« 2013年8月2日 | トップページ | 2013年8月4日 »

2013年8月3日

2013年8月 3日 (土)

中国人の子を日本人と偽り届け出、その事情は…(3日)読売

中国人の男女間の子供を日本人の子供として偽装して認知させたとして、千葉県警国際捜査課は2日、中国籍で船橋市習志野台、無職黄国花被告(39)(詐欺罪などで起訴)ら4人を電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で逮捕したと発表した。


 ほかに逮捕されたのは、黄被告の元夫で中国籍の同所、内装工関清栄被告(42)(詐欺罪などで起訴)と埼玉県春日部市大枝、内装業伊藤綾記容疑者(36)ら。
 発表によると、4人は昨年6~9月、黄、関両被告の子を、伊藤容疑者との子であるように偽って、船橋市役所に認知届や出生届を提出した疑い。調べに対し、黄被告は「子供を日本国籍にして、自分の在留資格を得ようと思った。日本で働きたかった」、伊藤容疑者は「報酬欲しさに認知した」と供述しているという。
 今年1月、黄被告から在留特別許可の申請を受けた入国管理局が、調査の過程で不審な点に気づき、県警に通報した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーで女性刺される 殺人未遂容疑で男逮捕 宮城(3日)朝日

3日午後2時40分ごろ、宮城県石巻市大街道東1丁目のスーパー「ヨークベニマル大街道店」で、買い物中の市内の女性(44)が、男に背中を包丁で刺され、大けがを負った。県警石巻署は同市双葉町、無職遠山悦朗容疑者(42)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。遠山容疑者は「刺して世間を騒がせてやろうと思った」と話しているという。
 石巻署などによると、遠山容疑者はレジ付近にいた女性の背中を後ろから刃渡り12センチの包丁で1回刺し、大けがをさせた疑いがある。女性の命に別条はないという。遠山容疑者と女性は面識がなかったという。遠山容疑者はこのスーパーで包丁を直前に購入。一度店を出た後すぐに店内に戻って女性を刺し、店員に取り押さえられた。

Logo2

http://www.asahi.com/national/update/0803/TKY201308030237.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・北区で男性死亡、弟から事情聴く (3日)TBS

東京・北区の住宅で、40代の男性が刃物で刺されて倒れているのが見つかりました。男性はその後死亡していて、警視庁は男性の弟から事情を聴いています。
 3日午後1時前、北区上中里の住宅の1階の部屋で、この家に住む40代の男性がうつぶせの状態で、血を流して倒れているのを帰宅した父親が見つけました。男性は病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。
 警視庁などによりますと、男性の背中には刃物で刺されたとみられる複数の傷があったということです。警視庁は、40代の弟が何らかの事情を知っているとみて、現在話を聴いています。(03日17:18)

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5400326.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺が凶暴化? 現金渡すのを拒否するとひったくり 「息子」の代理人が豹変する危険な手口とは(3日)産経

東京都内で5~6月、振り込め詐欺の要領で高齢者を呼び出し、現金受け取り役の「受け子」とみられる男らが大金の入ったバッグを強引に奪い取る手口の強盗・ひったくり事件が3件相次いだ。待ち合わせ場所で被害者が現金を渡すのをを拒むと凶暴化する傾向がみられ、警視庁幹部は「詐欺グループの上層部に『何としても現金を持ってこい』と指示され、乱暴な手段に打って出たのではないか」と危機感を募らせる。(大島悠亮、中村翔樹)
 「息子じゃなきゃ渡さない」 つきまとい→バック強奪→バイクで逃走
 台東区の女性(57)は5月7日午後2時20分ごろ、近くのJR鶯谷駅南口で、現金600万円が入ったバッグを抱え、息子が来るのを待っていた。そこに、40代ぐらいの黒のスーツ姿の男が近づいてきて声を掛けてきた。
 「自分が息子さんの代理人ですから。お金は私が預かりますよ」
 息子を名乗る男から女性宅に電話があったのは、同日午前10時半ごろ。「会社の書類をなくした。穴埋めのために600万円を貸してほしい」と泣きついてきた。女性は銀行で現金を用立て、指定された同駅に急いだ。だが、目の前に現れたのは見ず知らずの男だった。 これまでの【衝撃事件の核心】はこちら
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130803/crm13080318000011-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(3、4日単位・レベル)
人道的に許せないangrytyphoon
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130724111642

