« 県補助金約9,200万円だまし取った疑い 会社社長ら5人逮捕(26日)フジテレビ | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2013年5月26日 (日)

子どもの車内閉じ込め多発 リモコンキーご用心 (26日)共同

ボタンを押すだけで車のドアを施錠できるリモコンキーを子どもが触り、車内に閉じ込められる事故が起きている。このほか電波を出す新しいタイプのキーには、電池切れで予期せずにドアロックがかかる場合もある。熱中症の心配される季節を迎え、救助にあたる日本自動車連盟(JAF)は注意を呼び掛けている。
 熊本市北区の駐車場で4月中旬、1歳の男児が車内に閉じ込められる事故が起きた。同市消防局によると、母親は男児にリモコンキーを持たせて助手席に座らせた。ドアを閉めて運転席に回り込もうとした間に、男児が施錠ボタンを押してしまったという。
 5月上旬には同市東区のスポーツセンターでも幼児の閉じ込めがあり、軽い脱水症状で救急搬送された。子どもをあやすため、鍵につけたキーホルダーをおもちゃ代わりに子どもに持たせる母親が多く、閉じ込め事故につながっているという。
 JAF熊本支部によると、昨年は県内で子どもの閉じ込め135件に出動。リモコンキーの誤操作、集中ロックボタンの押し間違えなどが主な原因だった。
 ポケットやバッグに鍵を入れたままで、ドアロックやエンジンの始動ができる「電子キー」。このタイプの鍵は常時電波を出し続けていることから、別の注意も必要になる。
 国民生活センター(東京都)の2009~10年の調査では、エンジンを切った車内でキーの電池が切れると、自動的にドアがロックされるケースがあった。鍵の出す電波が途切れたことで、車体が「無人」と勘違いし、盗難防止の自動施錠システムが作動するためという。同生活センターは「電池の寿命は2年程度が目安。早く切れることもあるので注意して」と話す。

2010_0123_11120247newslogo1 http://kumanichi.com/news/local/main/20130524007.shtml

« 県補助金約9,200万円だまし取った疑い 会社社長ら5人逮捕(26日)フジテレビ | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの車内閉じ込め多発 リモコンキーご用心 (26日)共同:

« 県補助金約9,200万円だまし取った疑い 会社社長ら5人逮捕(26日)フジテレビ | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »