« 放置ふんに憤慨、過料1千円徴収へ 大阪・泉佐野市(5日)朝日 | トップページ | 詐欺被害:優しい口調には注意 山口の70代女性が訴え(5日)毎日 »

2013年6月 5日 (水)

PC遠隔操作、小学校襲撃予告で追送検(5日)読売

一連のパソコン遠隔操作事件で、警視庁、神奈川県警などの合同捜査本部は4日、同県警が当時19歳の大学生だった男性(20)を誤認逮捕した事件にも関与した疑いが強まったとして、元IT関連会社社員、片山祐輔被告(31)(ハイジャック防止法違反などで起訴)を威力業務妨害容疑で東京地検に追送検した。
 これで、4都府県警が男性4人を誤認逮捕した事件全てが立件された。
 発表によると、片山被告は昨年6月29日午後3時15分頃、男性のパソコンを不正操作し、横浜市のホームページに「襲撃して皆殺しにしてやる」などと市立小学校を名指しした襲撃予告を書き込み、同小を休校させるなど業務を妨害した疑い。
 捜査本部によると、この事件では特定のサイトを閲覧するとパソコンが不正操作される「クロスサイト・リクエスト・フォージェリ(CSRF)」と呼ばれる手口が使われた。男性はインターネット掲示板に記されたURL(ネット上の住所)をクリックしてサイトを閲覧しただけだったが、不正プログラムによって知らないうちに襲撃予告を投稿していたという。(

2013年6月4日22時46分

  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

« 放置ふんに憤慨、過料1千円徴収へ 大阪・泉佐野市(5日)朝日 | トップページ | 詐欺被害:優しい口調には注意 山口の70代女性が訴え(5日)毎日 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PC遠隔操作、小学校襲撃予告で追送検(5日)読売:

« 放置ふんに憤慨、過料1千円徴収へ 大阪・泉佐野市(5日)朝日 | トップページ | 詐欺被害:優しい口調には注意 山口の70代女性が訴え(5日)毎日 »