« 2013年8月13日 | トップページ | 2013年8月15日 »

2013年8月14日

2013年8月14日 (水)

マンション自転車置き場で火事 8歳男児を補導 北海道・札幌市(14日)フジテレビ

8月3日午前、北海道・札幌市にあるマンションの自転車置き場で、段ボールや古新聞が燃える火事があり、14日、小学生の男の子が補導された。
8月3日にあった放火事件の決め手となったのは、駐輪場のすぐ隣にある防犯カメラだった。
14日、警察に補導されたのは、札幌市北区に住む8歳の小学生の男の子。
8月3日午前11時ごろ、札幌市北区にあるマンションの自転車置き場で段ボールや古新聞が燃えた火事で、防犯カメラの映像に、この男の子がライターで火をつけている映像が残されていた。
男の子は、「火に興味があった」と話しているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00251854.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知・岡崎市の強盗殺人、犯人と鉢合わせか (14日)TBS

妻の帰省中に夫が殺害されました。愛知県岡崎市の住宅で会社役員の男性が殺害され、室内が荒らされているのが見つかった事件で、警察は、現場の状況から、男性が犯人と鉢合わせして殺害された疑いが強いとみて調べています。
 殺害されたのは、岡崎市新堀町に住む自動車部品製造会社の常務、大岡幸正さん(61)。
 「死者の長女が死者方を訪れたところ、室内で血を流して倒れている死者を発見」(岡崎警察署 山岡輝久署長)
 遺体が見つかったのは13日午後9時頃、大岡さんは2階の寝室で寝巻き姿で倒れていました。
 「全身の硬直、冷たくなっていたという状況で」(消防)
 Q.血痕は
 「大量にあったと聞いている」
 胸などに複数の刺し傷があり、死後数日経過した状態でした。妻と2人で暮らしていた大岡さん。今月10日、九州に里帰りする妻を駅まで送った後、自宅に1人でいたとみられています。
 「12日の夜に回覧板を持っていったときに真っ暗だったので、お留守なのかなと」(近所の人)
 大岡さんはデンソーの元社員で、かつてはハンガリーにあるグループ会社、デンソーハンガリーの社長も務め、現在は愛知県内にあるグループ会社の役員を務めていました。
 「大変リーダーシップがある方で、部下の面倒見も良い。人望も厚い方でした」(大信精機 岩田泰志取締役)
 「朝いつも6時半前に出勤されていた。重役なのに。まじめだと思う。じゃないとそんな地位までいかない」(近所の人)
 道路を挟んだ東側は住宅地ですが、西側にある大岡さんの住宅は田んぼに囲まれています。人目につきにくい住宅で起きた今回の事件。警察のその後の捜査で、大岡さんが倒れていた寝室以外の部屋では、引き出しが開けられているなど物色された形跡が見つかりました。また、寝室のベッドには血痕はなく、ほかの部屋など至るところに血痕がついていました。
 こうしたことから、警察は窃盗目的で室内を物色していた犯人が大岡さんと鉢合わせになり殺害したとみて、周辺の聞き込みや凶器の発見などに全力を挙げています。(14日18:01)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2005295.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「良心あるなら首返せ」罰当たり、願掛け地蔵に(14日)読売

13日午前5時頃、川崎市川崎区藤崎の藤崎願掛け地蔵(高さ約60センチ)の頭部がなくなっているのを近くの住民が発見、神奈川県警川崎署に通報した。
 署員が駆けつけたところ、地蔵の首から上がなくなっており、手に持つ錫杖が曲げられていた。同署で器物損壊事件として調べている。
 発表によると、地蔵は藤崎町内会館の一角にあり、会館では12日午後4時頃まで会合が開かれていた。同署は、会合終了後から13日早朝の時間帯に、何者かが地蔵の首を切断するなどして持ち去ったとみている。
同町内会顧問の男性(76)によると、地蔵は1780年代の「天明の大飢饉

