« 2013年6月19日 | トップページ | 2013年6月21日 »

2013年6月20日

2013年6月20日 (木)

79歳女性「うそ」で2000万円被害(20日)NHK

今月7日、宇都宮市の79歳の女性の元に会社員を名乗る男から、「当選して現金が当たりました。経理上の手続きでお金が必要です」などといううその電話があり、2000万円をだまし取られていたことが分かりました。

今月7日、宇都宮市に住む79歳の女性の自宅に会社員を名乗る男から、「あなたが当選し、口座に1000万が振り込まれます」とうその電話がありました。
その後、「手続きをしたが振り込みができない。経理上の手続きに半額の500万円が必要です」などと電話があり、女性は自宅を訪れた男に500万円を手渡したということです。
女性の自宅には、その後、2日続けて、現金が当たったという電話があり、女性はさらに1500万円を自宅を訪れた男に手渡したということです。
女性は、口座に振り込みがないことから不審に思い、民生委員に相談して被害が判明したということです。
警察によりますと、女性の自宅を訪れた男は3回とも別の男だったということで、警察ではグループによる詐欺事件とみて捜査しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130620/k10015457361000.html

News_pic1

| トラックバック (0)

「歩き携帯」で鉄道4社に要望書…千代田区(20日)読売

駅のホームなどで携帯電話やスマートフォンを歩きながら使い、思わぬ事故に遭う危険性があることから、東京都千代田区は19日、JR東日本や東京メトロなど区内に乗り入れている鉄道事業者4社に、安全対策を求める要望書を提出した。


 要望書では子供や高齢者も多く利用する駅で事故を未然に防ぐため、ホームの線路沿いにホームドアを設置して転落しないようにしたり、利用者に注意喚起したりするなどの対応を早急に検討するよう求めている。
 都内では今年5月、JR四ツ谷駅で、携帯電話の画面に気を取られていた男児が、線路に転落する事故が起き、JR東日本では今月から携帯電話などを使いながらホームを歩かないよう呼びかけるキャンペーンを始めている。
 同区の担当者は「事業者ごとの対策も始まっているが、携帯電話会社などにも呼びかけて、共通した安全対策が取れるような働きかけをしていきたい」と話している。

| トラックバック (0)

福岡の2暴力団、特定抗争指定を延長へ 「終結」認めず(20日)朝日

福岡、佐賀、熊本、長崎の各県公安委員会は20日、指定暴力団道仁会(福岡県久留米市)と九州誠道会(同県大牟田市)の「特定抗争指定暴力団」の指定を3カ月延長することを決めた。両団体側は今月、抗争の終結を宣言したが、公安委は終結が確認できず抗争継続の恐れがあると判断した。25日付の官報に公示する。
 両団体は昨年12月に「特定抗争」に指定され、久留米市大牟田市などの警戒区域内で組員が組事務所に出入りしたり、5人以上で集合したりすればすぐに逮捕できるようになった。指定は3カ月ごとに更新され、今月26日が期限だった。
 11日に両団体の幹部が福岡県警久留米署を訪れ、誠道会が解散届を、道仁会が抗争を終えるとの宣誓書を提出。県警はその後、両団体の幹部から事情を聴いていた。その上で、4県の公安委は「ただちに抗争が終結したと認めることができない」などとして、さらに確認する必要があると判断。指定を9月26日まで延長することに決めた。

| トラックバック (0)

独断で生活保護止める、平塚の男性が体調崩し救急搬送 (20日)TBS

神奈川県・平塚市で40代の男性が生活保護を止められ、その後、体調を崩して救急搬送されていたことが分かりました。平塚市は手続きに問題があったことを認め、謝罪しました。
 「働く気がないなら払わない」。去年10月、神奈川県平塚市に住む40代の男性は突然、生活保護費の支給を止められました。理由は「ハローワークに通っている形跡がうかがえない」というものでした。
 「彼は足に病気を持っていて、なかなか仕事に行ける状況ではない。それでああいう状況になってしまった」(平塚パトロール【支援団体】 由良哲生さん)
 保護費の支給を止めるには文書で指導した上で、本人の弁明を聞く機会を設けなければなりませんが、市の職員はこうした手続きを踏まず、独断で支給を停止していました。
 男性は10月分の生活保護費を渡されず、11月分の生活保護費も止められたと思い、受け取りに行きませんでした。
 支援団体によりますと、男性は生活に困り、3袋入り150円のうどんを1日1袋食べ、暮らしていたといいます。12月に入り、足の具合が悪くなり、病院に救急搬送、病院からは栄養失調の影響も指摘されたといいます。
 「病気があったがために、あと1か月(生活保護を)止められてたら、恐らく亡くなっていた。こんなことをするのは、とんでもないこと」(平塚パトロール【支援団体】 由良哲生さん)
 市役所を訪れた男性にケースワーカーはこう言ったといいます。
 「仕事したくないから、病院に行ったんだろう」
 しかし、支援団体が平塚市に抗議すると、市は「独断で支給を停止したことは問題」だと認め、男性に謝罪しました。
 「生活に大きな影響が出てしまった。市としては非常に反省している」(平塚市生活福祉課 川田安彦 課長)
 就労支援の強化などを盛り込んだ生活保護法の改正案が国会で審議される中、現場の実態に詳しい藤田氏は行政の職員の焦りを感じるといいます。
 「早く仕事を探せというような無理やりな就労指導も散見されてきている」(NPO法人「ほっとプラス」 藤田孝典 代表理事)
 神奈川県は「明確な法令違反」だとして、平塚市に対し指導、平塚市はケースワーカーの男性職員に対し処分を検討しています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5362574.html

