« 2013年6月8日 | トップページ | 2013年6月10日 »

2013年6月9日

2013年6月 9日 (日)

尼崎事件“見逃された死”捜査へ(9日)NHK

兵庫県尼崎市の殺人・死体遺棄事件で、住宅の床下から遺体で見つかった女性の母親が、5年前、意識不明の状態で病院に搬送された際、医師が「暴行を受けたような不審な点がある」と警察に連絡したのに、死亡後、病死として扱われていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
警察は、角田美代子元被告の親族らが母親への暴行にも関わった疑いがあるとみて捜査に乗り出す方針です。

去年12月、警察の留置場で自殺した角田美代子元被告(当時64)の親族7人は、住宅の床下から遺体で見つかった仲島茉莉子さん(当時26)への殺人や監禁の罪などで起訴されています。
警察などの調べで、仲島さんの母親の皆吉初代さん(当時59)は、10年前、元被告らに高松市の家に乗り込まれ、兵庫県に連れてこられたことが分かっています。
その後の捜査で、5年前、皆吉さんが意識不明の状態で病院に搬送された際、医師が「暴行を受けたような不審な点がある」と警察に連絡したのに、意識が戻らないままよくとし、死亡したあと、病死として扱われていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
警察は、病死と判断したいきさつについて調べるとともに、元被告の親族らが皆吉さんへの暴行にも関わった疑いがあるとみて捜査に乗り出す方針です。
警察によりますと、元被告の周辺では皆吉さんを含め8人が死亡、3人が行方不明になっていて、警察は全容解明を進めています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130609/k10015180201000.html

| トラックバック (0)

ひったくり:神戸の少年2人逮捕 道頓堀川に飛び込み発覚(9日)毎日

自転車に乗った女性からバッグをひったくったとして大阪府警南署は9日、兵庫県内の高校1年生の少年2人(いずれも15歳)を窃盗容疑で逮捕、送検したと発表した。少年らは、現場近くの道頓堀川に飛び込んでいるところを通報されたことから容疑が発覚した。
 容疑は、8日午前4時5分ごろ、大阪市中央区西心斎橋2の路上で自転車に乗った女性会社員(70)を走って追い抜く際に、自転車の前かごに入っていた現金8000円在中のかばんを盗んだ、とされる。1人は「友達と金を盗もうと相談して盗んだ」と容疑を認め、もう1人は「ついて行っただけ」と否認しているという。
 事件から約2時間後、少年ら計4人が現場から東約200メートルの戎橋から道頓堀川に飛び込んでいると同署に通報があり、署員らが駆け付けたところ、少年らは署員らの姿を見て逃げ始めた。身柄を確保したところ、ひったくり事件の容疑者に服装などが似ていたため、同署に任意同行を求め、同日夕、逮捕した。【内田幸一】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130610k0000m040026000c.html

| トラックバック (0)

19歳少年、母の携帯で警察HPに中学爆破予告(9日)読売

「京都市内の中学校を爆破する」と、京都府警のホームページ(HP)に書き込んだとして、府警捜査1課などは7日夜、住所不定、無職の少年(19)を威力業務妨害容疑で逮捕した。「仕事が無くなり、イライラしてやった」と容疑を認めている。


 発表では、少年は4日午後6時20分頃、母親の携帯電話を使って府警HPの「苦情・意見・要望フォーム」に書き込み、京都市内の中学校の教職員の業務を妨害した疑い。少年が中学校を特定していなかったため、府警が同市教委に連絡し、全中学校で危険物を探したが、異常はなかった。

| トラックバック (0)

