« 2013年7月16日 | トップページ | 2013年7月18日 »

2013年7月17日

2013年7月17日 (水)

広島少女死体遺棄、出頭の知人男女3人を聴取 (17日)TBS

16歳の少女が自首してから5日。広島県呉市の山中に少女の同級生とみられる女性の遺体が捨てられた事件で、新たな動きがありました。死体遺棄の疑いで逮捕された少女の知人で、いずれも10代の男女3人が17日朝、警察の求めに応じて出頭。警察が任意で事情を聴いています。
 逮捕された16歳の少女は当初、現場となった灰ヶ峰には「2人で行った」と供述していました。
 「2人で車で行ってもめごとがあって殺した」(16歳の少女)
 しかし、誰が運転する車で現場まで行ったのかなど不明な点が多く、警察は共犯者がいるとみて、少女の交友関係を中心に捜査を進めてきました。
 実は事件の直前、出頭したとみられる男女3人と逮捕された少女が行動をともにしていたことがJNNの取材で明らかになりました。若い4人が一緒にいたのは、カラオケ店。そのときの様子が画像に残されていました。
 これが、少女が公開していた画像です。公開された日時は先月29日の午前2時11分、事件が起きる数時間前とみられます。少女がいたのは広島市の繁華街にあるカラオケ店。遺体が遺棄された灰ヶ峰までは、直線でおよそ18キロの距離にあります。一緒に遊んでいたのは10代とみられる男性2人と女性1人。この男女3人が17日朝、警察に出頭し、事情を聴かれているとみられます。
 4人は、画像を公開した直後、カラオケ店を出て、車を運転して迎えに来た男性と合流。警察は、その後に遺体で見つかったとみられる元同級生が合流したものとみて足取りを調べています。車が1台だとすると車内には6人の男女がいたことになります。果たしてそこで何が起きたのでしょうか。
 警察は、ほかにも事件に関与した人物がいないか、詳しく調べる方針です。(17日17:55)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5385581.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年の東京・台東区わいせつ事件で情報提供を受け付けています。(17日)フジテレビ

Sn2013071727_501

「THE公開捜査 逃亡犯に告ぐ!」。
警視庁から新たに提供を受けた画像や映像を公開して、皆様からの情報を受け付けます。
2012年の東京・台東区わいせつ事件で、犯行の様子を映した映像が公開されました。
 グレーのTシャツに黒い短パンと、まるで近所にランニングへ行くかのような格好をした男。
履いている白いスニーカーも、小ぎれいなものだった。
今どきの着こなしをした若い男が、犯行現場の防犯カメラに映っていた。
警視庁下谷警察署の碇 雄二刑組課長は「深夜帯に女性を狙った、悪質なわいせつ事件の犯人です」と話した。
今、なお逃亡を続ける犯人。
警視庁は今回、映像を公開した。
事件は、東京・台東区のマンションで、2012年7月28日午前1時前に起きた。
犯人は、女性が開けたオートロックのドアが閉まる直前に中に入り込み、犯行に及んでいた。
映像の中で、深夜にマンションに帰ってきた1人の女性は、入り口から自転車置き場などを通り、建物の中へ入った。
女性が建物に入った直後、後ろから来たのが、わいせつ犯の男だった。
マンションに入り、女性を見つめていた。
警視庁下谷警察署の碇 雄二刑組課長は「女性がオートロック式のエレベーターホールのドア、これを開けるのを待っているような、そういう感じがうかがえます」と話した。
女性がオートロック式のドアを開けるのを後ろで待ち、女性がドアを開けた瞬間、男はすかさず、中に入り込んだ。
駐輪場からマンションのロビーへ来た時、男は女性の横に立ち、エレベーターを待っていたが、その姿は、カメラや人の存在を確認しているかのようにも見える。
そして男は、女性のあとに続き、エレベーターに乗り込んだ
この時、女性は男がマンションの住民だと思ったという。
そして、エレベーターのドアが閉まり、動き出した瞬間、男は犯行に及んだ。
警視庁下谷警察署の碇 雄二刑組課長は「女性の口と鼻を押さえて、後ろに引き倒し、その後に女性の下着を脱がそうとした」と話した。
エレベーターは、女性がボタンを押した階に向かうが、男につかまれて逃げることはできなかったという。
警視庁によると、2人を乗せたエレベーターは、そのままドアを閉じ、今度は1階へ向かった。
女性は抵抗を続けたが、エレベーターは再び1階に戻った。
激しく抵抗されたためか、エレベーターのドアが開くと、犯人はその場から離れて、オートロック式のドアから逃走した。
警視庁下谷警察署の碇 雄二刑組課長は「やはり、わいせつ目的だと思います。やっている行為そのものについては、非常に悪質であるうえ、非常に卑劣であります」と話した。
犯人の着ている服装などについて、警視庁下谷警察署の碇 雄二刑組課長は「年齢的には、20代から30代、身長にして約170cm、中肉。グレーのTシャツ、黒っぽいズボン、白っぽいスニーカー」と話した。
警視庁は、このような軽装でいることなどから、犯人は、地元の地理などにくわしい可能性が高いとみている。
警視庁下谷警察署の碇 雄二刑組課長は「似たような人を知っているという情報は、何でも結構です。その情報をもとに、必ず犯人の検挙に努めていきたいと思っています」と話した。
 情報は「sousa@info.fujitv.co.jp」で受け付けています。
寄せられた情報(個人情報を含む)は、警察にも提供します。

