« 2013年7月18日 | トップページ | 2013年7月20日 »

2013年7月19日

2013年7月19日 (金)

銃撃死の小川さん無言の帰国 同行の兄「ただ残念」(19日)共同

ケニア南東部モンバサで15日に銃撃され死亡した東洋建設(東京)の協力会社社員、小川悟さん(51)=大阪府出身=の遺体が19日、関西空港に到着し、無言の帰国をした。今後、大阪府警が遺体を司法解剖し、詳しい死因などを調べるとみられる。
 モンバサから首都ナイロビなどを経由して移送された遺体には、小川さんが所属していた「イーストマリン社」(本社シンガポール)の社長で、兄の淳さん(55)が同行。関西空港では東洋建設の毛利茂樹社長らが出迎え、遺体を乗せたコンテナを前に深々と頭を下げた。
 到着後、記者会見した淳さんは「ただ残念としか言いようがない」と沈痛な表情。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013071901001742.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「不発弾」実は複製品、「出征記念」の文字…堺(19日)読売

18日午後、堺市西区で不発弾騒ぎがあり、国道26号で約2時間、通行規制が行われるなど一時混乱した。
 同日午後1時10分頃、同区の空調設備会社から西堺署に「不発弾のようなものがある」と通報があった。羽根付きのさびた金属製の球体(長さ約15センチ)で、同署は爆発物の可能性もあると判断。付近の国道26号を同15分から通行止めにし、周囲の住宅や商店にいた人らを避難させた。
 だが、府警保安課員がさびを落としたところ、「出征記念」の文字や人の名前が刻まれているのがわかった。昭和戦争当時の爆弾の複製品とみられる。同署によると、同社従業員が自宅から持ち込んだ不用品の中に交じっていたという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

板橋でまた“切りつけ”中3女子が…昼すぎにも(19日)テレビ朝日

東京・板橋区で中学3年の女子生徒が、道を尋ねるふりをして近づいてきた男に突然、刃物で切りつけられてけがをしました。
 19日午後5時45分ごろ、板橋区赤塚の公園前の路上で、中学3年の女子生徒が40代とみられる男にカッターナイフのような刃物で腕を切られました。女子生徒は腕を5センチほど切られましたが、軽傷です。女子生徒は、男に道を尋ねられ、教えようとしたところ切りつけられ、男はそのまま逃げました。午後1時すぎには、約2キロ離れた路上で、小学2年の男子児童(8)が見知らぬ男に刃物のようなもので襲われる事件があり、警視庁が関連を調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000009040.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

太陽光発電詐欺で5800万円被害 静岡の73歳女性(19日)産経

静岡県警沼津署は19日、同県沼津市の無職女性(73)が太陽光発電をめぐる虚偽の投資話で、現金5800万円をだまし取られる詐欺被害に遭っていたことを明らかにした。
 同署によると、4月下旬以降、太陽光発電会社「おはよえーす」の社員を名乗る男らが女性の自宅に電話をかけ、同社への投資を持ち掛けた。
 男らの指示を受け、女性は5月から6月にかけ、レターパックで郵送したり、自宅に来た男に手渡したりして7回にわたり、計5800万円をだまし取られたという。
 男からの連絡が途絶えたため、不審に思った女性が7月になって消費者センターに相談。被害に気付いた。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130719/crm13071914370014-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)
水遊びに注意をsign02
【治安つぶやき】

2009_1228_22521931

20130710100432

 暑い日が続いているが、大雨で増水するなど水遊びに不自由している県が多いようだか今は水遊びの季節。
 去る5月には、長野県信濃町の野尻湖で合宿中の駒沢大の学生男女2人が水遊び中に溺れ死亡する事故が発生した。
 警察庁によると平成24年中の水難事故の認知件数は1448件で前年に比べて52件、水難者数は1714人で同58人増加した。うち死者・行方不明者は782人で13人の減少だった。死者・不明者のうち中学生以下の子供の発生は210件で22件の増。水難者は292人同23人増。うち死者・不明者は61人いた。
 水難事故が最も多かったのは静岡県の75件、沖縄県の69件、兵庫県の62件の順。
 死者・不明者のうち海が51.9%を占め、河川の30.4%を加えるとほとんどが海と河川になる。
 魚とりと釣りが最も多く28.3%を占めた。魚釣りで魚に釣られて命を落としてはいけません。注意しましょうね。

