« 2013年6月26日 | トップページ | 2013年6月28日 »

2013年6月27日

2013年6月27日 (木)

飛び込み多発 「ホームドア」設置検討(27日)NHK

27日午後、東京・葛飾区のJR新小岩駅で男性がホームから飛び込み、電車にはねられた衝撃で近くにいた女性に接触し男性が死亡したほか、女性もけがをしました。
新小岩駅では人が飛び込む事故が相次いでいて、JR東日本は、ホームドアを設置する方向で検討を進めています。

27日午後2時40分ごろ、東京・葛飾区にあるJR総武線の新小岩駅のホームから30代の男性が線路に飛び込み、走ってきた特急電車にはねられました。
さらに、その衝撃で男性はホームにいた乗客の女性と接触し、男性が死亡したほか、女性も足にけがをしました。
新小岩駅では、おととし7月にも電車に飛び込んだ女性がホームに飛ばされて別の男女4人が軽いけがをしており、その事故以降、27日までに13件の飛び込み事故が起きています。
事故を防ぐため、JR東日本は、警備員によるホームの巡回を増やすなどしてきましたが、地元の葛飾区からの要望を受けて線路への転落を防ぐホームドアを設置する方向で検討を進めているということです。
JR東日本管内の在来線の駅で、ホームドアの設置に向けた具体的な検討が明らかになったのは、山手線の駅以外では新小岩駅が初めてです。
JR東日本では「新小岩駅は、ほかの駅に比べて飛び込み事故が多い。安全な駅を目指して対策を進めたい」と話しています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130627/k10015643461000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察学校内で同期2人の現金盗む 容疑の巡査を書類送検(27日)朝日

警察学校入校中に同期生の財布から現金を抜き取ったとして、県警は27日、男性巡査(19)を窃盗容疑で福岡地検に書類送検し、停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性巡査は同日辞職した。
 発表によると、男性巡査は6日午前7時40分ごろ、福岡市中央区にある警察学校の学生寮で、22歳と28歳の巡査2人の財布から現金計2万円を抜き取り盗んだ疑いがある。すぐに2人が被害に気づき、男性巡査はこの日の昼食時に謝罪して発覚した。「貯金はあったが、下ろすのがもったいなかった」と容疑を認めていると県警は説明している。
 男性巡査はほかにも、今年2~5月に別の巡査5人から現金計約4万円を盗んだと話しているという。県警の高木正浩首席監察官は「警察学校内でこのような事案が発生したことは誠に遺憾。指導教養を徹底したい」とのコメントを出した。

Logo2

http://www.asahi.com/national/update/0627/SEB201306270012.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

公用車に「アホ、バカ」落書き…町長脅迫の母子(27日)読売

岐阜県池田町の岡崎和夫町長を脅したとして、同県揖斐郡内の無職の女(52)と長男の無職少年(16)が脅迫容疑などで逮捕された事件で、県警は27日、2人を器物損壊容疑で再逮捕した。
 発表によると、2人は今年3月23日午後5時半頃から翌24日午前6時半頃までの間に、町役場の車庫内にあった公用車4台に「アホ、バカ」などと赤色スプレーペンキで落書きしたり、千枚通しでタイヤをパンクさせたりした疑い。2人は以前、家賃滞納で町営住宅を強制退去させられており、「町営住宅を追い出されたことが許せなかった」と容疑を認めているという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

同級生刺し逃走の男子高校生を逮捕 タクシー強盗にも関与か(27日)フジテレビ

千葉・習志野市の高校で、同級生を刺して逃走していた男子生徒が、27日午後に身柄を確保され、逮捕された。
男子生徒は27日午後、習志野署に移送され、取り調べにも素直に応じていて、容疑を認めているという。
殺人未遂の疑いで逮捕された男子生徒は、午後0時半ごろ、習志野高校の教室で、同級生の胸などをカッターナイフのようなもので刺して、重傷を負わせた疑いが持たれている。
授業中に消しゴムを投げつけられ、腹を立てて犯行に及んだものとみられている。
犯行後、この生徒は、自転車で千葉市のショッピングセンターに行き、タクシーに乗り換えた可能性が高いという。
さらに車の中で運転手を刃物で脅し、タクシーを奪って逃げしようとしたものの、脱輪してしまい、結局、走って逃走したものとみられている。
警察は、6時間半にわたる逃走劇の詳細を調べている。

