« 2013年7月24日 | トップページ | 2013年7月26日 »

2013年7月25日

2013年7月25日 (木)

地元テレビ局を装って個人情報聞き出す (25日)共同

佐賀市内で地元テレビ局をかたり、中学生から友人の氏名や電話番号などの個人情報を聞き出す電話が相次いでかかっていることが25日わかった。市教育委員会は注意を呼び掛けている。
 市学校教育課によると、22、24、25日の3日間に、市内の中学生計6人の自宅に、テレビ局の関係者を名乗る男女から「友達の電話を教えて」という電話があった。謝礼に「図書券を渡す」と言われたケースもあり、23人分の連絡先が漏れたという。
 同課は「不審な電話には答えず、すぐに学校や警察に相談してほしい」と呼び掛けている。

2010_0123_11120247newslogo1_3

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2517818.article.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官が車で当て逃げ 県警「職務外」と公表せず 群馬(25日)産経イザ

群馬県警の20代の男性警察官が、車で当て逃げしたとして道交法違反(事故不申告)容疑で書類送検されていたことが25日、県警への取材で分かった。警察官は3月下旬に減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受け、依願退職した。
 県警監察官室によると、警察官は3月上旬、勤務時間外に友人の乗用車を運転し、他人の車に接触させたがそのまま現場を立ち去った。けが人はいなかった。県警は「職務上のことではない」として公表していなかった。

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=Head_logo1

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性制圧死:警部補を書類送検 大阪府警(25日)毎日

暴れていた女性を過度に制圧して死亡させたとして、大阪府警は25日、堺署地域課の男性警部補(46)を業務上過失致死容疑で書類送検した。警部補は「呼吸困難になっていないか確認すべきだった」と話し、容疑を認めているという。府警は同日付で警部補を戒告の懲戒処分とした。制圧行為について同容疑で立件するのは異例。
 送検容疑は昨年11月9日朝、堺市堺区の民家で暴れていた住人女性(当時40歳)をうつぶせにして押さえ、背中に自分の膝を乗せて制圧したが、女性の呼吸状態などの確認を怠ったまま約30分間、胸部を圧迫し、5日後に死亡させたとしている。家族の110番通報で、警部補ら複数の署員が駆けつけていた。
 司法解剖の結果、死因は脳に酸素が行き渡らなくなる低酸素虚血性脳症だった。警部補の体重は装備を合わせて約100キロあった。
 府警によると、警部補が女性を制圧している際、別の署員が女性に「意識はありますか」と尋ねた。応答はなかったが、警部補は女性が再び暴れる可能性があるとして、制圧を続けたという。府警は「制圧時は胸部の圧迫に注意し、状況に応じて対応するよう指導する」としている。【近藤大介、武内彩】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20130726k0000m040056000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

教授逮捕で東大が会見、学内に調査委発足の方針(25日)TBS

東京大学の教授が研究事業費2100万円あまりを大学から騙し取ったとして逮捕されたことを受け、東京大学は学内で調査委員会を発足させ、詳しく調査する方針を明らかにしました。
 東京大学・政策ビジョン研究センターの教授・秋山昌範容疑者(55)は、2010年から翌年にかけシステム関連会社6社と共謀し、業務を発注したように装って東京大学と岡山大学からあわせて2180万円をだまし取ったとして東京地検特捜部に逮捕されました。
 「容疑の内容が事実であれば誠に遺憾です」(東京大学 大和裕幸副学長)
 東京大学は25日夜会見を開き、秋山容疑者が2009年度からの4年間で国などからおよそ2億1600万円の研究費を受け取っていたことを明らかにしましたが、「会計処理上の不正は見当たっていない」としています。
 東京大学では、「学内に調査委員会を発足させ、厳正に対応する」としています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5392555.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

給料は150万円、出資して…詐欺容疑で追送検(25日)読売

鳴門競艇場(徳島県鳴門市)の場外券売り場の経営委託を巡る出資金詐欺事件で、徳島県警捜査2課と三好署は24日、住居不定、無職田岡誠二被告(50)(詐欺罪で公判中)を詐欺容疑で地検に追送検した。


