った男から「会社の書類が入ったかばんを電車の中に忘れてしまい、お金が必要なので代わりの者に渡してほしい」と電話がかかってきたということです。
女性は電話を信じて近所の郵便局で現金を引き出そうとしましたが、不審に思った職員が警視庁に通報したことから警察官が張り込み、女性の自宅を訪れた男がだまされたふりをした女性から封筒を受け取ったため、詐欺未遂の疑いで逮捕しました。
逮捕されたのは、東京・大田区の無職、谷佳樹容疑者(21)で、調べに対し容疑を認めているということです。
この女性は同じ日の午前中にオレオレ詐欺の電話で現金115万円をだまし取られていて、警視庁は谷容疑者が関わったとみて捜査しています。
女性に対応した杉並浜田山郵便局の佐藤厚子局長は、「女性の話で典型的な振り込め詐欺だと思い、すぐ警察に連絡しました。大きな金額を下ろす際、使いみちを話さないお客様が多いですが、詐欺の被害を防ぐためにも教えてほしい」と話しています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131023/k10015487131000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

土下座:廊下を走った罰 小4男児に担任教諭 豊橋(23日)毎日

愛知県豊橋市の市立小学校で、廊下を走った罰として、4年生の男子児童(9)が、担任の50歳代の男性教諭に土下座させられていたことが23日、分かった。
 市教委学校教育課によると、21日の給食後の休み時間に、児童が廊下を走っていたところを教諭が見つけ、注意した。教諭は「土下座って知ってる?」と尋ね、児童は何か小声で言った後に土下座したという。
 下校後、児童の母親から小学校に抗議があり、22日に同校から市教委に電話で報告があった。児童は22、23日、学校を休んでおり、学校側は児童本人と会って話ができていないという。
 この教諭は11日付で退職した前任者に代わり、21日に赴任したばかりだった。学校側はこの教諭から詳しい事実関係を聞き取り調査している。市教委の宮崎正道課長は「経緯や事実関係を確認したうえで、学校と教諭を指導したい」と話している。【清藤天】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/news/20131023k0000e040187000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川区で建築中の住宅の壁などに放火、36歳元大工逮捕 余罪も(23日)フジテレビ

東京・江戸川区の建築中の住宅の壁などに火をつけた疑いで、36歳の元大工の男が逮捕され、警視庁は、周辺で起きた13件の不審火にも関与したとみて調べている。
非現住建造物等放火の疑いで逮捕された元大工・重久勇人容疑者(36)は、2013年8月、江戸川区北篠崎で、建築中の住宅の壁などに火をつけた疑いなどが持たれている。
周辺では、4月から13件の不審火が相次いでいて、警視庁が設置した防犯カメラに、重久容疑者の犯行前後の様子が映っていたという。
重久容疑者は、「放火なんて、一度もやったことがない」などと、容疑を否認しているということだが、警視庁は、一連の不審火にも重久容疑者が関与しているとみて、調べている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00256397.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ店で男が刃物を…8万2000円奪い逃走 茨城(23日)テレビ朝日

23日未明、茨城県つくば市のコンビニ店で、男が刃物で店員を脅し、レジにあった現金約8万2000円を奪って逃走しました。
 午前2時20分ごろ、つくば市の「ローソンつくば神郡店」で、店に入ってきた男がレジでたばこを買うふりをして、突然、ナイフのような刃物を取り出しました。男はアルバイト店員の男性を「レジを開けろ」と刃物で脅し、現金約8万2000円を奪って、入り口付近に止めてあった自転車で逃走しました。店員にけがはありませんでした。逃げた男は、年齢20歳から30歳くらい、身長は170センチほどで、警察が行方を追っています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000014637.html

2009_1229_211958annlogo1

| コメント (0) | トラックバック (0)

飲食店でけんか、男性死亡 北海道・美唄、2人逮捕(23日)産経

23日午前0時20分ごろ、北海道美唄市西1条南にある雑居ビル1階廊下で「飲食店の客同士がけんかをしている」と、目撃者から110番があった。美唄署員が駆け付けると、藤長雄亮さん(34)=美唄市東2条南=が倒れており、病院で死亡が確認された。藤長さんの友人の男性(52)も頭に軽いけが。
 美唄署は傷害容疑で建設業、田才博容疑者(40)=同市東2条北=と建設作業員、星野力容疑者(43)=同市東3条南=を逮捕した。今後、容疑を傷害致死に切り替えるとともに、一緒にいたとみられる2人の行方を追っている。
 同署によると、藤長さんらはビル1階の飲食店におり、後から入店してきた田才容疑者らとトラブルになったという。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131023/crm13102314000007-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁製造の実弾?7発を発見 札幌・豊平川河川敷(23日)共同