2006_0810_004208nisho

19日午後5時過ぎ板橋区赤塚の公園前路上で、中学3年の女子生徒が40代の男に刃物で腕を切られ腕に軽傷を負った。午後1時過ぎには約2㌔離れた路上で、小学2年の男児が見知らぬ男に刃物のようなもので襲われる事件があるなど街頭事件が相次いだ。よって首都東京体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。
  new新連載小説「警視庁公安部」new   
 本日から連載します。ご覧になる場合は「続きを読む」をクリックして下さい。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3"

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国・マカオで女性殺害、日本人男を逮捕へ(19日)共同

去年7月、中国・マカオで当時31才の女性が殺害された事件で、埼玉県警は、女性の交際相手だった30代の日本人の男が、事件に関与した疑いが強まったとして、19日にも逮捕する方針。
 この事件は、去年7月、マカオのマンションで、日本国籍を持つ当時31歳の中国系女性が、腹を刃物のようなもので刺され、死亡していたもの。マカオの警察は、女性と同居していた男が事件に関与している可能性が高いとして、日本の警察に対して、資料を送るとともに、男の身柄の確保を依頼していた。
 捜査関係者によると、この男は日本に帰国していて、別の窃盗事件で現在、さいたま地裁で公判中だということだが、埼玉県警は刑法の国外犯規定に基づき、女性を殺害し、さらに現金などを奪った疑いが強まったとして、19日にも強盗殺人の疑いで逮捕する方針。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.news24.jp/articles/2013/07/19/07232572.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

81歳祖母を殴り死なす 高2少年を逮捕 千葉・流山(19日)産経

 自宅で祖母に暴行を加えて死なせたとして、千葉県警流山署は19日、傷害致死容疑で同県流山市に住む高校2年の少年(17)を逮捕した。同署の調べに対し、少年は「間違いありません」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は18日午後6時半ごろ、同居している無職の祖母(81)を自宅1階の居間で殴る蹴るなどし、搬送先の病院で約6時間後に死亡させたとしている。
 同署によると、直前に少年は飼育する犬をめぐり自宅内で姉と口論となり、祖母が仲裁に入っていた。異変に気づいた母親が119番通報した。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130719/crm13071911140008-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

子ども2人放置の疑いで父親逮捕 供述から母親とみられる遺体(19日)フジテレビ

大分・中津市で18日、1歳と2歳の子どもを車内に放置した疑いで逮捕された父親の供述から、母親とみられる遺体が、大分市の山中から見つかった。父親は、殺害をほのめかす供述もしているという。
18日、中津市の児童養護施設内に止まっていた軽乗用車の車内に、2歳の女の子と1歳の男の子が放置されているのが見つかり、警察は、2人の父親で大分市の作業療法士・河野洋志容疑者(33)を保護責任者遺棄の疑いで、18日夜に逮捕した。
河野容疑者の供述に基づいて、警察が、大分市の山中を捜索したところ、19日午前2時半ごろ、道路脇の斜面で、母親とみられる遺体を発見した。
遺体は、ケースのようなものに入れられていて、目立った外傷はないという。
河野容疑者が、殺害をほのめかす供述をしていることから、警察は、殺人や死体遺棄の疑いも視野に捜査している。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00250170.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

手足縛られた女性遺体、死亡後に海へ落とされたか (19日)TBS

北九州市の沖合で18日、手足を縛られた女性の遺体が見つかった事件で、司法解剖の結果、女性は死亡した後に海に落とされた可能性が高いことが分かりました。
 この事件は18日、北九州市門司区の海岸近くの海で手足を縛られた女性の遺体が見つかったものです。
 「黒い影が海に浮かんでいた感じ」(目撃者)
 「女性の遺体が見つかった海は物流関連の会社が立ち並ぶ地域にあり、周りには、ずらりとコンテナが並んでいます。この周辺で働く人以外は、ここを立ち寄ることはあまりありません」(記者)
 遺体はひものようなもので両手両足を縛られていたうえ、コンクリートの重しをつけられ、頭部には黒いポリ袋をかぶせられていました。
 司法解剖の結果、女性の死因は水死ではなく、死亡した後に海に落とされた可能性が高いことが分かりました。
 また、年齢は20代から40代とみられ、死後3日から5日が経過していて、体には軽度の出血がみられるということです。警察は死体遺棄事件として捜査しています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5387148.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「効果的」な交通取締り 検討へ(19日)NHK