 同署の発表によると、田岡被告は場外券売り場「エディウィン鳴門」の経営委託を受けたと偽り、三好市の50歳代の会社役員の男性に「給料を150万~200万円出すので出資してほしい」などと言い、昨年11月頃、男性から1000万円を詐取した疑い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日単位・レベル)
thunderなんと検挙率100%もflair
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212_2

20130710101335_2

 東京都練馬区の路上で帰宅途中の女性(35)にバイクで近づき、バッグをひったくったとして、警視庁石神井署は窃盗の疑いで、埼玉県新座市本多の33歳の会社員を逮捕した。
 容疑を否認しているというが、現場周辺の防犯カメラにバイクのナンバーが写っており、決め手となったようだ。隣接する西東京市や武蔵野市で2月中旬以降、同様の手口で計7件発生。被害総額は約80万にのぼる。
 警察庁によると今年6月までのひったくり犯の認知件数は3897件で検挙率は47.1%だった。認知件数のトップは大阪府の732件、神奈川県の479件、千葉県の428件、埼玉県の417件、東京都の383件と続いた。
 検挙率は大阪が20.4%、神奈川が27.8%、千葉が35.5%、埼玉がなんと107%で東京も96.1%だった。
 ひったくり事件が発生するたびに思うことがある。例の防災無線の活用だ。「ただいまひったくり事件が発生しました。逃げているオートバイは黒、男は紺色のジャンパーに赤ヘルを着用しています」こんな情報をリアルタイムで流されればひったくりなんてできない。ところが、流すと地域住民が「うるさい」と苦情を言うそうだ。
 夜の夜中に流せと言っているのではない。被害に遭いやすい夕方を言っているんだ。「うるさい」と言う被害者は捜査する必要はない。
首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 new新連載小説「警視庁公安部」new   
 ご覧になる場合は「続きを読む」をクリックして下さい。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

医学博士の男、無免許で未承認薬を投与の疑い 会社など家宅捜索(25日)フジテレビ

74歳の医学博士の男が、医師免許がないのに、自分が製造した、がんの未承認薬を患者に投与していた疑いで、警視庁は、男が代表を務める東京・八王子市の医薬品製造販売会社などを家宅捜索した。
医師法違反と薬事法違反の疑いで家宅捜索を受けたのは、74歳の医学博士の男が代表を務める東京・八王子市内の医薬品製造販売会社で、男は、医師免許がないのに、自分が製造した未承認のがんの免疫治療薬「カルチノン」を末期のがん患者に販売し、注射で投与した疑いが持たれている。
男は、ウェブサイトで「カルチノンによる治療こそが本当のがんの治療薬」などと紹介し、販売していた。
男は、FNNの取材に対し、「医者ではないが、数人に注射して投与した。やむを得ず困っていた人を助けた。違法ということは認識しているので、今後はやらない」と話している。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00250548.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童虐待 過去最多を更新(25日)NHK

ことし3月までの1年間に、全国の児童相談所が把握した児童虐待の件数は、前の年度よりも6800件以上増えて、およそ6万6800件と過去最多に上ったことが厚生労働省のまとめで分かりました。

これは25日、厚生労働省が全国の児童相談所の所長を集めた会議で明らかにしたものです。それによりますと、ことし3月までの1年間に、全国の児童相談所が虐待があったと認定した件数は、前の年度より6888件増えて、6万6807件に上りました。児童虐待の件数は、統計を取り始めた平成2年度以降、毎年増え続けていて、ことしも過去最多を更新しました。
都道府県別では、大阪府が9875件と最も多く、次いで神奈川県が8324件、埼玉県が4853件となっています。
厚生労働省は「相次ぐ虐待事件で市民の関心が高まり、周囲の人たちからの通報が増えているためではないか」分析しています。一方、厚生労働省が去年3月までの1年間に、18歳未満で無理心中を除く虐待で死亡した58人を分析したところ、0歳の乳児が25人と最も多く、43%を占めたことが分かりました。虐待をした人は、実の母親が半数以上を占め、望まない妊娠をした母親や10代で妊娠した母親が多く、虐待のきっかけは、3歳未満では、泣きやまないことにいらだったケースが目立つということです。
厚生労働省は全国の自治体に対して、妊娠中からの相談体制を充実させるほか、乳幼児検診や予防接種を受けていない家庭について関係部局で情報を共有し、虐待を未然に防いだり早期に発見したりするための取り組みを強化するよう求めました。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130725/n60449010000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

