« 2013年10月21日 | トップページ | 2013年10月23日 »

2013年10月22日

2013年10月22日 (火)

78歳すり師、窃盗容疑で逮捕=新幹線狙いの「ベテラン」-愛知県警(22日)時事

新幹線の乗客が座席脇に掛けた背広から財布を抜き取ったとして、愛知県警などは22日、窃盗の疑いで大阪市浪速区恵美須西、無職李載秀容疑者(78)を現行犯逮捕した。李容疑者は新幹線で同様の事件を繰り返してきたとされ、すり捜査の担当者らに「幹線の載秀」として知られていた。
 逮捕容疑は22日午後1時45分ごろ、博多発東京行きののぞみ車内で、会社役員男性(51)から現金9000円などを盗んだ疑い。「間違いない」と認めているという。(2013/10/22-20:21)

Top_header_logo21_3 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013102200895

| コメント (0) | トラックバック (0)

84歳母死亡「ご飯食べさせなかった」と長女(22日)読売

22日午前7時20分頃、横浜市神奈川区栄町のマンションの一室から「お母さんを殺した」と110番があった。
 神奈川署員が駆けつけると、この部屋に住む山本和子さん(84)が寝室のベッドであおむけの状態で死亡していた。部屋の中にいた無職の長女(54)は「(山本さんに)ご飯を食べさせなかった」と説明しており、同署は長女から詳しい事情を聞いている。
 同署幹部によると、山本さんは長女と2人暮らしで、長女が110番した。山本さんに目立った外傷はなく、司法解剖して死因を調べる。長女は事情聴取に対し、「母は認知症で、介護に疲れていた」と話しているという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察手帳見せ強姦した疑い 警視庁巡査部長を告発(22日)朝日

当時17歳と18歳の少女2人に現金を渡し、ホテルでわいせつな行為をしたとして、少女の付添人の弁護士が22日、警視庁の男性巡査部長(42)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)や強姦(ごうかん)の疑いで東京地検に告発した。警視庁警務部は「捜査を尽くし、処分すべき時は厳正に処分する」としている。
 ホテルで巡査部長が寝入った後、少女らが警察手帳などを持って外に出たため、巡査部長が被害届を提出。少女らは8月に窃盗容疑で逮捕され、うち18歳の少女は家裁に送致された。
 告発した田崎信幸弁護士によると、巡査部長は6月、埼玉県川口市の路上で少女2人に対して「1人3万円払うからつき合って」と誘い、ホテルに連れ込んだうえ、少女らにわいせつな行為をしたという。さらに、18歳の少女には警察手帳を見せて脅したうえで強姦したとしている。

Logo2_3

http://www.asahi.com/articles/TKY201310220250.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

担任らに暴行を加えた容疑で小田原の中学生2人逮捕(22日)TBS

神奈川県小田原市の中学校で、担任の教諭らに蹴るなどの暴行を加えたとして3年生の男子生徒2人が逮捕されました。
 逮捕されたのは、神奈川県小田原市の中学校に通う3年生の15歳の男子生徒と同級生の14歳の男子生徒です。
 警察などによりますと、15歳の男子生徒は先月24日生活態度を注意され、担任の男性教諭(37)に蹴るなどの暴行を加えた疑いがもたれています。
 その1週間後に、14歳の男子生徒は生活態度を注意された同じ男性教諭に腹を立て、複数回体当たりするなどして肋骨を折る重傷を負わせた上、止めに入った別の男性教諭ら3人に対して暴行を加えた疑いがもたれています。学校側は事件後、市教委や警察に相談、生徒の保護者にも報告をした上で被害届を出したということです。
 警察の取調べに対して、2人とも「注意されてむかついた」などと容疑を認めているということです。(22日16:54)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2035961.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

サッカーJ2「ザスパクサツ群馬」の選手をブーツ盗んだ疑いで逮捕(22日)フジテレビ

サッカーJ2「ザスパクサツ群馬」に所属する選手が、群馬・高崎市内の衣料品店から、ブーツを盗んだとして逮捕された。
窃盗の疑いで逮捕されたのは、サッカーJ2「ザスパクサツ群馬」所属の後藤 涼容疑者(27)。
後藤容疑者は2013年8月、高崎市内の衣料品店から、ブランド物のブーツ2足(15万円相当)を盗んだ疑いが持たれている。
調べに対して、後藤容疑者は「バッグの中に隠して盗んだのは間違いない」と容疑を認めているという。
所属クラブによると、後藤容疑者は、2005年4月に前橋育英高校から入団し、今シーズンは、フォワードとして4試合に出場していた。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00256366.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日単位・レベル)
おいっ!泥棒野郎pout
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20131016105945