警察による交通違反の取締りについて国民の理解を得られるようにするため、警察庁は有識者会議を設け、事故防止により効果的な取締りの在り方について検討を進めることになりました。

スピード違反などの交通取締りは事故が多発し、地元の要望が多く、車を停車させる場所を確保できるなどの条件を基に各地の警察署が実施する場所を決めています。
しかし、警察には、「いつも同じ場所で取締りを行っている」とか「摘発が目的になっているのではないか」といった声も寄せられているということで、古屋国家公安委員長は先月、記者会見で「取締りのための取締りになっている傾向がある。本当に事故防止に資する、納得できるような取締りが必要だ」と述べていました。
これを受けて、警察庁は大学教授や自動車の専門家などからなる有識者会議を設け、取締りや速度規制の在り方について検討することを決めました。
会議では取締りの実態や速度規制の現状について検証を行ったうえで、事故防止により効果のある方法などについて話し合うということです。
有識者会議の初会合は来月1日に開かれ、年内をめどに提言を取りまとめることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130719/k10013139701000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団特有の反社会性…山口組系組長に無期懲役(19日)読売

埼玉県ふじみ野市で暴力団幹部が射殺された事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人)などに問われた山口組系「小西一家」総長落合益幸被告(66)(静岡市駿河区)の裁判員裁判で、さいたま地裁は18日、求刑通り無期懲役と罰金3000万円の判決を言い渡した。多和田隆史裁判長は「『やられたらやり返す』という暴力団特有の論理に基づく反社会的で凶悪な犯行」と述べた。
 判決によると、落合被告は2008年4月、組員らと共謀し、ふじみ野市で住吉会系暴力団幹部(当時35歳)を拳銃で撃って殺害した。この公判では、暴力団関係者が傍聴する可能性があることから、さいたま地検が12年11月、裁判員に危険が及ばないようにするため「裁判官のみで審理すべきだ」と同地裁に請求したが、却下された。公判の日には、ゲート式の金属探知機で所持品検査を行うなど、厳戒態勢が敷かれた。
 弁護側は「指示を出した事実は一切ない」と無罪を主張したが、多和田裁判長は、落合被告の指示を受けたとする組員の証言などを根拠に退けた。(

2013年7月18日20時29分

  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

幻の日本版NSA 海外で通信傍受、内閣調査室が検討(19日)朝日

【機動特派員・牧野愛博】内閣の重要政策に関する情報の収集や分析などを担う内閣情報調査室が2005年ごろ、海外で通信傍受を行う構想を非公式に検討していた。情報力の強化を目指したが、能力や法制度の問題から断念した。同じころ、電子情報の漏出を防ぐため、各国の在外公館電磁波を遮断する特殊装備の導入を始めた。
 複数の日米政府関係者が明らかにした。当時の町村信孝外相が提唱した「対外情報機能強化」を受けたもので、在外公館にアンテナなどの通信傍受施設を設ける案などが検討された。
 電波やメール、インターネットなどの「電子情報収集(シグナル・インテリジェンス=シギント)」を担当する米国防総省傘下の国家安全保障局(NSA)の活動がモデルになった。NSAは、米中央情報局(CIA)元職員のエドワード・スノーデン容疑者(30)がその情報収集活動を暴露したことで注目されている。

Logo2

続きを読むhttp://www.asahi.com/politics/update/0719/TKY201307180475.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

車の窓ノックされ突然刺される 福島で女性けが(19日)テレビ朝日

福島県喜多方市の駐車場で、車を止めていた女性が男に刃物で刺され、右腕に軽いけがをしました。男は現在も逃走中です。
 18日午後2時半ごろ、喜多方市にある押切川公園野球場の駐車場で、会津若松市に住む25歳の女性が車を止めて休んでいると、見知らぬ男に窓をノックされました。女性がドアを開けると、男は無言のまま突然、刃物で女性の右腕を刺したということです。女性は右の二の腕に軽いけがをしました。男は30代から40代くらいの痩せ型で、黒縁眼鏡をかけて、黒っぽいTシャツを着ていたということです。警察が傷害事件として逃げた男の行方を追っています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000008982.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