 火事場泥棒という許し難い事犯がある。火事の騒ぎにまぎれて盗みをする行為だが、人の弱みにつけ込んで犯罪を働くなんて打ち首獄門だ。
 同じような事に東日本大震災の復興支援だとして日本赤十字社の職員を名乗り40件近くの詐欺を働いていた58歳の男が警視庁に逮捕された。
 また42歳の住所不定の男が、「駅で息子さんとぶつかって携帯を落として壊れた」と偽り知的障害のある65歳の父親宅を訪れ、買い換え代金として4万5000円を騙し取ったとして静岡県警に逮捕された。
 このほか、ホームレスの人たちが生活保護を受けやすくする制度を悪用して、福岡市から賃貸住宅の礼金としてNPO法人の71歳の男ら3人が6月、福岡県警に逮捕された。
 平成21年から2年間にわたり、ホームレスの人たち3人が、賃貸住宅に入居する際に礼金などにかかった費用を水増しして請求するなどしたもので、3700万円を詐取していた。
 また、交通事故のけがを悪用して知人に運転手業務を代行してもらったと偽り、休業補償名目の保険金約180万円をだまし取った30歳の男が兵庫県警に逮捕された。男はなんとみんなの党所属の市議だったというから呆れる。
 今、社会問題になっているのが「オレオレ詐欺」や「還付金詐欺」「金融取引詐欺」「異性斡旋詐欺」などは特殊詐欺は増加している。ところがこれ以外の詐欺の被害も今年に入って急増している。
 警察庁によると、今年5月までの全国の被害額は2億9549万円。昨年同期の被害額の9148万9000円に比べて2億円も増加しているのだ。個人個人が賢くならないと詐欺事犯はなくならない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 thunder新連載小説「警視庁公安部」   
 ご覧になる場合は「続きを読む」をクリックして下さい。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県警、薬物事件で誤認逮捕 簡易鑑定で大麻のような反応(3日)フジテレビ

神奈川県警が、大麻取締法違反の現行犯で逮捕した男性は、誤認逮捕だったことがわかった。
2日午後5時半ごろ、神奈川・相模原市南区で、無職の50歳の男性が事故を起こした際に、警察が男性の車の中から脱法ハーブとみられる植物片を見つけ、簡易鑑定で大麻のような反応があったため、現行犯逮捕した。
しかしその後、調べた結果、大麻成分は検出されず、男性を釈放したという。
男性は逮捕されたとき、「大麻とは思わなかった」と話す一方、「運転する前に脱法ハーブを吸った」と話しているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・東池袋の路上強盗傷害、容疑の47歳男を逮捕 (3日)TBS

今年5月、東京・豊島区の路上で70代の女性の胸を蹴り重傷を負わせたうえ、現金8万円が入ったバッグを奪ったとして、警視庁は47歳の無職の男を逮捕しました。
 強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、無職の秋庭英雄容疑者(47)です。秋庭容疑者は今年5月、豊島区・東池袋の路上で、すでに逮捕・起訴されている60代の男とともに、70代の女性に対し、突然後ろから抱きついて転倒させて胸を蹴るなどして重傷を負わせたうえ、現金8万円が入ったショルダーバッグを奪った疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、秋庭容疑者は新宿区・歌舞伎町のパチンコ店にいたところ、顔写真をもとに行方を捜していた捜査員に身柄を確保されていて、取り調べに対し、容疑を認めているということです。(03日10:54)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5400062.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性連れ去り知人に現金要求 身代金目的略取容疑の中国人5人逮捕 警視庁(3日)産経

中国人留学生の男性(21)を車などで連れ回し、知人男性(24)から現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁組織犯罪対策2課は、身代金目的略取の疑いで、東京都板橋区南町、拓殖大学生、明安図(ミン・アント)容疑者(23)ら中国人5人を現行犯逮捕した。同課によると、明容疑者ら4人は容疑を否認、残りの1人は認めている。
 逮捕容疑は、7月31日午後8時ごろから8月1日午後3時40分ごろまでの間、豊島区西池袋の路上で、留学生を車内に押し込んで都内や千葉県内のホテルなどに連れ回し、知人に「現金100万円を振り込めば、留学生を解放する」などと9回にわたって電話。知人から現金を脅し取ろうとしたとしている。
 同課によると、5人と留学生は知り合いだった。留学生が7月31日午後10時ごろ、別の知人に「拉致された」と電話で打ち明けたことから事件が発覚。同課などが留学生らの行方を追っていたところ、豊島区内の路上で明容疑者ら5人と留学生を発見し、身柄を確保した。留学生の肩には刃物で切りつけられたような傷があり、同課は傷害容疑でも調べる方針。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130803/crm13080311560006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