組事務所撤去を初請求、徳島 暴力追放県民センター(25日)共同

徳島県警は25日、住民の委託を受けた暴力追放県民センターが5月、指定暴力団山口組系の暴力団に事務所の使用差し止めを請求し、暴力団が6月までに事務所を撤去したと発表した。
 改正暴力団対策法が施行され、住民に代わって暴力団事務所の使用差し止め訴訟などができる「適格都道府県センター」の認定制度が導入された1月以降、差し止め請求や事務所の撤去が実現したのは全国で初めて。
 徳島県警によると、徳島市を拠点とする暴力団の事務所周辺では以前から、住民がトラブル発生の不安や違法駐車などについて相談。暴力追放県民センターが5月、事務所の使用差し止めを求め、文書を送付したという。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013072501001357.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

取り調べ可視化:入室時から録画・録音へ運用変更 警察庁(25日)毎日

全国の警察本部が裁判員裁判対象事件の取り調べの一部で試行している録音・録画(可視化)について、警察庁は25日、可視化を拒む容疑者が増加しているとして、取調室に入る場面から可視化するよう運用を改めると発表した。容疑者の拒否理由を客観的に記録することで警察側が可視化を避けているとの疑念を払拭(ふっしょく)する狙いがあるとみられる。
 今年3月までの1年間の試行検証結果を公表した中で明らかにした。今年9月から実施する見通し。
 警察庁による部分可視化の試みは2008年から始まった。録音・録画する範囲は取調官の裁量で、容疑者に事前に告知し、明確に拒まない限り実施している。12年度の対象事件は前年度の2・3倍の2637件。このうち拒否されたのは178件に上り、前年度(39件)の4・5倍に急増した。
 拒否の理由は、弁護人の指導が31%で最多。全面可視化でないため、恣意(しい)的に利用されるとの懸念が背景にあるとみられる。続いて、羞恥心や嫌悪感25%▽意義に対する疑念や警戒心14%▽共犯者の復讐(ふくしゅう)に対する恐怖心2%−−など。
 こうした拒否ケースの急増を受け、一部の府県警は今年1月から入室前からの可視化を70件試行。取調官に意見を求めたところ「拒否理由が明らかになる利点がある」という意見がほとんどで、支障があるとする意見はなかったという。
 昨年5月から可視化を試行している知的障害のある容疑者の事件についても、今年9月から入室前からの可視化をする。
 また、12年度後半(昨年10月〜今年3月)に部分可視化を経験した取調官1039人に、取り調べの全過程の録音・録画(全面可視化)について聞いたところ「そうすべきだ」が3%、「事件によってはしたほうが良い」が38%で肯定意見が約4割を占め、12年度前半(昨年4〜9月)の38%から微増した。【川辺康広】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130725k0000e040211000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

小2道連れに夫婦心中か…詐欺罪の公判出廷せず(25日)読売

24日午後9時50分頃、名古屋市北区のマンション7階の一室から異臭がするのに、この部屋を訪れた愛知県警熱田署員が気づき、消防に通報した。玄関が施錠されていたため、消防隊員がベランダの窓を割って室内に入り、浴室でこの部屋に住む男(39)と妻(38)、小学2年の長男(7)が死亡しているのを見つけた。硫化水素が検知され、県警は無理心中の可能性があるとみて捜査している。
 発表などによると、3人に目立った外傷や着衣の乱れはなく、室内に荒らされた様子もなかった。浴室に目張りがされていたが、遺書は見つかっていない。夫婦は詐欺罪などで起訴され、24日午後に判決予定だったが、2人が出廷しなかったため開廷されず、熱田署員が確認のため訪れたという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山の山中、男性とみられる遺体 2人逃走の目撃情報(25日)朝日

25日午前5時20分ごろ、和歌山県日高川町江川の山中に「男性とみられる遺体がある」と、近くを通りかかった人から110番通報があり、駆けつけた警察官が遺体を発見した。現場から逃走する2人の男が目撃されており、県警は死体遺棄事件とみて行方を追っている。
 県警捜査1課によると、遺体はトランクスだけを身につけ仰向けに寝かされていた。目立った外傷はなく、顔は白っぽい布で覆われていたという。通報者によると同日午前5時過ぎ、道路沿いに黒っぽいワゴン車が止まり、数メートル下の沢で男2人が枯れ草に何かを隠していた。2人がワゴン車で逃走した後、近寄ると遺体が見えたという。
 その直後、阪和自動車道上り線でワゴン車と似た車を県警が見つけ、停止を求めたが、猛スピードで大阪方面に逃げたという。県警はしばらく追跡したが、これ以上は危険と判断し、追跡をやめたという。

