« シェールガス採掘の投資詐欺、14人を逮捕(30日)読売 | トップページ | 児童ポルノ:自民、公明、維新が「単純所持」禁止改正案(30日)毎日 »

2013年5月30日 (木)

「警察の発砲は適法」死亡男性遺族の上告棄却(30日)読売

 奈良県大和郡山市で2003年、車上荒らしをして車で逃走中に警察官の発砲で死亡した男性(当時28歳)の母親が、県と警察官4人に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は27日の決定で原告の上告を棄却した。
 発砲は適法として請求を棄却した1、2審判決が確定した。
 原告側は「警察車両が逃走車を制止するのは時間の問題で、発砲の必要はなかった」と主張したが、1審・奈良地裁は「周囲の車両に強く衝突して逃げようとしており、発砲しなければ阻止できなかった」と認定。2審・大阪高裁も支持した。発砲を巡っては、警察官2人が付審判決定で殺人罪などに問われたが、1、2審で無罪となり、検察官役の指定弁護士が上告している。(2013年5月29日20時40分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

« シェールガス採掘の投資詐欺、14人を逮捕(30日)読売 | トップページ | 児童ポルノ:自民、公明、維新が「単純所持」禁止改正案(30日)毎日 »

裁判」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「警察の発砲は適法」死亡男性遺族の上告棄却(30日)読売:

« シェールガス採掘の投資詐欺、14人を逮捕(30日)読売 | トップページ | 児童ポルノ:自民、公明、維新が「単純所持」禁止改正案(30日)毎日 »