札幌東署は22日、札幌市東区東雁来3の1の豊平川河川敷で、拳銃の実弾のようなものが計7発見つかったと明らかにした。弾は刻印から警察庁が1992年に製造したものとみられ、同署が銃刀法違反(実包所持)事件とみて、所有者の特定を急いでいる。
 同署によると、21日午後3時半ごろ、釣りに来ていた男性2人が1発がやぶの中にあるのを発見して110番通報。同署などが捜索したところ、22日午前までに、約4メートル四方に計7発を発見した。
 弾は38口径の拳銃用とみられ、直径約1センチ、長さ約4センチ。いずれも同じ刻印があり、雷管が付いていた。未使用で、同署が実弾かどうか鑑定を進めている。河川敷の地面や草むらに無造作に捨てられていたが、腐食などはなく、保管されていたものが数日の間に捨てられたとみられる。
 道警では92年製の弾はすでに使用しておらず、紛失の記録もないという。<北海道新聞10月23日朝刊掲載>

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/499596.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

コメ産地偽装:4000トン 四日市の会社、強制捜査へ(23日)毎日

三重県四日市市の米穀販売「三瀧(みたき)商事」(清算手続き中)が主導したコメの産地偽装問題で、県警は日本農林規格(JAS)法違反(不正表示)などの疑いで家宅捜索令状を取った。一両日中にも強制捜査に乗り出す。
 捜査関係者によると、同社は少なくとも2010年から今年9月にかけ、4386トンのコメについて、加工用米を主食用米としたり、中国、米国産米を国産米と偽って表示したりして販売したなどの疑いが持たれている。農林水産省や三重県は8〜9月に同社や関連会社、取引先を調査し、JAS法や食糧法、米トレーサビリティー法違反があったとして行政指導していた。
 農水省などの調査では、三瀧商事は偽装用の加工用米の入手に、同市の茶製造販売業者2社を利用していたことが分かっている。また、関連会社「ミタキライス」などとの架空取引を通じて、加工用米や外国産米を国産米と偽装して販売したとされる。同社などとの取引では架空の伝票を使用し、不正行為の発覚を免れていたことが分かっている。
 三瀧商事とミタキライスは今月10日、「食品への信頼を揺るがせる重大な事態を引きおこした」として臨時株主総会で解散決議し、清算手続きに入っている。
 三瀧商事の管理部長は毎日新聞の取材に対し、不正行為があったことを認めている。【岡正勝、大野友嘉子】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20131023k0000e040143000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2歳男児死亡、父親聴取へ 傷害致死容疑で家宅捜索令状(23日)朝日

和歌山市の自宅で7月、男児(当時2)が頭にけがをして死亡したのは虐待が原因だった疑いが強まったとして、和歌山県警は22日、傷害致死の疑いで自宅の家宅捜索令状を取った。当時男児と2人で自宅にいた父親(26)から23日にも事情を聴く。捜査関係者への取材でわかった。
 男児は父親から虐待を受けていた可能性があるなどとして和歌山県子ども・女性・障害者相談センター(児童相談所)に保護され、11年11月から児童福祉施設で暮らしていた。今年7月8日、家庭復帰が可能と判断され、自宅に戻ったところだった。
 捜査関係者によると、男児は両親ときょうだいの5人家族。7月23日午後10時ごろ、自宅からの119番通報で病院に運ばれたが、約3時間後に死亡が確認された。死因は頭を強く打ったことによる外傷性くも膜下出血だった。当時、母親ときょうだいは不在だったという。

Logo2 http://www.asahi.com/articles/OSK201310230012.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