| トラックバック (0)

JR大森駅に爆破予告 数百人が一時屋外避難(20日)テレビ朝日

20日、警視庁のホームページに「JR大森駅を爆破する」と書き込まれているのが見つかりました。警視庁は駅ビルを封鎖し、客ら数百人が一時、避難する騒ぎになりました。
 午前10時すぎ、警視庁のホームページに「12時にJR大森駅で2つの爆弾が爆発する。何人死ぬかな」などと書き込まれているのが見つかりました。警視庁の爆発物処理班など約100人が駆けつけて付近を調べたところ、駅ビル内の喫茶店に不審な白い袋が置かれているのが見つかるなどしたため、駅ビルを封鎖し、客など数百人が一時、屋外に避難する騒ぎになりました。警視庁は威力業務妨害の疑いで、爆破予告を書き込んだ人物の特定を進めています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000007479.html

| トラックバック (0)

娘が母親を殺害か「首を絞めて殺した」と通報 大阪・交野(20日)産経イザ

 20日午前8時ごろ、大阪府交野市星田の民家から「母親の首を絞めて殺した」と府警交野署に通報があった。駆けつけた交野署員が、この家に住む無職、向井フミ子さん(77)が室内で死亡しているのを発見。現場にいた向井さんの娘(53)が自分が殺害したと話したため、同署は殺人容疑で事情を聴いている。 同署によると、向井さんは娘と2人暮らし。向井さんの遺体には目立った外傷がなく、死亡の経緯を詳しく調べる。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

Head_logo1

| トラックバック (0)

職務中にあんぱん万引 埼玉・北本市職員を逮捕(20日)産経

市役所の業務のため訪れていた埼玉県北本市のスーパーで商品を万引したとして、鴻巣署は19日、窃盗の現行犯で、北本市産業観光課主幹、藤田耕三容疑者(58)=さいたま市西区=を逮捕した。同署によると「金を払うのがもったいなくて盗んだ」と容疑を認めている。当時の所持金は約千円だった。
 同署によると、藤田容疑者は店舗が使用する器具を北本市が検査する日程について連絡するためスーパーを訪問。商品を盗んだ後、男性店長に検査について説明して店を出たところで、巡回中の私服警備員に声を掛けられ、万引行為を認めた。
 逮捕容疑は19日午後4時ごろ、北本市二ツ家のスーパーマーケット「スーパーベルク北本二ツ家店」で、缶ビールやあんパンなど計8点(計約1700円相当)を盗んだとしている。
 北本市によると、藤田容疑者は産業観光課で商工や労政を担当。同課は「事実関係を確認して適切に対処したい」としている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130620/crm13062015220011-n1.htm

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安

首都東京体感治安(20、21日単位・レベル)
貴重な税金だthunder 
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130618103457

 大麻取締法違反で逮捕され服役後に無収入を装って難民保護費を不正受給していたナイジェリア国籍の男が19日、警視庁に逮捕された。
 5月には東京・歌舞伎町で売り上げ1億円以上もある韓国人クラブの経営者が、無収入を装って生活保護費を受給していたとして警視庁に逮捕された。
4月には生活保護受給者の入居施設を運営する会社社長らが入居者の生活保護費を着服した疑いで警視庁に逮捕されたが、この金が山口組系組員に流れていた。
 また同月には一定の収入があるのにもかかわらず2年間にわたり不正受給していた54歳と47歳の夫婦が警視庁に逮捕されている。
 このほかパキスタン国籍の男と義弟が、派遣会社に勤務しながら無収入と偽り、不正受給したとして、神奈川県警に逮捕されるなど、生活保護費の不正受給が後を絶たない。
 こんな不正に業を煮やした兵庫県小野市が、生活保護を受けている人がパチンコで浪費しているのを見た-など不正な受給者を見つけた場合は、通報することなどを定めた福祉給付制度適正化条例を制定させた。
 厚労省によると平成23年の全国の不正受給件数は3万5568件(前年度比1万213件増)、金額は173億1299万円(同44億3874万円増)に上り、過去最悪を更新した。
 このため厚労省は昨年8月、社会保障制度の改革に乗り出し、逮捕者を厳格に処罰すほか受給者には就労促進をするという。
 法律を厳しくするだけでは防げない。プライバシーなんて言っていないで生活の中にドンドン立ち入り、二重にも三重にもチェックを厳重にすることだ。役所には国民の血の滲む税金をチェックする義務がある。警察だけでは防げない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安"

| トラックバック (0)

