« 2013年8月9日 | トップページ | 2013年8月11日 »

2013年8月10日

2013年8月10日 (土)

有力手掛かり見つからず 大規模捜索打ち切り 茂原女子高生不明(10日)共同

7月11日から行方不明になっている茂原市本納、県立岬高校3年、中川沙弥香さん(17)について、県警は9日、約45人体制で自宅と最寄りのJR外房線本納駅までの間の側溝などを捜索したが、有力な手掛かりは見つからなかった。県警は同日で大規模な捜索をいったん打ち切った。
 県警によると、7日の公開捜査から約140件の情報が寄せられた。今後、内容を精査するとともに、友人や関係者への聞き込み捜査を続ける。
 県警は7日から中川さんの生活圏内にある山林などを捜索。9日は中川さんの通学路とみられるコースで、ふたを外したり雑草をかき分けるなどしながら側溝や水路に遺留品がないか慎重に確認した。
 県警は引き続き情報提供を呼び掛けている。連絡先は茂原署、電話0475(22)0110。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.chibanippo.co.jp/c/news/national/150978

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ごみだと思った」死亡ひき逃げで逮捕の運転手(10日)読売

栃木県栃木市で7日、男性が車にはねられて死亡したひき逃げ事件で、栃木署は同日、埼玉県鶴ヶ島市鶴ヶ丘、運転手松川修容疑者(71)を自動車運転過失致死容疑で緊急逮捕した。道交法違反(ひき逃げ)容疑でも調べる。
 発表によると、松川容疑者は同日未明、栃木市大平町新の県道で、住所不定、無職森田義勝さん(81)をトラックではねて死亡させた疑い。「何かにぶつかったが、ごみだと思った」と供述しているという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

会社員、3人組に殴られ財布奪われる…川崎(10日)読売

10日午前0時45分頃、川崎市高津区上作延の路上で、帰宅中の同区の会社員男性(46)が、後ろから来た3人組の若い男らに突然、腹や背中に殴る蹴るの暴行を受け、現金約2万5000円が入った財布を奪われた。男性は肋骨を折る重傷。高津署が強盗致傷事件として捜査している。発表によると、男のうちの一人は短い金髪だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安
paper拝啓 米田警察庁長官殿paper
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130807104630

 どうしたニッポン警察sign02 しっかりしてくれよ。ここ数日、あの平成11年の警察不祥事以上に深刻な状況にある。米田壮警察庁長官、思い切った改革をしないと、再びあの悪夢が再現されますよ。
 10日に埼玉県警機動隊の28歳の巡査部長がJRの駅ホームのベンチで28歳の女性の太ももを触り逮捕された。9日には職務質問した女性に現金を要求する脅迫文を届けたとして、恐喝未遂罪で起訴された兵庫県警の相生署地域課の44歳の巡査部長が懲戒免職になった。
 同日、今度は三重県警四日市南署刑事1課の34歳男性巡査部長がスーパーで缶詰など4点(700円相当)を万引き。8日には、やはり富山県警港湾地区特別捜査隊の55歳の男性警部補が勤務中に富山市内のショッピングセンターで万引きをしたとしてそれぞれ書類送検されている。
 7日には岡山県警岡山西署生活安全課の36歳の巡査部長が勤務中に捜査車両内で、後輩の女性警察官の体を無理やり触るなどしたとして、強制わいせつの疑いで逮捕された。
 6日には福岡県警は個人情報を漏らした見返りに現金を受け取ったとして、公安3課係長の51歳の警部補を収賄容疑で逮捕した。
 なんでこんな不祥事がおきるのか?。
 平成12年の警察刷新会議で「ノーブレス・オブリージュ」という考えを持つよう提言されたはずだ。特にキャリアに求めたものだが、権力や社会的地位を保つには責任が伴うというフランス語だ。警察社会という殻に閉じこもるのではなく、世間という社会に向かってプライドを持たせることだ。極端な話だが、年中制服を着せておけば絶対に不祥事なんて起こらない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

2006_0810_004208nisho

小覧が選んだ本日のトップ記事は、以下の「続きを読む」をクリックしてください。 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団員 身分隠しゴルフで起訴(10日)NHK