 農家の人が1年間、丹精を込めて生産した新米を盗む不届き者もいれば、人の家に上がり込んで金庫やテレビなどごっそり盗む者もいるなど、相変わらず「泥棒」が多い。
 19日に茨城県常陸大宮市の米集荷販売会社の倉庫から新米21袋約8万4000円相当ともち米4袋1万6000円相当が盗まれた。
 盗む者も入れば当然、捕まる者もいる。今年8月、愛知県一宮市の住宅に窓ガラスを割って侵入し、金庫や液晶テレビを盗んだ容疑で、20歳から30歳の男3人が愛知県警に逮捕された。愛知と岐阜の両県で7月から同様の手口の空き巣事件が約120件、被害総額は5000万円にのぼるという。
 泥棒、つまり窃盗事件は刑法犯の7割を占める罪種。警察庁によると今年9月までの窃盗事件の認知件数は73万2221件で検挙率は24.7%と低い。
 上記の事件のうち侵入盗の認知件数は8万0611件で検挙率は46.2%。一方、万引きや置き引き、車上狙いなどの非侵入盗は37万4427件にものぼり検挙率は32.9%だ。
 侵入盗のうち新米を盗むなどの倉庫荒らしは4726件もあり検挙率は46.4%と比較的高い。
 県別でワースト1位は愛知県の8741件、以下は千葉県の6286件、東京の5840件と続く。
 非侵入盗に続いて多いのは乗り物盗。中でも自転車盗は22万1319件もある。しかも検挙率が極めて低くく5.0%にすぎない。県別では東京の3万6763件がトップで以下は大阪の2万4684件、神奈川県の1万4763件の順。
 この自転車盗を減らせば、日本の数字治安は良くなるのだが…
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 

2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。
 警視庁ニュース

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

顧客資金1億円着服か 実兄刺殺容疑の元弁護士、横領容疑で立件へ 警視庁(22日)産経

東京都墨田区で昨年11月、無職の大久保敏明さん=当時(58)=を殺害したとして、殺人容疑で逮捕された実弟の元弁護士、敦容疑者(52)が、弁護士業務の過払い金返還請求などで取り戻した資金の一部を、顧客に返さずに着服していた疑いが強いことが、捜査関係者への取材で分かった。着服総額は約1億円に上るとみられ、警視庁は業務上横領容疑で敦容疑者を立件する方針を固めた。
 捜査関係者によると、敦容疑者は平成11年に弁護士登録し、東京都足立区に事務所を構えた。当初は不動産処理などを請け負っていたが、数年前から消費者金融などへの過払い金返還請求の依頼が増えたのを機に、返還資金の一部を着服するようになったという。
 警視庁が大久保さん殺害事件を捜査する過程で、敦容疑者の口座に出所不明の預金があることが分かり、裏付け捜査を進めていた。
 敦容疑者は大久保さん殺害事件後の今年に入り、墨田区内の自宅に事務所を移したが、弁護士業務はほとんど行っておらず、7月末には所属先の東京弁護士会に、弁護士登録の取り消しを自ら申し出ていた。
 敦容疑者は今月3日、殺人容疑で警視庁に逮捕されたが、一貫して容疑を否認しているという。警視庁は大久保さんとの間に金銭以外のトラブルを抱えていたとみて詳しい犯行動機を調べるとともに、敦容疑者の勾留期限が満期となる24日以降、業務上横領容疑で再逮捕する方針だ。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131022/crm13102217080008-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

朝鮮総連本部の売却許可延期 「モンゴル企業」なお審査(22日)朝日

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物(東京都千代田区)の再入札で、東京地裁は22日、最高価格の50億1千万円を提示した「アバール・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー」への売却を許可するかどうかについて、決定を延期したと発表した。
 同社は地裁に「モンゴルの企業」だと説明しているが、業種などは明らかになっていない。
 地裁は、17日の開札後からアバール社について買い手としての資格を満たすかどうかの審査をしているが、さらに時間が必要だと判断したとみられる。当初は22日に決定すると公表していた。

Logo2_2 http://www.asahi.com/articles/TKY201310220070.html?ref=com_top6_1st

| コメント (0) | トラックバック (0)

