« 2013年6月17日 | トップページ | 2013年6月19日 »

2013年6月18日

2013年6月18日 (火)

暴行事件 住吉会側が賠償支払いで和解(18児)NHK

指定暴力団住吉会系の暴力団組長らが、みかじめ料の支払いを断った千葉県内の会社社長の男性に暴行を加えて現金を奪った事件を巡り、男性が上部団体の住吉会幹部に損害賠償を求めた裁判は、住吉会側が1450万円を支払うことで和解しました。

中古車販売会社を経営する千葉県の52歳の男性は3年前、住吉会系の暴力団の組長らから要求されたみかじめ料の支払いを断ったところ、鼻の骨を折る暴行を受けて、現金80万円などを奪われ、組長らは刑事裁判で実刑が確定しました。
これについて男性は、上部団体に賠償を求めて責任が追及できるとした暴力団対策法を根拠に、住吉会の西口茂男総裁ら最高幹部に対して、以前支払ったみかじめ料の返還や慰謝料の支払いなど、合わせて2200万円余りの損害賠償を求める訴えを千葉地方裁判所に起こしていました。
男性の弁護士によりますと、裁判所の和解勧告を受けて双方が協議を進めた結果、住吉会側が責任を認めて遺憾の意を表明したうえで、1450万円を支払うことで17日、和解したということです。
これについて住吉会側の弁護士は、「早期の解決を図るためにも、原告の主張のうち理解できるところは受け入れた」としています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130618/k10015398851000.html

| トラックバック (0)

女性の靴窃盗:容疑の35歳逮捕 自宅から108足(18日)毎日

兵庫県内の体育館などのげた箱からハイヒールやブーツなどを繰り返し盗んだとして、兵庫県警伊丹署は18日、窃盗の疑いで同県尼崎市西難波町、無職、蛭井孝郎容疑者(35)を逮捕、送検したと発表した。
 伊丹署によると、自宅の段ボールの中に並べて保管された女性用の靴108足が見つかり、うち18足の容疑を裏付けた。「観賞するために盗んだ」と容疑を認めている。
 逮捕、送検容疑は2011年3月30日〜13年4月23日、兵庫県東部にある体育館やスポーツセンターで運動中の10〜40代の女性を狙い、げた箱からパンプスなど18足(7万3000円相当)を盗んだ疑い。(共同)

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130619k0000m040022000c.html

| トラックバック (0)

サイバー犯罪捜査に民間力を…警視庁が協定(18日)読売

巧妙化するサイバー犯罪の捜査に民間企業の技術力を生かそうと、警視庁は18日、情報セキュリティー会社の「シマンテック」「トレンドマイクロ」「マカフィー」の3社と情報交換の協定を締結した。


 捜査情報の一部が提供されるため、企業側に秘密保持を求める項目も盛り込まれた。
 同庁は今後、3社に高度なウイルス解析などを依頼するほか、捜査で把握した不正アクセスの手口などを提供し、同種事件の再発防止に役立ててもらう。

| トラックバック (0)

「人増やしてもらえる」関西電力社員が停電させた疑いで逮捕(18日)TBS

関西電力の社員の男が、変圧器を操作して一般家庭など132軒をわざと停電させたとして書類送検されました。「故障や事故が起きれば、人を増やしてもらえると思った」と話しているということです。
 偽計業務妨害の疑いで書類送検されたのは、関西電力難波営業所で保全担当を務める37歳の社員の男です。
 警察などによりますと、男は先月31日の夜、浪速区と天王寺区にある5か所の配電ボックスを工具で開けて中の変圧器などを操作、送電を遮断した疑いです。この影響で周辺の132軒の一般家庭や店舗などが停電しました。1時間半にわたって停電した家もあったということです。
 取り調べに対し男は、「仕事に忙殺されていることに不満を持っていた。故障や事故が起きれば人を増やしてもらえると思った」と話しているということです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5361014.html

| トラックバック (0)