119人島外避難へ、16人依然不明…伊豆大島(23日)読売

 台風26号による土石流に見舞われた伊豆大島の東京都大島町は22日、台風27号の接近を前に、高齢者や障害者約540人から島外避難の意向を聞いた結果、80人が避難を希望したと発表した。
 付き添いの家族とともに計119人が23日午後、チャーター船で避難する。
  川島理史町長は、22日夜の記者会見で「船は24日も確保している。妊婦や乳幼児からも(島外避難の希望を)受け付ける」と話した。都は、高齢者らを主に福祉施設で受け入れる方針で、都立の特別養護老人ホームと老人保健施設のほか、民間の福祉施設にも受け入れが可能か照会している。
 一方、警視庁や東京消防庁、自衛隊などによる捜索は22日から総勢1500人以上の態勢で行われ、男性1人の遺体が発見された。死者は29人となり、うち25人の身元が確認された。16人が依然として行方不明のままだ。23日未明で土石流災害から1週間になる。(2013年10月23日00時32分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

河川敷に銃弾か=計7個、釣り人発見-北海道(23日)時事

21日午後3時20分ごろ、札幌市東区東雁来三条の豊平川河川敷で、釣りに来ていた男性から「銃弾1発が落ちている」と110番があった。札幌東署員が付近を捜索したところ、22日午前までに銃弾とみられる物を合計7個発見。同署などは銃刀法違反容疑で捜査を始めた。
 北海道警薬物銃器対策課によると、見つかった7個は刻印などから1992年製の38口径の拳銃弾とみられ、弾の見た目から警察庁が委託した会社が製造している銃弾と同型の可能性が高いという。

Top_header_logo21 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0) | トラックバック (0)

ろうそくの芯が飛び 火災の原因に(23日)NHK

仏壇や神棚にともしたり、災害で停電したときに使ったりするなど、身近な「ろうそく」ですが、ろうそくの芯が火がついたまま数十センチ飛んで火災をつながったとみられるケースがあることが消防の実験で分かりました。
ろうそくメーカーで作る団体は注意を呼びかけることにしています。

ろうそくの火が飛んだことが原因とみられる火災は、ことし2月、大阪・枚方市の住宅で発生しました。
居間の障子の中央部分から突然火が出て住民が消し止めました。
けが人はいませんでした。
消防によりますと、障子の近くには、ろうそく立てがありましたが、20センチ以上離れ、ろうそくは燃え尽きた状態で、ほかに火の気もなく、当時は原因を突き止めることができませんでした。
消防では、現場のろうそく立ては水で洗ったあとだったと住民が話していたことから、ろうそく立ての受け皿部分に水分がある状態で火をつけて半年にわたって実験を繰り返したところ、まれにろうそくの芯が火がついたまま飛ぶ現象が起きることが分かりました。
ろうそくが燃え尽きるとき、溶けたろうの膜に閉じ込められた水分が数百度の炎に熱せられて沸騰し、ろうの膜が破裂して芯を飛ばしたとみています。
ろうそくの火が飛んで火災が起きる事例は全国に例がないということで、実験を行った枚方寝屋川消防本部の梶井一さんは「過去の火災の中にも同じような原因が含まれている可能性があり、注意してほしい」と話しています。
一方、実験結果を受けて、大手ろうそくメーカーでも独自に実験を行い、同じ現象が起きることを確認したということです。
全国のメーカーで作る「全日本ローソク工業会」は、安全のため、ろうそく立ての水分を拭き取ったうえで使うよう注意を呼びかけることを決めました。
ローソク工業会の鳥居邦夫会長は「水分をよく拭き取って使えば安全なので、火事にならないよう正しく使ってほしい」と話しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131023/k10015477141000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

岡山県警:警視、セクハラで本部長訓戒処分に(23日)毎日

岡山県警本部の50代の男性警視が部下の女性警察官にセクハラをしたとして、県警が本部長訓戒処分にしていたことが毎日新聞の情報公開請求で分かった。処分は9月9日付。
 警視は県警本部の課長で、過去に署長や県警本部の他の部署の課長などを務めた経験がある。関係者によると、今夏、職場で部下の女性警察官に対し、体を触るなどのセクハラ行為を繰り返したという。女性警察官が別の上司に相談して発覚した。
 警視は9月中旬の毎日新聞の取材に対し「全くの事実無根だ」などと話していた。県警監察課は「被害の程度などを考慮した上で、処分を決定した」としている。【原田悠自、平川義之】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20131023k0000m040087000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