の際に建立。その後、戦災で損傷し、1980年に再建された。御利益があるとされ、参拝者が多いという。男性は「良心があったら首を返してほしい」と訴えていた。 この日、お参りに来た同市高津区の無職女性(75)は「本当だ。首がない」と驚いた様子。「罰が当たる」と憤慨していた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者死亡相次ぐ熱中症対策は(14日)NHK

猛烈な暑さが続き、高齢者を中心に、熱中症で亡くなる人が相次いでいます。
高齢者などを熱中症から守るには、どうしたらよいのか。
専門家は、周りの人が注意することや、早めの対応の必要性を指摘しています。

昨夜、東京・江戸川区北小岩のアパートの2階の部屋で、この部屋に住む85歳の夫と78歳の妻が倒れているのが見つかりました。警視庁で調べたところ、夫はトイレでうつぶせで倒れ、妻は寝室の布団の上で寝ている状態でいずれもすでに死亡していました。
当時、部屋の窓は少し開いていたもののエアコンは使われておらず、室内の温度計の温度は35度と高かったことから、死因はいずれも熱中症の疑いがあるということです。
警視庁は、2人がこの間に相次いで死亡したとみています。
熱中症対策に詳しい昭和大学の三宅康史教授は、猛暑が続いた先週末から高齢者を中心に熱中症で死亡する人が相次いでいることについて「ことしは梅雨明け後に暑くなったあと、涼しめの時期が長く続いたのが特徴で、熱中症に対する注意が落ちている今こそ危ない時期に来ていると言える。ここ数日のように昼も夜も暑い日が続くと、もともと体の水分が少なく、体温を調節しにくい高齢者や持病のある人は、急激に重症化するなど危険度が上がっている」と指摘しています。
また、三宅教授は「熱中症が重症化すると、体温が平熱を維持できなくなり、高温で脳や臓器に障害が出たり、脱水によって血液の流れが悪くなり、臓器に酸素を送れなくなったりして、最悪の場合には死に至る」としています。
対策について、三宅教授は▽扇風機だけでは室温の管理は難しいため、温度を高めに設定するなど適切にエアコンを使うことや、▽頻繁に水分をとることを心がけることなどを改めて挙げたうえで、「熱中症は早めに治療すれば治るので、元気がなくなったり食欲が落ちたりといった程度でも、すぐに病院に行ってほしい」と呼びかけています。
さらに、三宅教授は、特に高齢者を熱中症から守る対策として、「これだけ暑い日が続くと高齢者の自宅を数日に1回見回るというのでは熱中症の重症化を早く発見できない。場合によっては1日2回見回るなど、行政だけでなく地域全体で対策をとることが必要だ。暑い時期を乗り切るためにシェルターのようなところを確保するのも1つの方法かもしれない」と話しています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130814/k10013780751000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

冷却スプレー引火し爆発 車内の男女が軽傷(14日)産経

14日午前11時55分ごろ、千葉県銚子市川口町の駐車場で乗用車の小規模爆発があり、車内にいた自称専門学校講師の男性(40)=東京都西東京市=と女性(27)が腕などに軽いやけどを負った。冷却スプレーの可燃性ガスにライターの火が引火したのが原因とみられる。
 銚子署によると、男性は車に乗る前にスポーツ用の冷却スプレーを車内に噴霧。しばらくドアを閉め切った後に女性とともに乗り込み、たばこに火を付けようとしたところ爆発した。男性は「車内が暑かったので冷やそうと思った」と話しているという。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130814/crm13081419050013-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日単位・レベル)
thunder事件は連鎖するtyphoon
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130807101955

