« 2013年9月28日 | トップページ | 2013年9月30日 »

2013年9月29日

2013年9月29日 (日)

東松山署が「だまされたふりかけ」作戦 振り込め詐欺防止呼び掛ける(29日)共同

東松山署は、振り込め詐欺の被害防止に協力を呼び掛ける「だまされたふりかけ」を作り、管内の銀行、郵便局、農協、証券会社に配布した。
 表には「オレオレ詐欺と思ったら『だまされたふり』かけ作戦!」と記載、振り込め詐欺の未然防止への協力を呼び掛け、裏にはかかってきた電話に「携帯電話が変った」「現金を代わりの者が取りに行く」「キャッシュカードを取りに行く」の言葉が出たら要注意、そのまま「だまされたふり」を続けて電話を切った後、110番してほしいと呼び掛けている。
 同署は、ますます巧妙化する犯人のだましのテクニックに対抗し、犯人検挙に協力してほしいとの願いを込めたという。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.saitama-np.co.jp/news/2013/09/29/04.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

33歳日本人女性、プノンペンで銃撃され負傷(29日)読売

【バンコク=石崎伸生】カンボジアの首都プノンペン中心部で28日夜、観光で訪れていた日本人の女性(33)が2人組の強盗に襲われ、脚を銃で撃たれてけがを負った。
 命に別条はないという。2人組は逃走しており、警察が行方を追っている。
 地元警察によると、女性はバイクに乗った2人組に現金やパスポートが入ったかばんを奪われ、取り返そうとしたところ、銃で撃たれたという。女性は同日、カンボジアに到着し、妹と一緒に現場近くのナイトマーケットを訪れていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

群馬で2人組コンビニ強盗 30分後には5キロ先で…(29日)テレビ朝日

29日未明、群馬県のコンビニ店に2人組の男が押し入り、現金を奪って逃げました。30分後には、5キロほど離れた埼玉県のコンビニでも強盗事件があり、警察は同一犯とみて調べています。
 午前3時ごろ、群馬県板倉町のコンビニ店で包丁のようなものを持った男2人が「金を出せ」などと男性店員を脅しました。男らはレジから現金約13万円を奪って逃走しました。男性店員にけがはありませんでした。男らは2人とも20歳から30歳くらいで、身長165センチほど、黒のニット帽をかぶり、鼻と口を黒のバンダナのようなもので隠していました。その約30分後には、5キロほど離れた埼玉県加須市のコンビニ店でも2人組の男が押し入り、レジから現金約10万円を奪って逃げています。警察は、特徴などから同一犯とみて捜査しています。

2009_1229_211958annlogo1_2

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000013214.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

在日排斥デモ参加者に暴行容疑 反対グループ男ら逮捕 警視庁公安部(29日)産経

在日コリアン排斥を掲げるデモの参加者に暴行するなどしたとして、警視庁公安部は暴行容疑などで、デモに反対するグループの自称自営業、添田充啓(40)と自称介護士、木本拓史(42)の両容疑者を逮捕した。公安部によると、いずれも容疑を一部否認し、木本容疑者は「首に腕を回したが絞めてはいない」と供述している。
 逮捕容疑は8日正午ごろ、東京都新宿区大久保の路上で、デモ参加者の男性(36)らののど元を強く押し、首を絞めたほか、殴る素振りをして脅したとしている。
 現場周辺のコリアンタウンでは在日コリアン排斥を掲げるデモが繰り返され、これに反対するグループと衝突。添田容疑者らは「男組」というグループを名乗り、反対グループの活動に加わっていた。
 8日のデモには約200人が参加。反対グループも約500人集まり、添田容疑者らはデモ開始直後、参加者の男性らに因縁をつけたという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130929/crm13092913560003-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(29、30日単位・レベル)
typhoon 免許制度を厳しくせよthunder
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130910154204

 秋の交通安全運動期間は30日までだが、なぜか今年の運動期間中はとんでもない交通事故が多かった。
 28日午後には東京・江戸川区で、一方通行の道路に反対側から入った軽自動車が歩行者6人を次々にはね、運転手を含む7人が病院に運ばれる事故。さらに千葉県君津市の自動車道でも逆走した乗用車が乗用車に衝突。衝突された車の1人が死亡、2人がけがをした。
 26日には佐賀・唐津市でパトカーに追跡された軽ワゴン車が住宅に突っ込み、運転していた男性が死亡。京都府八幡市では、集団登校をしていた児童の列に乗用車が突っ込み、小1男児が重体、4人がけがを負った。なんと運転していたのは18歳の少年で車が7㍍も空中を飛ぶなど無謀な運転だった。
 このほか、神奈川県の鎌倉駅近くで、乗用車が多重事故のはずみで下校途中の女子中学生3人をはねた後、交番に突っ込み、同県川崎市の路上でもトラックがタクシーに衝突。はずみでトラックは歩道に突っ込み、歩道にいた男性が死亡する事故があるなど、無謀な運転による交通事故が目立った。
 覚醒剤や酒のみ運転で死亡事故を起こしたり、7㍍もジャンプするような無謀な運転者、さらにパトカーに追われて逃走するような者には生涯免許を与えないなどの厳罰が望ましい。規則を守って決められた歩道を歩いていて、なんで殺されなければならないのか。人の命ってそんなに軽いのか
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 
小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。
 千葉・鴨川市の路上で81歳女性死亡、ひき逃げとみて捜査