広島・女性遺棄、「車の床に寝かせ踏みつけた」 (19日)TBS

広島県呉市で女性の遺体が見つかった事件で、逮捕された複数の16歳の男女が「被害者とされる女性を車の床に寝かせて踏みつけた」などと供述していることが、捜査関係者への取材で分かりました。
 この事件では警察に自首して逮捕された16歳の少女や、被害者とみられる女性、そして運転手をしていた瀬戸大平容疑者(21)ら、あわせて8人が1台の車に乗って、呉市の灰ヶ峰に向かったとされています。16歳の男女の中には「車内で暴行を加えた」と供述している容疑者もいます。
 17日に逮捕された少年は、出頭前の16日の夜、連絡を取っていた知人の女性に、他に逮捕された2人の男女と共に、鳥取県内にいることを告げていました。
 「何で鳥取にいるのかと聞くと、『いろいろある』という感じだった。逃げようと思って、そっちに行ったと思う」(少年の知人)
 翌朝、少年ら男女3人は警察署に出頭しました。
 警察は、3人は瀬戸容疑者と共に、犯行時に使った車で移動したとみて捜査していましたが、18日午後、瀬戸容疑者の住まいがある鳥取県内で車を発見し、押収しました。
 警察によりますと、車は瀬戸容疑者のものではなく、借りたものだったということです。
 捜査関係者によりますと、男女のうち数人は被害者とみられる女性に対して「車の中で顔や胸に根性焼きをつけたり、床に寝かせて踏みつけて蹴ったりした」などと供述していて、警察は車内での暴行についても、さらに調べる方針です。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5387152.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「家に乗り込んで家族みんな殺せる」19歳少年、後輩高2への恐喝容疑で逮捕 千葉(19日)産経

千葉南署は18日、恐喝の疑いで、千葉市緑区の無職少年(19)を逮捕した。 逮捕容疑は、5月21日午後、千葉県東金市の高校2年の男子生徒(16)に電話をかけ、「家に乗り込んで家族みんなを殺せる」などと言って現金を要求。少年の自宅に呼び出して2万円を脅し取った疑い。同署によると、2人は同じ中学の出身。生徒は昨年9月以降、少年から10回以上脅され、計約50万円を取られたと話しており、裏付けを急いでいる。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130718/crm13071821010012-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

昨年にも同じゴルフ場でプレー 道仁会会長らを再逮捕へ 抗争終結に向け話し合い?(19日)産経

暴力団の身分を隠してゴルフ場を利用し、特定抗争指定暴力団道仁会会長の小林哲治容疑者(57)らが逮捕された事件で、別の時期にも同じゴルフ場を利用した疑いが強まったとして、警視庁などの合同捜査本部が小林容疑者らを詐欺容疑で勾留期限の19日にも再逮捕する方針を固めたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。
 小林容疑者らは1月に暴力団関係者の出入りを禁止している沖縄県内のゴルフ場を利用したとして、一緒にプレーしていた指定暴力団住吉会の2次団体「幸平一家」組長、加藤英幸容疑者(65)らとともに6月29日に逮捕された。
 捜査関係者によると、小林容疑者らは昨年12月にも同じゴルフ場でプレーした疑いがもたれている。
 道仁会は今年6月に対立する九州誠道会との抗争終結を宣言しており、合同捜査本部は小林、加藤両容疑者らがゴルフをする前後に抗争終結に向けた話し合いを持ったとみている。

Msn_s1_2

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130719/crm13071900240000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

母親刺した容疑で16歳少年を逮捕 静岡(19日)産経

自宅で母親(40)の胸や首などをナイフで刺したとして、静岡県警湖西署は18日、殺人未遂の疑いで、湖西市内に住む高校1年の少年(16)を現行犯逮捕した。母親は出血がひどく、搬送先の病院で治療中。少年は「僕が刺しました」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、同日午後7時半ごろ、自宅で、所持していたナイフで母親の首、左肩、左胸の3カ所を刺したとしている。
 同署によると、2人は何らかの原因で口論となり、少年がナイフを持ち出して母親を刺したとみられる。母親は自ら「息子に刺された」と119番通報した。搬送時は意識があり、手には凶器のナイフを持っていたという。少年は自宅付近にいたところを駆けつけた署員に逮捕された。事件当時、自宅には少年と母親の2人だけがいたとみられ、同署で詳しい動機や経緯を調べている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130719/crm13071900570002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月18日 | トップページ | 2013年7月20日 »