« 2013年10月18日 | トップページ | 2013年10月20日 »

2013年10月19日

2013年10月19日 (土)

サイバー捜査官自前育成、企業研修も 京都府警、来春から(19日)共同

京都府警は19日、来春をめどにサイバー犯罪の捜査能力を高める人材育成システムをつくり、各捜査部門でコンピューターの専門知識を持つ「サイバー捜査官」を育成すると発表した。ファイル共有ソフトによる著作権侵害事件やコンピューターウイルスを悪用した詐欺事件など先駆的なサイバー捜査を手掛けてきた府警が組織全体で底上げを図る。
 インターネットを悪用した事件が犯罪種別を問わず増えている現状を踏まえ、捜査態勢を強化する狙い。サイバー捜査の裾野を広げることで、犯罪全般を抑止し、府民から寄せられる相談への対応力も向上させる。
 警視庁などが民間企業のシステムエンジニアを警察官として採用しているのに対し、府警はサイバー捜査と知識に長けた警察官を内部で育てる方法を選んだという。
 府警が導入する育成システムは、警察学校の初任科生時代から系統的に情報技術(IT)を学ばせ、筆記や実技試験がある「サイバー検定」を実施する。優秀な警察官を選んで大学や企業で研修を受けさせる。これらを通して刑事、生活安全、交通、警備各部の捜査部門のある課でサイバー捜査官を養成する。
 府警警務課は「サイバー捜査能力は警察官として必要不可欠な時代。5年、10年後を見据え、組織を挙げて取り組んでいく」としている。

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/201310190000712010_0123_11120247newslogo1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

同居男性の1千万円盗み、3か月で使い果たす?(19日)読売

岐阜県警岐阜北署は18日、住所不定の無職加藤良容疑者(43)を窃盗容疑で逮捕した。発表によると、加藤容疑者は今年7月7~13日の間、岐阜市折立のアパートで同居していた家屋解体作業員の男性(43)の約1000万円入りスーツケースを盗んだ疑い。加藤容疑者は18日、京都市内で保護されたあと、岐阜北署に出頭した。調べに対し、「現金は使った」と話しており、所持金は2000円だけだった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

銀行から2億円“融資詐欺”で若手起業社長ら逮捕(19日)テレビ朝日

みずほ銀行から融資金約2億円をだまし取ったとして、大阪府警は、太陽光発電システム販売会社の社長ら2人を逮捕しました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、「エステート24ホールディングス」の社長・秋田新太郎容疑者(28)と元役員の田中智久容疑者(36)です。秋田容疑者らは去年9月、みずほ銀行から融資を受ける目的で、「別の大手銀行から3億円の融資を受けた」と虚偽の説明をして、融資金2億円をだまし取った疑いが持たれています。さらに、販売実績を水増しし、返済能力があるように見せかけていたことも分かっています。2億円の大半は返済されておらず、警察は、金の流れなど実態の解明を進めています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000014445.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)
thunder厳罰が必要だtyphoonangry
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20131014154504

アルバイトの男子大学生が、店内の大型食器洗浄機の中で横たわった画像を交流サイトに投稿した後、閉店していた東京都多摩市のそば店が、約3300万円の負債総額を抱えて倒産した。ネット上で批判が殺到。店には衛生面で苦情電話が相次ぎ、閉店に追い込まれたという。
 依然として馬鹿騒ぎが続いているネット投稿。今月18日には前橋市のスーパーのアイスクリームケースに入りこんだ映像をツイッターに投稿していた群馬県太田市の18歳の少年が器物損壊の疑いで書類送検された。このためスーパーは冷凍食品4300点も処分したという。少年だけではない。過去には石川・金沢市では「餃子の王将」で集団全裸写真撮影をした39歳と38歳の男が逮捕されている。
 「投稿だ」と言えば善悪も考えずに一斉に走り出す。そして逮捕されて初めて反省する…もちろん反省もしない人物もいるが…なんでこんな「烏合の衆」のような統制のとれない日本になってしまったのだろうか。
 教育がだめなら「厳罰」しかない。厳罰と言っても身柄を拘束するのではなく思い切った損害賠償の責務を負わせることだ。
 倒産した多摩市のそば店は昭和59年創業の老舗。2店舗の売上は億単位だったという。
 それが翌日から生活権が奪われる訳だから大学生の親にも責任がある。当然、財産を処分しても弁償させ、少年には返済が済むまで働かせるなどの罰も必要だ。言っても治まらないのなら厳しい「罰」しかない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 

