« 東京・銀座:タクシーの客待ち渋滞解消へ ETCを活用(3日)毎日 | トップページ | 埼玉越谷 消防団がパトロール(3日)NHK »

2013年9月 3日 (火)

巨大積乱雲 低い位置で発生し被害拡大(3日)NHK

2日、埼玉県と千葉県で被害が相次いだ竜巻とみられる突風について専門家は、「『スーパーセル』という巨大な積乱雲が通常より低い位置にできたために竜巻の強い渦が地上に達し、被害を拡大させた可能性がある」と分析しています。

突風災害に詳しい防衛大学校地球海洋学科の小林文明教授は2日、埼玉県や千葉県で撮影された竜巻とみられる突風の映像を分析しました。
小林教授によりますと今回は、「スーパーセル」と呼ばれる巨大な積乱雲から直径50メートル前後の漏斗状の渦が発生し、建物の破片などを巻き上げながら少なくとも100メートル程度の大きな渦となって猛烈な風とともに進んでいたとみられるということです。
また、通常の積乱雲が上空およそ1キロより上にできるのに対して今回の雲は最も低いところが上空500メートル前後とみられ、雲が低かったことで竜巻の強い渦が地上に達し、大きな被害につながったと分析しています。
さらに映像からは同じ雲の下の漏斗状の渦から離れたところでは雨が降っていたことも分かり、小林教授は雲が巨大だったために竜巻が雨によって衰えず、比較的長時間威力を保っていたと見ています。
小林教授は、「今回は、手が届くかと思うほどの低い位置に巨大な黒い雲があったことが分かる。こうした状況に遭遇したときはいつ竜巻が起きてもおかしくないと思って注意してほしい」と話しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130903/k10014234571000.html

« 東京・銀座:タクシーの客待ち渋滞解消へ ETCを活用(3日)毎日 | トップページ | 埼玉越谷 消防団がパトロール(3日)NHK »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大積乱雲 低い位置で発生し被害拡大(3日)NHK:

« 東京・銀座:タクシーの客待ち渋滞解消へ ETCを活用(3日)毎日 | トップページ | 埼玉越谷 消防団がパトロール(3日)NHK »