« 不動産会社を強制調査 監視委 株価不正つり上げ(25日)産経 | トップページ | ネット悪質商法、通報サイトを都が開設(25日)読売 »

2013年5月25日 (土)

980万円分? 裁断一万円札、三重・四日市の産廃中間処理施設(25日)産経イザ

 三重県四日市市の産業廃棄物中間処理施設で、重さ約1キロ分の1万円札が裁断後の紙片状態になって見つかり、同県警四日市北署が24日、発表した。銀行関係者によると、1万円札の1枚の重さは約1・02グラムで約980万円相当。たんすや机の引き出しに入れたまま気付かずに捨てられた可能性もある。同署は拾得物扱いで保管するという。
 同署によると、23日午前8時半ごろ、男性従業員が、木くずなどの産業廃棄物を裁断処理していたところ、裁断後のごみの中から1万円札の紙片が見つかった。1日かけて大量の紙片を収集し、24日朝に署に届けた。透かしなどもあり、同じ番号がないことから偽札などの事件性はないとみられる。
 この施設では、三重、愛知、岐阜の3県の産業廃棄物を扱っており、3県のどこから来たのかは不明。紙片は半分から4分の1程度に裁断されており、復元も可能。損傷紙幣は3分の2以上あれば現金換算できるため、落とし主が現れなければ、3カ月後に拾い主の施設運営業者の社長(42)のものになる。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

« 不動産会社を強制調査 監視委 株価不正つり上げ(25日)産経 | トップページ | ネット悪質商法、通報サイトを都が開設(25日)読売 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 980万円分? 裁断一万円札、三重・四日市の産廃中間処理施設(25日)産経イザ:

« 不動産会社を強制調査 監視委 株価不正つり上げ(25日)産経 | トップページ | ネット悪質商法、通報サイトを都が開設(25日)読売 »