2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。
 60歳以上のストーカー、10年で3・8倍に

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

現金200万詐取容疑、元県課長を逮捕 秋田中央署(19日)共同

知人から現金200万円をだまし取ったとして、秋田中央署は18日、詐欺の疑いで東京都大田区池上、元県職員で、警備保障会社アルバイト佐々木偉男(いさお)容疑者(58)を逮捕した。
 逮捕容疑は、秋田市に住んでいた昨年8月下旬、同市の知人男性宅で「友人に金を貸さなければならない。退職金で必ず返すから、200万円を貸してもらいたい」などと言い、数日後に200万円を自分名義の金融機関の口座に振り込ませ、だまし取った疑い。
 男性は今年4月下旬に「貸した金を返してもらえない。連絡が取れない」と同署に相談していた。佐々木容疑者は複数の知人らから金を借りているといい、同署が余罪の有無などを調べている。
 佐々木容疑者は県雇用労働政策課長を経て平鹿地域振興局総務企画部長となり、2010年3月に早期退職した。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20131018s

| コメント (0) | トラックバック (0)

名前知られたくない…強制わいせつ起訴取り消し(19日)読売

強制わいせつ罪に問われた男性被告について、東京地検が、被告に被害者の実名など個人情報を知られたくないとの被害者側の意向を受け、起訴を取り消していたことがわかった。これを受け、東京地裁は17日、公訴を棄却した。
 関係者によると、被告は東京都内で児童にわいせつな行為をしたとして起訴された。地検は、被害者側の意向で起訴状に児童の実名を記載せず、親の実名と続き柄を記載するにとどめていた。ただ、被害者側が、今後の公判で児童の個人情報が被告に伝わることなどを心配したため、地検は被告の刑事訴追を断念したという。同罪は、被害者の告訴がなければ起訴できない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

麻規制反対の男ら逮捕 パーティー開催、所持容疑(19日)産経

長野県警は18日までに大麻を所持したなどとして大麻取締法違反の疑いで、自営業白坂和彦容疑者(51)=長野県安曇野市穂高有明=ら男3人を逮捕した。県警によると白坂容疑者は、大麻所持の規制緩和を訴える「大麻報道センター」という団体の主宰者。
 白坂容疑者の逮捕容疑は9月29日、自宅で大麻約4・9グラムを所持した疑い。「黙秘します」と供述している。県警によると、「安曇野市のキャンプ場で大麻パーティーをしている」との通報を受け、警察官が9月29日に現場に駆け付けると、キャンプ場に白坂容疑者らがいた。イベントには関東地方などから男女30人ほどが参加し、大麻を吸ったり、天ぷらにして食べたりしていた。
 その際、白坂容疑者の大麻所持は確認できなかったが、自宅を調べたところ見つかったという。ほかに逮捕された2人もキャンプ場付近にいた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131019/crm13101900040000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