スマホ窃盗容疑で男2人逮捕 大阪、京都両府警(3日)共同

大阪、京都両府警などの合同捜査本部は2日までに、米アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)5」を昨年9月の発売日に盗んだとして窃盗などの疑いで、男2人を逮捕した。
 iPhone5は世界的な人気で、発売日には品薄が予想されていた。大阪府警捜査3課によると、当日は滋賀や京都、大阪、兵庫4府県でiPhone5が226台、旧型のiPhoneが9台の計約1500万円相当が盗まれており、捜査本部は関連を調べる。
 2人は大阪市中央区南船場、自称仲介業山田有華容疑者=殺人罪などで起訴=と、住所不定、韓国籍の無職崔健司容疑者=別の窃盗罪などで公判中。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013080201002080.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪被害の子どものケア強化へ(3日)NHK

犯罪の被害に遭った人の支援に当たっている「全国犯罪被害者支援ネットワーク」は、子どもが被害に遭った場合、身近にいる人が適切な対応を取ることが重要だとして、保護者の意識を高めるための取り組みを強化することになりました。

警察庁によりますと、去年1年間に20歳未満の子どもが性犯罪や粗暴犯の被害に遭ったケースは、1万7194件に上りました。
「全国犯罪被害者支援ネットワーク」によりますと、子どもが被害に遭った際、保護者が取り乱したりして、適切な対応を取らないと、子どもの心や身体の回復が遅れるケースがあるということです。
このため、支援ネットワークでは、子どもの被害への親の意識を高めてもらおうと、夏休み中の親子を対象に、全国各地で参加型の講習会を初めて開くことになりました。
講習会では、ゲームやクイズを通じて、子どもの気持ちを親に知ってもらうほか、子どもたちにもつらい気持ちをどうコントロールするか学んでもらうことにしています。
今月19日と20日にはそれぞれ、さいたま市や東京・杉並区で講習会を実施し、参加する親子を募集しているということです。
被害者支援ネットワークでは「子どもに強いストレスがかかったときにどう対応するか、楽しみながら学ぶ場として参加していただきたい」と話しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130803/k10013511701000.html

News_pic1

| コメント (0) | トラックバック (0)

送りつけ商法:ゆうパック悪用 審査なしの代引きが温床に(3日)毎日

 注文していない高齢者に健康食品を送りつけて代金を請求する「送りつけ商法」の被害が急増するなか、日本郵便(本社・東京都)が7月下旬から、警察より悪質業者名の提供を受けた場合、窓口での荷物の引き受けを断り始めたことが分かった。送りつけ商法の代金の受け渡しには同社の「ゆうパック」の代金引き換え(代引き)サービスのうち、事前審査の不要な窓口引き受けが悪用されることが多く、消費生活センターからは「一定の被害防止が期待できる」との声が上がっている。
 この悪質商法は、業者が電話をし、「健康食品を申し込んだ」と言い張って商品を送りつけ、代金支払いを求める。断ると「バカたれ、死んでしまえ」などと怒鳴って支払いを求めてくることもあり、消費者は恐怖感から押し切られて支払うケースが目立つという。国民生活センターによると、全国の消費生活センターへの相談は2012年度に1万5527件で前年度(2751件)の5倍以上と急増。今年度は8月1日までの4カ月で1万6690件に上り、既に昨年度の件数を上回った。被害者の9割以上は60歳以上という。
 代金受け渡しに多用されるのが「ゆうパック」だ。宅配業者の代引きサービスは、配達員が郵送物を宛先に渡す際に、差出人の指定した金額を代わりに受け取る。大手宅配業者は代引き利用業者を事前に審査して契約し、問題があれば契約を解除する。だが、ゆうパックだけは事前の審査なしで当日窓口で受け付ける独自サービスも提供。0日本郵便によると、これが悪用されているという。ある消費生活センターによると、最近数カ月の相談で、悪質業者が使う宅配の代引きは「100%近くがゆうパックだった」という。
 同社には消費生活センターなどから苦情を含む情報が寄せられるが、「犯罪性の有無の判断が難しく、悩んでいた」とする。このため7月から都道府県警と連携。警察から悪質業者名の情報提供を受けた場合は、同社が該当業者について調査のうえ、数日以内に全国の郵便窓口に通知。該当業者が窓口に荷物を持ち込んだ場合は引き受けないことにした。
 また、宛先からの受け取り拒否件数が多い▽一度に大量の商品を持ち込む−−など不自然なケースがあれば警察に情報提供する。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130803k0000m040126000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

