« 全国で唯一「淫行条例」のない県で議論が本格化(4日)読売 | トップページ | 滋賀の消火訓練で10人やけど 東近江、アルコール飛散(4日)共同 »

2013年8月 4日 (日)

旅券不携帯と誤認 逮捕後に釈放(4日)NHK

千葉県習志野市で、日本国籍を取得しているフィリピン出身の女性を、警察官がパスポートを携帯していないとして誤って逮捕していたことが分かり、警察は女性に謝罪し、逮捕からおよそ4時間半後に釈放しました。

警察によりますと、3日午前1時半ごろ習志野市の商業施設で、都内に住む10代の女性に警察官が職務質問をしたところ、「フィリピン人です」と答えたたため、パスポートを見せるよう求めました。
女性は所持品の確認に応じず、現場から立ち去ろうとしたということで、警察官はパスポートを携帯していないと判断し、出入国管理法違反の疑いでその場で逮捕したということです。
ところが、女性を警察署に連行して調べたところ、国民健康保険証を持っていて、平成15年に日本国籍を取得していたことが分かったということです。
警察は逮捕は誤りだったとして女性に謝罪し、およそ4時間半後の3日午前6時すぎに釈放しました。
習志野警察署の海老原彰副署長は「現場ではできるかぎりの捜査を尽くしたと考えているが、結果として不十分だった。ご迷惑をおかけして大変申し訳なく思っている」と話しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130803/k10013520481000.html

« 全国で唯一「淫行条例」のない県で議論が本格化(4日)読売 | トップページ | 滋賀の消火訓練で10人やけど 東近江、アルコール飛散(4日)共同 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅券不携帯と誤認 逮捕後に釈放(4日)NHK:

« 全国で唯一「淫行条例」のない県で議論が本格化(4日)読売 | トップページ | 滋賀の消火訓練で10人やけど 東近江、アルコール飛散(4日)共同 »