Logo1_3

http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

新宿区の戸山公園に白骨化遺体 事件の可能性も (27日)TBS

27日午後2時半ごろ、東京・新宿区の戸山公園で、通行人の女性から「男の人が死んでいるようだ」と、110番通報がありました。
 警察官が駆けつけたところ、公園の中にある「箱根山」と呼ばれる小高い丘の草むらから、成人男性とみられる腐乱した遺体が見つかりました。
 遺体は一部が白骨化していて、警視庁は身元の確認を急ぐとともに、事件の可能性もあるとみて調べています。現場は、早稲田大学の戸山キャンパスなどに隣接している公園です。(27日18:34)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5369126.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日単位・レベル)
柔軟な運用をthunderflair
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130621092722

 ようやくデートDVの取り締まり法律ができた。DV防止法は実際に結婚しているか元配偶者に適用が限られていた。しかし、最近は恋人間の暴力が増加。県によっては行政面での支援を強化する傾向にあったが取り締まりが遅れていた。
 とにかく、言葉の暴力から、絶対に服従させるための暴力行為など「奴隷」のような扱いが多く、しかも凶悪化していた。それに反発できないほど精神的に追い込んでしまうのがデートDV。
 そこでデートDVも「配偶者間の暴力」なみの扱いになるという。問題は条文。「生活の本拠を共にする交際相手からの暴力」となっている。つまり同じ屋根の下にいなければ条文には該当しない。
 同時にストーカー規制法も改正になった。「付きまとい」のなかに電話やファックスだったが今後はメールも含まれるとした。現実に大量送信のメールによる付きまといなのにメールは条文にないからと無視。重大事件を防げなかった事例があった。
 しかし、メールも含めるべきだとする運用論は、複数の警察庁幹部が学論などで発表していた。要するに融通のつかない対応が問題なのだ。運用論なんですよ。今回のデートDVも「同居していないからダメ」なんていう頭の固い運用だけは止めてほしい。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

ストーカー規制強化 課題は(27日)NHK

ストーカー行為を規制する「改正ストーカー規制法」が26日に成立し、繰り返しメールを送る行為を新たに禁止するなど規制が強化されました。
専門家は、一定の評価をする一方で、さらに対策を強める必要があると指摘しています。

26日に衆議院本会議で全会一致で可決・成立した「改正ストーカー規制法」では、神奈川県と長崎県で起きた2件のストーカー殺人事件を防げなかったことを教訓に、繰り返しメールを送る行為を違反行為に追加したほか、被害者の住所地だけでなく、加害者の住所地を管轄する警察署なども警告を出せるようになりました。
ストーカー事件について詳しい常磐大学国際被害者学研究所の諸澤英道教授は、一歩前進だと評価する一方で、改正の内容には不十分な点があると指摘しています。
ストーカー規制法では、加害者が警察の警告に従わない場合は都道府県の公安委員会が禁止命令を出すことができ、この命令に従わずに起訴された場合の罰則は「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」となっています。
今回の改正では、罰則は重くならず、諸澤教授は、「ストーカー行為だけで起訴されても実刑になることはほとんどありえないほど軽い罰則になっている」と批判しています。
そのうえで「ストーカー行為は再犯率が非常に高く、ターゲットを別の人に変えたときにさらに凶暴になっているケースが多い」として、刑務所などで加害者に更生のための治療を受けさせる制度を作ることが重要だと話しています。また、諸澤教授は「今の法律では、被害者にとって警察以外に頼る場所がないことが課題だ」として、ドメスティック・バイオレンス防止法のように、裁判所が命令を出せる仕組みを取り入れることも検討すべきだとしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130627/k10015616731000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

干物店2人刺殺、元従業員を強盗殺人罪で起訴(27日)読売

静岡県伊東市で昨年12月、干物店の冷凍庫から店の経営者ら男女2人の刺殺体が見つかった事件で、静岡地検沼津支部は26日、同店元従業員の無職肥田公明容疑者(60)(伊東市大原)を強盗殺人罪で静岡地裁沼津支部に起訴した。起訴状では、肥田容疑者は昨年12月18日、同店で、経営者の清水高子さん(当時59歳)(伊東市富戸)と従業員の小淵慶五郎さん(当時71歳)(同市荻)の首を刃物で突き刺すなどして殺害し、売上金約40万円を奪った、としている。静岡地検の西谷隆次席検事によると、肥田容疑者は「身に覚えがない」などと話しているという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

「奥さんと交際できると」男性刺殺、24歳起訴(27日)読売

茨城県境町塚崎、自動車修理工小野里正志さん(38)が自宅寝室で刺殺された事件で、水戸地検は26日、同町山崎、無職野村賢志容疑者(24)を殺人、住居侵入罪と銃刀法違反で水戸地裁に起訴した。
 起訴状では、野村容疑者は5月27日午前2時15分頃、小野里さん宅に侵入し、2階寝室で小野里さんの左胸を果物ナイフで刺すなどして殺害した、としている。捜査関係者によると、野村容疑者は「小野里さんが邪魔だった。殺せば(小野里さんの)奥さんと交際できると思った」などと供述しているという。野村容疑者と小野里さんの妻(37)は、町内の同じレンタルビデオ店で働いていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

42年前の「三崎事件」 血痕が被害者と一致せず (27日)TBS

42年前に神奈川県三浦市で一家3人が殺害された「三崎事件」で、唯一の物証とされる元死刑囚の道具袋についた血痕が弁護団の実施したDNA鑑定で、被害者のものと一致しなかったことが分かりました。
 「三崎事件」は1971年、神奈川県三浦市で食料店の店主ら一家3人が殺害されたもので、3年前に東京拘置所で病死した荒井政男元死刑囚(当時82)の遺族が冤罪を訴え、裁判のやり直しを求めています。
 裁判では、元死刑囚の道具袋に付いていた血痕が、当時の鑑定を元に「被害者のもの」と認定されていますが、荒井元死刑囚の弁護団がDNA型の再鑑定を実施したところ、「被害者のものではない」とする結果が出たことがわかりました。
 弁護団は「無罪を示す新しい証拠」だとして、東京高裁に対し、速やかに裁判をやり直すよう求める書面を提出しました。(26日21:12)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5368217.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

青森市倉庫全焼火災 放火の疑いで34歳の男逮捕(27日)フジテレビ

青森県で6月21日、倉庫が全焼した火事で、26日、放火の疑いで男が逮捕された。
逮捕されたのは、青森市に住む斉藤健彦容疑者(34)。
斉藤容疑者は21日、青森市千刈の会社倉庫に火をつけ、2階建ての倉庫を全焼させた疑いが持たれている。
この火事で、けが人はいなかった。
斉藤容疑者は、被害に遭った倉庫の使用者や保有者とは、面識がないという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00248763.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・八潮市連続小学生首絞め事件 12歳の男子中学生を補導(27日)フジテレビ

埼玉・八潮市で25日、小学生が相次いで首を絞められた事件で、警察は、一連の事件に関与した疑いで、男子中学生を26日夜に補導し、事情を聴いている。
補導されたのは、埼玉県内に住む中学1年の男子生徒(12)。
男子生徒は25日夕方、下校中の小学1年と3年の男子児童に対し、「殺す」などと脅したうえ、手で首を絞めた疑いが持たれている。
児童に、けがはなかった。
1年生の児童が被害に遭った直前の様子をとらえたとみられる防犯カメラ映像には、信号待ちをしている青い傘を差した男の子に近づいていく、若い男の姿が映し出されていた。
男の子が逃げようとすると、走って追いかけ、男の子の前に回り込んだ。
そして、この直後、犯行に及んだとみられている。
首を絞められた男子児童の両親は、「(信号を)渡り終えたら、そのあと、首を絞められて、『殺すぞ』と言われたらしい」、「犯人は、自分で『俺は中学生だ』と言っていた」と話した。
捜査関係者によると、被害者の目撃情報などから、男子生徒が浮上したという。
調べに対して、男子生徒は、2人の首を絞めたことを認めているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

処分保留の警部補起訴を遺族が地検に申し入れ 富山(27日)