“心霊スポット”に向かう途中…車が激突5人死傷(9日)テレビ朝日

9日未明、愛知県安城市で、10代の男女5人が乗った車が道路の分離帯に衝突し、1人が死亡、4人がけがをしました。
 午前3時前、安城市の国道バイパスの出口で、名古屋市の会社員の男性(19)が運転する乗用車が車線を外れ、分離帯に衝突しました。この事故で、名古屋市の会社員・鬼丸静也さん(18)が死亡し、運転していた男性が重体となっているほか、17歳の男女3人がけがをしました。警察の調べによりますと、5人は近くに住む友人で、「心霊スポット」で肝試しをするために蒲郡市方面に向かう途中だったということです。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000006863.html

| トラックバック (0)

遺棄容疑で逮捕の男性釈放 秋田地検「証拠不十分」 車のトランクから遺体(9日)産経

宮城県大崎市の林道で昨年9月、車のトランクから秋田県横手市の砕石販売会社社長、長谷川毅さん=当時(45)=の遺体が見つかった事件で、秋田地検は9日、死体遺棄容疑で逮捕された男性(47)を処分保留で釈放した。
 地検は「現時点では、起訴できるだけの証拠がない」と説明。逮捕された男性が、車のトランクに長谷川さんの遺体があるのを知っていたかどうかなどを立証できるだけの証拠を集められなかったとみられる。
 殺人、死体遺棄事件として合同捜査本部を設置している秋田、宮城両県警は捜査を継続する。
 両県警は長谷川さんの遺体を乗用車のトランクに押し込み、大崎市鳴子温泉の林道上に運んで、車ごと遺体を遺棄した疑いで男性を逮捕した。捜査本部によると、男性は任意捜査の段階で「自殺した男性に誘われて現場周辺までは行った。遺体については知らない」と供述。逮捕後は黙秘していた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130609/crm13060920210004-n1.htm

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(9、10日単位・レベル)
一瞬でも忘れてほしい…
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130602104521

 9日の読売新聞社会面のトップは「未解決遺族と歩む」として、ひとりの警察官OBの話題を取り上げていた。その人は元警視庁成城署署長の土田猛さん(65)。
 同署管内で13年前の12月、宮沢さん一家4人が殺害された事件は現在も未解決のままだ。被害者の宮沢さんの母親、節子さん(81)は千葉県柏市郊外で家族全てを失った悲しみに耐え、ひっそりと暮らしている。その母親の良き相談相手になっているのが当時、同署の副署長だった土田さん。その後土田さんは捜査1課デカに…
 「遺族は消えることのない悲しみを真っ正面から受け止め、その人なりの最善の生き方をみつけなくてはならない……つらい現実を一瞬でも忘れて互いの気持ちを自然に話せるようになりたい」。
 警察官になったのは「人や社会のためになる仕事をしたい」だった。警察官人生41年のうちデカ稼業30年-事件を通して世の中の喜びも悲しみも知り尽くしたデカが定年後も社会のために尽くしている人情家だった。まだまだ日本の警察は安泰ですな。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| トラックバック (0)

大阪府警の複数の警察官、留置場で起きた事件で虚偽調書作成か(9日)フジテレビ

大阪府警の複数の警察官が、留置場で起きた公務執行妨害事件について、虚偽の調書を作っていた疑いがあることがわかった。
関係者によると、2012年12月、堺警察署の留置場で騒いでいた男が、取り押さえようとした巡査長(33)を殴り、男は、公務執行妨害の現行犯で逮捕された。
この逮捕について、留置保護室への収容を巡査長が独断で決めたとの調書が作成されたが、上司である警部補が、その場にいなかった巡査部長が決めたという内容への書き換えを指示し、虚偽の調書が作成されたという。
その後、調書の内容がうそだったということが判明したが、刑事課の署員が、「巡査長が独断で決めたことを、上司にしかられたくないためだった」という、新たな虚偽の調書を作成したという。
警察は、有印公文書偽造などの疑いもあるとみて、内部調査を始めている。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00247645.html

| トラックバック (0)

金融商品詐欺 代金送金が最多(9日)NHK

去年から急増している未公開株などの金融商品を売りつける振り込め詐欺事件で、小包などで代金を送らせる手口が全体の40%近くを占め、金融機関での振り込みや被害者から直接受け取る手口を上回ったことが分かりました。警察庁は受け取り役などが逮捕されるのを避けるために、詐欺グループが手口を変えているとみて対策を検討しています。