Logo2_2

http://www.asahi.com/national/update/0725/OSK201307250001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

地下鉄駅で酔って駅員に膝蹴り 京都観光中の帝京平成大職員を逮捕(25日)産経

京都市営地下鉄の駅職員を蹴って職務を妨害したとして、京都府警中京署は公務執行妨害容疑で、帝京平成大の会計課施設係職員、前田圭一朗容疑者(28)=千葉県佐倉市ユーカリが丘=を現行犯逮捕した。同署によると「覚えていない」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は24日午後11時55分ごろ、京都市中京区の市営地下鉄烏丸御池駅の改札口付近で、男性駅員(53)に膝蹴りなどの暴行を加え、公務を妨害したとしている。駅員にけがはなかった。
 同署によると、前田容疑者は酒に酔って駅構内にあるギャラリーのガラスをたたいていたのを駅員に注意されて立腹、犯行に及んだ。駅員が自ら前田容疑者を取り押さえ、駆けつけた署員に引き渡した。前田容疑者は観光で京都を訪れていたという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130725/crm13072511280004-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察の免職・停職67人 最悪の昨年より減少も高水準 今年上半期(25日)産経

平成25年上半期(1~6月)に免職と停職の懲戒処分となった警察官ら警察職員は前年同期比で16人減の67人となったことが25日、警察庁のまとめで分かった。警察の不祥事対策が本格的に始まった平成12年以降、上半期としては最悪だった昨年の83人からは減少したものの3番目の多さで、依然として高い水準で推移している。
 警察庁によると、懲戒処分の内訳は免職16人(前年同期比15人減)▽停職51人(同1人減)▽減給91人(同14人増)▽戒告35人(同10人減)-となった。懲戒処分者の総数は計193人で、前年同期比で12人減だった。
 処分理由は、異性関係61人(同4人減)▽窃盗や詐欺など29人(同1人減)▽公文書偽造など24人(同2人減)▽交通事故・違反17人(同1人減)▽職務放棄など17人(増減なし)-など。都道府県警別では警視庁が最多で25人、続いて北海道警が15人、埼玉県警と大阪府警がそれぞれ14人、千葉県警13人など。
 最近の重大な不祥事としては、22年4月に富山市内の夫婦が殺害され住宅に放火された事件で、富山県警の警部補が昨年12月、殺人と現住建造物等放火容疑で逮捕された(24日に不起訴)。警部補は今年3月、懲戒免職処分となっている。
 11~12年に神奈川県警の覚醒剤もみ消し事件など警察の不祥事が相次ぎ、警察庁は同年以降、不祥事防止を図る警察改革を進め処分者数は減少していたが、昨年は年間の処分者が458人となり16年以来、8年ぶりに400人台と再び事態は悪化。
 今年上半期分も年間で換算すると、処分者数は再び400人台に迫るペースとなっている。
 警察庁幹部は「昨年と比べ懲戒処分者が減少しているのは、緊張感を持って取り組んでいる効果が出始めていると考えられる。しかし、減少に転じてもまだ高水準なので今後も緊張感を持続させたい」と話している。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130725/crm13072511270003-n1.htm

Msn_s1_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

3中学生、恐喝容疑で逮捕 同級生に暴行も?背景にいじめか(25日)共同

神戸市立中学校3年生の男子生徒から現金を脅し取るなどしたとして、兵庫県警少年捜査課と垂水署は24日までに、恐喝などの疑いで、同市垂水区と西区に住む男子生徒の同級生ら、いずれも15歳の男子中学生3人を逮捕し、神戸地検に送検した。捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、複数回にわたって、現金を脅し取っていたほか、別の生徒らと集団で暴力を振るっていた疑いもあり、同課などは背景に執拗(しつよう)ないじめがあったとみてさらに調べる。
 逮捕容疑は、3人それぞれが5~6月、男子生徒(14)に対し、メールや無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使うなどし「金を持って来ないとしばくぞ」と要求。現金5千~1万円を脅し取るなどした疑い。3人は容疑を認めているという。
 捜査関係者などによると、3人は遊び仲間で、うち2人は男子生徒と同じ中学の同級生、1人は別の市立中学校の生徒。恐喝は今年春ごろに始まったとみられ、10万円近くを脅し取った疑いが持たれている。 さらに、別の同級生らと一緒に集団で男子生徒の顔を殴るなど、学校内外で暴力を振るってけがを負わせていたとみられ、同課などは暴行や傷害容疑での立件も視野に捜査を進める。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201307/0006187622.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

