« 2013年6月28日 | トップページ | 2013年6月30日 »

2013年6月29日

2013年6月29日 (土)

「金は宅配便で」詐欺が急増…9千万円の被害も(29日)読売

株など金融商品取引を装った詐欺被害で、宅配便などを悪用して現金を送らせる手口が急増している。警察庁によると、2011年は7件だった被害が、昨年は344件に上った。高齢者が標的とされているとみられ、今年も4月末までにすでに239件の被害があった。金融機関の対策強化の影響で、金を振り込ませる手口を避けているとみられ、同庁は注意を呼びかけている。
 「医療関連会社の社債を購入してくれれば、3倍で買い取る」。岩手県の70歳代の無職女性は昨年12月、投資会社社員を名乗る男から電話でこう誘われた。
 今年1月には、社債を紹介するパンフレットが自宅に届いた。女性は男から「宅配便で金を送って」と指示され、1000万円を送付。その後も「社債転売にはもっと金が必要」などと求められ、3月までに計9200万円を7回に分けて送った。
 4月になって男と連絡が取れなくなった女性は不安になり、県警に相談した。調べでは、送付先は私設私書箱で、医療関連会社も存在しなかった。
 金融商品取引を装った詐欺被害は、11年に773件69億円あったが、その手口の95%は口座への振り込みで、宅配便などで送付させる手口は7件しかなかった。しかし、1986件186億円の被害があった12年は、振り込みが全体の50%にとどまる一方、送付は17%に急増した。(

2013年6月29日14時58分

  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネット利用の新たな手口に注意!株価操作で男逮捕(29日)テレビ朝日

アベノミクスが進むなか乱高下を繰り返す株価ですが、こうしたなか、不正に株価を操作した疑いでデイトレーダーの男が逮捕されました。男はネットで、「この株を買えるのは奇跡」「驚異的な安さ」などと特定の株を買うようにあおり、株価をつり上げて利益を上げていました。こうしたネット世代の新たな手口に注意が必要です。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000007937.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「暴力団」隠しゴルフ、道仁会会長ら逮捕 詐欺容疑(29日)産経

暴力団の身分を隠してゴルフ場を利用したとして、警視庁組織犯罪対策4課は29日、詐欺の疑いで、特定抗争指定暴力団道仁会(福岡県久留米市)会長、小林哲治(57)=同市上津町=と、指定暴力団住吉会最高幹部で2次団体「幸平一家」組長、加藤英幸(65)=東京都板橋区南常盤台=の両容疑者ら5人を逮捕した。同課によると、小林容疑者は容疑を否認、加藤容疑者は黙秘している。
 道仁会は平成18年以降、会長人事をめぐって分裂した九州誠道会との間で抗争を繰り返し、これまでに巻き添えになった一般男性を含む14人が死亡。昨年12月、対立組員につきまとい行為をした場合などに警察当局が逮捕できる「特定抗争指定暴力団」に指定された。
 今年6月には抗争終結を宣言する文書を福岡県警に提出し、九州誠道会も解散を届け出たが、警察当局内では懐疑的な見方が強く、道仁会は特定抗争指定暴力団の指定を延長された。
 幸平一家は東京・新宿や池袋を中心に縄張りを持つ住吉会の有力団体で、傘下には暴走族「関東連合」(解散)の元メンバーが多く在籍する組織を抱えている。同課は、道仁会トップと住吉会最高幹部がゴルフ場で同席していた背景について詳しく調べる。
 逮捕容疑は、1月12日、暴力団関係者の出入りを禁止している沖縄県内のゴルフ場で、身分を隠してゴルフをしたとしている。小林容疑者らの知人の男(42)=同容疑で逮捕=が、ゴルフ場に予約を入れていたという。
 身分を隠してゴルフ場を利用したとして暴力団幹部らが詐欺容疑で摘発されるケースは全国で相次いでおり、昨年11月には指定暴力団山口組最高幹部が大阪府警に逮捕されたが、不起訴処分となっている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130629/crm13062920190010-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(29、30日単位・レベル)
どうする少年犯罪shock
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130621092705_2

