« 県道脇に女性遺体 千葉・習志野、死後数日か(24日)産経 | トップページ | 帰宅途中の男性、610万円ひったくり被害(24日)読売 »

2013年6月24日 (月)

千葉県警:女性新人警官を女性が指導 異例の試み(24日)毎日

千葉県警が今年から、新任の女性警察官の指導役に必ず女性をあてる取り組みを試行している。女性の先輩が相談に乗ったり、アドバイスしたりする方が実務能力アップにつながるとの判断で、全国警察初の試みとみられる。「男社会」と称されることが多い警察組織では異例ともいえるこの挑戦、果たしてうまくいくのか。【黒川晋史、松崎真理】
 県警によると、新人は原則、警察学校卒業後に全員が交番に配置され、週2回程度、午前8時半〜翌午前8時半の24時間勤務をこなす。指導役は巡査部長クラスで、事件事故の処理や拾得物の受け付けなどを教えてきた。2月に始まった新制度では、新人の女性警察官の指導役を女性に限定。配置先も女性専用の仮眠室やトイレがある6交番に限った。
 県警は「同性同士で知識や経験を受け継いだ方が能力向上につながると考えた。当事者の声を聞きながら運用し、改善すべき点は改善したい」。効果を見極めた上で本格導入を判断するという。
 全国の警察官に占める女性の割合は約6.8%(2012年)で、警察庁は23年までに10%程度に増やすとした従来の方針を前倒しする考え。千葉県警は、昨春の時点で全国平均を上回る約7.3%(約840人)。今年4月には約7.8%(約900人)まで増え、今春の新人に限れば約13.6%を女性が占めている。
 県警の取り組みについて、ジェンダー問題に詳しい千葉経済大短期大学部の杉田あけみ教授(経営学)は「『女性同士の方が能力が向上する』という根拠は不明瞭。男女間の不祥事防止という発想ではという臆測を呼びかねない」と懐疑的。首都圏在住の元警察官の女性(65)は「指導者は男性がいいとか女性がいいとか、考えたことはなかった。性別より指導者の人柄が影響するのではないか」とみる。 ◇女性署長わずか3人 「使いづらい」「結婚したら辞める」という決めつけから脱却を−−。女性警察官を巡り、警察庁の有識者検討会は5月、「男社会」の警察組織に意識改革を迫る報告書をまとめた。これを受け同庁は、育児休業後の職場復帰支援の強化などを全国に指示し、女性の採用・登用拡大に本腰を入れ始めた。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20130624k0000e040194000c.html

« 県道脇に女性遺体 千葉・習志野、死後数日か(24日)産経 | トップページ | 帰宅途中の男性、610万円ひったくり被害(24日)読売 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/57656891

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県警:女性新人警官を女性が指導 異例の試み(24日)毎日:

« 県道脇に女性遺体 千葉・習志野、死後数日か(24日)産経 | トップページ | 帰宅途中の男性、610万円ひったくり被害(24日)読売 »