« タケノコ採りで遭難の7人、一夜明けて無事救助(16日)読売 | トップページ | 熱中症で100人以上搬送 1人死亡(16日)NHK »

2013年6月16日 (日)

警視庁体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日単位・レベル)
血も涙もないのっぺらぼう人間┐(´-`)┌
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130614124420

 JR京浜東北線の大井町駅で16日、電車が進入する直前、43歳の会社員を線路に突き落とした2人の男が警察に出頭。警察は殺人未遂容疑で逮捕した。東京・大田区に住む43歳と横浜市に住む26歳の会社員だった。
 身体がぶつかったことを注意されての犯行で「殺すつもりは無かった」と供述しているが、痛さも命の尊さも知らない短絡的な〝のっぺらぼう人間〟の行動でしかあり得ない。線路からの転落がいかに危険なのかさえ分からない男たちには厳しい罰を背負わせるべきである。
 線路からの転落と言えば、忘れることのできない事故がある。あれは平成13年1月のJR新大久保駅での出来事だ。男性がホームから転落するのを見た2人の男性が、助けようと線路に降りたところに山手線内回りの電車。3人とも死亡した。
 助けようとした男性の一人は韓国から留学している26歳の日本語学校生だった。
 多くの日本国民はこの勇気ある留学生らに賛辞を寄せた。葬儀の日、当時の森喜朗首相や伊吹文明国家公安委員長らも参列。金大中韓国大統領からも弔電が届いた。
 あの当時は、日韓国民の間には信頼関係があった。だが、今はどうだろう。領土問題だけでなく韓国人の対日感情が揺らいでいる。海を隔てているとは言え隣国だ。線路に突き落とすような仲にだけはなってほしくない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏 ポイント 19以下
【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり完全なる「平穏」(レベル1)をはずしています。

« タケノコ採りで遭難の7人、一夜明けて無事救助(16日)読売 | トップページ | 熱中症で100人以上搬送 1人死亡(16日)NHK »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/57605646

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁体感治安レベル2:

« タケノコ採りで遭難の7人、一夜明けて無事救助(16日)読売 | トップページ | 熱中症で100人以上搬送 1人死亡(16日)NHK »