« 2013年8月17日 | トップページ | 2013年8月19日 »

2013年8月18日

2013年8月18日 (日)

スーツケース放置15日以降か(18日)NHK

17日夜、愛媛県西条市で道路脇に置かれていたスーツケースから女性の遺体が見つかった事件で、スーツケースが現場に置かれたのは今月15日以降とみられることが警察への取材で分かりました。警察は不審な人物が目撃されていないか捜査するとともに、引き続き身元の確認などを進めています。

17日夜、愛媛県西条市福成寺の山あいで、道路脇に置かれていたスーツケースの中から女性の遺体が見つかり、警察は死体遺棄の疑いで捜査するとともに、18日朝からおよそ100人の態勢でスーツケースが見つかった周辺の草むらを捜索するなどして、身元の特定につながる手がかりを探しています。
警察のこれまでの調べによりますと、遺体は身長が1メートル50センチ未満の成人の女性と見られ、これまでのところ目立った外傷はないということです。また、遺体は損傷が激しいということですが、その後の調べで、今月15日の朝に地元の人が現場のすぐ近くを通った際にはスーツケースが置かれていなかったことが警察への取材で分かりました。警察はスーツケースが置かれたのは15日の朝以降とみて、付近で不審な人物が見かけられていないか聞き込みを行うとともに、引き続き身元の確認や死因について調べを進めています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130818/n60766510000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

エジプト強制排除:在日300人が東京で抗議デモ(18日)毎日

エジプトの治安当局がイスラム組織ムスリム同胞団のデモを強制排除し多数の死者が出ている問題を受け、在日エジプト人約300人が18日、東京都目黒区のエジプト大使館前でデモを行い、抗議の声を上げた。
 デモは、エジプト軍による事実上のクーデターに反対する在日エジプト人団体がフェイスブックなどで呼びかけ、全国からビジネスマンや留学生たちが集まった。参加者らは強制排除による犠牲者の写真や「神がエジプトを救う」などと書かれたプラカードを掲げ、「クーデター反対」「殺すのはダメ」「エジプトに自由と民主主義を」とアラビア語、英語、日本語でシュプレヒコールを上げた。
 その後、エジプト人少女が「エジプトを民主主義に基づく自由で思いやりのある国に戻してほしい」とマイクで訴えた。
 兵庫県宝塚市の会社員、ヤセル・ソカイレコさん(37)は「軍はエジプトの民主主義を破壊し、多くの女性や子供が殺されている。こうした現状を打開するため、日本や国際社会にも力を貸してほしい」と語気を強めた。【袴田貴行】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20130819k0000m040050000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

マイクロバスが崖下に転落 1人死亡、11人けが 長野・木島平村(18日)フジテレビ

18日午前、長野・木島平村の林道で、マイクロバスが崖下に転落し、乗っていた1人が死亡、11人が軽いけがをした。
マイクロバスは、林道から転落し、横倒しになっていた。
午前11時ごろ、林道を下ってきたマイクロバスが、右カーブの先で崖に転落し、18メートルほど転がって止まった。
乗っていたのは、岐阜県の写真愛好家グループの男女12人で、このうち、岐阜市の無職・河村信作さん(82)が、車の外に投げ出され、全身を強く打っていて、まもなく死亡した。
残る11人も、軽いけがをした。
現場は、カーブが連続する林道で、ガードレールはなかった。
警察は、運転していた男性などから話を聴き、事故原因をくわしく調べている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00252059.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

小型機が林に墜落・大破 乗客乗員4人病院搬送(18日)テレビ朝日

茨城県阿見町で小型機が墜落し、乗っていた男女4人がけがをしました。
 18日午後2時ごろ、茨城県の阿見飛行場の職員の男性から「小型の飛行機が墜落した」と119番通報がありました。警察や消防が駆けつけると、飛行場から約300メートル離れた雑木林に小型機が墜落し、大破しているのが見つかりました。小型機に乗っていた62歳のパイロットの男性と乗客の男女3人の合わせて4人が病院に搬送されましたが、いずれも命に別状はないということです。小型機は、着陸をやり直そうとした際、バランスを崩して墜落したとみられ、警察などが調べを進めています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000010839.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18,19日単位・レベル)
国民を守るのが義務だsign03
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130807102017