振り込め詐欺を巡っては、去年から急増している実態がない会社の未公開株や社債を売りつけて代金をだまし取る手口がことしも相次ぎ、4月末までの被害件数は625件、被害総額は50億円余りに上っています。
このうち、日本郵便のレターパックや宅配会社の小包などで現金を送らせる手口が239件と全体の38%を占め、金融機関での振り込みや被害者の自宅を訪れて、直接、現金を受け取る手口を上回ったことが警察庁のまとめで分かりました。
1件当たりの平均の被害額も762万円と高額で、警察庁は現金の受け取り役やATMでの引き出し役が逮捕されるケースが増えるなか、詐欺グループが手口を変えてきているとみています。送り先には私設の私書箱が指定されることが多く、警察庁は悪用された私書箱の住所を公開して日本郵便などに協力を求めるとともに、対策を検討しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130609/n69847910000.html

News_pic1_2

| トラックバック (0)

「消えろ」「邪魔」吹奏楽部顧問、部員に暴言繰り返す(9日)産経

山形県南部の県立高校で、吹奏楽部顧問の30代女性教諭が、部活指導中に部員に「消えろ」「邪魔」などと暴言を繰り返し、学校側から指導を受けていたことが9日、県教育委員会への取材で分かった。
 学校側は教諭を吹奏楽部顧問から外し、保護者会で謝罪した。県教委は教諭の処分について「学校の報告書を受けてから検討したい」としている。
 県教委によると、ことし5月上旬、暴言を受けた部員が校長らに相談した。教諭は平成22年にこの学校に赴任、吹奏楽部の顧問となったが、23年ごろから部員が学校側に同様の訴えをし、校長らはその都度指導していたという。

Msn_s1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| トラックバック (0)

14年前の殺人事件「共犯者に凶器渡された」 警視庁が逮捕の男、分け前10万円は競馬に(9日)産経

東京都足立区のアパートで平成11年5月、会社員の武田鎮雄さん=当時(63)=が殺害され、郵便貯金約60万円が引き出された事件で、殺人容疑で逮捕された土木作業員、中窪信雄容疑者(60)が「共犯者の男と日雇い労働の現場で知り合い、凶器の包丁を渡された」と供述していることが9日、警視庁西新井署捜査本部への取材で分かった。捜査本部はこの男が事件を主導したとみて、身元の特定を急いでいる。
 捜査本部によると、事件当時、中窪容疑者は台東区内のアパートやレンタルルームを転々としていたといいい、「郵便局から引き出したカネのうち約10万円を分け前としてもらい、競馬などに使った。ずっと後悔していた」と供述。その後は共犯者の男と別行動となり、関東近郊で身を潜めていたとみられる。
 中窪容疑者は共犯者の名前など身元の特定につながる情報を明らかにしていないという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130609/crm13060912270001-n1.htm

| トラックバック (0)

皇太子ご夫妻が結婚から20年 大勢の祝福「懐かしい」(9日)共同

皇太子さま(53)と雅子さま(49)は9日、結婚から20年を迎えられた。宮内庁を通じ、文書で感想を発表し「多くの方にお助けいただいて、結婚20年を迎えることができますことを大変ありがたく幸せに思います」と感謝の気持ちを示した。
 大勢の祝福の中で行われた20年前の結婚の儀やパレードを「懐かしい」と振り返った。
 この20年間の動きに、ボランティア活動の拡大など明るい出来事を挙げた一方、少子高齢化など社会の変化、阪神大震災や東日本大震災といった自然災害に触れ、被災地の復興にも「永く心を寄せていきたい」とした。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013060801001763.html

| トラックバック (0)

