« 2013年7月4日 | トップページ | 2013年7月6日 »

2013年7月5日

2013年7月 5日 (金)

首締めた少年 児童相談所に送致(5日)NHK

先月、埼玉県八潮市で、下校中の小学生が相次いで首を絞められた事件で、警察は、補導した12歳の男子中学生を、5日、児童相談所に送致しました。
 この事件は、先月25日、八潮市の路上で、小学1年生と3年生の男の子が下校中に相次いで首を絞められたもので、事件の翌日、12歳の中学1年生の少年が警察に補導されました。
警察のその後の調べで、この事件の直前にも、別の小学生の男の子の首を絞めながら「殺すぞ」などと脅していた疑いあることが分かったということです。
これらの事件について警察は、5日、少年を越谷児童相談所に送致しました。
これまでの警察の調べに対し少年は、「低学年の児童が困ったり泣きそうになったりするのが楽しくてやった」などと話しているということです。
児童相談所では、今後、少年の面談を行うなどして家庭裁判所での審判が必要かどうか判断することにしています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130705/k10015842571000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

今度はペットボトルに針 神奈川・伊勢原市(5日)テレビ朝日

ペットボトルにムシピンのような針が刺さっていました。
 4日午後6時前、神奈川県伊勢原市のコンビニ店で、2リットルの水のペットボトルに約2センチの針が刺さっているのを男性店長が見つけました。針は標本などに使用するムシピンのようなもので、ペットボトルのラベルの部分に3分の1ほど刺さっていました。警察は、偽計業務妨害の疑いで防犯カメラの解析などを進めています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000008272.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

3人組が因縁つけ現金など奪う事件相次ぐ、小田急線沿線(5日)TBS

神奈川県の小田急線沿線で、若い男3人組が通行人に因縁をつけ、現金などを奪う事件が2件、相次ぎました。
 4日午後10時すぎ、小田急線・海老名駅近くで3人組の男が「何見てんだ」などと会社員の男性(23)に因縁をつけ、殴る蹴るの暴行を加え、男性の手提げバッグを奪い、逃走しました。男性は鼻などを打ち軽傷です。
 そのおよそ2時間後、2駅離れた小田急線・相武台前駅近くで3人組の男が21歳の男性3人に因縁をつけ、暴行を加え、現金あわせておよそ3万円などを奪い、駅方向に逃走しました。男らはいずれも20歳前後で、警察は関連を調べています。

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5375627.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

本人確認せず携帯電話契約 総務省、2社に是正命令(5日)朝日

総務省は5日、ソフトバンクモバイルと携帯電話端末販売大手ティーガイアに対し、携帯電話不正利用防止法に基づく是正命令を出した。携帯の新規契約時に適切に本人確認をせず、手続きに不備があったため。
 両社は昨年11月から12月ごろまで、東京都港区の家電量販店で携帯の新規契約を受け付ける際、運転免許証や健康保険証の原本ではなく、コピーなどの写しを提示された場合に本人確認を十分にしなかった。ソフトバンクで8件、ティーガイアで51件あったという。
 ティーガイアは同量販店でNTTドコモKDDI(au)の端末を販売していたことから、総務省は同日、ドコモとauに対し、販売店などへの監督の徹底を求める行政指導をした。

Logo2 http://www.asahi.com/national/update/0705/TKY201307050408.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

独自捜査「プロ集団として必要」 山上・東京地検特捜部長(5日)産経

東京地検特捜部長に5日付で就任した山上秀明氏(52)が同日、報道陣の取材に応じ、「特捜部に対する世間の評価はまだまだ厳しい。特捜部が必要であると思ってもらえる事件を適正に処理したい」と抱負を語った。
 山上氏は昭和62年に任官し、法務省人権擁護局総務課長や特捜部副部長などを歴任。特捜部の在籍歴は東京と大阪を合わせて10年を超える。大阪地検の証拠改ざん事件以降、改革が進む特捜部について「絶対に独自捜査をしなくてはいけないという考えはないが、知能犯に対するプロ集団として必要だ」と話した。
 取り調べの録音・録画(可視化)については、「組織犯罪事件などでは(可視化の)弊害も耳にする。そういう例外も念頭に置きつつ、可能な限り推進したい」と前向きな姿勢を示した。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130705/crm13070520430010-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(5、6日単位・レベル)
厳しい罰則が必要だannoy
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130621092535