空き巣被害5千万円か、男3人逮捕 愛知(19日)日本テレビ

愛知県一宮市の住宅から金庫や液晶テレビを盗んだとして、男3人が逮捕された。
 窃盗などの疑いで逮捕されたのは愛知県北名古屋市の自営業・今飯田直容疑者(30)、愛知県東海市の大中仁志容疑者(20)、愛知県名古屋市千種区の宮田幸也容疑者(27)の3人。警察の調べによると、3人は他の1人と共謀して、今年8月に一宮市にある会社役員の自宅の窓ガラスを割って侵入し、金庫と液晶テレビを盗んだ疑いがもたれている。警察の調べに対し、今飯田容疑者は「覚えがない」と容疑を否認している。
 3人は今飯田容疑者の自動車板金工場を拠点に車で犯行に向かい、空き巣を繰り返していたとみられている。愛知県と岐阜県では7月中旬から同様の手口の空き巣事件が約120件、被害総額5000万円相当が発生していて、警察ではこれらの事件にも3人が関係しているとみて調べることにしている。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2013/10/19/07238626.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットバンキング 新手口の被害急増(19日)NHK

インターネットバンキングを巡る不正送金はことしに入って被害が7億円を超え、中でも第三者の協力者を介在させて、東欧に現金を送金させる新たな手口の被害が急増していることが分かりました。

インターネットバンキングを巡っては、預金者のパソコンをウイルスに感染させるなどして、IDやパスワードを盗み取り、口座から不正に送金させる被害が相次ぎ、警察庁によりますと、ことしに入ってから今月15日までの被害は19の銀行で合わせて766件、被害総額はおよそ7億6000万円と過去最悪のペースで増え続けています。
警察庁が手口を詳しく分析した結果、犯行グループ以外の第三者を関与させる新たな手口の被害が急増していることが分かりました。
この手口ではまず、被害者の口座から犯行グループ以外の協力者の口座に送金し、協力者に現金を引き出させて、東欧の2つの国に送らせます。
協力者は、インターネットの掲示板などで勧誘し、現金を犯行グループに送ると、数パーセントを報酬として受け取れると持ちかけているということです。
この手口の被害は、ことし3月に初めて確認されたあと夏ごろから急増し、これまでに87件、被害額は1億1400万円に上っています。
警察庁は、第三者を関わらせることで、金の流れを複雑にして摘発を免れようとしているとみて、犯行グループの実態の解明を急ぐことにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131019/k10015398251000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

生レバー提供:摘発の焼き肉店、牛刺しも違法か 京都(19日)毎日

牛の生レバーを提供したとして焼き肉店「焼肉牛宗まるなか京都男山店」(京都府八幡市)の経営者らが食品衛生法違反容疑で逮捕された事件で、同店は牛刺しなど生食用の生肉も提供していたのに、国の基準で義務付けられた専用加工スペースを確保していなかったことが府生活衛生課への取材で分かった。府は同法違反の可能性もあるとみて行政処分を検討している。府警もこうした事実を把握しており、逮捕した経営会社社長、仲宗根孝之容疑者(53)らから事情を聴いている。
 同課によると、今年8月、同店で生レバーなどを食べたグループのうち4人が食中毒症状を訴え、入院した1人からカンピロバクター菌が検出された。原因となった食品は特定できなかったが、保健所の立ち入り調査で、生食用生肉を調理する専用スペースがないことや府が定める届け出をしていないことが判明した。
 仲宗根容疑者らは保健所に「生肉は提供していない」などと話したという。しかし、捜査関係者によると、同店はコース料理の一部に生レバーのほか、牛刺しやユッケなどの生食用生肉を提供していたとみられる。
 生食用食肉を巡っては、2011年に富山県などで起きた集団食中毒事件を受け、国が新基準を作成。食肉処理業者は肉の表面を加熱・殺菌し、飲食店は加熱された部分を削り取る「トリミング」をすることや、業者と飲食店それぞれに専用スペースや器具を使うことを義務付けた。
 同課は府警の捜査の推移や司法判断を踏まえ、処分を決める方針。同店は事件後、自主的に営業を停止しているという。【村田拓也、土本匡孝】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20131019k0000m040130000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