土地売買手数料を隠し“1億円脱税”韓国籍の男逮捕(18日)テレビ朝日

土地売買を仲介した際の手数料などを隠して所得税1億円余りを脱税したとして、韓国籍の会社役員の男が逮捕されました。
 横浜地検に所得税法違反の疑いで逮捕されたのは、健康用品販売会社の役員・尹智雄(イン・トシオ)容疑者(46)です。尹容疑者は2010年12月、仙台市内の土地売買を仲介した際に得た手数料など約2億9000万円を申告せず、所得税1億1000万円余りを脱税した疑いが持たれています。尹容疑者は、営業実態のない会社の口座に手数料を振り込ませる手口で、所得を隠していました。横浜地検は、脱税した金の使途や動機などを調べています。

2009_1229_211958annlogo1_4 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000007368.html

| トラックバック (0)

「楽天銀行」で不正送金を引き出した疑いで中国人5人逮捕 神奈川県警(18日)産経

ネットバンク「楽天銀行」の他人の預金口座から不正送金された現金を引き出したとして、神奈川県警国際捜査課などは18日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)容疑で、いずれも無職の江祖秀(25)=横浜市中区、林智(25)=東京都江戸川区=の両容疑者ら男4人と少年1人を逮捕した。両容疑者は、容疑を否認しているという。
 同課によると、他人の預金口座への不正アクセスも確認されており、同課は5人が関与した可能性もあるとみて捜査を進める。
 江容疑者の逮捕容疑は、4月8日、横浜市内の現金自動預払機(ATM)で、他の3容疑者と共謀して、福岡県の男性(46)名義の口座から不正送金された約400万円のうち350万円を引き出したとしている。林容疑者は同月26日、同様に大阪府の男性(27)の約150万円を引き出したとしている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130618/crm13061818310012-n1.htm

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18、19日単位・レベル)
迎えた正念場
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130614124145

 九州の暴力団に動きが出てきた。一般市民にも死傷者が出るなど対立抗争を続けてきた道仁会と九州誠道会が対立抗争終結宣言の文書を福岡県警に提出し、九州誠道会に至っては解散届けを出したという。
 ところが、これに対して警察庁は懐疑的だという。
 産経新聞によると九州誠道会は平成20年にも抗争終結を県警に伝えたが、その後も発砲事件が続いたからがその理由だ。
 福岡県、特に北九州市では暴排条例の制定や改正暴対法の施行もあって、当時から「益々地下に潜るのでは?」と懸念されていた。
 道仁会や九州誠道会は特定抗争指定暴力団に指定されている。こうした状況で、警察は徹底検挙に向けて警視庁など4都府県警から応援派遣、徹底取り締まりを実施している。
 抗争終結や解散届けなどは、特定抗争指定暴力団の更新をされないようにするための偽装工作とする見方もある。
 解散と見せかけて他の暴力団に組み入れられるなど離合集散の繰り返しでは取り締まりの意味がない。
 今、九州は暴力団壊滅に向けて正念場を迎えている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| トラックバック (0)

教諭に暴行加えた疑い、中3男子の2人逮捕 神戸(18日)共同

神戸市北区の市立中学校の敷地内で教諭を殴るなどしたとして、神戸北署は17日、傷害と暴行の疑いで、中学3年の男子生徒2人=いずれも(14)=を逮捕した。
 2人のうち1人の逮捕容疑は13日午後3時半ごろ、同校の教室や廊下で、服装の乱れを注意した男性教諭(48)ら2人の顔を殴り、軽傷を負わせた疑い。「教諭の手を払いのけようとして手が当たっただけ」と容疑を否認しているという。
 もう1人の容疑は同日午後3時45分ごろ、別の部屋で暴言などについて注意をしていた女性教諭(29)に対し、両手をひねるなどの暴行を加えた疑い。容疑を認めているという。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201306/0006085421.shtml

| トラックバック (0)

