« 勝浦・行川アイランド跡地 “血まみれシャツ”で騒動 勝浦署、20人がかりで捜索(23日)共同 | トップページ | 70代女性、息子名乗る男に現金1,500万円だまし取られる 神奈川(23日)フジテレビ »

2013年9月23日 (月)

熊本の住宅から一部白骨化遺体、保護の母親は所持金数十円(23日)TBS

熊本市の民家から16歳の少女とみられる一部白骨化した遺体が見つかった事件で、母親はほとんど所持金の無いまま保護されていたことがわかりました。
 この事件は21日午後、福岡空港の国際線ターミナルで錯乱した様子の58歳の女性を警察が保護し、その女性の熊本市の自宅の台所から一部白骨化した遺体が見つかったものです。
 司法解剖の結果、遺体は死後2か月から半年程度が経っているとみられ、目立った外傷は無く、警察は遺体が女性の16歳の娘とみて捜査しています。
 女性は警察に保護された時、「海外に行きたかった」と話していたものの、パスポートは持っておらず所持金は数十円で、口座の残高もほぼゼロでした。
 娘は、小学校高学年から中学生にかけて不登校で、行政の安否確認にも母親が自宅に入れずに拒否していて、熊本県外に単身赴任中の夫(54)も一番の親友も、ここ数年間会えずにいたということです。
 「すごく優しい子で、亡くなったことが信じられなくて」(小学校からの友人)
 警察は、夫から話を聞くなどして調べを進めています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2016327.html

« 勝浦・行川アイランド跡地 “血まみれシャツ”で騒動 勝浦署、20人がかりで捜索(23日)共同 | トップページ | 70代女性、息子名乗る男に現金1,500万円だまし取られる 神奈川(23日)フジテレビ »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本の住宅から一部白骨化遺体、保護の母親は所持金数十円(23日)TBS:

« 勝浦・行川アイランド跡地 “血まみれシャツ”で騒動 勝浦署、20人がかりで捜索(23日)共同 | トップページ | 70代女性、息子名乗る男に現金1,500万円だまし取られる 神奈川(23日)フジテレビ »