29日の午後6時からテレビ朝日の「人生の楽園」を見た。静岡県裾野市で自然を大切に余生を送るお年寄りの話だった。
 番組の中で、蛍の舞う自然を大切にするため子供たちと田植えをしたり自然を楽しみながら生きるお年寄りが紹介された。
 その中で屈託のない笑顔で自然の生き物と戯れる子供たちの姿に少年時代を思い出した。命の大切さを自然の中で学んだものだった。
 そして現代-16歳の中学2年生の男子生徒が、同じクラスの生徒をナイフで刺して逃走。さらに、タクシー強盗事件にも関与した。動機は「授業中に後ろからちぎった消しゴムをぶつけられたから」という単純なものだった。
 埼玉県八潮市では下校中の小学生らが次々に首を絞められ「殺す」と脅していた中学1年生(12)が補導された。
 また、同級生に集団で暴行を加えたとして、兵庫県内の中学校3年の男子生徒4人(いずれも14歳)が逮捕された。
 動画投稿サイトの「You Tube」に「新宿駅で人を殺すのと大阪駅で人を殺すのと博多駅で人を殺すの、どこにしてほしいですかね」などと書き込んだ17歳の少年が警視庁に逮捕された。
 消しゴムをぶっつけられたと簡単に人を刺し強盗までした少年。路上で首を絞めた中学生。集団暴行の14歳の子供達。投稿サイトに殺人予告した少年…罪の意識があるのだろうか疑問だ。
 ゲームに夢中になっている子供が多いと聞く。画面で人を殺しても痛くも痒くもない。逆に本人たちには「爽快感」が残る。これら少年が生まれる背景は何か?自然を慈しみ命の大切さを教える教育、社会環境は何処にいってしまったのか…
 警察庁によると今年5月まで刑法犯で検挙された少年は2万2251人で前年同期に比べて3202人の減少だが、殺人事件では前年同期より13人も多い24人。このほかにも暴行・傷害などの粗暴犯で127人増え3008人。中でも傷害事件は1927人で58人の増となるなど荒れる少年が多くなっている。全て大人の責任だ。
 東京練馬の男児切りつけ事件も民間人の協力で解決したこともあり首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

労働相談「いじめ」が大幅増 栃木労働局2012年度まとめ(29日)共同

栃木労働局に寄せられた2012年度の労働相談のうち、「いじめ・嫌がらせ」に関する相談が大幅に増えていることが28日、同局のまとめで分かった。相談件数は853件で前年度比で17・8%増加した。民事上の個別労働紛争相談に占める割合も21・6%と、01年度の個別労働紛争解決制度開始以降、件数、割合ともに最多だった。
 同局は「パワーハラスメントといった言葉の浸透とともに、労働者の意識が高まり問題が表面化している」とみている。
 12年度の相談件数は1万2947件で、前年度比4・8%(595件)増。このうち解雇など労働基準法違反を伴わない民事上の個別労働紛争相談は、12・8%増の3062件だった。
 民事上の個別労働紛争相談で「いじめ・嫌がらせ」に関する相談は129件の増加。具体的には、「1年に渡り職場全体からの無視が続き、配置転換されたが、精神的にもたなくなった」(女性)などの相談が寄せられた。
 一方、「解雇」に関する相談は5・1%増の528件。「自己都合退職」に関する相談は408件で約14%増加した。
 相談者の内訳は労働者からが2515件で全体の82・1%。事業主からが237件で7・7%だった。

2010_0123_11120247newslogo1_2

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20130628/1076444

| コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒー豆の袋に覚醒剤、ナイジェリア人3人逮捕 (29日)TBS

