« 暴力団特有の反社会性…山口組系組長に無期懲役(19日)読売 | トップページ | 手足縛られた女性遺体、死亡後に海へ落とされたか (19日)TBS »

2013年7月19日 (金)

「効果的」な交通取締り 検討へ(19日)NHK

警察による交通違反の取締りについて国民の理解を得られるようにするため、警察庁は有識者会議を設け、事故防止により効果的な取締りの在り方について検討を進めることになりました。

スピード違反などの交通取締りは事故が多発し、地元の要望が多く、車を停車させる場所を確保できるなどの条件を基に各地の警察署が実施する場所を決めています。
しかし、警察には、「いつも同じ場所で取締りを行っている」とか「摘発が目的になっているのではないか」といった声も寄せられているということで、古屋国家公安委員長は先月、記者会見で「取締りのための取締りになっている傾向がある。本当に事故防止に資する、納得できるような取締りが必要だ」と述べていました。
これを受けて、警察庁は大学教授や自動車の専門家などからなる有識者会議を設け、取締りや速度規制の在り方について検討することを決めました。
会議では取締りの実態や速度規制の現状について検証を行ったうえで、事故防止により効果のある方法などについて話し合うということです。
有識者会議の初会合は来月1日に開かれ、年内をめどに提言を取りまとめることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130719/k10013139701000.html

« 暴力団特有の反社会性…山口組系組長に無期懲役(19日)読売 | トップページ | 手足縛られた女性遺体、死亡後に海へ落とされたか (19日)TBS »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「効果的」な交通取締り 検討へ(19日)NHK:

« 暴力団特有の反社会性…山口組系組長に無期懲役(19日)読売 | トップページ | 手足縛られた女性遺体、死亡後に海へ落とされたか (19日)TBS »