  宮城県蔵王町の東北自動車道下り線で4日、東京発山形行きの高速バスがガードレールなどに衝突。37歳の運転手が死亡したほか乗客も重軽傷を負う事故が発生した。原因は走行中に運転手が意識を失ったもの。幸い乗客が気付き、ハンドルとブレーキを操作して停止させ大惨事にはいたらなかった。
 さらに同日、千葉市中央区の市立星久喜小学校の正門に80歳の男が運転する軽乗用車が突っ込むという事故がおきた。下校中の女子児童3人が軽傷を負った。
 同日夜には北九州市で乗用車がおよそ1.5キロにわたって暴走。乗用車やパトカーなど9台とぶつかる事故があった。警察は男を器物損壊などの疑いで逮捕した。
 多くの乗客の命を預かる運転手が突然意識を失う事故はこれまでもあった。今回は乗客の転機で救われたが、長距離バスの運転には補助運転手を同乗させることも必要だ。
 警察庁によると今年に入って半年間(1~6月)の全国の交通事故死者数は2005人となり2000人を超えてしまった。前年同期に比べて71人の増加。
 都道府県別で最も多かったのは岡山県で10人の増。以下、岩手、三重県の各6人、秋田、和歌山、広島県がそれぞれ4人の増。
 逆に少なかったベスト3は、北海道の-16人、京都府の-15人、埼玉、群馬県の-12人と続く。
 無免許、酒酔い運転、薬物使用の運転、危険運転致死罪などに該当した運転者などは永久に免許剥奪など強い罰則が必要だ。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする
 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

雑居ビル男性遺体に殴られた痕…“殺人”で捜査(5日)テレビ朝日

大阪市北区の雑居ビルで51歳の男性の遺体が見つかった事件で、頭などを殴られたことが死因と分かり、警察は殺人事件として捜査を始めました。
 この事件は3日午後、北区堂山町のビルの5階通路で、会社員の札場康之さんが死亡しているのが見つかったものです。札場さんの顔などには殴られたような痕が複数あり、所持していたとみられる財布や携帯電話などがなくなっていたということです。警察によりますと、司法解剖の結果、札場さんが死亡したのは3日午後0時ごろとみられ、死因は頭や顔を素手で殴られたことによる硬膜下血腫であることが分かりました。肋骨(ろっこつ)も複数折れていたということです。警察は、何者かが札場さんを暴行して財布などを持ち去った可能性もあるとみて、殺人容疑で捜査しています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000008249.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

錦糸町のキャバクラで執拗な客引き行為させた経営者の男逮捕(5日)フジテレビ

東京・墨田区で、従業員に執拗(しつよう)な客引き行為をさせていた疑いで、キャバクラを経営する男が警視庁に逮捕された。
風営法違反の疑いで逮捕されたのは、バングラデシュ出身で、日本国籍を取得したキャバクラ店経営・川平瑠 康介(かびる・こうすけ)容疑者(50)。
川平瑠容疑者は2013年5月、墨田区のJR錦糸町駅近くの路上で、バングラデシュ人の従業員に「お安くします。女の子もノリノリ」などと、通行人に対し、執拗な客引き行為をさせた疑いが持たれていて、川平瑠容疑者は、容疑を認めているという。
警視庁は、錦糸町駅周辺で違法な客引きを行ったバングラデシュ人を、2013年4月以降で7人逮捕している。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00249305.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

針混入事件が相次ぐ中、座間市でもパンから針 (5日)TBS

食品への縫い針の混入事件が相次ぐ中、神奈川県座間市のスーパーでも販売していたパンから縫い針が見つかったことがわかりました。
 針が入っていたのは、座間市にあるスーパーで販売していた5枚入りの食パンで、先月28日に41歳の女性が購入し、4日の朝、女性の長女(11)が食べようとしたところ見つけたということです。長女にけがはありませんでした。
 針は長さおよそ4センチの縫い針で、警察は偽計業務妨害の疑いで調べています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5375632.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