工場火災 連続放火疑いで捜査(18日)NHK

18日朝、東京・大田区の金属加工会社の工場で建物の一部が焼ける火事があり、この会社ではことし4月以降、18日を含めて6件の火事が相次いでいることから警視庁は連続放火の疑いで捜査しています。18日午前7時過ぎ、東京・大田区北糀谷の金属加工会社、「羽田パイプ製造所」で、敷地内の建物の2階にある食堂から火が出ました。
従業員が消火に当たり、火はまもなく消えましたが、食堂の食器棚が焼けました。
当時、食堂には誰もおらず、この火事によるけが人はいませんでした。
警視庁の調べによりますと、食堂には火の気がなかったほか、この会社では、ことし4月以降、事務所が全焼するなど、18日を含めて6件の火事が相次いでいるということです。
いずれも火の気のないところから出火していることから、警視庁は連続放火の疑いで捜査を進め、出火当時、不審な人物が目撃されていないかなどを調べています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130618/n69961610000.html

| トラックバック (0)

パチンコカード盗んだ教諭、書類送検隠し授業(18日)読売

名古屋市教育委員会は17日、パチンコの遊技台に使うコイン形ICカードを盗んだ疑いで守山署から書類送検された市立小学校の男性教諭(27)を停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。


 発表によると、男性教諭は昨年12月31日、同市守山区のパチンコ店で、隣の客が席を離れた際、遊技台からコイン形ICカード1枚(残額3000円相当)を盗んだとして守山署から2月に窃盗容疑で書類送検された。その後、不起訴(起訴猶予)になったという。 男性教諭は3月中旬まで学校側に報告せず、教壇に立っていた。教諭は市教委に対し、「パチンコで負け、ついやってしまった」と話しているという。

| トラックバック (0)

陸上自衛隊の陸曹長 中国籍女と“偽装結婚”で逮捕(18日)テレビ朝日

陸上自衛隊の53歳の陸曹長が、31歳の外国籍の女と偽装結婚したとして逮捕されました。
 京都市にある陸上自衛隊桂駐屯地勤務の陸曹長・谷本孝行容疑者は一昨年11月、結婚する意志がないにもかかわらず、中国籍の風俗店従業員・孟迪容容疑者との婚姻届を京都市の南区役所に提出した疑いが持たれています。2人はいずれも容疑を認めているということです。また、谷本容疑者は「金に困ってやった」と話していることから、警察は、金銭を受け取っていた可能性があるとして仲介業者の存在についてもさらに詳しく調べています。

2009_1229_211958annlogo1_3 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000007331.html

| トラックバック (0)

安愚楽牧場元社長ら3人逮捕 虚偽説明で勧誘容疑 出資者7万3千人(18日)産経

和牛オーナー制度が行き詰まり、約4300億円の負債を抱えて経営破綻した畜産会社「安愚楽牧場」(栃木県那須塩原市)をめぐり、事実と異なる説明で出資者を勧誘したとして、警視庁捜査2課は18日、特定商品預託法違反(不実の告知)容疑で、同社元社長、三ケ尻久美子容疑者(69)=同市埼玉=ら3人を逮捕した。
 出資者は全国で約7万3千人に上り、同社は平成23年8月に破綻する前の少なくとも数年間、出資金を別のオーナーの配当に充てる「自転車操業」に陥っていた疑いがあり、捜査2課は詐欺容疑での立件も視野に全容解明を進める。
 逮捕容疑は、平成23年4~7月、出資者約100人に対し、同社が保有する繁殖牛の頭数が大幅に不足しているにもかかわらず、「牛が実在している」との内容を記載したパンフレットを送付するなど、事実と異なる説明をしたとしている。
 同社は昭和56年創業で、全国約40カ所の直営牧場などで繁殖牛を飼育。雑誌広告などで繁殖牛のオーナーを募り、子牛を同社が買い取ることで年3~4%の配当が得られると宣伝し、出資をあおっていた。
 東京電力福島第1原発事故の影響で、牛肉価格が下落するなどして経営が悪化。23年8月に民事再生法の適用を申請し、同12月には破産手続きに移った。
 その後の消費者庁の立ち入り検査では、繁殖牛が出資者の契約頭数の55~69%しかいないことが判明。景品表示法違反に抵触したとして措置命令が出されていた。
 同社をめぐっては被害対策弁護団が栃木県警などに刑事告訴していたほか、警視庁にも被害相談が寄せられていた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130618/crm13061810190004-n1.htm

| トラックバック (0)