母さん助けて詐欺:元「出し子」の後悔 障害者引き込まれ(20日)毎日

警視庁が「母さん助けて詐欺」と改名した後も被害が絶えない振り込め詐欺。現金を引き出す役割の「出し子」として有罪となった30代の男性は難聴で仕事がないことを見透かされ、詐欺集団に引き込まれていた。同じように障害者が振り込め詐欺で金の受け取りなどに使われる事例は多いという。今は東北で放射能の除染作業に従事する男性を訪ねると、「被害者の方々に申し訳ない。利用されるのは僕だけで十分です」と声を落とした。
 2011年4月。男性は関東でその日も運転手や別の出し子との3人でワンボックスカーに乗っていた。金融機関を1日に何軒も回って現金を引き出し、運転手に渡す役割だった。郵便局から少し離れた場所で車を降り、他の2人は車中で待機した。記帳のためATM(現金自動受払機)に通帳を入れると、機械が停止した。運転手に携帯電話で報告すると、「やばい。逃げろ」と告げられた。電話が切れた時には、職員3人に囲まれていた。
 「詐欺未遂容疑で逮捕する」。警察署に連れて行かれ、逮捕された。詐欺の被害金を引き出そうとした容疑だった。「なぜ逮捕されたのか分からず、混乱した」と振り返る。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://mainichi.jp/select/news/20130620k0000e040171000c.html

| トラックバック (0)

モスクワ日本大使館に2人侵入、北方領土で抗議(20日)読売

【ウラジオストク(ロシア極東)=田村雄】モスクワの日本大使館前で19日昼(日本時間同夕)、反政府団体「もう一つのロシア」のメンバー約10人が日本の北方領土返還要求に抗議する活動を行い、2人が門を乗り越えて大使館敷地内に侵入、警備員に取り押さえられた。メンバーは大使館敷地内に発煙筒も投げ込んだ。
 同大使館によると、取り押さえられた2人は露警察当局に引き渡され、さらに1人が大使館前で警戒中の露警察官に拘束された。
 同大使館前では、北方領土問題で抗議集会が度々行われているが、敷地内に侵入されたり、発煙筒が投げ入れられたりするのは異例だ。

| トラックバック (0)

「メロディーパト」巡回 オルゴール調の曲流し 奈良(20日)朝日

童謡のようなオルゴール調の音楽を流しながらの「メロディーパトロール」に、奈良県警が取り組んでいる。地域住民からも「心安らぐ」と好評という。
 作曲も演奏も県警職員のオリジナル曲「いかのおすし一人前」。パトロール強化を望む県民の声を受け、「見える・聞こえる巡回」で犯罪を減らす。
 柔らかな口調で雑踏警備をした「DJポリス」がいま、話題を集めている。県警の担当者は「奈良ではメロディーポリスが安心をお届けします」。
 メロディーを聴きたい方は、県警のホームページへ。歌詞付きバージョンもあります。https://www.police.pref.nara.jp/chiiki/mero_pato/index.html

| トラックバック (0)

トヨタ、ホームページ改ざんされる 情報流出はなし(20日)朝日

 トヨタ自動車のホームページの一部が不正なアクセスを受け、改ざんされていたことが分かった。ホームページ内の「ニュース」のページを見ると、不正なプログラムが自動的に実行される状態になっていた。利用者の情報流出は確認されていないという。
 トヨタによると、改ざんされた可能性があるのは5~14日。「トップページ最新ニュース」「ニュース一覧」「投資家情報 IRニュース」「CSR・環境・社会貢献 ニュース」「パートナーロボット」「車種トップページニュース」の各ページが被害にあった。
 トヨタは、改ざんを受けたコンテンツのほか、安全のため25のコンテンツを停止。利用者には、セキュリティーソフトを最新の状態にしたうえで、ウイルス感染の確認や駆除を実施するよう呼びかけている。
 トヨタは18日になってホームページだけで「おわびとご報告」を公表。記者会見などは行わなかった。

Logo2

http://www.asahi.com/national/update/0620/NGY201306190041.html

| トラックバック (0)