銀行強盗に「いくらですか」と時間稼ぎした行員(5日)読売

4日午後2時55分頃、大阪市東成区東小橋の三菱東京UFJ銀行鶴橋支店に男が押し入り、カウンター内にいた女性行員に文化包丁を示して「金を出せ」と脅した。


 男性行員が「いくらですか」と尋ねるなど、時間を稼ぎながら非常通報ボタンを押し、駆けつけた大阪府警東成署員が男を強盗未遂容疑で現行犯逮捕した。同署の発表では、東大阪市御厨栄町、アルバイト辻裕光容疑者(26)で、「金が欲しかった」と供述しているという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

小5自転車事故、親に賠償命令 9500万、女性はね寝たきりに(5日)共同

小学5年男子児童の自転車にはねられて寝たきりの状態になったとして、被害者女性(67)の家族と保険会社が、男児の母親(40)に計約1億500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、神戸地裁は5日までに、母親に計約9500万円を支払うよう命じた。判決は4日付。
 判決によると、児童は2008年9月22日午後7時前、神戸市北区の坂を自転車に乗って時速20~30キロで下った際、散歩途中の女性に衝突。女性は頭の骨を折るなどして意識が戻らない状態になった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ファミマにナイフ?男「金出せ」…現金奪い逃走(5日)読売

5日午前3時45分頃、宮城県名取市高舘熊野堂のコンビニ店「ファミリーマート仙台南インター店」で、男が30歳代の男性店員にナイフのようなものを見せて「金を出せ」と脅し、レジから現金5万8000円を奪って逃走した。


 店内に客はおらず、店員にけがはなかった。岩沼署が強盗事件として捜査している。
 発表によると、男は20歳代後半くらいで、身長約1メートル70。白い長袖ワイシャツに黒っぽいズボンをはき、タオルで頭と口を覆っていた。(2013年7月5日11時15分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島・姶良市女性遺体事件 遺体は現場の家に住む61歳女性(5日)フジテレビ

4日、鹿児島・姶良(あいら)市の住宅で、女性が頭と首から血を流して死亡しているのが見つかった。警察は、殺人事件とみて捜査している。
4日午後3時45分ごろ、姶良市の住宅で、女性が頭から血を流して死亡しているのを、この女性を訪ねてきた知り合いの夫婦が見つけ、消防に通報した。
女性は、この家に住む、別府玲子さん(61)。
別府さんの親戚は「窓から見て、『足がある』と言われて。奥さんが行って、足を触られたら、冷たかったから」と話した。
捜査関係者によると、女性はうずくまるようにうつぶせの状態で、家に鍵はかかっていなかったという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中ロ海軍が日本海で合同演習 日米けん制? 中国の要請で増強(5日)産経

ロシアと中国の両国海軍による合同軍事演習が5日、中国艦艇7隻のロシア極東ウラジオストク港への入港により始まった。ロシア側によると、8~10日に同港沖の日本海で大規模演習を行い、両軍の総括会議を経て12日に終了する。
 ロシアから太平洋艦隊の旗艦のミサイル巡洋艦「ワリャク」や大型対潜哨戒艇2隻など計7隻、中国からはミサイル駆逐艦やフリゲート艦など7隻の艦艇が参加。航空機やヘリコプターも数十機が参加する。
 ロシア側は目的について「中国との関係の強化・発展と海上での共同活動の習熟と向上」と発表。海賊対策や遭難船の捜索救助、船舶の護送、燃料補給、対潜水艦や対空、対艦を想定した発砲訓練が行われる。
 ロシア太平洋艦隊の当局者は共同通信に「当初は艦艇4隻ずつが参加予定だったが、中国側から増加要請があり、7隻ずつと決まった」と明らかにした。尖閣諸島をめぐり対立する日本や、米国へのけん制を狙ったとの見方がロシア当局内でも出ている。(共同)

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/world/news/130705/erp13070508160001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込み詐欺:愛知県内で3件相次ぐ 計990万円被害(5日)毎日

愛知県内で振り込み詐欺被害が3件相次ぎ、計990万円がだまし取られた、と県警が4日発表した。
 尾張旭市の80代の無職女性は4日午前、県警守山署員を名乗る男から「詐欺が多発し、狙われているので私たちに預けて」と電話を受け、自宅に来た男に現金504万円を渡したという。
 名古屋市西区の70代の無職女性は同日、息子をかたる男から「小切手入りのかばんをなくした」と電話を受け、自宅に来た上司と称する男に100万円を渡した。同区の50代のパート女性も、息子を名乗る男から電話を受け、3〜4日に計386万円を指定された口座に振り込んでしまったという。【井上直樹】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130705k0000m040130000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