富山市で3年前に会社役員の夫婦が殺害された事件で、処分保留となっている富山県警の元警部補について、被害者の遺族が早期に起訴するよう富山地検に申し入れました。
 遺族の男性:「起訴になって、早く判決をもらいたい」
 富山県警の元警部補・加野猛容疑者は、2010年4月に会社役員夫婦を殺害した疑いなどで逮捕されましたが、約4カ月の鑑定留置を実施した富山地検は先月、「捜査を継続する必要があり、現時点で起訴の可否を判断できない」として、処分保留としました。それを受け、遺族は26日、富山地検に対して「検察の判断で不起訴にすることは絶対にやめて下さい」などと記した要望書を提出しました。地検は、処分保留になった理由や起訴の見込みなどについては答えられないとしています。加野容疑者は覚醒剤事件の捜査情報を漏えいしたとして、地方公務員法違反の罪で起訴・勾留中で、27日に初公判が開かれます。

2009_1229_211958annlogo1

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000007785.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子中学生に強制わいせつ疑い 道警の警部補逮捕(27日)産経

北海道警監察官室は26日、強制わいせつ容疑で、札幌市白石区本通17丁目南、白石署刑事1課警部補、中山洋介容疑者(34)を逮捕したと発表した。
 監察官室によると、中山容疑者は今月20日午後8時から同10時の間、同市内の中学校の女子生徒宅で、生徒に対して抱きついたり、キスをするなどのわいせつな行為をした疑いがもたれている。
 生徒の母親からの相談を受け、道警が調べていた。
 道警によると、中山容疑者は過去に生徒から職務として相談を受けていたという。中山容疑者は容疑をおおむね認めているが一部あいまいな供述をしているといい、道警はさらに詳しく調べている。
 中山容疑者は平成15年に道警に採用、同23年4月に現在の白石署の刑事1課強行犯係長となった。
 北海道警察本部監察官室は「厳正な処分を行う」とコメントした。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130627/crm13062700060000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

69歳女性が自宅で窒息死 長野・佐久(27日)産経

長野県警佐久署は26日、同県佐久市の飲食店手伝いの女性(69)が自宅で25日に死亡しているのが見つかったと明らかにした。司法解剖で死因は窒息死と判明し、同署が事件性の有無を調べている。
 県警によると25日午前9時40分ごろ、女性の夫が自宅兼店舗2階の部屋で、女性が倒れているのを見つけて119番通報。搬送先の病院で死亡が確認された。
 女性は夫と2人暮らし。目立った外傷はなく、着衣の乱れや部屋を荒らされた形跡もなかった。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130626/crm13062623230018-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪、性犯罪が過去最悪の発生ペース 路上で拉致、監禁も 声かけられたら“要注意”(27日)産経

大阪で性犯罪が止まらない。今年に入ってから大阪府警が認知した強制わいせつ事件は今月9日に500件を突破した。過去最高だった昨年を約10日上回るペースで、このままいけば4年連続で全国最悪になる可能性が高い。府警は昨年から、性犯罪の抑止対策に力を入れているが、目に見えた効果が表れないのが実情だ。府警幹部は「ひったくり以上に、性犯罪の街と呼ばれるほど不名誉なことはない。何とか減少させたい」と危機感を募らせている。
 強制わいせつは、服の上から体に触れる痴漢と違い、下着の中に手を入れて直接肌を触るといった悪質な性犯罪。18~21年は東京の発生件数が最多だったが、22年以降、大阪がワーストになっている。
 過去最多の1251件だった昨年は暖かくなる4月から増え始め、6月の152件をピークに、10月まで毎月100件を超える発生が続いた。今年は5月に入ってから増加傾向が見え始め、前年同月より18.4%増の122件になった。
 強姦事件(未遂含む)も前年を大きく上回るペースで推移している。5月末までの認知件数は前年の45件から5割増の69件に達しており、このうち15件は、路上などでいきなり車に連れ込まれ、監禁されるという極めて悪質な犯行だった。
 府警は平成23年の組織改編時に、殺人事件などの凶悪犯を取り扱う捜査1課の人員を約70人増員。このうち30人を性犯罪捜査にあてるなど対策を強化し、多数の連続犯を逮捕している。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130626/crm13062622350016-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月26日 | トップページ | 2013年6月28日 »