Logo4_2

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00250062.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

意識不明の仲間放置 容疑の暴力団幹部ら7人逮捕(17日)産経

埼玉県警は17日、保護責任者遺棄の疑いで同県春日部市豊町、露天商で暴力団幹部、田嶋寛容疑者(71)ら7人を逮捕した。
 逮捕容疑は4月24日夜、群馬県渋川市のホテルの玄関前で、仲間の露天商、小島信好さん=当時(66)=が意識不明の状態なのに病院に運ぶなど処置をせず、車で自宅に連れて帰り放置した疑い。
 当時、露天商仲間約40人で宴会をしていた。小島さんは5月8日、急性硬膜下血腫などにより病院で死亡した。頭の骨が折れており、県警は暴行を受けた可能性があるとみて調べている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130717/crm13071717550015-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

【富田林男児不明】祖母ら「河川敷に埋めた」…生後間もなく死亡か 大阪府警は立件断念(17日)産経

大阪府富田林市で小学校に入学した男児が1年間出席せず、その後、生後まもなくから行方不明になっていたことが発覚した事件で、祖母ら親族4人が大阪府警捜査1課の調べに、男児が生後5カ月だった平成15年2月に「河川敷に遺体を埋めた」と供述していたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。府警は昨年7月から約10カ月間、同市西条町の石川河川敷を捜索したが、遺体は見つからず、捜査の継続を断念した。
 祖母らは「男児は朝起きたら死んでいた」と説明し、殺害は否認しているという。府警は遺体の遺棄に4人が関わったとみているが、遺体が見つからないため立件は不可能と判断。公訴時効が成立している死体遺棄容疑について、17日、書類を大阪地検堺支部に送付した。男児の死亡の経緯については新たな証拠が出れば立件を検討する。
 男児は14年9月に出生。直後は同市営住宅で両親らと暮らしていたが、10月中旬に母親が別居の父方の祖母に男児を預けたところ、男児を返さないトラブルが起きた。母親から相談を受けた富田林署員が祖母に電話で「返さなあかん」と注意。祖母は「分かった」と返事し、その後は相談もなかったため、問題になることはなかったという。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130717/crm13071719020018-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日単位レベル)
犯人にされたり被害者になったりcrying
 【治安つぶやき】

2009_1228_222559212_4

20130710100005

 警視庁によると昨年の東京都内での万引きによる検挙者数は約1万3500人で、前の年より8%減ったのに対して65歳以上の高齢者は、前年より55人増え3321人と全体の24.5%を占めたという。警視庁が統計を取り始めた平成元年以降、初めて20歳未満の少年の割合を上回った=NHK
 これは全国的にも同じような現象がおきている。警察庁によると昨年、全国の認知件数は13万4876件で検挙人員は9万3079人。うち少年の割合が21.1%で過去10年間で最も少ない割合だった。
 これに対して65歳以上の高齢者は2万8673人もおり、過去10年間で最悪の数字で割合も年々高くなっている。
 一方、振り込め詐欺の被害者の最も多いのは70歳以上の女性で全体の41.9%、同男性が21.1%を占めた。
 お年寄りが犯罪者になったり、一方では犯罪被害者にもなる時代。このアンバランスをどうするか?いずれにも該当するのは行政だ。お年寄りの孤独感を減らし、タンス預金しなければならない金融事情を改善することが望ましい。警察だけに頼るんじゃないannoy
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