無視や陰口に「死にたい」 奈良の中1女子自殺(5日)共同

奈良県橿原市で3月に自殺した公立中1年の女子生徒=当時(13)=が生前、同級生から無視されることなどを苦にして「これはいじめ。もう死にたい」と友人に泣きながら相談していたことが5日、学校関係者らへの取材で分かった。
 市教育委員会の吉本重男教育長は6月、学校が実施した生徒アンケートに「いじめをうかがわせる回答があった」としながら、自殺との因果関係は「低い」と否定。学校は「家庭内の悩みを聞いている生徒もおり、自殺の原因は分からない」としている。
 女子生徒は3月28日朝、自宅近くのマンション7階から飛び降りて自殺した。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070501001082.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「送りつけ商法」被害相談が急増(5日)NHK

健康食品などの商品を勝手に送りつけて代金を支払わせようとする「送りつけ商法」と呼ばれる被害の相談が、ことしに入って、全国の警察に合わせて4000件以上寄せられていることが分かり、警察庁は取締りを徹底するよう全国の警察に指示しました。

「送りつけ商法」は、健康食品などの商品を、注文していない人に「注文を受けた」などとうその電話をかけたうえで勝手に送りつけ、代金を支払わせようというものです。
警察庁によりますと、「送りつけ商法」の被害に関する相談はことしに入ってから急増し、5月までの相談件数は沖縄を除くすべての都道府県で合わせて4381件に上っています。
このうち296件は、実際に1件当たり数千円から数万円の代金を支払ってしまう被害が出ていて、岐阜県や山口県など3つの警察本部は、これまでに特定商取引法違反などの疑いで健康食品販売会社の社長ら合わせて10人を検挙しています。
送りつけられる商品は健康食品や医薬品が多く、被害者は女性が8割を占め、7割が70歳以上のお年寄りでした。
警察庁は、被害の実態把握を進め、取締りを徹底するよう全国の警察に指示するとともに、大手の宅配業者などに対して、不審なケースがあれば通報するなど捜査への協力を要請したということです。
警察庁は、注文した覚えのない商品が届いた場合、代金を支払わずに警察などに相談するよう注意を呼びかけています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130705/k10015816881000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

北九州 暴走車9台とぶつかり男逮捕(5日)NHK

4日夜遅く、北九州市で乗用車がおよそ1.5キロにわたって暴走してほかの乗用車や駆けつけたパトカーなど合わせて9台とぶつかり、運転していた男が器物損壊などの疑いで逮捕されました。

4日夜遅く、北九州市若松区の国道199号線で暴走する乗用車に車をぶつけられたという通報が次々と警察に寄せられました。
警察が行方を追っていたところ、午前0時前に暴走している乗用車を見つけ、パトカー2台ではさんで停止させようとしましたが、車は2台に衝突してさらに逃げ、5日午前0時すぎ、若松区修多羅の路上で止まりました。
警察は、車を運転していた山口県下関市の自称建設作業員、藤井哲也容疑者(32)を器物損壊と公務執行妨害の疑いで逮捕しました。
警察によりますと、藤井容疑者の車はおよそ1.5キロにわたって暴走して乗用車やタクシー、パトカー2台など合わせて9台とぶつかり、タクシーに乗っていた男性が足に軽いけがをしました。
藤井容疑者は1人で車に乗り、逮捕されたときかなり暴れたということですが、酒は飲んでいなかったということです。
警察は車を暴走させたいきさつなどを詳しく調べることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130705/k10015818511000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2000万円相当貴金属入りバッグ盗まれる JR御徒町駅前(5日)産経イザ