マジックマッシュルーム密輸しようとした疑いで告発 (3日)TBS

神奈川県藤沢市の元英会話講師でアメリカ国籍の男が、いわゆる「マジックマッシュルーム」を密輸しようとしたとして横浜税関に告発されました。
 関税法違反の疑いで告発されたのは、神奈川県藤沢市の元英会話講師でアメリカ国籍のセス・トーマス被告(39)です。
 横浜税関によりますとトーマス被告は今年5月、インターネットで購入した「マジックマッシュルーム」およそ10グラムをオランダから郵便を使って輸入しようとした疑いがもたれています。成田空港の税関職員がトーマス被告宛の郵便物から「マジックマッシュルーム」を発見したということです。
 トーマス被告はすでに麻薬及び向精神薬取締法違反の罪で起訴されていて、取調べに対し「自分が使う目的で輸入した」と供述しているということです。
 マジックマッシュルームを密輸して検察庁に告発されるのは全国で3例目だということです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5399829.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

オレオレ詐欺などの特殊詐欺、前年同時期比で約1.5倍に増加(3日)フジテレビ

2013年上半期に東京都内で発生したオレオレ詐欺などの特殊詐欺が、2012年に比べておよそ1.5倍に増加していたことが明らかになった。
警視庁によると、2013年上半期に起きたオレオレ詐欺や還付金詐欺などのいわゆる特殊詐欺の認知件数は、1,263件と、2012年の同時期に比べ48%増加し、被害額も2012年より27%多い41億1,480万円にのぼるという。
検挙件数は、2012年の同じ時期に比べて、58%増加して651件だった。
また、金融機関による未然防止や、だまされた振りをして詐欺容疑者を逮捕するケースが増加しているという。
警視庁は今後、「母さん助けて詐欺」などの新しい名称を普及させるなどして、被害防止を図る方針。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00251114.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

少年ら7人を殺人容疑で再逮捕へ 広島少女死体遺棄(3日)テレビ朝日

広島県呉市の山中に16歳の少女の遺体を捨てた疑いで少年少女ら7人が逮捕された事件で、警察は3日、7人を殺人容疑などで再逮捕する方針です。
 この事件は、瀬戸大平容疑者(21)と16歳と17歳の少年少女合わせて7人が、広島市に住む16歳の少女の遺体を呉市の灰ヶ峰に捨てた疑いで逮捕されたものです。警察は、容疑者の7人が被害少女の殺害にも関与した疑いが強まったと判断し、3日に殺人容疑で再逮捕する方針です。また、警察は、7人が被害少女を誘い出して車に乗せ、車内や山で暴行を加えていたとみていて、逮捕監禁容疑でも逮捕するとみられます。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000009926.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

民事調停、紛争複雑化 通じぬ「まあまあ」(3日)産経

多くは3回以内で終了するとされる民事調停だが、近年は10回近く開かれる事案も増加、紛争が複雑化している傾向もうかがえる。
 平成18~24年に全国の地裁と簡裁で行われた調停の実施回数をみると、いずれの年も9割前後は3回以内で終了している。ただ、4、5回実施されたケースは18年の4・5%に対し、24年は7・8%まで増加。6~10回のケースは1・1%から3・3%に、11回以上のケースも0・3%から0・7%と、いずれも微増傾向にある。
 背景には取引の多様化で複雑な紛争が増えたことに加え、当事者がインターネットなどで法律知識を得ることができるようになり、さまざまな主張を展開するようになったことなどが影響しているとみられる。最高裁関係者は「『まあまあ調停』や『折半調停』では納得しなくなっている」と変化を指摘する。
 一方、平成24年に全国の地裁、簡裁に提起された民事訴訟が約56万4600件だったのに対し、申し立てられた一般調停の件数は約5万300件にとどまっている。最高裁関係者は「運用改善で利用者の納得感を高め、調停の利用促進にもつなげたい」としている。(滝口亜希)

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130803/trl13080302080001-n1.htmMsn_s1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

米国が全世界に渡航警戒 テロの恐れ、8月末まで(3日)産経

米国務省は2日、中東、北アフリカ地域などで国際テロ組織アルカーイダ系勢力によるテロ攻撃の恐れがあるとして、8月末を期限とする米市民向けの渡航警戒情報を出した。警戒対象は「全世界」としているが、特にアラビア半島を中心にテロが起きる可能性があるという。
政府は1日、一部の在外公館を4日に一時閉鎖すると公表。ハーフ米国務省副報道官は記者会見で「多数の警戒情報」を受けた措置と説明したが、情報の内容は明らかにしていなかった。
 ロイス米下院外交委員長は2日、公館閉鎖について「アルカイダ関連の脅威が中東や中央アジア地域に存在するためだ」と米CNNテレビの番組で述べた。(共同)

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/world/news/130803/amr13080301070001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月2日 | トップページ | 2013年8月4日 »