福岡県の指定暴力団、道仁会の会長らが、暴力団員であることを隠してゴルフ場を利用したとして、東京地方検察庁は会長ら3人を詐欺の罪で起訴しました。
起訴されたのは、福岡県久留米市に本部のある指定暴力団、道仁会の会長、小林哲治被告(57)と、東京・板橋区に本部のある住吉会系の暴力団、幸平一家の総長、加藤英幸被告(65)ら合わせて3人です。
起訴状によりますと、小林被告らは去年12月とことし1月、暴力団員であることを隠して沖縄県内のゴルフ場を利用したとして、詐欺の罪に問われています。
東京地検は起訴内容を認めているかどうかを明らかにしていません。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130810/k10013685071000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性の太もも触った容疑、機動隊巡査部長を逮捕(10日)読売

埼玉県警浦和東署は10日、同県川口市差間、県警機動隊巡査部長小林孝司容疑者(28)を県迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕したと発表した。
 発表によると、小林容疑者は9日午後11時30分頃、さいたま市緑区東浦和のJR東浦和駅ホームのベンチで、隣の席にいた同市のアルバイト女性(28)の太ももを触った疑い。
 小林容疑者は、「酒に酔っていて覚えていない」と話している。
 同隊の西田雅裕副隊長は「大変遺憾。再発防止を徹底し、信頼回復に努めたい」としている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

お盆休み:帰省ピーク 暑さもこの夏一番の恐れ(10日)毎日

お盆休みの出国や帰省がピークを迎えた10日、日本列島は朝から厳しい暑さに見舞われた。東日本から西日本にかけて広い範囲で高気圧に覆われており、全国的にこの夏一番の猛烈な暑さになる恐れがある。夏休みを古里で過ごす人で混雑したJR東京駅では、うちわで暑さをしのぐ子供たちの姿も目立った。
 気象庁によると、全国927観測地点のうち205地点で気温35度以上の猛暑日となった9日の影響もあり、10日は朝から気温が上昇。午前9時現在、418地点で30度を超えた。
 日中の予想最高気温は、埼玉県熊谷市や甲府市で39度、前橋市や岐阜市で38度、東京都心や名古屋市、大阪市で37度。同庁はこまめな水分補給や冷房利用などの熱中症対策を呼びかけている。
 成田空港では、家族連れなどで出発ロビーがごった返した。成田国際空港会社によると、この日だけで約4万8800人が出国する。家族4人で5泊6日で香港へ行く横浜市戸塚区の中学1年、大冨海輝(おおとみ・かいき)君(13)は「香港ディズニーランドへ行くのが楽しみ」と声を弾ませた。
 夏休み期間中(7月12日から9月1日)の利用者予測は391万1900人(前年同期比0.2%増)。ハワイなどのリゾートや欧州方面が人気という。帰国ラッシュのピークは17、18両日で、各5万1700人の利用が見込まれている。
 道路や鉄道も混雑した。日本道路交通情報センターによると、東名高速道路の下り秦野中井インターチェンジ(神奈川)付近で午前6時半に43キロ渋滞。JR各社によると、東北、上越、長野、東海道の各新幹線下りは午前中の指定席がほぼ埋まり、東海道の「のぞみ」は自由席の乗車率が100%を超えた。【馬場直子、早川健人、山本浩資】

http://mainichi.jp/select/news/20130810k0000e040185000c.htmlLogo_mainichi_s1

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国で体罰6700件、被害1万4千人…昨年度(10日)読売

文部科学省は9日、2012年度に全国で確認された体罰の実態調査の最終報告をまとめた。
 全国の国公私立小中高校などの1割を超える4152校で計6721件の体罰が確認され、被害にあった児童生徒は1万4208人。うち公立分は3603校の5415件で、中間報告の6倍を超えた。大阪市立桜宮高校の体罰自殺問題を受け、各教委で全生徒対象のアンケートを取るなど実態把握が進められた。
 体罰の件数は、中学校が2805件で最も多く、高校が2272件、小学校が1559件。今回は初めて私立校が調査対象になり、1259件が確認された。国立は20件だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ゲームにのめり込み…職質女性を恐喝未遂の警官(10日)読売

兵庫県警相生署地域課の巡査部長・上山貴宏被告(44)(恐喝未遂罪で起訴)が職務質問した女性から金を脅し取ろうとした事件で、上山被告が県警の調べに対し「携帯電話のゲームにはまり、利用代金支払いのためにやった」などと供述していることがわかった。
 県警は9日付で上山被告を懲戒免職処分とし、上司の同署地域課長ら2人を所属長注意にした。
 発表によると、上山被告は2月から、アイテムを購入して遊ぶ携帯電話のオンラインゲームにのめり込み、総額約50万円をつぎ込んでいた。上山被告は「ゲームが唯一の楽しみだった」と話しているという。上山被告は6月10日、同県たつの市で女性に職務質問。7月に「(職務質問の場面を)撮らせて頂いた。買い取りませんか」などと脅迫文を送ったとして、恐喝未遂容疑で逮捕された。(2013年8月9日17時32分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅に火をつけ妻と娘殺害した疑い、会社員の男逮捕 (10日)TBS