杉林焼ける火事2件放火か 青森・階上町(9日)NHK

三陸復興国立公園とその周辺で不審火が相次いでいる青森県階上町で、8日夜遅く、杉林が焼ける火事が2件起きました。
いずれもふだん火の気のない場所で、警察は放火の疑いもあるとみて調べています。

8日午後11時前、青森県階上町晴山沢の杉林から火が出ているのをパトロール中の消防職員が見つけました。
消防車6台が出て消火に当たり、火事はおよそ40分後に消し止められましたが、この火事で杉林およそ1000平方メートルが焼けました。
さらに午後11時半ごろには、この火事の消火活動に向かっていた消防団員が5キロほど離れた階上町鳥屋部の杉林からも火が出ているのを見つけました。
2件目の火事はおよそ45分後に消し止められましたが、杉林およそ4万平方メートルが焼けました。いずれの火事でもけが人はありませんでした。
消防によりますと、階上町と、隣接する八戸市南郷区ではことし4月から20件余りの不審火が相次ぎ、先月29日には三陸復興国立公園に指定されている階上岳の山林でも火事が起きています。
いずれもふだん火の気のない場所で出火していることから、警察は放火の疑いもあるとみて調べています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130609/k10015172871000.html

| トラックバック (0)

14年前の殺人容疑で土木作業員の男逮捕 東京・足立 警視庁、指紋が一致(9日)産経

東京都足立区のアパートで平成11年5月、会社員の武田鎮雄さん=当時(63)=が殺害され、郵便局で貯金約60万円が引き出された事件で、警視庁捜査1課は8日、殺人容疑で、住所不定、土木作業員、中窪信雄容疑者(60)を逮捕した。中窪容疑者が共犯者の存在を示唆したことなどから、捜査1課は解散した捜査本部を西新井署に再設置し、詳しい経緯を調べる。
 捜査本部によると、今年2月、千葉県内で暴行事件に関与した中窪容疑者の指紋と、郵便局の整理券に残された指紋が一致。局内の防犯カメラに映っていた男の特徴とも似ていたことなどから関与が浮上した。
 中窪容疑者は武田さんと面識がなく、「誘われて生活費や遊興費ほしさにやった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、11年5月5日夜、足立区小台のアパートで、武田さんの腹を刃物で刺して鼻と口をふさぎ、窒息死させたとしている。
 武田さんは翌6日朝、アパートで殺害されているのを発見された。同日中に台東区内の郵便局で、武田さんの通帳と印鑑を使って貯金約60万円を引き出す男が防犯カメラに映っており、当時の捜査本部が画像を公開していた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130609/crm13060900100000-n1.htm

| トラックバック (0)

3人死亡火災、たばこの火の不始末が原因か(9日)TBS

東京・練馬区で住宅5棟が焼け、男性3人が死亡した火事で、その後の警視庁などの調べで、たばこの火の不始末が出火の原因とみられることがわかりました。
 この火事は、8日未明、練馬区早宮の無職、島野正夫さん(83)の自宅から火が出て、住宅5棟、あわせておよそ220平方メートルが焼けたほか、火元の住宅の焼け跡から男性3人が遺体で見つかったものです。
 その後の警視庁や東京消防庁の調べで、火元は住宅1階の奥にある島野さんが寝ていた部屋で、たばこの火の不始末が出火の原因となった可能性が高いことがわかりました。
 島野さんと義理の息子(51)、そして、孫の男性(24)の行方がわからなくなっていることから、警視庁は死亡したのはこの3人とみて身元の確認を急いでいます。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5352830.html

| トラックバック (0)

大阪・池田小児童殺傷事件から12年 遺族らが出席し追悼式典(9日)フジテレビ

大阪教育大学付属池田小学校に包丁を持った男が侵入し、8人の児童が殺害された事件から、8日で12年がたち、追悼式典が行われた。
8日午前10時すぎ、事件が起きた時刻にあわせて、犠牲となった児童に追悼の祈りがささげられた。
12年前の2001年6月8日、包丁を持った男が校舎に乱入し、8人の命が奪われ、15人が重軽傷を負った。
式典には、亡くなった児童の遺族や在校生、およそ660人が出席し、在校生の代表が誓いの言葉を述べた。
在校生の代表は「わたしたちができることは、自分の命を大切にするように、相手の命の重みを考え行動すること」と話した。
また、佐々木 靖校長は「学校が、安全で安心できる場所であるよう、努力を続けていきます」と、あらためて誓った。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00247634.html

| トラックバック (0)