覚醒剤をコーヒー豆の袋に隠して密輸したとして、ナイジェリア人の男3人が逮捕されました。
 覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは、ナイジェリア国籍のオヌ・サムエル容疑者(52)ら3人で、5月8日、コーヒー豆の袋に覚醒剤およそ2キロを隠したうえで、ケニアから成田空港に密輸した疑いが持たれています。
 また、オヌ容疑者が出入りするアパートからは、菓子の箱に隠された覚醒剤など合わせて3.5キロが押収されました。
 オヌ容疑者は「中身は知らなかった」と容疑を否認しています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5370310.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「助手席の女性が運転」と虚偽報告書、巡査作成(29日)読売

京都府警下京署地域課の20歳代の男性巡査が物損事故を処理した際、同乗者を運転者とする報告書を作成していたことがわかった。
 府警は巡査を虚偽公文書作成・同行使容疑で京都地検に書類送検し、内部処分した。調べに巡査は「人物の確認が不十分で、間違えた」と説明しているという。
 府警によると、巡査は昨年10月、京都市下京区の駐車場内で女性2人が乗った乗用車が車止めにぶつかった物損事故の処理を担当。報告書に、助手席の女性が運転していたとする虚偽の内容を記し、上司に提出した疑い。
 後日、女性2人が同署を訪れ、同乗の女性が「自分は運転していなかった」と明かしたことから発覚。府警監察官室は「虚偽記載になった原因はわかっていないが、運転者の特定を誤ったのは遺憾。再発防止に努める」としている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

練馬切りつけ 男を殺人未遂容疑で再逮捕(29日)産経イザ

東京都練馬区の小学校前の路上で男児3人がナイフで切りつけられ、重軽傷を負った事件で、警視庁捜査1課は29日、逃走に使われたとみられる車にナイフを所持していたとして銃刀法違反容疑で逮捕された同区に住む無職の男(47)を殺人未遂容疑で再逮捕した。捜査1課によると、男は黙秘しているという。
 逃走車とよく似た青色の車が、事件の約20分前に、男児らが通う区立大泉第一小学校の正門前を通過する様子が近くの防犯カメラに映っていたことも判明。捜査1課は、男が下校時間に児童らが出てくるのを待ち伏せし、無差別に襲撃した可能性があるとみて、映像の解析などを進めている。
 再逮捕容疑は、28日午後1時40分ごろ、同区大泉町の路上で、下校途中の6~7歳の男児3人にナイフで切りかかり、殺害しようとしたとしている。男児らは首や右肘などに重軽傷を負った。
 男は事件後、約50分後に埼玉県三芳町内で発見され、身柄を確保された。車内から2本のナイフが見つかったため、捜査1課が銃刀法違反の現行犯で男を逮捕していた。男は精神疾患の通院歴があるといい、捜査1課は男の名前を公表していない。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

44歳女性“なた”で切りつけ 男を逮捕(29日)日本テレビ

28日午後、神奈川県横浜市のアパートで、住人の女性が上の階に住む男に突然、なたのような刃物で切りつけられ、重傷を負う事件があった。 警察によると、28日午後6時半頃、横浜市戸塚区のアパートで女性(44)が、上の階に住む無職・宇田川知彦容疑者(35)に突然、なたのような刃物で切りつけられた。女性は頭や腕を切られ、重傷。宇田川容疑者は逃走したが、約15分後に現場から200メートルほど離れたところで警察官に身柄を確保され、殺人未遂の疑いで緊急逮捕された。
 宇田川容疑者は警察の調べに「刃物で人をたたいた」と、容疑を認めているという。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2013/06/29/07231351.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

同級生2人を家裁送致 神奈川、中2いじめ自殺(29日)共同

神奈川県湯河原町で4月、町立湯河原中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、児童相談所は28日、生徒をたたいたとして暴行容疑で補導され、児相に送致されていた同級生の男子生徒3人のうち2人を横浜家裁小田原支部に送致した。残る1人も調査している。
 家裁は2人から詳しく事情を聴き、少年審判を開くかどうか決める。学校側は校内調査で3人の行為をいじめと判断、5月中旬に保護者とともに口頭注意していた。
 生徒は4月10日、自宅の自室で首をつっているのが見つかり、病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013062801002594.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

練馬区小学生切りつけ 責任能力の有無について慎重に捜査へ(29日)フジテレビ

東京・練馬区の小学校の近くで、小学1年生の男子児童3人が、男に刃物で切りつけられ重軽傷を負った事件で、逮捕された男が、調べに対し「ナイフを2本持っていた。悪いことには使っていません」と供述していることがわかった。
男が、石神井署に身柄を移送されてから8時間がすぎた。
男は、これまでの調べに対し、「事件については知らない」と、事件への関与を否認しているという。
銃刀法違反の現行犯で逮捕された47歳の男は、埼玉・三芳町で身柄を確保された際に、車の中から刃渡り9cmのナイフ2本が見つかっていて、調べに対し、「ナイフを2本持っていた。悪いことには使っていません」と供述しているという。
また、「事件については知らない」と、事件への関与を否認しているという。
警視庁は、男が精神的なトラブルから通院していたことから、責任能力の有無について、慎重に捜査する方針。
今回は、目撃者の機転が早期発見につながった。
逃走車両を目撃していた女性の運転手が、男の車を追跡し、ナンバーを警視庁に通報したことから、逃走車両の早期発見につながった。
また、県をまたぐ捜査の中、警視庁と埼玉県警の連携が上手くいったことも要因といえるとみられる。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察不祥事:妹を姉に…巡査が虚偽捜査書類 容疑で送検(29日)毎日

京都府警下京署地域課の20代の男性巡査が交通事故処理の際、同乗者が運転していたとする捜査書類を作成したとして、府警が巡査を内部処分にし、虚偽公文書作成と同行使の容疑で書類送検していたことが捜査関係者への取材で分かった。
 容疑は昨年10月、京都市下京区で姉妹が乗った車の物損事故を処理した際、妹が運転していたのに、姉が運転していたとの捜査書類を作成したとされる。後日、姉妹が下京署に相談して発覚した。
 捜査関係者によると、姉妹は「妹は保険に未加入だが、姉は加入していると(巡査に)話すと、『加入者が運転していたことにすればいい』と持ちかけられた」と説明。巡査も当初は大筋で認めていたが、その後、「確認が不十分で間違えた」と説明を変え、身代わりを勧めたかどうかは明確に裏付けられなかったという。また、実際には姉も保険に入っておらず、保険金は支払われていないという。
 府警監察官室は「運転者の特定を誤ったのは遺憾。再発防止に努める」とコメントした。【堀智行、村田拓也】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130629k0000m040143000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

PC遠隔操作、計10事件で起訴…捜査終結(29日)読売

パソコン遠隔操作事件で、東京地検は28日、横浜市のホームページに小学校への襲撃予告を書き込むなどしたとして、元IT関連会社社員・片山祐輔被告(31)を威力業務妨害と不正指令電磁的記録(ウイルス)供用の罪で東京地裁に追起訴し、一連の事件の捜査を終結した。片山被告の起訴は10事件で、ハイジャック防止法違反1件、脅迫1件、業務妨害7件、ウイルス供用6件の計15の罪に問われたが、被告はいずれも関与を否定している。
 起訴状では、片山被告は昨年6月29日、神奈川県警に誤認逮捕された当時19歳の男性のパソコンを不正操作し、「児童を襲撃する」などと書き込んだとされる。地検はウイルス作成罪の適用も検討したが、作成の時期や場所を特定できず、断念した。
 事件の捜査は、4人の誤認逮捕が発覚した昨年10月に始まり、警視庁などの合同捜査本部が今年2月、片山被告を逮捕。現在、地裁で争点や証拠を絞る公判前整理手続きが進んでいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京駅でハンマーで男性殴られけが 「誰でもよかった」(29日)朝日

JR東京駅東京都千代田区)のトイレで男性をハンマーで殴ったとして、警視庁は28日、住所不定、無職羽田貴紀容疑者(32)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「誰でもいいから殺すつもりだった」と供述しているという。
 丸の内署によると、羽田容疑者は28日午後5時50分ごろ、東京駅地下のトイレで、用を足していた男性会社員(65)の頭をハンマー(重さ600グラム)で殴り、2週間のけがを負わせた疑いがある。羽田容疑者は当時酒に酔っていて、他の客が取り押さえた。
 羽田容疑者と男性に面識はなく、男性は、事件直前にトイレ出入り口ですれ違う際に肩がぶつかったと話しているという。

Logo2

http://www.asahi.com/national/update/0629/TKY201306280619.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

練馬切りつけ 校外の安全対策 なお課題(29日)産経

「学校内の不審者対応マニュアルはあるが、学校外で起きた場合は…」。東京都練馬区教委の岩田高幸教育総務課長(57)は、そう言って言葉を濁した。

 練馬区内の小中学校でもマニュアルを作成していたが、今回のように学校敷地外で発生した事案は想定していなかった。今回は警察からの一報を受けた区教委が近隣の小中学校12校に児童、生徒を校内にとどまらせるよう指示。発生から約40分後に解除した。岩田課長は「学校敷地外での対策も検討したい」と話す。

 区教委によると、東京23区のうち21区では、不審者情報などをただちに学校の保護者にメールで知らせる緊急一斉メールの配信システムが導入されている。練馬区では9月から導入する予定だったが、大泉第一小ではPTAが独自に実施しており、この日午後2時半ごろに配信されたという。同小では5月30日にも男が大声を上げて校内に入り込むトラブルがあった。
 文部科学省は、地域住民に安全対策のポイントを指導する「スクールガード・リーダー」に警察官OBらを委嘱する事業を展開。平成24年度は全国に約1700人を配置しているものの、防犯態勢は自治体によって異なり、校外の安全対策になお課題は残る。
 東京都教委によると、渋谷区などでは全小学校に民間の警備員を配置しているが、練馬区ではシルバー人材センターに委託し、児童の登下校の安全確保に当たる「学童擁護員」と呼ばれる誘導員を各校に2~4人程度配置。「地域でばらつきがある」(都教委)のが現状のようだ。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130629/crm13062901240002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

練馬男児切りつけ 目撃女性に警視庁、埼玉県警…「連携プレー」で40分で身柄確保 (29日)産経

東京・練馬で男児が切りつけられた事件は、約40分後に犯人とみられる男の身柄を確保する「スピード解決」となった。
 男は車で逃走し、その様子を見ていた同じ方向に車を運転していた女性が追いかけていた。女性は逃走車両の真後ろに張り付き、「青のステーションワゴンタイプ、練馬ナンバー」であることを警視庁に情報提供したという。警視庁は埼玉県警に捜査協力を依頼。警視庁と埼玉県警は航空隊のヘリや覆面パトカーを出動させ、検問も行った。
 容疑者の身柄が確保された埼玉県三芳町の現場近くでは、28日午後に交通事故が発生。東入間署の警察官が事故処理をしていた最中に、容疑者の車が偶然通りかかった。「青い車だ。間違いない」。警察官が車を誘導し、逮捕につなげた。捜査幹部は「組織的な初動捜査がうまくいった結果だ」と強調した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130629/crm13062901020001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官が取り押さえた男性、意識失い死亡(29日)TBS

28日、横浜市の住宅で、暴れていた男性を警察官が取り押さえた後、男性が意識を失い、搬送先の病院で死亡していたことがわかりました。
 28日午前11時半すぎ、横浜市泉区の住宅で、この家に住む43歳の男性が暴れていると男性の家族から110番通報がありました。駆けつけた警察官らが男性に殴られるなどしたため、取り押さえたところ、男性はおよそ10分後に意識を失いました。その後、男性は現場で心肺停止状態になり、病院に搬送されましたが、およそ2時間後に死亡しました。
 警察は「事実関係を把握して適切に対応したい」としていて、男性が死亡した原因と取り押さえた状況の因果関係などを慎重に調べています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5370447.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月28日 | トップページ | 2013年6月30日 »