 覚醒剤取締法違反容疑の男の車に、昨年9月上旬からGPSを取り付けて追跡していたことが分かり、弁護士が「違法捜査」だと主張しているという。GPSは9月中旬に男が気付いて取り外した。しかし、11月に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された=朝日新聞電子版
 覚醒剤使用その物が違法なのは当然だが、使用したことから殺人事件など凶悪な事件に発展することはよくある。なんとしても、国民の安全のためには撲滅することだ。
 それだけに捜査手法には、犯罪の全体像を把握するまで逮捕しないという〝泳がせ捜査〟、コントロールド・デリバリーが合法とされている。
 覚醒剤同様、けん銃でも同じだ。密輸入けん銃が倉庫などに保管されている時などは、受け取りに来た者を即、逮捕するのではなく、追跡して、一網打尽にするというクリーン・コントロールド・デリバリーが認められている。
 当局にとって組織犯罪捜査には大事な武器である。明らかに容疑がある場合、GPSで追跡するのが何故?悪い。
 プライバシー侵害とか人権問題とかを振りかざして捜査手法まで縛るのはいかがなものか?司法取引など捜査の武器を与えることをなぜ考えない。今、我が国は「被害者の人権」を無視している。国民の幸せは保てない。
 福岡のGPS事件、福岡地裁で公判中で福岡県警の警視は10月中にも証人として出廷するという。裁判官はあくまでも、国民の安全が保てる判断を示してほしい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。

振り込め詐欺犯、凶暴化 目立つ「受け子」の強盗…「受け渡し拒否なら強奪」指示か

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

幕張PAで長時間駐車横行 “ただ乗り”利用し待ち合わせ 悪質な車にタイヤロックも NEXCO東日本(18日)共同

通行料金のかからない区間にあることが災いし、京葉道路幕張パーキングエリア(PA)で長時間の目的外駐車が問題となっている。仕事やレジャーに行く人らがそれぞれの車でPAに集合して1台の車に乗り合わせて出発、ほかの車はPAに駐車していくというもので、東日本高速道路(NEXCO東日本)は「ほかの利用者の妨げになる」と頭を悩ます。同社は声掛けなどによる防止策を実施。常習的に駐車する悪質な車にはタイヤロックも辞さない構えだ。
 「乗り合いとかしないですよね。迷惑行為になりますよ」。8月上旬早朝の京葉道路幕張PA(上り208台、下り262台)。監視員が巡回し、車を駐車したまま別の車に乗り換えようとする人に声を掛ける。
 京葉道路上り武石インターチェンジ(IC)-花輪IC間と下り幕張IC-武石IC間は料金所がない“ただ乗り”区間。区間内にある幕張PAも無料で利用できるため、PAを集合場所や駐車場代わりに使うケースが発生している。
 ゴルフやサーフィンといったレジャー客や現場に向かう作業員がそれぞれの車で幕張PAまで来た後、1台の車に相乗りして目的地へ。高速道路の通行料金を1台分で済ますことが目的とみられ、残りの車はPAに駐車したまま。
 NEXCO東日本千葉管理事務所が混雑する夏場などに調査したところ、昨年度は1日平均16台の車が朝から夕方にかけて駐車していた。同じナンバーの車が複数回駐車しているのも確認されたという。
 同事務所は調査会社に依頼し3人体制で監視を実施。1人が建物の上からPA全体に目を光らせ、2人が駐車場を巡回する。トランクを開け、荷物を積み替えている車があれば声を掛けて長時間駐車を防止する。

http://www.chibanippo.co.jp/c/news/national/1520012010_0123_11120247newslogo1

| コメント (0) | トラックバック (0)

下着ドロ、車の屋根に男性乗せ2.5キロ 「逮捕怖くて逃げた」(18日)産経

下着を盗んで逃げる際、制止しようとした男性を車の屋根に乗せたまま約2.5キロ運転したとして千葉県警君津署は18日、事後強盗容疑で君津市大井戸の自称会社員、石川博容疑者(53)を逮捕した。同署の調べに石川容疑者は「逮捕されるのが怖くて逃げた」などと供述している。男性は足に軽いけが。
 逮捕容疑は17日午後10時半ごろ、同市内のアパートに住む会社員の男性(32)方のベランダに侵入。干してあった女性用の下着を盗んで車で逃げる際、制止しようとこの男性が車の屋根に乗ったにもかかわらず、そのまま運転を続けたとしている。
 同署によると、男性は車の屋根に約10分間しがみつき、自宅から約2.5キロ離れた路上で自ら下りて110番通報。車はそのまま逃げたが、警戒中の警察官が見つけたという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130818/crm13081812310001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

