« 避難訓練災害時にペット連れ避難できるか?愛犬と訓練 徳島(24日)日本テレビ | トップページ | “実行犯を知る男”引き渡し認める ナンペイ事件(24日)テレビ朝日 »

2013年9月24日 (火)

脱線現場担当部署が最多=レール異常の放置23件-国交省、特別監査実施(24日)時事

JR函館線で起きた貨物列車脱線事故に関連し、JR北海道がレールの高さや幅の異常97カ所を放置していた問題で、国土交通省は23日も、札幌市の同社本社や札幌保線管理室に対する特別保安監査を行った。
 保線管理室はレールの保守管理などを担う現場部門で、道内を44に区分して設置しているが、同社によると、脱線事故現場を管轄する大沼保線管理室(七飯町)の担当区間で、道内最多の23カ所の異常が放置されていた。
 同省は21日以降、本社や函館支社、大沼保線管理室の監査を行い、担当者から聞き取りをしたり、レールの検査記録を確認したりした。監査は23日までの予定だったが、多数の異常放置が発覚したことから期間を27日まで延長し、職員も9人に増やした。
 今後、車両や電気設備などの管理状況も含め、異常が放置された背景を総合的に調査。結果を分析し、事業改善命令などを視野に対応を検討する。

Top_header_logo21 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013092300270

« 避難訓練災害時にペット連れ避難できるか?愛犬と訓練 徳島(24日)日本テレビ | トップページ | “実行犯を知る男”引き渡し認める ナンペイ事件(24日)テレビ朝日 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱線現場担当部署が最多=レール異常の放置23件-国交省、特別監査実施(24日)時事:

« 避難訓練災害時にペット連れ避難できるか?愛犬と訓練 徳島(24日)日本テレビ | トップページ | “実行犯を知る男”引き渡し認める ナンペイ事件(24日)テレビ朝日 »