出資法違反:「温泉権」元社長逮捕へ 80億円集める(17日)毎日

温泉を独占して使用できる「鉱泉権」の販売を名目に出資を募ったとして、警視庁と鹿児島県警の合同捜査本部は17日にも、健康食品会社「健康医学社」(東京都港区、破産)の元社長(65)と元取締役2人の計3人を出資法(預かり金の禁止)違反容疑で逮捕する方針を固めた。同社は1998年以降、「鉱泉権」や「温泉権」などの販売を名目に約650人から計約80億円を集めたとみられるが、2010年から配当が滞り、解約にも応じなくなっていたという。
 捜査関係者によると元社長らは03年4月〜10年8月、鹿児島県霧島市の事務所敷地内の期限付き「鉱泉権」を1口約100万円で9人に約2億3000万円分販売。同社が温泉を使う「利用料」として年約5%の配当を約束した疑いが持たれている。
 関係者によれば、同社は健康食品の「特許権」「小口営業権」などの名目でも出資を募っていた。いずれも1口100万円程度で年約5%の配当を約束。契約期間の終了後は「元本を返済する」と説明していたという。
 民間信用調査会社によると、健康医学社は元社長の父親(故人)が1937年に創業した。主力商品は独自に開発した健康医療用具の「バンキー」。直径数センチ〜十数センチのガラス製のカップ(吸着具)を背中などに押し当てカップ内の空気を吸い出すことで血行を促すもので、「カッピング」と呼ばれる施術の一つ。
 全国の接骨院やエステサロンでも使われている。いち早く黒酢の製造販売に乗り出したことでも知られた。 温泉権などの名目で集めた出資金は、酒造会社を買収するなど事業拡大に転用されたとみられる。08年9月期には14億円を売り上げたが年々落ち込み、12年10月に破産した。
 元社長は毎日新聞の取材に「主力製品の黒酢原液が300億円相当分残っており、きちんと返す」と話していた。【黒田阿紗子】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20130717k0000e040157000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

5人組が計画的犯行か ケニアの日本人男性銃撃死亡(17日)テレビ朝日

アフリカ東部のケニアで日本人男性が銃撃されて死亡した事件で、5人の犯行グループによる計画的な襲撃だった可能性が浮上しました。
 東洋建設:「襲撃をしたのは3人。車の後ろにモーターバイク2台がいて、2人待機していた」
 死亡した東洋建設の協力会社社員・小川悟さん(51)は15日午前11時半ごろ、ケニア人が運転する車で銀行に行った帰りに建設現場の近くで襲われました。犯行グループはリヤカーで道をふさぎ、小川さんの車が止まったところで3人で窓ガラスを割り、金品の一部を奪いました。その後、別の2人が運転するバイクに乗って現場から逃げたということです。東洋建設では、16日夜に幹部2人をケニアに派遣。今後、現地での対応にあたる予定です。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000008858.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

酷暑をねらい「クーラーの点検」実は窃盗犯… 大阪府南部で多発(17日)産経イザ

クーラーの点検を装って室内に上がり込み、住人のすきをついて現金を盗む窃盗事件が大阪府内で多発していることが16日、大阪府警への取材で分かった。酷暑が続く中、クーラーの効き目をよくしたい心理に乗じた手口で、府警が警戒を強めている。
 8日午前10時ごろ、同府岸和田市の80代の男性方を工事業者を名乗る作業服姿の男が訪れ、「クーラーはありませんか。点検させてください」と持ちかけた。男性が承諾すると、男はクーラーからフィルターを取り外し、「洗ってきてもらえませんか」と依頼。男性が風呂場で洗浄している間に室内を物色し、引き出しにあった現金約2万円を盗んで姿を消した。
 直後にも近くの70代女性が、同様の手口で現金約6千円を盗まれる被害に遭った。
 男はいずれも30~40歳くらいで、身長約170センチのがっちり形。府警は同一犯とみている。
 クーラー点検をうたう窃盗事件は今年3月以降に17件(被害総額約90万円)発生。岸和田や泉南、貝塚各市など府南部を中心に、大阪市内での被害も一部確認されている。被害者は70~80代の高齢者が多い。
 犯人の男の滞在時間は5~20分ほどで、金品を盗んだ後も家に居座り、何事もなかったかのように住人と会話を続けるケースも。

詳細は以下をクリックdownwardleft
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

準暴力団:口座不正取得で「怒羅権」容疑者逮捕 兵庫県警(17日)毎日

他人名義の銀行口座を不正使用目的で譲り受けたとして、兵庫県警は16日、首都圏で活動する中国残留邦人2、3世を中心とした不良グループ「怒羅権(ドラゴン)」メンバーで、元会社社長の李明岩容疑者(34)=東京都板橋区=を犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。県警は、帰国した中国人留学生らが不要になって手放した口座がインターネットを通じて多数集められたとみて、口座入手の実態解明を進める。
 怒羅権は警察庁が「準暴力団」と位置づけている集団。他人名義の口座は、振り込め詐欺やネットバンキングの不正送金先として悪用されることが多く、県警は、怒羅権が口座売買などに組織的に関与した可能性があるとみて調べる。
 捜査関係者によると、逮捕容疑は今年1月、自身が経営していた会社の社員だった名古屋市中区の呂浩維被告(25)=犯罪収益移転防止法違反罪で起訴=と共謀し、兵庫県姫路市の無職、楊軍被告(31)=同=から、数人分の他人名義の口座を有償で譲り受けた、としている。両被告は中国籍。
 県警は、呂被告が大阪市や名古屋市で今年1月、楊被告から11人分の口座を計約25万円で譲り受けたとして、両被告を同容疑で逮捕、神戸地検姫路支部が起訴している。
 県警によると、楊被告は口座の入手先について「過去に来日していた中国人の留学生や技能実習生らと中国でチャットを通じて知り合い、安い謝礼金で買い取った」と供述。県警は、元留学生や元技能実習生に狙いをつけ、要らなくなった日本の金融機関の口座を入手し、犯罪グループに売りさばく目的で来日したとみている。
 一方、呂被告は調べに、「李容疑者の指示で口座を探していた。日本で中国人向けのチャットで呼びかけて楊被告と知り合い、キャッシュカード計15枚を受け取った」と供述しているという。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130717k0000m040136000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

湯河原中2男子自殺、いじめが動機の可能性(17日)読売

神奈川県の湯河原町立湯河原中学2年の男子生徒(当時13歳)が4月に自殺した問題で、同町は16日、町民体育館で臨時保護者会を開き、いじめが自殺の動機につながった可能性があるとする調査結果を公表した。校側の責任についても、「教師たちがいじめに全く気付いていなかった。
 指導が甘かった」と指摘した。今後はいじめと自殺の因果関係の全容を解明する第三者委員会を設置するとしている。
 同町は、生徒や教員、保護者らへのアンケートと聞き取り調査を基に報告書をまとめた。
 記者会見した町教育委員会によると、いじめは昨年7月中旬から始まった。自殺した生徒は同じ学年の男子生徒3人から、馬乗りになられたり、頭や頬を平手でたたかれたりする暴力や、ズボンを下げられる嫌がらせなどを繰り返し受けていた。自殺前日の4月9日にも、腕を引っ張って教室に入れないようにするいじめを受けており、町教委は「回数や内容から深刻ないじめであり、自殺につながった可能性が考えられる」とした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組トップに賠償求め提訴 組員による2事件の被害者(17日)朝日

指定暴力団山口組系の組員による二つの事件の被害者が16日、組トップの篠田建市(通称・司忍)組長(71)らを相手取り、損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こした。暴力団対策法の改正(2008年)と、弁護士や警察の支援が被害者の提訴を後押ししており、警察庁によると、同改正を活用した訴訟は11件に上る。
 08年の改正暴力団対策法は抗争事件だけではなく、みかじめ料の徴収や恐喝など「シノギ」と呼ばれる資金獲得活動に絡む被害についても、組トップの責任を問えるようになった。16日に訴えがあった2件は、この規定を活用した。 続きを読む

Logo2 http://www.asahi.com/national/update/0716/NGY201307160014.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

他人名義で住宅ローン、4200万円詐欺容疑 警視庁が3人逮捕(17日)産経

他人になりすまして住宅ローン名目で4200万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は16日、詐欺などの疑いで、鈴木啓修受刑者(50)ら3人を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を認めている。
 鈴木容疑者らは路上でカネに困っていそうな人を勧誘。数万円の報酬の見返りで個人情報を手に入れ、身分証明書などを偽造し、ローンを申し込んでいた。平成19~21年に約20回にわたり、複数の金融機関から計約7億数千万円をだまし取ったとみられる。
 逮捕容疑は、20年6月、東京都渋谷区内のりそな銀行の支店窓口で、40代の男性になりすまして住宅ローンを申し込み、融資金4200万円をだまし取ったとしている。男性に報酬として5万円を渡していた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130716/crm13071621390021-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

ケニア・日本人男性死亡 工事統括する建設会社幹部、現地へ出発(17日)フジテレビ

アフリカのケニアで、日本のODA(政府開発援助)によるコンテナターミナルの開発工事に関わっていた日本人男性が、3人組の強盗に襲われ死亡した事件で、工事を統括する東洋建設の幹部が、16日夜、現地に向け出発した。
東洋建設によると、亡くなった協力会社の「イーストマリン社」社員・小川 悟さん(50)は、現地時間の15日午前11時半ごろ、ケニアのモンバサ市内の銀行で、現金およそ300万円を下ろし、事務所に戻る途中、3人組の強盗に襲われたという。
3人組は、小川さんが乗った車の窓ガラスを割り、金品を要求したものの、抵抗されたため、銃で小川さんを撃ったという。
その後3人組は、近くに待機していた2人組とともに、バイクで逃走したという。
東洋建設の幹部は「ご遺体を早くご家族のもとに一刻も早くお届けするということが、第一の使命だと思います」と話した。
東洋建設は、小川さんの帰国に向けた手続きなどを進めるため、16日夜、幹部を現地に向かわせた。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00250016.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ店で財布置き引き、窃盗容疑で消防士を逮捕 (17日)TBS

横浜市消防局に勤める消防士が、パチンコ店で隣にいた客の財布を置き引きしたとして逮捕されました。
 窃盗の疑いで逮捕されたのは、横浜市消防局・港北消防署の消防士、小倉慶也容疑者(21)です。警察によりますと、小倉容疑者は今年5月、横浜市保土ヶ谷区のパチンコ店で隣でパチンコをしていた22歳の男性が席を外した隙に、台に置かれていた財布を盗んだ疑いがもたれています。
 財布には現金およそ2万円などが入っていて、財布がなくなっていることに気付いた男性が小倉容疑者に声を掛けましたが、小倉容疑者は「知らない」とその場から立ち去ったということです。
 取調べに対し、小倉容疑者は「財布がそこにあり、魔が差した」と容疑を認めているということです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5384941.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

都内の万引き 高齢者が少年上回る(17日)NHK

去年、東京都内で万引きで検挙・補導された人のうち、65歳以上の高齢者の数は初めて少年の数を上回り、警視庁は貧困や社会からの孤立が背景にあるとみて、自治体などと連携し対策を進めることにしています。

警視庁によりますと、去年、東京都内で万引きをして検挙や補導された人はおよそ1万3500人で、前の年より率にしておよそ8%減りました。
しかし、このうち65歳以上の高齢者は、前の年より55人増えて3321人と全体の24.5%を占め、警視庁が統計を取り始めた平成元年以降、初めて20歳未満の少年の割合、23.6%を上回りました。
検挙された高齢者の55%が以前も検挙されたことがある再犯者で、前の年より6ポイント高く、年々再犯の傾向が強まっているということです。
また、警視庁が検挙された高齢者およそ500人を対象に調査したところ、盗んだ品物の70%が食料品で、動機は「生活に困っていた」と答えた人が最も多くなりました。
生活環境を尋ねた質問では、相談できる家族や友人がいない、趣味などの生きがいがないといった回答が目立ち、社会から孤立している状況が浮き彫りになっているということです。
警視庁は自治体や福祉事務所と連携し、高齢者の居場所作りなどの対策を進めることにしています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130717/k10013084401000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県警警察官 盗撮で逮捕(17日)NHK

神奈川県の相模原警察署の34歳の巡査部長が、16日夜、横浜市の駅で女性のスカートの中を携帯電話のカメラで盗み撮りしたとして、県の迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、相模原警察署生活安全課の巡査部長、天野信容疑者(34)です。
警察の調べによりますと、天野巡査部長は、16日午後9時すぎ、横浜市緑区にある横浜市営地下鉄中山駅のエスカレーターで、20歳の女性のスカートの中を携帯電話のカメラで盗み撮りしたとして、県の迷惑行為防止条例違反の疑いが持たれています。
撮影する音に気付いた女性が携帯電話を見せるよう求めたところ、天野巡査部長が逃げるように立ち去ったため、近くにいた女性の友人がその場で取り押さえました。
警察によりますと、調べに対し天野巡査部長は容疑を認め、「若い女性が前にいたので、撮れるかなと思い、撮影してしまった」と供述しているということです。
天野巡査部長は、16日、神奈川県警察本部で研修を受けたあと、飲食店で同僚と酒を飲み、自宅に帰る途中だったということです。
神奈川県警察本部の保坂都彦監察官室長は、「警察官としてあるまじき行為であり、深くおわびするとともに、捜査の結果を踏まえ厳正に対処する」と話しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130717/k10013084921000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月16日 | トップページ | 2013年7月18日 »