5年前、埼玉県・志木市で自宅に火をつけ、妻と当時4歳の娘を殺害したとして39歳の男が逮捕されました。
 殺人と現住建造物等放火などの疑いで逮捕されたのは志木市の会社員、山野輝之容疑者(39)です。警察によりますと山野容疑者は2008年12月、自宅に火をつけて当時34歳の妻、荒木奈穂子さんと当時4歳の娘、真弥ちゃんの2人を殺害した疑いが持たれています。家には当時12歳の長男もいましたが、2階の窓から逃げ出して無事でした。山野容疑者は、「俺はやっていません」と容疑を否認しています。
 「あまり愛想はない感じ」
 「仕事まじめだし」(近所の人)
 警察は、燃焼実験で失火が否定されたことや山野容疑者が事件の4か月前に妻の奈穂子さんと離婚調停の申し立てをしていることなどから、強い動機があるなどとして逮捕に踏み切りました。山野容疑者は事件後、別の女性と再婚していて、警察は事件の経緯を調べる方針です。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5405345.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヘロイン約700グラムを飲み込み密輸しようとした男を起訴(10日)フジテレビ

9日、千葉地検に起訴された、南アフリカ共和国、マイコー・ンパンガーラ被告(35)は、7月7日、ヘロイン708グラム、末端価格にしておよそ4,200万円を47個のポリ袋に小分し飲み込み、成田空港に持ち込んだ疑いが持たれている。
東京税関の調べに対しマイコー被告は、「11時間かけて飲み込み、そのあとは何も食べずに耐えた」などと話しているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00251575.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

健康診断会場にカメラ 医師の男が“盗撮”(10日)テレビ朝日

富山大学附属病院の医師の男が、健康診断の会場で女性を盗撮したなどとして書類送検されました。
 富山大学附属病院に勤務していた元非常勤医師の男(28)は去年12月、健康診断の会場に小型のビデオカメラを持ち込み、女性を盗撮した疑いが持たれています。また、男は今年3月にも、勤務先の病院のスタッフ専用トイレにカメラを仕掛け、女性を撮影した疑いが持たれています。取り調べに対し、男は「興味本位でやった」と容疑を認めています。病院は、男を6月25日付で懲戒解雇処分にしていて、「今後、このような事態を招くことのないよう、職員への指導を行う」とコメントしています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000010385.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

今年のネット銀被害、4億円超 すでに年間最高額更新 警察庁が緊急対策会議(10日)産経

Crm13080923170026n11

インターネットバンキングをめぐる不正送金の今年の被害が今月8日までに計445件、総額約4億1600万円になったことが9日、警察庁のまとめ(速報値)で分かった。件数、被害額ともに年間で過去最悪だった2011年の165件、約3億800万円を既に大きく上回っている。
 一方で、7月末までに摘発したのは警視庁と6県警の14件、29人にとどまっており、警察庁は9日、全国の警察でサイバー犯罪捜査を担当している課長らを東京都内に集め、緊急の対策会議を開いた。
 警察庁の岩瀬充明生活安全局長は「事件は社会、経済の根幹を支えるネットそのものの信頼をも損なうもので、看過できない。複数の犯行組織がさまざまな手口で日本のネットバンキングを狙っている状況がうかがえる」と訓示した。写真は岩瀬生活安全局長

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130809/crm13080923170026-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカー同士が衝突 交通事故現場に急行中 静岡・三島(10日)産経

9日午後9時40分ごろ、静岡県三島市東町の市道交差点で、交通事故の110番を受け、現場に向かっていたパトカー同士が衝突した。それぞれ三島署の地域課員が2人ずつ乗っていたが、けがはなかった。
 別々の道から交差点に進入して衝突しており、同署は前方不注意が原因だった可能性もあるとみて調べている。隣接する住宅の一部が壊れた。
 同署によると「オートバイが川に落ちた」との通報を受け、現場に向かっていた。1台は50代の警部補が、もう1台は30代の巡査部長が運転していた。2台とも赤色灯をつけていたが、サイレンは鳴らしていなかった。 オートバイの事故は別の署員が処理した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130810/dst13081000530001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月9日 | トップページ | 2013年8月11日 »