80歳から1億円詐取か 暴力団員ら逮捕(25日)NHK

去年6月、うその投資話で都内に住む80歳の女性から現金3000万円をだまし取ったとして、暴力団員の男ら4人が逮捕されました。
女性は、ほかにもおよそ1億円をだまし取られていて、警視庁は男らが関わっているとみて調べています。

逮捕されたのは、東京・北区志茂の住吉会系の暴力団員、斎藤浩章容疑者(32)と、いずれも千葉県に住む無職の男3人の合わせて4人です。
警視庁によりますと、斎藤容疑者らは杉並区の80歳の女性に実在しない太陽光発電の会社へのうその投資話を電話で持ちかけ、去年6月に現金3000万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。
女性は自宅を訪れた男に現金を手渡していましたが、これまでの調べで、斎藤容疑者が知り合いの無職の男らに指示して現金の受け取り役などをさせていたということです。
調べに対して斎藤容疑者は「黙秘します」と供述しているということです。
女性は、同じようなうその投資話の電話でほかにもおよそ1億円をだまし取られていて、警視庁は斎藤容疑者らが関わっているとみて調べています。
斎藤容疑者はことし1月に別の振り込め詐欺事件で逮捕され、これまでに9000万円近くをだまし取ったとして詐欺などの罪で起訴されています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130724/k10013271481000.html

News_pic1

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本への外国人旅行者、上半期最多の495万人(25日)読売

独立行政法人・日本政府観光局は24日、2013年1~6月に日本を訪れた外国人旅行者数(推計)が、前年同期比22・8%増の495万4600人だったと発表した。
 08年の433万7000人を上回り、上半期ではこれまでで最多だ。例年7~12月の旅行者数は1~6月を上回るため、政府が目標とする「年間1000万人」に近づいた。
 円安で日本旅行の割安感が強まっているほか、航空会社がアジアと日本を結ぶ路線を拡充した効果もある。地域別では、韓国が38・4%増の132万200人と最多で、台湾が49・4%増の102万9700人で続いた。タイ、インドネシア、ベトナムはいずれも5割増と東南アジアも大幅増となり、豪州やフランスなど10か国・地域が上半期の最高を記録した。日中関係が冷え込んでいる中国は27%減の53万6200人だった。
 観光庁の井手憲文長官は24日の記者会見で、上半期の伸び率を維持できれば年間の来日外国人が1026万人に達するとの見通しを示した。(

2013年7月24日20時18分

  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

重要参考人、被害者に10年前刺される 山口5人殺害(25日)朝日

山口県周南市金峰(みたけ)で男女5人が殺害された連続殺人・放火事件で、県警が行方を捜している重要参考人(63)が約10年前、今回の事件の被害者の1人から鋭利な物で傷つけられる事件があったことが、関係者の話でわかった。この被害者は傷害容疑で逮捕されていた。県警もこの件を把握しており、今回の事件に関わりがないか慎重に調べている。
 集落の住民らによると、2人は当時、酒を飲んでいて口論となったという。その際、今回の事件の被害者が刺し、逮捕され、罰金刑を受けた。けがは軽かったが、2人を知る人物は「この件以来、仲が険悪になったようだ」と話す。
◇県警は24日、全焼した民家2軒の焼け跡から見つかった遺体のうち、1人が無職貞森誠さん(71)、別の1軒から見つかったのが無職山本ミヤ子さん(79)と特定した。貞森さん方で見つかったもう1人は貞森さんの妻喜代子さん(72)とみて確認を急いでいる。

Logo2

http://www.asahi.com/national/update/0725/SEB201307240086.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口連続殺人、2遺体の身元が判明 (25日)TBS