4日午前11時ごろ、東京都台東区上野のJR御徒町駅前の路上で、宝飾品関連会社の男性社員が、指輪やネックレスなどが入ったキャリーバッグを盗まれた。男性は直前に外国人風の女に声をかけられ、応対している間にバッグがなくなっていることに気付いたといい、警視庁上野署が窃盗容疑で捜査している。
 同署によると、女は男性に「お金が落ちている」などと声をかけた。男性はバッグから手を離して女に応対。直後にバッグがなくなっていることに気付いたという。
 その後、近くにいた外国人風の男が「あっちだ」などと説明したため、男性は男が示した方向に向かったがバッグは見つからず、戻ると男も女も姿を消していた。
 男性は大阪から商談のために東京を訪れており、バッグの中には約2000万円相当の貴金属類が入っていたと説明しているという。同署は実際にバッグを持ち去った人物のほかに、男性に声をかけた男女も同一の窃盗グループの可能性があるとみて詳しい経緯を調べている。

関連記事

| コメント (0) | トラックバック (0)

紳助さん巡る週刊現代記事、吉本興業が逆転敗訴(5日)読売

元タレントの島田紳助さん(57)と吉本興業が、暴力団と親しいかのように報じた「週刊現代」の記事で名誉を傷つけられたとして発行元の講談社側に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(鈴木健太裁判長)は4日、同社に対して吉本興業に110万円支払うよう命じた1審判決を取り消し、原告側の請求を棄却する判決を言い渡した。
 原告側は上告する方針。
同誌は2011年10月15日号の記事で、島田さんと暴力団幹部との交際を指摘し、吉本興業もそれを知りながら島田さんとの契約を続けたと報じた。 昨年10月の1審・東京地裁判決は、同社に対する名誉毀損のみ認めたが、高裁判決は「吉本興業は、島田さんら多くの所属タレントと暴力団幹部との交際を指摘され続けても事実を調査せず、暴力団との関係に寛容だとの印象を自ら強めた」と指摘。記事の違法性を否定した。 週刊現代編集部の話「本誌の主張がすべて認められた完全勝訴だ」
 吉本興業の話「高裁判決は当社に落ち度があるかのように評しており、極めて不当な内容だ」(2013年7月5日07時10分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

パンに針混入疑いで逮捕の男、家賃滞納や近隣トラブル (5日)TBS

千葉県で相次いでいた食品への縫い針の混入事件で、流山市のコンビニで食パンに縫い針を差し込んだとして逮捕された28歳の男は、アパートの家賃を滞納したり近隣とのトラブルを抱えていたことが分かりました。

 偽計業務妨害の疑いで逮捕された無職の永木智弥容疑者(28)は先月28日、流山市にあるコンビニで販売されていた食パンに長さおよそ4センチの縫い針を差し込んだ疑いが持たれています。

 永木容疑者は容疑を認め、針について「100円ショップで買った」と供述しています。
 千葉県内では食品に縫い針を混入させる事件があわせて8件起きていて、このうち4件が流山市内のコンビニで発生していますが、永木容疑者は「流山市内で数件、同じような事件を起こした」と話しているということです。
 「周りを巻き込んで、けっこうトラブルになっているという話は聞きましたね」(永木智弥容疑者をよく知る人)
 また、関係者への取材から永木容疑者は、アパートの家賃を滞納したり、隣の部屋の鍵穴に接着剤が詰められる被害をめぐって、住民とトラブルになっていたことが分かりました。さらに、以前、勤めていた流山市内のスーパーでは、無断欠勤が続いたため、去年春、解雇されていました。警察は今後、動機などを詳しく捜査する方針です。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5375397.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

模倣犯か…9件目 またコンビニ店のパンから針(5日)産経

千葉県市川市のコンビニ店で、商品のパンの中からまた針が見つかりました。千葉県内では同様の事件が相次いでいて、これで9件目となります。
 警察によりますと、4日午後6時半ごろ、市川市のコンビニ店でクリームパンを買った男子高校生が針が入っているのに気づき、家族が交番に届け出ました。針は長さが約5センチの縫い針で、高校生にけがはありませんでした。クリームパンは、3日午後3時半ごろに棚に陳列されたものだということです。千葉県内では、先月からコンビニ店などで商品に針が混入される事件が8件起きていて、流山市のコンビニ店の食パンに縫い針を差し込んだ疑いで永木智弥容疑者(28)が3日に逮捕されています。警察は、今回の事件がほかの事件と関連があるのかも含めて調べています。

Msn_s1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000008227.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月4日 | トップページ | 2013年7月6日 »