風でテント倒れ高校生など6人けが(18日)NHK

18日午前、大阪・東大阪市の高校のグラウンドで、テントが風にあおられて倒れ、部活動をしていた高校生など、合わせて6人が頭を打つなどのけがをして病院で手当てを受けています。
18日午前11時10分ごろ、東大阪市下小阪にある大阪府立布施高校のグラウンドで、「テントが飛んで生徒がけがをしている」と学校の関係者から消防に通報がありました。
消防によりますと、この事故で、高校1年生と2年生の男女5人と高校のOBの男子大学生1人の合わせて6人が頭や胸などを打つけがをして病院に運ばれ、手当てを受けています。
警察や消防によりますと、18日は午前9時から陸上競技部の生徒たちがグラウンドで練習をしていて、当時は、グラウンドの隅に設置されたテントの近くで休憩をとっていたところ、テントが突風によって飛ばされ、金属製の骨組みなどが生徒たちに当たったということです。
警察と消防は、事故当時の状況を詳しく調べています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130818/k10013849511000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

入り口支援 全国で80件以上(18日)NHK

生活に困って、盗みなどの罪を犯し刑務所で服役してもまた犯罪を繰り返してしまう障害者や高齢者に対し、刑務所に入れるのではなく、福祉関係者が支援して地域での更生を図る取り組みが全国に広がり、これまでに80件以上実施されたことが、NHKの取材で分かりました。

犯罪を繰り返す障害者や高齢者の社会復帰を支援する機関として、国は、4年前から各都道府県に「地域生活定着支援センター」の設置を進めてきました。
センターは主に刑務所を出た人を対象に支援してきましたが、平成22年からは一部の県で逮捕直後や裁判の段階からセンターが関わって福祉関係者が支援し、刑務所に入れるのではなく地域での更生を図る試行的な事業が行われました。
こうした取り組みは「入り口支援」と呼ばれ、その後、各地で独自の取り組みとして広がり、NHKが全国のセンターを通じて調べたところ、これまでに少なくとも81件の支援が行われたことが分かりました。
このうち半数以上は、裁判の際にセンターの職員が更生計画を説明したり資料を提出したりすることなどで執行猶予のついた判決を受け、地域で更生を図っているケースでした。
また、センターが、逮捕直後に検察官や弁護士などから連絡を受けて生活保護の申請を手伝ったり、受け入れ先の福祉施設などを用意したりしたことで、不起訴となって地域で支援を受けているケースも20件以上ありました。
龍谷大学法科大学院の浜井浩一教授は、「障害者や高齢者では刑務所で受刑することが更生につながらないケースもある。早い段階で社会に居場所を作ることが大事で、入り口支援の実績を積み上げながら社会全体で考えていく必要がある」と話しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130818/k10013846251000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

同じ女子高生に一斉痴漢“鬼畜たち”の所業…3人?「面識なし、偶然」は本当か(18日)産経イザ

【衝撃事件の核心】
 通勤・通学客でごった返す朝の快速電車の中で、1人の少女に複数の男の手が迫った。兵庫県警は7月、電車内で女子高生に集団で無理やりわいせつ行為をしたとして、強制わいせつ容疑で男3人を逮捕した。3人は互いに「面識がなかった」という。女子高生の「男3人にやられた」との訴えに基づき、県警は男らがインターネットの痴漢情報サイトなどを利用し、共謀したとの見立てで捜査。だが、逮捕後もサイト利用や共謀の証拠は見つからず、1人は処分保留となった。「見ず知らずの男たちが同じ女子高生を偶然狙うなんてことが本当にあるのか…」。捜査関係者の間ではいまなお、疑問と怒りが渦巻く。(中村雅和)
■悪夢の5分間
 「また来た…」
 6月12日午前7時過ぎ、兵庫県西宮市内のJR福知山線西宮名塩-宝塚駅間を走行中の快速電車。複数の男に前後を取り囲まれた高校2年の女子生徒(17)は、とてつもない不快感を感じ始めていた。
 1人の男は女子生徒のスカートをまくると、右手を下着の中まで入れ、さらに左手を着衣の上から胸に押し当ててきた。もう1人の男は右手をスカート内に入れ、下着の上からなで回した。
 わいせつ行為が続いたのは少なくとも5分間。悪夢のような状況に女子生徒が苦悶(くもん)の表情を浮かべていた。その様子に気づいた乗客に声をかけられ、2人で宝塚駅で降車して駅員に相談。駅側からすぐ県警に通報が寄せられた。詳細は以下をクリックhttp://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

Head_logo1

| コメント (0) | トラックバック (0)