 全国的に強盗事件が減少傾向にあるというが、発生するときは連続して起きるのが事件だ。
 13日朝、千葉県四街道市の市道で59歳のタクシー女性運転手が4万2千円を奪われる強盗事件があった。
 12日未明には東京都羽村市のパチンコ店に2人組の男が押し入り、31歳の男性店員に刃物を突き付け、事務室の金庫から現金約160万円を奪って逃走。同日未明には東京・杉並区のコンビニに刃物を持った男が押し入り、17万円を奪って逃走した。
 11日には埼玉県・東松山市の路上で、2人組の男が帰宅途中の60歳の会社員男性を羽交い締めにして脅し、キャッシュカードなどの入ったバッグを奪い逃走する強盗事件があった。
 警察庁によると今年7月までの全国の強盗事件の認知件数は1964件で256件の減少。最も発生が多かったのは東京の299件。以下大阪府の283件、神奈川県の189件、愛知県の178件、埼玉県の136件と続く。
 認知件数が減少したのは大阪府の-100件、東京、埼玉県の-58件、千葉県の-27件など。
 多かった都府県の検挙率では、埼玉県が76.5%、東京75.9%、愛知県59.6%、神奈川県59.3%、大阪府54.1%などとなった。事件は不思議と1件起きると続くものである。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。

大阪府警がまた誤認逮捕 7月以降4件目の発覚

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺グループリーダー格の男を逮捕 警視庁(14日)産経

投資詐欺の被害回復名目で現金をだまし取っていたグループが一斉摘発された事件で、警視庁組織犯罪対策総務課は詐欺容疑で、自称、東京都大田区久が原、会社役員、神田憲和容疑者(25)を逮捕した。同グループの逮捕者は32人目。
 同課によると、神田容疑者はだましの電話をかける「架け子」グループに指南するなどリーダー格の一人とみられ、容疑を否認している。
 逮捕容疑は1月、愛知県内の無職女性(69)に対し、詐欺被害金の返還を行う業者を装い、「供託金の支払いをすれば過去にだまされたカネが全部返ってくる」などと嘘を言って現金205万円を郵送させ、だまし取ったとしている。
 これまでに逮捕されたメンバーの供述から神田容疑者の関与が浮上。グループのアジトなどからは投資詐欺の被害者など約32万人分の名簿が見つかっており、神田容疑者らは全国の85人から計約4億5千万円をだまし取ったとみられる。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130814/crm13081414100010-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀県警が元民主副大臣書類送検 公選法違反疑い(14日)共同

参院選公示前に投票を依頼する文書を有権者に送ったとして、滋賀県警が公選法違反(事前運動、法定外文書頒布)の疑いで、民主党から比例代表で立候補し、落選した元財務副大臣の五十嵐文彦元衆院議員(64)を書類送検したことが14日、分かった。
 元議員は、7月4日の公示より前、滋賀県などの有権者に投票を依頼する違法文書を送った疑いが持たれている。県警は既に埼玉県内の元議員の事務所を家宅捜索、容疑の裏付けを進めていた。
 元議員は1993年に初当選し、4期務めた。昨年の衆院選で落選し、参院選にくら替え出馬していた。民主党政権では財務副大臣を務めた。

2010_0123_11120247newslogo1_3 http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013081401001122.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「老老介護で死亡」再発防止策検討(14日)NHK

東京・港区の住宅で認知症の夫を介護していた78歳の妻が、熱中症とみられる症状で死亡したことを受け、港区はこの世帯が孤立死などを防ぐための定期的な見回りの対象になっていなかったことから、今後、対象の範囲を拡大するなど再発防止策を検討することになりました。

12日、東京・港区の住宅の1階の部屋で、87歳の夫と78歳の妻が熱中症とみられる症状で倒れているのが見つかり、このうち妻が死亡したほか、住宅の2階では、同居していた夫の89歳の兄がベッドの上で死亡しているのが見つかりました。
この住宅では、死亡した妻が認知症の夫と足腰が悪い夫の兄の介護をしていましたが、今月初めには妻も認知症の疑いで病院で診察を受けていたということで、警視庁は妻が2人の介護を行うのが難しくなっていた可能性もあるとみています。
港区は、いわゆる孤立死などを防ぐために、75歳以上の人だけの世帯や65歳以上の1人暮らしの世帯に対しては、定期的な見回りを行っていたということですが、この家族は45歳の次男が同居していたために見回りの対象にはなっていなかったということです。
このため港区は、家族内の状況によっては見回りの対象の範囲を拡大するなど再発防止策を検討することにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130814/k10013761901000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