市役所内のATMで現金引き出し(22日)NHK

大阪・河内長野市の職員が生活保護費およそ400万円を着服したとして逮捕された事件で、この職員は市役所内のATM=現金自動預け払い機で、生活保護費の管理口座から現金を引き出していたことが警察への取材で分かりました。
市によりますとこの職員はおよそ2億6000万円を引き出した疑いがあるということで、警察は裏付けを進めることにしています。

大阪・河内長野市のまちづくり推進室の主査宮本昌浩容疑者(43)は、生活保護費の支給業務を担当していたおととし、生活保護費の管理口座からおよそ400万円を引き出して着服したとして、21日夜、業務上横領の疑いで逮捕されました。
警察によりますと調べに対して、宮本主査は「着服した金は株の購入や預貯金などに充てたり自宅に保管したりしていた」などと供述し、容疑を認めているということです。
自宅からは現金数千万円が見つかり押収されました。
その後の調べで、宮本主査は市役所内のATMで十数回にわたっておよそ400万円の全額を引き出していたことが警察への取材で分かりました。
市によりますと宮本主査は当時、生活保護費の管理口座の通帳やキャッシュカードを保管し、口座から引き出した現金を受給者に渡す業務を担当していたということです。
宮本主査はおととしまでの2年間におよそ2億6000万円を引き出していた疑いがあるということで、警察は金の使いみちなどについて裏付けを進めることにしています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131022/k10015448651000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

不正送金、ロシアへの転送急増 ウクライナも、サービス悪用(22日)共同

インターネットバンキングをめぐる不正送金事件で、利用者の口座から別口座に不正送金された現金が、海外送金サービスを使ってロシアとウクライナに転送されるケースが急増していることが21日、捜査関係者への取材で分かった。
 両国からさらに転送されている可能性もあり、日本の捜査当局は国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、送金先の人定を確認するようロシアに捜査協力を要請。ウクライナにも近く協力を求め、全容解明を急ぐ。
 捜査当局は、犯人グループが発覚を遅らせたりするため、サービスを悪用したとみて捜査している。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102101002492.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁 五輪専従部署を設置へ(22日)NHK

2020年の東京オリンピックとパラリンピックの開催に向けて、警視庁は、来月から、都と連携して準備に当たる専従の部署を設けることを検討していて、競技会場周辺の警備態勢作りなどを進める方針です。

2020年の東京オリンピックとパラリンピックの開催に向けて、警視庁は「連絡室」を作って対応してきましたが、来月からはこれを拡充して、新たに「準備委員会事務局」を設けることを検討しています。
警視庁ナンバー2の副総監直轄の部署で、テロ対策などに当たる警備部や交通規制などを担当する交通部、それに防犯対策などに当たる生活安全部の担当者、合わせて十数人が専従で業務に当たる予定です。
この中では、都や関係機関との連携を強化し競技会場の警備態勢や周辺の交通規制の検討に向けた情報交換などに当たることにしています。
来年2月にはオリンピックの大会運営に当たる組織委員会が設立されるのに併せて事務局の体制をさらに拡充する予定で、警視庁は「万全の態勢でオリンピックを迎えることができるよう準備を進めていきたい」としています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131022/k10015448741000.html

News_pic1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

病院逃走の覚醒剤容疑者、8か月ぶり身柄確保(22日)読売

福岡県警筑紫野署は21日、高知市塩田町、無職細見裕之容疑者(43)を覚醒剤取締法違反(所持、使用)容疑で逮捕した。
細見容疑者は1月に同法違反(所持)容疑で現行犯逮捕されたが、治療のため一時釈放され、入院先の病院から逃走していた。
 同署は全国に指名手配し、約8か月半ぶりに身柄を確保した。
 同署の発表によると、細見容疑者は1月22日午前10時50分頃、福岡県那珂川町のホテルで、覚醒剤約1・8グラムを所持し、同31日までの間に使用した疑い。
 同署は同22日、細見容疑者を福岡県内で逮捕したが、骨盤や手首の骨を折る重傷を負っていたため、同日中に釈放。福岡市内の病院で任意で事情を聞いていたが、2月4日に逃亡され、6月に指名手配していた。
 高知市内で21日、「金融機関に刃物を持った男がいる」との110番を受けた高知県警が、刃物を所持した男を発見。任意同行を求め、細見容疑者と判明したという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