京都・屋台爆発:府警、業務上過失致死傷容疑で捜査(18日)毎日

京都府福知山市の花火大会会場で15日夜に起きた爆発事故で、重いやけどを負って入院していた同府京丹波町橋爪、竹内弘美さん(44)が17日午後、死亡した。府警福知山署が発表した。同事故で負傷した60人のうち、死亡したのは初めて。府警は容疑を業務上過失致死傷に切り換えて捜査している。
 府警によると、竹内さんは全身90%のやけどを負っていた。近所の人によると、竹内さんは知人らと一緒に花火大会に行ったらしい。近所の男性(79)は「会うと必ず、にこやかにあいさつをしてくれる人だった。良くなってほしいと願っていたが、本当に残念」と話した。
 花火大会を主管した福知山商工会議所の梶村誠悟常務理事は「残念で仕方がなく、言葉も出ない。負傷者には誠意をもって対応し、一日も早いご回復を祈るしかない」と話した。【村田拓也、佐藤孝治】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130818k0000m040126000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

受刑者が無視…看守部長、床に脚立投げつけ威嚇(18日)読売

松山刑務所は16日、所内の工場で作業中の受刑者を指導する際、物を床に投げつけるなど乱暴な行為をしたとして、男性看守部長(62)を戒告の懲戒処分にした、と発表した。
 看守部長は同日付で辞職した。
 発表では、看守部長は今年6月24日午前8時35分頃、所内の修理工場で、作業中の受刑者6人が別の受刑者に対しせっけんを隠すなどの嫌がらせをしていることに気付き、口頭で注意したが無視されたため、そばにあった脚立や消火器などを床や作業台にぶつけて威嚇した。受刑者にけがはなかった。
 看守部長は「言うことを聞かなかったので腹が立った。別の指導方法があったのに申し訳ない」と反省しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

焼津母子3人殺害、逃亡のブラジル人被告を逮捕(18日)読売

【リオデジャネイロ=浜砂雅一】静岡県焼津市で2006年12月にブラジル人母子3人が殺害された事件で、ブラジル連邦警察は16日、日本の代理処罰申請に基づく公判中に釈放され、逃亡していたブラジル人ネベス・エジルソン・ドニセチ被告(50)を逮捕したと明らかにした。
 警察によると、同被告は南東部ミナスジェライス州南部の町で15日、愛人と一緒に住んでいた農場で逮捕された。近く刑務所に移され、公判が再開される。
 起訴状などによると同被告は、交際していた焼津市のブラジル人派遣会社員ミサキ・ソニアさん(当時41歳)と2人の子供の首をひもで絞めて殺害し、直後にブラジルに帰国。その後、日本政府による代理処罰申請を受けて殺人罪で逮捕・起訴され、サンパウロ州地裁で08年2月に公判が始まったが、同年7月に弁護側の身柄拘束解除請求が認められて釈放された後、行方がわからなくなっていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査対象車にGPS端末 警察が無断で設置、各地で発覚(18日)朝日

 【岡田将平】捜査対象者の車に全地球測位システム(GPS)の端末をこっそり取り付け、どこにいるかをつかむ。そんな捜査手法が、各地で明るみに出ている。警察庁は「必要性が認められる場合は許容される」と主張するが、福岡地裁での公判では、被告の弁護人が「違法捜査だ」と主張。端末の契約者である福岡県警の警視が10月にも証人として出廷する。
 GPS端末がつけられていたのは、覚醒剤を使用した罪で福岡地裁で公判中の男性被告(31)の車。被告の供述によると、昨年9月中旬、車体の下に、外付けのバッテリーとともに磁石で付けられているのを見つけた。9月上旬から、尾行されているように感じたり、まいたと思ってもしばらくするとまた同じ車につけられたりしているように思えたことから不審に思い、知り合いの自動車整備工場に行って見つけた。
 被告は昨年11月、覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された。公判で無罪を主張している。 続きを読む

Logo2 http://www.asahi.com/national/update/0817/SEB201308170080.html?ref=com_top6_1st

| コメント (0) | トラックバック (0)

草むらで女性遺体が入ったスーツケース見つかる 愛媛・西条市(18日)フジテレビ

17日夕方、愛媛・西条市の市道脇の草むらで、女性の遺体が入ったスーツケースが見つかった。警察は、死体遺棄事件として捜査している。
スーツケースが見つかったのは、西条市福成寺の市道そばの草むらで、17日午後6時40分ごろ、付近を散歩していた男性から「異臭のするスーツケースがある」と警察に届け出があった。
警察が現場に駆けつけ、スーツケースを発見し、中身を確認したところ、中から体を折りたたんだ状態の成人とみられる女性の遺体が見つかった。
警察は、死体遺棄事件と断定し、遺体の身元の特定を急ぐとともに、18日朝から現場検証を行うことにしている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月17日 | トップページ | 2013年8月19日 »