秋葉原無差別殺傷から5年 犯罪予告書き込み対応で新たな課題も(9日)フジテレビ

東京・秋葉原で起きた無差別殺傷事件から、8日で5年。この事件では、インターネット掲示板に犯行予告が書き込まれていたことから、警察当局は、犯罪予告の書き込みへの迅速な対応が求められてきた。しかし、新たな課題も出てきている。
7人が殺害され、10人が重軽傷を負った事件から5年。
現場では、多くの人が花を手向けた。
その中の1人、湯浅 洋さん(59)。
当時、右脇腹を刺され、一時重体になった。
毎年、こうして事件現場を訪れ、献花を行っている。
湯浅さんは「ただ忘れ去られていくのではなくて、あの事件をきっかけに、似たような事件が減っていくようにしたい」と話した。
殺人などの罪に問われ、1審と2審で死刑判決を受けた加藤智大被告(30)は、最高裁判所に上告している。
加藤被告は「車でつっこんで、車が使えなくなったらナイフを使います みんなさようなら」、「時間です」と書き込んでいた。
秋葉原の事件以降、警察当局は、犯行予告への迅速な対応が求められるようになった。
「通勤ラッシュ時に無差別に包丁で殺しまーす!」などと、犯行予告ととれる書き込みは、ネット上に数多く書き込まれている。
全国の警察による、犯罪予告などネットを使った威力業務妨害や脅迫事件の検挙数は、2007年が69件だったのが、秋葉原の事件が起きた2008年には、167件と急増し、一時は落ち着きを見せたものの、再び増加した。
2012年は、187件にのぼっている。
一方、警察は2012年、ネット上での犯行予告事件で、相次いで4人を誤認逮捕している。
遠隔操作ウイルスを見抜けなかった結果だった。
警察庁捜査第1課の中山 仁理事官は「昨年(2012年)の遠隔操作事件、警察としての反省・教訓事項は、遠隔操作の可能性を十分に想定していなかったということ」と述べた。
ネットでの犯行予告に対し、秋葉原のような事件の再発を防ぐうえでも、迅速な対応が求められる一方で、サイバー犯罪は、巧妙かつ悪質化する。
警察庁捜査第1課の中山 仁理事官は「サイバー犯罪捜査に関する知識の底上げを図る。犯行予告が脅迫・業務妨害といった刑罰法令に触れるときには、厳正に対処していかなければならない」と述べた。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00247626.html

| トラックバック (0)

店内で殺害した疑いで再逮捕 秋田飲食店女性殺害(9日)テレビ朝日

秋田市の飲食店に勤務する女性の遺体が山の中から見つかった事件で、警察は、死体遺棄の疑いで逮捕していた2人を殺人の容疑で再逮捕しました。
 秋田市の元飲食店従業員の神山達也容疑者(26)と秋元麗奈容疑者(21)は先月、同じ店に勤める伊藤理香子さん(22)の遺体を秋田市内の山林に埋めたとして逮捕されていました。警察は、2人の供述通り、秋田市内の川の中から殺害された伊藤さんの携帯電話を発見するなど捜査を進めてきましたが、8日夕方、伊藤さんを店の中で殺害した容疑が固まったとして殺人の疑いで再逮捕しました。警察の調べに対し、神山容疑者は「肯定も否定もしない」と話し、秋元容疑者は殺害への関与をほのめかす供述をしているということです。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000006844.html

| トラックバック (0)

« 2013年6月8日 | トップページ | 2013年6月10日 »