山口県周南市で5人の遺体が見つかった連続殺人事件で、重要参考人の男の行方は、未だにわかっていません。一方、火災現場で見つかった3人の遺体のうち、2人の身元が判明しました。
 周南市金峰の小さな集落で、5人が丸みを帯びた鈍器のようなもので、頭などを強く殴られて殺害された事件。同一人物が強い殺意を持って犯行に及んだものとみられています。捜査本部は事件後に姿を消した63歳の男の行方を400人態勢で追っていますが、有力な手がかりはつかめていません。
 男はおととしの元日に「集落で悪口を言われている」と周南署に相談に来ていました。
Q.一番最近会ったのは?
 「6月」
Q.近隣トラブルは?
 「話さない。知らない」(男の姉)
 事件後、男の自宅には車2台が残されたままで、男が集落を行き来するバスやタクシーを使った形跡もないということで、捜査本部では歩いて集落を出たものとみています。
 一方、21日の夜、住宅2軒が全焼し、焼け跡から見つかった3人の遺体のうち2人は、貞森誠(71)さんと山本ミヤ子さん(79)であることが新たに確認されました。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5392129.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

福岡・柳川市男性遺体事件 遊び仲間の18歳少年を事情聴取(25日)フジテレビ

福岡・柳川市の河川敷で男性の遺体が見つかった事件で、18歳の少年を事情聴取した。
この事件は22日、福岡・柳川市で、グレーのシートに包まれ、ひもで何重にも縛られた友添凌二さん(20)の遺体が見つかったもので、頭には、鈍器で殴られたような痕が見つかった。
警察は、友添さんと中学校が同じで、遊び仲間の18歳の少年が、何らかの事情を知っているとみて事情を聴いている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00250509.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

スマホアプリ個人情報抜き取り事件 3,700万人分のデータ抜き取る(25日)フジテレビ

スマートフォンの不正アプリを通じて、利用者の個人データが抜き取られていた事件で、逮捕されたIT関連会社の社長らが、あわせて3,700万人分の個人データを抜き取っていたことが新たにわかった。
コーエイプランニング社長・香川雅昭容疑者(50)ら9人は、架空の利用者の名前で迷惑メールを送りつけたとして、24日に逮捕された。
この会社などは、スマートフォンの利用者に不正アプリをダウンロードさせ、電話帳などのデータを抜き取り、それを出会い系サイトの業者などに渡していて、2013年4月、千葉県警が家宅捜索していた。
調べによると、香川容疑者らは、過去最大規模のおよそ3,700万人分の個人データを抜き取り、出会い系サイト業者に流していて、このデータをもとに、1日に36万通の迷惑メールが送信されていたという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

韓流詐欺事件 5人不起訴(25日)産経

韓流歌手のコンサートなどを手掛けるイベント会社への投資を名目とした詐欺事件で、名古屋地検は24日、愛知県警に詐欺容疑で逮捕された男女6人のうち、男性会社役員(48)ら5人を不起訴処分とし、釈放した。地検は処分の理由を明らかにしていない
 会社役員萩原勝巳容疑者(35)=東京都江東区=については、無許可で投資を勧誘したとして、金融商品取引法違反罪で起訴した。
 愛知県警は6月、イベント会社への投資を持ち掛けて岐阜市の女性から現金250万円をだまし取った疑いで6人を逮捕。7月には、長野市の女性から200万円を詐取した疑いで再逮捕していた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130724/crm13072420490026-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

傘の先に小型カメラ 盗撮の疑いで教諭逮捕(25日)産経

長野県警駒ケ根署は24日、女子高校生を盗撮しようとしたとして、県迷惑防止条例違反の疑いで、駒ケ根市、同市立小学校教諭小山真幸容疑者(28)を逮捕した。
 逮捕容疑は24日朝、同市内のコンビニで、いずれも17歳の女子高校生2人の背後からスカートの下に小型カメラを差し入れた疑い。
 同署によると、万年筆のキャップのような形の小型カメラを傘の先端部分に取り付け、盗撮しようとしていた。23日に「コンビニで盗撮まがいのことをやっている人がいる」との情報が同署に寄せられ、捜査員が張り込んでいた。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130724/crm13072422520029-n1.htmMsn_s1

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月24日 | トップページ | 2013年7月26日 »