« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 東京・北区で男性死亡、弟から事情聴く (3日)TBS »

2013年8月 3日 (土)

振り込め詐欺が凶暴化? 現金渡すのを拒否するとひったくり 「息子」の代理人が豹変する危険な手口とは(3日)産経

東京都内で5~6月、振り込め詐欺の要領で高齢者を呼び出し、現金受け取り役の「受け子」とみられる男らが大金の入ったバッグを強引に奪い取る手口の強盗・ひったくり事件が3件相次いだ。待ち合わせ場所で被害者が現金を渡すのをを拒むと凶暴化する傾向がみられ、警視庁幹部は「詐欺グループの上層部に『何としても現金を持ってこい』と指示され、乱暴な手段に打って出たのではないか」と危機感を募らせる。(大島悠亮、中村翔樹)
 「息子じゃなきゃ渡さない」 つきまとい→バック強奪→バイクで逃走
 台東区の女性(57)は5月7日午後2時20分ごろ、近くのJR鶯谷駅南口で、現金600万円が入ったバッグを抱え、息子が来るのを待っていた。そこに、40代ぐらいの黒のスーツ姿の男が近づいてきて声を掛けてきた。
 「自分が息子さんの代理人ですから。お金は私が預かりますよ」
 息子を名乗る男から女性宅に電話があったのは、同日午前10時半ごろ。「会社の書類をなくした。穴埋めのために600万円を貸してほしい」と泣きついてきた。女性は銀行で現金を用立て、指定された同駅に急いだ。だが、目の前に現れたのは見ず知らずの男だった。 これまでの【衝撃事件の核心】はこちら
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130803/crm13080318000011-n1.htm

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 東京・北区で男性死亡、弟から事情聴く (3日)TBS »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/57921022

この記事へのトラックバック一覧です: 振り込め詐欺が凶暴化? 現金渡すのを拒否するとひったくり 「息子」の代理人が豹変する危険な手口とは(3日)産経:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 東京・北区で男性死亡、弟から事情聴く (3日)TBS »