« 茨城の住宅で男性殺害 車などで逃走か(28日)NHK | トップページ | 1年前の強盗未遂「画像が似ている」通報で男逮捕 茨城(28日)産経 »

2013年5月28日 (火)

送り付け詐欺急増(28日)共同

 「ご注文いただいた健康食品を送ります。代金を」―。電話をかけ、注文していない商品を送り、買い取らせようとする「送り付け詐欺」が急増している。県消費生活・男女共同参画プラザ(アイネス)には4月以降、40件以上の相談が寄せられた。担当者は「注文した覚えがなければはっきり断って」と注意を呼び掛けている。
 アイネスの相談員によると、業者はまず電話で「注文があった商品を送る」と切り出す。「注文した覚えがない」と返事をしても、「こちらには記録が残っている。キャンセルできない」などと、強引に健康食品などを送り付けようとする。商品代金は3万円前後のものが多いという。
 対処法は「まずははっきり断ること。業者が引き下がらない場合は連絡先を聞き出したり、注文の証拠を求めるなど毅然(きぜん)とした対応が必要」と相談員。その際「いらない」という意思を伝える「結構です」という言葉は、OKの返事と受け取られかねないので避けたほうがいいという。
 アイネスの調査では、契約後に交渉で戻った金額と、購入や支払いに迷って相談し支払わずに済んだ金額の合計「被害救済額」が昨年6月から今年3月までの10カ月間で2億677万701円に上っている(相談数3157件)。
 相談員は不審な業者の情報提供を呼び掛け「払った後でも取り戻せるお金は多い。まずは相談を」としている。
 丁寧な口調…終始しつこく
 大分市中心部の80代女性宅に業者から電話があった。電話の主は20代くらいの若い男だった。丁寧な口調だったが、終始しつこかったという。
 ―以下、電話やりとり
 男「○○○子さんですか?オーガニック○○会社ですが、お宅の住所は大分市△町○番地○号で間違いないですね」
 女性「そうですが?」
 男「注文頂いた健康食品をお送りしたいのですが」
 女性「私は注文していない。それは何ですか」
 男「コンドロイチンなどが入った健康食品です」
 女性「絶対に頼んでいません」
 男「記録があるし、私どもには整合性がある。お忘れになっていませんか」
 女性「いいえ。受け取るわけにはいかないので、(キャンセルの)手続きをしましょう。そちらの電話番号を教えてください」
 女性がそう言うと、電話が切れた。相手は住所、氏名を知っていたので「どこかで名簿を入手したのでは」と女性。商品の詳しい内容や値段は言わなかったという。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.oita-press.co.jp/localNews/2013_136963298843.html

« 茨城の住宅で男性殺害 車などで逃走か(28日)NHK | トップページ | 1年前の強盗未遂「画像が似ている」通報で男逮捕 茨城(28日)産経 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/57474630

この記事へのトラックバック一覧です: 送り付け詐欺急増(28日)共同:

« 茨城の住宅で男性殺害 車などで逃走か(28日)NHK | トップページ | 1年前の強盗未遂「画像が似ている」通報で男逮捕 茨城(28日)産経 »