香川、出火の車から女性遺体 施錠、自殺か(14日)共同

13日午前11時40分ごろ、高松市東植田町の自動車修理業者に運び込まれた軽乗用車から出火し、中から女性の遺体が見つかったと110番があった。女性は車の所有者で住所不明、職業不詳の松本朝子さん(41)で、目立った外傷はなかった。
 捜査関係者によると、車は施錠されており、遺体には煙を吸い込んだ形跡があった。香川県警は、自殺の可能性があるとみて、14日に司法解剖して死因を特定する。出火原因も調べている。
 車は愛媛県四国中央市のマンションに放置され、関係者が愛媛県警に相談。香川県に住み、連絡を受けた松本さんの親族が修理業者に移送を依頼した。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013081301001847.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽計業務妨害:虚偽110番2万8000回 容疑の男逮捕(14日)毎日

約2万8000回にわたって虚偽の110番を繰り返したとして、警視庁捜査1課は13日、東京都新宿区中落合4、アルバイト、野崎輝夫容疑者(44)を偽計業務妨害容疑で逮捕した。「いらいらしてやった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は昨年1月〜今年6月、自分の携帯電話で約2万8000回にわたり110番し、つながると無言のまま電話を切る行為を繰り返して同庁通信指令本部の業務を妨害したとしている。最も多かった昨年12月31日は約1500回の虚偽110番をしていた。
 通信指令本部によると、今年7月以降も野崎容疑者とみられる虚偽通報が約1万回あった。昨年1年間の警視庁への110番通報は約175万回。約30万回はいたずらの可能性があり、うち2万回は野崎容疑者が関与していたとみられる。【松本惇】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130814k0000m040069000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

軍事郵便使いMDMAなど密輸、元米兵を起訴(14日)読売

軍事郵便を使い合成麻薬(MDMA)などを密輸したとして、横浜地検は13日、日米犯罪人引き渡し条約に基づき、米国から身柄が引き渡された米国籍で元米兵ジョナサン・オクタビオ・ヌニェス容疑者(31)を麻薬及び向精神薬取締法違反と覚醒剤取締法違反で横浜地裁に起訴した。起訴状などによると、ヌニェス容疑者は2004年7月、元軍属の男らと共謀し、カナダの郵便局からMDMAなど計約5万錠入りの軍事郵便を横須賀基地内の私書箱に発送し、密輸したとされる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

北電従業員かたり電気代詐取 富山で発生、注意呼び掛け(14日)共同

 北陸電力は13日、富山県高岡市で同社従業員を装った詐欺事件が発生し、高齢女性が現金をだまし取られたと発表した。管内の顧客に注意を呼び掛けている。
 同社と高岡署によると7月25日、同市内の70代女性宅に同社従業員を名乗る人物が現れ、検針票に記載された料金を元に、6月分の電気料金として7345円を支払うよう要求した。訪れた人物は女とみられる。これ以外の被害は現在のところ確認されていないという。
 同社は「未納分の督促などを除き、対面で現金での支払いを求めることはない」とし、不審に思った場合は同社サービスセンター=フリーダイヤル(0120)167540=に問い合わせるよう求めている。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/44828.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・我孫子市の小6女児を補導、自宅に放火の疑い(14日)TBS

