« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 爆破予告疑いで大学生逮捕 音楽フェスのリハ中止 京都(23日)産経 »

2013年9月22日 (日)

JR北海道、レール異常97カ所 社長が謝罪、基準満たさず放置(22日)共同

JR北海道がレール幅の異常を放置していた問題で、野島誠社長は22日、札幌市内の本社で記者会見し、レールの幅や高さなどが社内規定の基準を満たしていないのに放置していた場所が新たに見つかり、放置箇所は既に判明していた分を含め、計97カ所に上ることを明らかにした。
 野島社長は「お客さまにご迷惑をお掛けしていることをおわび申し上げます」と謝罪した。
 また、渡島管内七飯町の貨物列車脱線現場のレール異常を放置していた保線の担当者が「(待避用の)副本線なので、本線より優先順位が後という意識があった」と、説明していると明らかにした。
 野島社長は、自身の進退について聞かれ「考えていない。引き続き安全確保に取り組む」と答えた。

2010_0123_11120247newslogo1

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/493387.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 爆破予告疑いで大学生逮捕 音楽フェスのリハ中止 京都(23日)産経 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/58245324

この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道、レール異常97カ所 社長が謝罪、基準満たさず放置(22日)共同:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 爆破予告疑いで大学生逮捕 音楽フェスのリハ中止 京都(23日)産経 »