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

一方通行進入し6人はねる(29日)NHK

28日午後東京・江戸川区で、一方通行の道路に反対側から入った軽自動車が歩行者6人を次々にはね、運転手を含む7人が病院に運ばれましたが、いずれも命に別状はないということです。

28日午後2時ごろ、東京・江戸川区松江で軽自動車が一方通行の道路の反対側から入り、近くにいた歩行者を次々にはね、さらに数十メートル走って道路脇の街路樹に衝突して止まりました。
警視庁によりますと、この事故で、30代から70代までの歩行者の女性6人と、軽自動車を運転していた76歳の男性の合わせて7人が頭を打つなどして病院に運ばれましたが、いずれも命に別状はないということです。
現場は一方通行どうしの道路が交わる交差点に近い幅6メートル余りの区道で、これまでの調べによりますと、軽自動車は交差点を左折して道路を逆に進入したということです。
警視庁は軽自動車の男性から話を聞くなどして事故の詳しい状況を調べることにしています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130928/k10014887161000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉 乗用車が逆走し衝突3人死傷(29日)NHK

千葉県君津市の富津館山自動車道で、逆走した乗用車がほかの乗用車と衝突し、衝突された車に乗っていた1人が死亡、2人がけがをしました。
警察は逆走した車を運転していた65歳の男を自動車運転過失傷害の疑いで逮捕しました。

警察によりますと、28日午後10時45分ごろ、君津市の富津館山自動車道の下り線で、乗用車が突然、Uターンしたあと逆走し、ほかの乗用車と正面衝突しました。
この事故で衝突された車の後部座席に乗っていた千葉県鋸南町の尾崎眞由美さん(58)が車外に投げ出され、全身を強く打ってその後、死亡しました。
また、助手席に座っていた尾崎さんの55歳の妹と、その夫で運転していた56歳の男性が胸を打つなどして軽いけがをしています。
警察は逆走した車を運転していた富津市の自称・警備員、平島義身容疑者(65)を自動車運転過失傷害の疑いで逮捕しました。
現場は片側2車線の自動車専用道路で、警察に対して平島容疑者は「会社から家に帰る途中だった。道を間違えたのでUターンして戻ろうと思った」と話しているということです。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130929/k10014891231000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

武装集団制圧中に店舗から現金・宝石略奪 ケニア襲撃事件(29日)産経イザ

ケニアの首都ナイロビのショッピングモール襲撃事件で、武装集団の制圧作戦が終わるまでに、モール内の複数の店舗で金品の略奪があったことが分かった。警察は従業員や作戦にかかわった治安要員らを調べているという。地元メディアが28日までに伝えた。
 報道によると、モール内のカジノでは多額の現金が行方不明となった。宝石店経営者は、事件後に店内の9割の宝石類がなくなったと語った。これまでに事件被害者の所持品を持っていた警官1人が拘束された。
 ナイロビの国際空港で8月に起きた大規模火災時にも現場で金品が奪われ、警官らの関与が指摘された。(共同)

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

白骨遺体:自宅捜索中、遺棄容疑の妻ら農薬飲む 宮崎(29日)毎日

宮崎県警は28日、宮崎市大橋2、宮田博さん(88)方で、県警警察官がミイラ化した遺体を見つけ、同居する妻(78)と次女(45)が県警が死体遺棄容疑で現場検証中に倒れたと発表した。2人は農薬を飲んだとみられ病院に運ばれたが重症。宮田さんの所在が分からなくなっており、県警は遺体は宮田さんとみて調べている。
 県警によると、遺体は死後数カ月から数年経過した男性とみられる。1階和室のベッド上にあり、一部が白骨化していた。ビニールシートで覆われていたという。宮田さんと連絡が取れないことから宮崎市が、宮崎北署に相談。死体遺棄容疑で捜索令状を取って室内に入り、遺体を見つけた。妻と次女は午後11時ごろ、相次いで倒れた。部屋に農薬の空き瓶があった。【菅野蘭】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130929k0000m040065000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警部補が酒気帯び運転、横断歩道で女性と接触(29日)読売

熊本県警は28日、同県荒尾市

原万田

(

はらまんだ

)

、県警荒尾署刑事課係長、那須本賢容疑者(43)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。
 発表によると、28日午後6時半頃、荒尾市のJR荒尾駅前の県道で、酒気を帯びて軽乗用車を運転した疑い。
 那須本容疑者の車は荒尾駅前の信号がある交差点を右折中、横断歩道を歩いて渡っていた60歳代の女性と接触。女性は転倒して頭から出血し、病院に搬送された。双方の信号は青だったという。
 通行人の通報で駆け付けた荒尾署員が飲酒検知したところ、呼気1リットル当たり0・37ミリ・グラム(基準値は0・15ミリ・グラム)のアルコール分が検出された。
 那須本容疑者はこの日、午前中は勤務し、午後は非番だった。「自宅で午後0時半頃からビールなどを飲み、午後5時頃まで仮眠してから運転した。預金を下ろしに行く途中だった。反省している」と供述しているという。
 同容疑者は1989年に採用され、現在は警部補。荒尾署では主に詐欺事件や暴力団犯罪などを担当していた。
 県警の吉長立志主席監察官は「飲酒運転を取り締まる立場の警察官がこのような行為をしたことは言語道断。被害者の方や県民の皆様に深くおわび申し上げます」と謝罪した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