安愚楽牧場旧経営陣を強制捜査へ(18日)NHK

「和牛オーナー制度」で全国の7万人以上の会員から資金を集め、おととし経営破綻した栃木県の畜産会社「安愚楽牧場」が、繁殖用の牛の数を過大に説明していた疑いが強まったとして警視庁は旧経営陣数人を近く特定商品預託法違反の疑いで取り調べるなど強制捜査に乗り出す方針を固めました。

栃木県那須塩原市に本社があった「安愚楽牧場」は、繁殖用の牛への投資を募り、生まれた子牛を市場で売却した代金を配当する「和牛オーナー」制度で成長を続け、会員は7万人を超えましたが、おととし4200億円余りの負債を抱えて経営破綻し、破産の手続きが進められています。
警視庁が「安愚楽牧場」の契約や運用の実態について捜査を進めたところ、破綻の直前に投資家と契約する際に繁殖用の牛の数を実際よりも過大に説明していた疑いが強まったということです。
特定商品預託法では、投資の判断に影響を与える重要な事実について事業者が実際と異なる説明をすることが禁じられていて、警視庁は旧経営陣数人を近く特定商品預託法違反の疑いで取り調べるなど強制捜査に乗り出す方針を固めました。
警視庁は資金の流れなどを調べて、運用の実態について全容解明を進める方針です。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130618/k10015375101000.html

| トラックバック (0)

検察は反発「奪還や逃亡も」3死刑囚の証人尋問(18日)読売

オウム真理教の目黒公証役場事務長拉致事件などで起訴された元教団幹部・平田信被告(48)の公判前整理手続きが17日、東京地裁であり、斉藤啓昭裁判長は、井上嘉浩(43)ら元教団幹部の3死刑囚の証人尋問を地裁の法廷で行うことを決めた。
 地裁の判断に対し、法務・検察は強く反発している。ある検察幹部は、「教団が、元幹部の死刑囚らを裁判所への移送や公判中に奪還しようとすることだって考えられる。尋問の公開が、こうした危険を超えて重要だとは思えない」と批判。別の幹部も、「判決を出すのに、必ずしも死刑囚の公開尋問が必要なわけではない。裁判所の姿勢は疑問だ」と話した。
 また、死刑囚の処遇を担う法務省矯正局の幹部は、「死刑囚が塀の外に出ると、諦めていた生きることへの執着が出て、心情が乱れることが予想される。尋問が終わっても、その後に逃げ出したり、拘置所職員の指示に従わなかったりした場合、裁判所が責任を取れるのか」と憤慨した。

| トラックバック (0)

新任警部補、警察学校で酔って大騒ぎ 教官に暴言も(18日)朝日

【編集委員・緒方健二】幹部警察官が学ぶ警察庁関東管区警察学校東京都小平市)で、入校中の数人が授業のあと酒に酔って大騒ぎし、一部は注意した教官に暴言を吐くなどしていたことがわかった。警部補昇任試験に合格した警察官で、幹部向けの課程で学んでいた。学校側はうち1人だけを「学校長注意」という軽い処分にしていた。  学校側の説明では、騒ぎを起こしたのはいずれも30代の男性警部補。6日午後9時すぎ、校内の飲食施設で酒を飲んで敷地内の寮へ戻る途中、5、6人が上半身裸になったり、渡り廊下の屋根にぶら下がったりした。  騒ぎをやめるよう注意した教官に、学生の1人は「証拠を出せ」などとくってかかったという。ほかの教官や学生も加わって制止し、騒ぎは7日未明までに収まったという。

続きを読むhttp://www.asahi.com/national/update/0618/TKY201306170516.html

Logo2

続きを読む

| トラックバック (0)

「母さん助けて詐欺」撲滅訴えキャンペーン 東京・杉並区(18日)フジテレビ

「母さん助けて詐欺」の撲滅を訴えるキャンペーンが、東京・杉並区で行われた。
17日の集会には、杉並区内の金融機関の関係者らおよそ350人が参加し、警視総監や杉並区長が、被害を未然に防ぐための協力を呼びかけた。
2013年の杉並区内での被害額は、2012年の同じ時期の3倍以上にあたる、1億2,000万円にのぼり、発生件数も都内でワースト3位となっている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00248192.html

| トラックバック (0)