原発事故で客減少とウソ…東電から870万詐取(23日)読売

東京電力福島第一原発事故による風評被害の賠償制度を悪用した詐欺事件で、福島県警捜査2課と会津若松署などは21日、新たに福島市丸子、無職東城幸一(54)、同市渡利、同小野浩幸(51)の両容疑者を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。
 これで事件の逮捕者は計9人となった。県警は両容疑者が、先に逮捕された会津若松市宮町、会社役員鈴木治夫容疑者(45)らに手口を指南した疑いもあるとみている。
 発表によると、東城容疑者らは昨年8月上旬頃、鈴木容疑者らと共謀し、原発事故でスナックの客が減って売り上げが落ちたと偽り、鈴木容疑者名義で賠償金を請求し、東電から賠償金約870万円をだまし取った疑い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁巡査部長がホテルで警察手帳盗まれる 少女に売買春もちかけか(23日)産経

警視庁石神井署の男性巡査部長(42)が今年6月、勤務終了後に17歳と18歳の少女2人とラブホテルに行き、警察手帳を盗まれていたことが22日、分かった。警視庁は窃盗容疑で2人を逮捕、家庭裁判所に送致された。
 少女の付添人を務める弁護士が明らかにした。弁護士は巡査部長が売買春を持ちかけた疑いがあると主張している。警視庁は児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で捜査している。
 弁護士によると、巡査部長は6月中旬、勤務を終えて飲酒した後、埼玉県川口市内で当時高校3年生だった少女らに声をかけて、ラブホテルに誘ったとされる。翌朝、客室内で目覚め、警察手帳や所持金数万円などがなくなっていることに気づいたという。
 8月下旬、警視庁は窃盗容疑で2人を逮捕、2人が当時住んでいた部屋から警察手帳などを押収した。巡査部長は捜査過程で「路上で意気投合し2人を誘った」「酔っていて覚えていないが、金を渡した可能性がある」などと説明したという。
 弁護士は、「巡査部長が1人3万円を支払うと言って援助交際を持ちかけた。客室内で少女1人に警察手帳を示してわいせつな行為をした」と主張としている。
 警視庁は「少年事件課で捜査中です。捜査・調査を尽くし、処分すべき時は厳正に処分します」とコメントした。【衝撃事件の核心】「ヘタ金払え。稼いでこい」売春強要する中3女子…援交に無抵抗、異次元の「お友達関係」

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131022/crm13102222430012-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京高裁の裁判を無断撮影した映像をネットに投稿 (23日)TBS

東京高裁で開かれた裁判の様子を無断で撮影したとみられる映像が、インターネット上に投稿されていたことが分かりました。
 映像の内容などから、今月17日に東京高裁で開かれた参院選無効訴訟の口頭弁論を傍聴席から無断で撮影したものとみられます。
 民事訴訟規則では法廷内での無断撮影は禁止されていますが、動画では、裁判官と原告側のやりとりや閉廷を告げて法廷を後にする裁判官らに原告側が大声で抗議する場面が、およそ15分間にわたり収められています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2036901.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

密入国の中国人が日本人になりすましパスポート取得の疑い 逮捕(23日)フジテレビ

密入国した中国人が、日本人になりすましてパスポートを取得した疑いで、この中国人やブローカーの日本人らが警視庁に逮捕された。
旅券法違反などの疑いで逮捕された中国人の翁清容疑者(32)や、若林 進容疑者(52)ら3人は、2011年6月、翁容疑者が都内に住む日本人男性になりすまし、パスポートを申請し、2011年7月に不正に取得した疑いなどが持たれている。
警視庁によると、翁容疑者らは、住民基本台帳カードが申請時に顔写真がついていない身分証明書でも2通あれば取得できることを悪用し、住民基本台帳カードを不正に取得したうえで、日本人になりすまし、パスポートを取得していた。
翁容疑者と若林容疑者は、容疑を認めているという。
警視庁では、余罪がないかなど調べている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

修習生の頬にキス 福岡地裁判事、戒告処分を受け退官(23日)産経

司法修習生の頬にキスをしたとして、福岡地裁の高橋信慶(のぶよし)判事(40)について地裁が分限裁判を申し立て、福岡高裁が戒告とする決定をしていたことが分かった。高橋判事は22日付で依願退官した。
 決定は今月8日付。決定によると、高橋判事は8月1日午前0時ごろ、福岡市中央区の飲食店で、同席していた司法修習生の女性に「キスをしたい」という趣旨の発言を複数回し、女性の左手を引っ張って引き寄せ、女性の意に反して左頬に2回キスをした。
 高裁の古賀寛裁判長は、これらの行為が「品位を辱める行状に該当する」と判断した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131022/crm13102221230010-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月22日 | トップページ | 2013年10月24日 »