組所有ビル、社会福祉法人が購入 住民、安心の声 長崎(29日)朝日

指定暴力団九州誠道会(本部・福岡県大牟田市)系の組事務所として使われていた長崎県佐世保市のビルを、市内で介護施設を運営する社会福祉法人「葉港(ようこう)会」(酒井博佳理事長)が、組側から購入する契約を結んだ。
 葉港会によると、契約締結は24日。購入額は明らかにしていない。ビルは解体し、跡地は近くに建設する介護施設の駐車場として使う方針。
 ビルは2007年に組員が競売で落札し、事務所として使い始めた。周辺住民は事務所の存在が平穏な日常生活を営む人格権を侵害しているとして、09年に使用差し止めを求めて提訴。昨年9月に福岡高裁で住民側の要求に沿った形で和解が成立した。
 だがビルの所有権は組側に残ったため、組側が「事務所ではない」と主張して住居として使う可能性が残った。住民側は第三者によるビルの買い取りを模索し、葉港会が取得に動いた。原告団代表だった男性(69)は「最も望ましい形での解決。これでひと安心だ」と歓迎した。

Logo2

http://www.asahi.com/national/update/0928/SEB201309280019.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

事故処理の警察官らも…スズメバチに7人刺される(29日)テレビ朝日

山形県鶴岡市で、車の事故処理にあたっていた警察官や消防職員ら合わせて7人がスズメバチに刺されました。いずれも命に別状はないということです。
 28日午後2時ごろ、鶴岡市で農作業中の70代の男性がスズメバチに刺されました。警察などによりますと、この男性は軽トラックに乗り、ハチから逃げようとした際、車ごと農道脇の田んぼに転落。通報を受け、現場で事故処理にあたっていた警察官2人と消防職員3人、さらに男性の家族1人もスズメバチに刺されました。7人は病院に運ばれ、手当てを受けていますが、いずれも命に別状はないということです。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000013192.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホストクラブ経営者死体損壊遺棄事件 新たに元従業員の男逮捕(29日)フジテレビ

東京・八王子市で起きたホストクラブ経営者の死体損壊遺棄事件で、警視庁は、新たに元従業員の男を逮捕した。
逮捕された元ホストクラブ従業員の青野 俊太朗容疑者(34)は、2010年11月に失踪した八王子市のホストクラブ経営者・土田正道さん(当時43)の遺体を損壊し、遺棄した疑いが持たれている。
警視庁の調べに対し、青野容疑者は、容疑を否認しているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00254790.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR四国の鉄道橋、56か所で3年以上補修せず (29日)TBS

JR四国が管理する鉄道橋のうち56か所で、補修の必要性が見つかりながら、3年以上補修が行われていなかった事が会計検査院の調査でわかりました。
 「私どもの方としては、決して放置ではなく、少なくとも2年に1回、監視をしていますので。『放置』ではなく、必要な時期に必要な修繕を行う」(JR四国・鉄道事業本部工務部 高瀬直輝工事課長)
 JR四国では、橋の安全性を6種類にランク付けしていてひび割れや変形が進んで危険性が高く、すぐ補修が必要なものを「AA」ランク、危険性が下がるにつれて「A1」「A2」「B」などと分類しています。
 このうち異常につながる可能性があり、必要な時期に処置する「A2」ランクの96か所のうち、56か所で3年以上補修が行われていないことが、会計検査院の調査でわかりました。また、管内に2600か所あまりある橋のうち1171か所について、検査記録に不備も見つかりました。
 会計検査院はJR四国に対し、補修計画の策定などの改善を求めました。JR四国では「安全上は問題がない」としながらも、「会計検査院の指摘は重く受け止める」と述べています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2018299.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

レール異常放置のJR北海道、特別保安監査終わる (29日)TBS

レールの異常が相次いでわかったJR北海道への国の特別保安監査が、28日終わりました。鉄道会社への監査では異例の社長への聞き取り調査も行われました。
 およそ270か所のレールの異常がわかったことから、国土交通省の監査は期間を2度延長し、8日間にわたって行われました。
 監査は、経営部門にも実施され、主任監査員が社長への聞き取り調査も行いました。
 「安全問題というのは経営問題と非常に密接にリンクして表裏一体なので、技術部門の監査内容とあわせて整理する」(国土交通省 塩崎俊也主任監査員)
 このほか監査で、レールなどに新たに基準値を超える場所はなかったということですが、国土交通省は資料を分析した上で、追加の監査も検討することにしています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2018276.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月28日 | トップページ | 2013年9月30日 »