同居していた64歳の女逮捕 岐阜・関市包丁殺人事件(18日)テレビ朝日

岐阜県関市の住宅で59歳の男性が胸を包丁で刺された殺害された事件で、警察は、男性と同居していた64歳の女を逮捕しました。
 殺人の疑いで逮捕されたのは、岐阜県関市緑ヶ丘の自営業・長峯秀子容疑者です。長峯容疑者は15日未明、同居する山村理さんの胸などを包丁で刺して殺害した疑いです。長峯容疑者は15日朝に警察に通報し、「朝起きたら山村さんが倒れていた」と説明していました。現在は調べに対して容疑を否認し、「山村さんが自殺をした」と当初とは食い違った供述をしているということです。長峯容疑者は去年10月ごろ、警察に「山村さんが酒に酔うと、自分が暴力を振るわれる」と相談していて、警察は2人の間にトラブルがあったとみています。

| トラックバック (0)

2カ月前に被害…コンビニ店に刃物男 東京・青梅市(18日)テレビ朝日

東京・青梅市でコンビニ店に男が押し入り、何も奪わずに逃げました。この店では2カ月前にも似た男による強盗被害があり、同じ男の犯行とみられます。
 18日午前1時20分ごろ、青梅市のコンビニ店に男が押し入り、店員の男性(21)に刃物を突きつけ、「マネーマネー」と脅しました。男性が通報ボタンを押したため、男は何も取らずに逃げました。警視庁によりますと、男は30歳から40歳ぐらいで、黒っぽい帽子をかぶりサングラスをしていたということです。この店では、4月にも似た男による強盗事件があり、警視庁は同一犯とみて男の行方を追っています。

2009_1229_211958annlogo1

| トラックバック (0)

九州の暴力団抗争「終結宣言」 背後に山口組の影も…警察は動向注視(18日)産経

ともに特定抗争指定暴力団の「道仁会」が「九州誠道会」との対立抗争終結を宣言する文書を福岡県警に提出し、九州誠道会は解散を届け出た。九州北部ではこれまで両団体の抗争で一般男性も含め多くの死傷者を出し、長期にわたり地域住民に不安を強いてきただけに、警察庁幹部は「動向を見極める必要がある」と慎重な見方を示している。住民の不安解消にはまだ時間がかかりそうだ。
7年で47事件
 発砲事件などが相次いだ対立抗争事件は、道仁会の会長人事をめぐる内紛が発端で、人事を不服とする同会内の最大派閥のグループが平成18年に離脱して九州誠道会を結成。同年以降、双方の幹部が射殺されるなど7年間にわたって対立抗争状態となり47事件が発生、14人が死亡した。
 19年には佐賀県の病院で、一般男性が暴力団関係者と誤って射殺され地域住民に大きな不安が広がり暴力団排除運動が盛り上がるきっかけとなった。
 対立抗争は一時沈静化したが、23年に再燃し同年は13件、24年は7件発生。福岡県公安委員会などが同年12月、改正暴対法に基づき対立抗争を繰り返す暴力団の活動を大きく制限する「特定抗争指定暴力団」に双方を指定した以降は、事件の発生はない。
 約半年後の今月11日、双方が抗争終結と解散届を提出、特定抗争指定が効力を発揮したとの見方もある。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130617/crm13061721380016-n1.htm

| トラックバック (0)

現金受け取り役の男逮捕 オレオレ詐欺未遂容疑(18日)産経

埼玉県警川口署は17日、オレオレ詐欺で現金を受け取ろうとしたとして、詐欺未遂の疑いで宮城県白石市の無職、佐々木貴裕容疑者(24)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、埼玉県川口市の女性(78)に同日午前11時ごろから数回、別の男が長男を装って電話をかけて「会社の小切手をなくした」などと持ち掛け、現金をだまし取ろうとしたとしている。
 不審に思った女性が110番し、張り込んでいた署員が待ち合わせ場所に現れた佐々木容疑者を取り押さえた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130618/crm13061800390000-n1.htm

| トラックバック (0)

« 2013年6月17日 | トップページ | 2013年6月19日 »