« 児童ポルノ事件摘発 過去最多(24日)NHK | トップページ | 脱線現場担当部署が最多=レール異常の放置23件-国交省、特別監査実施(24日)時事 »

2013年9月24日 (火)

避難訓練災害時にペット連れ避難できるか?愛犬と訓練 徳島(24日)日本テレビ

毎年9月20日から26日は動物愛護週間です。神山町の県動物愛護管理センターでは23日、災害時を想定したちょっと変わったイベントが行われました。おととしの東日本大震災では多くのペットが被災地に置き去りにされるケースが多発しました。今回のペット同行避難訓練は家族の一員であるペットと一緒に避難する際の参考にしてもらおうと、県動物愛護管理センターが動物愛護週間に合わせて企画したものです。こちらはがれきに見たてた障害物コースを愛犬と一緒に歩くシミュレーションです。障害物につまづいたり、怖気づいて途中でコースを外れてしまう犬もいます。また揺れを体験できる起震車に、一緒に乗り込むコーナーも設けられました。今まで体験したことのない大きな揺れに犬たちもこの表情です。よほど怖かったのか終わった途端、飛び降りるように起震車から逃げる犬もたくさんいました。こういった普段とは違った環境の中でペットが、どのような反応を見せるかを飼い主が知る事も災害時への備えの一つです。参加者らは、思わぬ愛犬達のリアクションに悪戦苦闘しながらそれぞれのコーナーを体験していました。また、災害時の混乱の中ではペットとはぐれてしまう事もあります。会場では獣医に個体識別用のマイクロチップを埋め込んでもらえるコーナーやペットの情報を書き記す「災害時ペット手帳」の作成コーナーも設けられ多くの飼い主らが列を作っていました。

http://www.news24.jp/nnn/news8672330.html2010_0318_173406banner011

« 児童ポルノ事件摘発 過去最多(24日)NHK | トップページ | 脱線現場担当部署が最多=レール異常の放置23件-国交省、特別監査実施(24日)時事 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 避難訓練災害時にペット連れ避難できるか?愛犬と訓練 徳島(24日)日本テレビ:

« 児童ポルノ事件摘発 過去最多(24日)NHK | トップページ | 脱線現場担当部署が最多=レール異常の放置23件-国交省、特別監査実施(24日)時事 »