「イオンモール」本社に拳銃の“実弾”届く (20日)TBS

イオングループ中核企業の「イオンモール」本社に、拳銃の実弾のようなもの1発などが入った封筒が送りつけられていたことがわかりました。
 警察によりますと、19日午前、千葉市美浜区にあるイオングループ中核企業の「イオンモール」本社に、拳銃の実弾のようなもの1発などが入った封筒が送りつけられているのが見つかり、会社側が警察に届け出ました。
 封筒はイオンモールの社長あてで、千葉県以外で進められている店舗の建設工事への参入を求める文書も入っていたということですが、差出人の名前や団体名などは書かれていなかったということです。
 警察は脅迫と銃刀法違反の疑いで捜査しています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5362111.html

| トラックバック (0)

県立高校で生徒18人病院搬送、3人入院 集団パニックか 兵庫県(20日)フジテレビ

兵庫県の県立高校で、女子生徒18人が、体調不良で病院に搬送された。過呼吸を訴える生徒もいて、集団パニックの疑いもある。
兵庫県立上郡(かみごおり)高校の松崎隆幸校長は、「よーいドンで21人(体調不良に)なったのではなくって、順番に増えていって、そして中には、気分が悪くなった子を連れて降りてくれた子が、また戻って、気分が悪くなって、そういう過呼吸の状態になったという」と話した。
19日午後1時すぎ、兵庫・上郡町の県立上郡高校から、「女子生徒十数人が廊下で倒れていて、全員過呼吸の状態です」との通報が消防に入った。
警察によると、現場では、1年生の女子生徒1人が泣き叫び、興奮状態になっていた。
さらに、それを見ていた周りの女子生徒も、次々と体調不良を訴えたという。
松崎隆幸校長は「中には、涙を流してる子とか。あと、なんていうんですかね、ハーハーハーと、そういう状況ですかね。非常に息苦しい(状態)というか」と話した。
合わせて18人が病院に搬送され、3人が入院した。
原因については、わかっていないという。
みゆきクリニックの塙 美由貴院長は「思春期の段階にある女の子たちっていうのは、まだ自我状態が十分に大人になりきれていないので、自分と他者の距離が、近くなりすぎてしまう。人の不安を、まるで自分の不安であるかのように伝搬するっていうこともあり得たかな」と話した。
また、対処法について塙 美由貴院長は「少なくとも、その不安が伝搬するということにおいては、他者の不安と自分の不安というのは、違うものだということを正しく認識するということも、1つの対処法かと思います」と話した。
警察は集団パニックの疑いもあるとしている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00248324.html

| トラックバック (0)

モデル志望の女性に乱暴・強盗で29歳男を逮捕(20日)テレビ朝日

「5万円で写真を撮る」などとモデル志望の20代の女性をホテルに呼び出し、乱暴したなどとして、29歳の男が逮捕されました。
 無職の福地優樹容疑者は去年11月、インターネットの掲示板で知り合ったモデル志望の20代の専門学校生の女性を「バイト料、5万円で撮影する」などと、東京・池袋のホテルに呼び出しました。その際、女性の手足を結束バンドで縛って乱暴したうえ、現金約6万円が入った財布などを奪った疑いが持たれています。福地容疑者は1月に千葉県内で万引きをしたとして逮捕され、採取されたDNA型が現場に残されていた体液と一致したということです。取り調べに対し、福地容疑者は「乱暴はしていない」などと容疑を一部否認しています。警視庁によりますと、豊島区や台東区では、モデル志望の女性がホテルに呼び出されて乱暴される被害が数件相次いでいて、警視庁が余罪を調べています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000007429.html2009_1229_211958annlogo1

| トラックバック (0)

服役後も難民申請で残留のナイジェリア人、保護費詐取容疑で逮捕(20日)産経

無収入を装い難民保護費を不正受給したとして、警視庁組織犯罪対策1課は、詐欺容疑でナイジェリア国籍で千葉県習志野市藤崎、ホテル従業員、ムオ・チディ・デクライン容疑者(45)を逮捕した。同課によると、容疑を認めている。
 ムオ容疑者は、平成3年に短期滞在ビザで入国したが、12年に大麻取締法違反罪などで実刑判決を受けて服役。出所直後の22年1月に入国管理局に難民認定を申請し、却下された後も再申請を続けていた。
 難民保護費は、生活に困窮した難民や難民申請者に支払われる。ムオ容疑者は「本国に帰りたくないので難民認定を申請した」と供述しており、同課は不法残留を続けるために申請を続けていたとみている。
 逮捕容疑は昨年12月~今年5月、ホテルで働いて計44万円の収入があったのを隠し、難民保護費計34万円を不正に受け取ったとしている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130619/crm13061914020003-n1.htmMsn_s1

| トラックバック (0)

« 2013年6月19日 | トップページ | 2013年6月21日 »