放火容疑、男を再逮捕 愛知・安城など連続不審火(22日)朝日

 愛知県岡崎市安城市などで2月以降、不審火が相次いだ事件で、県警は21日、岡崎市宇頭北町2丁目、無職近藤洋之容疑者(48)=器物損壊と非現住建造物等放火の容疑で逮捕、いずれも処分保留=を現住建造物等放火の疑いで再逮捕し、発表した。容疑を認めているという。
 県警によると、近藤容疑者は8月8日未明、安城市大岡町にある木造平屋建て住宅に火をつけ、エアコンの室外機の配線や外壁の一部を燃やした疑いがある。

Logo2 http://www.asahi.com/articles/NGY201310210058.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

川崎でアパート火災、男女の遺体見つかる (22日)TBS

21日夕方、川崎市幸区にあるアパートの一室で火事があり、その部屋に住む50代の夫婦と見られる男女の遺体が見つかりました。
 21日午後6時ごろ、川崎市幸区塚越で、「アパートの1階の部屋から煙と炎が出ている」と近所の住民から消防署に通報がありました。火は20分ほどで消し止められましたが、この部屋に住む50代の夫婦と見られる男女の遺体が見つかりました。警察によりますと、一緒に住んでいた15歳の長女は外出していて無事だったということです。
 台所の部分が激しく燃えているということで、警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに、火事の原因を調べています。(22日06:35)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2035875.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

性犯罪など二次被害“防止策”に「秘匿命令」(22日)テレビ朝日

東京地裁は、性犯罪被害者に裁判などを通じて二次被害が及ばないよう、必要な場合は加害者側の弁護人に、被害者の個人情報を被告に伝えないよう求める「秘匿命令」を出すといった対策を明らかにしました。

 性犯罪などの裁判では、被害者が再び犯罪に巻き込まれないよう、起訴状に被害者の名前を明記しないケースが相次いでいます。一方で、起訴状を匿名にしても、捜査報告書などに実名が記され、被害者側を守る実効性に欠けるという指摘も出ています。これに対し、被害者を匿名にすることで、被告側の反論の権利が奪われるという主張もあります。東京地裁では、身体に危害が加えられる可能性があるなど、必要と判断された場合に限り、被告の弁護人に対して秘匿命令を出すといった対策をまとめ、検察や弁護士会に提示しました。秘匿命令が出されると、調書などに記された被害者の名前や住所などを被告に伝えることが禁じられます。ただし、現時点でこの秘匿命令に罰則は設けられていません。今回、裁判所が提示した対策をもとに、今後、検察、弁護士会などを交え、実際の運用方法などについて協議が進められるものとみられます。「匿名化」を巡っては今月17日、強制わいせつ事件の被害者が自分の個人情報が被告側に伝わることを心配したため、検察側が起訴を取り消すという異例の対応が取られました。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000014542.html2009_1229_211958annlogo1

| コメント (0) | トラックバック (0)

くずダイヤで1千万円被害 宇都宮、詐欺容疑(22日)産経

宇都宮東署は21日、宇都宮市内の無職男性(80)が、価値の低いダイヤモンドと引き換えに1千万円をだまし取られたと明らかにした。
 同署によると、男性宅に7月中旬、ダイヤの取引資料が郵送され、商事会社の社員を名乗る男から「ダイヤを購入すれば色を付けて全額返済する」などと電話があった。
 男性は8月上旬、ダイヤ10個の購入代金として、自宅を訪れた取引会社の社員を名乗る男に計1千万円を手渡した。
 男性が宝石店で鑑定したところダイヤは数万円程度の価値しかなく、男らとも連絡が取れなくなったため同署に届けた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131021/crm13102119000013-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR北で「取扱注意」文書が外部流出 鉄道ショップで販売 (22日産経)

多数のレール異常放置などのトラブルが相次ぐJR北海道で、ダイヤ改正などに関する「取扱注意」の社内資料が外部に流出し、鉄道ショップで販売されていたことが21日、同社への取材で分かった。資料の多くは社外への持ち出しが禁じられ、廃棄が義務付けられていた。社員らが持ち出したとみられ、同社は「厳正な管理を徹底したい」と話している。
 同社によると、流出したのはダイヤ改正時に作成される「時刻改正(案)」のほか、運転士や車掌の勤務表案などが記された「列車乗務員乗務方(案)」など。資料は本社運輸部が作成し、全支社や運転所、保線所などに配布。表紙には「社内資料」「取扱注意」などと書かれ、使用後は確実に廃棄するよう義務付けた資料も多く含まれていた。ただ、通し番号などは記載されておらず、廃棄は現場に任せていたという。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131021/crm13102121400017-n1.htmMsn_s1

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月21日 | トップページ | 2013年10月23日 »