悪ふざけ画像投稿で閉店、多摩のそば店が破産手続き(19日)朝日

帝国データバンクは18日、東京都多摩市馬引沢2丁目のそば店「泰尚(たいしょう)」が、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたと発表した。アルバイトの男子大学生が、店内の大型食器洗浄機の中で横たわった画像を交流サイトツイッターに投稿した後、閉店していた。負債総額は約3300万円。 食の現場で「悪ふざけ」
 決定は9日付。帝国データバンク東京西支店などによると、8月、男子大学生が画像をツイッターに投稿したところ、インターネット上で批判が殺到。店には衛生面で苦情電話が相次ぎ、閉店に追い込まれた。
 同支店は「業績はもともと厳しかったようだが、ツイッター投稿が倒産の引き金になった可能性はある」と分析している。
 泰尚は1984年創業。一時は町田市にも2店舗を構え、2011年5月期の売上高は約1億2千万円あったが、創業者が昨年亡くなり、経営が悪化していたという。

Logo2

http://www.asahi.com/national/update/1018/TKY201310180496.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

拳銃所持し失踪の警察官逮捕 失踪中の不可解な足取り明らかに(19日)フジテレビ

拳銃を持ったままこつぜんと姿を消した警視庁の24歳の巡査長が18日夜、栃木・宇都宮市内のホテルで身柄を確保され、銃刀法違反の疑いで逮捕された。
拳銃とともに姿を消してから3日。
18日夜、栃木・宇都宮市内のホテルで身柄を確保され、銃刀法違反の疑いで逮捕された、警視庁綾瀬署の地域課巡査長・小林英正容疑者(24)。
逮捕された際、小林容疑者は、実弾5発の入った拳銃と、現金およそ200万円を所持。
震えたまま、何も話さない状態だったという。
そして、失踪中の不可解な足取りも明らかになった。
15日午後11時ごろ、「足立区平野の騒音苦情の現場に行く」と報告し、交番を出た小林容疑者。
交番を出てから30分後、無線にも応答せず、携帯電話もつながらなくなった。
その後、報告は虚偽とわかり、向かったはずの現場とは逆方向の路上や川で、小林容疑者の自転車や制帽、無線機が見つかった。
そして16日早朝、首都圏が台風26号の猛威にさらされていたころ、小林容疑者の姿は、東京駅にあった。
黒のTシャツにマスク姿。
大きなバッグを2つ持った小林容疑者とみられる男が、東北新幹線のホームに1人で向かっているところを、防犯カメラがとらえていた。
JR東京駅の男子トイレの中で、失踪した男性警察官の制服と、名前入りの雨具が入ったかばんが発見された。
一方、実弾5発が入った拳銃や手錠、警察手帳などは見つからなかった。
その後の捜査で、小林容疑者が宇都宮市内のホテルにいることが判明した。
外出中に捜査員が待ち伏せし、戻ってきたところで、職務質問を行い、逮捕に至ったという。
また、拳銃のほか、手錠と警察手帳、警棒も小林容疑者が所持していたバッグから見つかった。
職務中に拳銃を持ったまま失踪した今回の事態に、元警視庁捜査員の山田幸一氏は「いかなる通報であったとしてもですね、基本的に現場に行く場合は、複数の警察官が行くということを、徹底すべきであったと思う。いつ拳銃を使用して、一般市民に銃口を向けるか、危険性を考えた場合においては、早めに氏名等を公表して、公開捜査ですね、そんなところに踏み切るべきだった」と話した。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00256140.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

牛丼店に小切手忘れたと二千万円詐欺 千葉、70代女性が被害(19日)産経

千葉西署は18日、千葉市花見川区の70代女性が長男を装った男からの電話で現金2千万円をだまし取られたと明らかにした。詐欺事件として捜査している。
 同署によると、17日午前、長男を名乗る男から女性宅に「課長から預かった小切手入りのかばんを、牛丼店に忘れた」と電話があった。
 さらに課長を名乗る男から「私も2700万円を出すので、お金を用意してほしい」と頼まれ、同区の路上で、長男の同僚だという男に、自宅にあった現金2千万円を手渡したという。
 女性は17日夜、長男に電話して被害に気付き、交番に届けた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131018/crm13101817170013-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月18日 | トップページ | 2013年10月20日 »