千葉県我孫子市で自宅に火をつけて全焼させた疑いで、小学6年生の女子児童が補導されました。
 12日午前、我孫子市内の木造平屋建ての住宅で火事があり、61平方メートルが全焼しました。けが人はいませんでしたが、警察が捜査したところ、この家に住む小学6年生の女子児童(12)がライターで両親の部屋のふすまに火をつけたことがわかり、警察は女子児童を放火の疑いで12日に補導しました。
 調べに対し、女子児童は「暑くてイライラしていた。ママと暮らすのが嫌だった」と話しているということですが、児童の母親は去年の10月、「食事を作らないなど育児を放棄している」と27歳の長女から児童相談所に通報され、女子児童は一時的に保護されていました。(13日23:24)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2005125.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

漫画家・佐渡川 準さんが首をつり死亡、自殺か 茨城・利根町(14日)フジテレビ

茨城・利根町の公園で13日、漫画家の佐渡川 準さんが首をつって死亡しているのが見つかった。自殺とみられている。
13日午前5時ごろ、利根町の公園で漫画家の佐渡川 準さん、本名・川人 睦さん(34)が首をつって死亡しているのが見つかった。
着衣などに乱れはなく、自殺とみられている。
警察はくわしい経緯を調べている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国から選抜の精鋭41人、ハッカーの英才教育(14日)読売

サイバー攻撃に対抗できる人材を育成するための強化合宿「セキュリティ・キャンプ」が13日、千葉市内でスタートした。
 全国から選抜された22歳以下の大学生、高校生ら41人を対象にした“ハッカーの英才教育”で、5日間の日程で第一線の専門家らから最新の技術や知識を学ぶ。
 キャンプは独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が2004年から開始。10回目の今年は、国が人材育成を情報セキュリティー政策の柱と打ち出したこともあって注目を集め、企業など29団体が協賛する。
 キャンプでは、プログラム作成やサイバー攻撃の防御法などの講義を受けたり、知識や技術を競うコンテストを実施したりする。特に今年は、スマートフォンや、通信機能を備えた「情報家電」について、ハッキングを受けやすいセキュリティー上の弱点を見つける方法の講義などが取り入れられた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

不正送金の口座情報を提供 警察庁(14日)産経

インターネットバンキングをめぐる不正送金事件で、警察庁は13日までに、送金先として使われた口座の情報を全国銀行協会(全銀協)に加盟する金融機関に提供した。同一名義があった場合、本人が管理していないことを確認するなどした上で、凍結してもらう。
 不正送金の被害は今年に入り、8月8日までの速報値で445件、計約4億1600万円に上っている。警察庁は被害の拡大を防ぐため、全銀協を通じて協力を求めることにした。
 警察庁によると、今年1~7月に不正送金先として使われたのは589口座(速報値)あり、8月になっても増えている。提供するのは、このうち、今後も犯罪に使われる恐れがある口座の名義人に関する情報で、氏名のほか口座名や口座番号、性別、生年月日、住所。
 589口座の約75%は中国人名義で、多くは留学生や技能実習生だった。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130813/crm13081321130011-n1.htmMsn_s1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅に血だらけの男性遺体 愛知・岡崎(14日)産経

13日午後9時15分ごろ、愛知県岡崎市新堀町東小平田、会社員、大岡幸正さん(61)方で、大岡さんが血だらけの状態で倒れているのを、訪れた長女(33)が発見し、110番した。大岡さんは死亡しており、県警は事件の可能性が高いとみて調べている。
 岡崎署によると、大岡さんは妻と2人暮らし。九州の実家に里帰り中の妻から「夫と連絡が取れない」と連絡を受けた長女が様子を見に訪れ、2階の部屋の床にうつぶせで倒れている大岡さんを見つけた。大岡さんは胸の辺りに傷があったという。
 現場はJR東海道線西岡崎駅の北西約500メートルの住宅や田んぼが入り交じる地域。現場近くに住む女性は「警察も来たが、物音も聞いていないし全然分からない。田んぼの多い静かな所なので、ただびっくりしている」と話した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130814/crm13081400540000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月13日 | トップページ | 2013年8月15日 »