« 【高齢者施設連続死】増える施設での虐待 背景につらい労働環境?(26日)産経 | トップページ | 震災ボランティア9割減…被災地ニーズの変化で(26日)読売 »

2013年5月26日 (日)

大阪腐乱遺体:幼児が先に死亡か(26日)毎日

大阪市北区天満2のマンション一室で遺体で見つかった女性と幼児について、遺体の状態などから、先に幼児が死亡した可能性が高いことが捜査関係者への取材で分かった。母親とみられる女性はその後、間もなく亡くなったとみられる。府警天満署は室内の身分証などから、住人の井上充代さん(28)=職業不詳=と息子の瑠海(るい)ちゃん(3)と見て、死亡の経緯などを調べている。
 捜査関係者によると、女性の遺体はミイラ化し、幼児の遺体はより腐敗が進み、一部が白骨化していた。また、幼児の上半身にはタオルや毛布があり、女性が掛けたとみられる。司法解剖の結果、2人の死亡時期は今年2月ごろとされたが、先に幼児が亡くなったとみられるという。
 室内には僅かな生活用品があったが、冷蔵庫がなく、食料もほとんどなかった。遺体発見時、水道は使える状態だったが、電気は止められており、同署は餓死した可能性もあると見ている。【高橋隆輔、寺岡俊】

http://mainichi.jp/select/news/20130526k0000m040112000c.htmlLogo_mainichi_s1

« 【高齢者施設連続死】増える施設での虐待 背景につらい労働環境?(26日)産経 | トップページ | 震災ボランティア9割減…被災地ニーズの変化で(26日)読売 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪腐乱遺体:幼児が先に死亡か(26日)毎日:

« 【高齢者施設連続死】増える施設での虐待 背景につらい労働環境?(26日)産経 | トップページ | 震災ボランティア9割減…被災地ニーズの変化で(26日)読売 »