« 「性犯罪前歴者にGPS」宮城県が条例化断念 批判受け(16日)朝日 | トップページ | 恒例!白バイ隊の運転技術を見よ 女性隊員17人も(16日)テレビ朝日 »

2013年5月16日 (木)

燃える枕木のナゾ…8日で9件、国が究明要請(16日)読売

JR城端線の枕木が燃える事案が相次いでいる問題で、国土交通省北陸信越運輸局はJR西日本金沢支社に対し、原因究明と再発防止を要請した。
 6~13日の短期間に計9件と多発したことを重くみて、13日、口頭で伝えたもので、同社は14日、枕木が燃えにくくなる薬剤を塗るなどの対策を取り始めたことを同運輸局へ書面で報告。引き続き原因を調べている。
 線路敷地内で枕木が燃える事案は高岡、砺波、南砺の3市で晴れた日に発生しており、ダイヤに影響が出た時もある。氷見線でも6日に燃えた跡が見つかった。
 同運輸局によると、短期間に同じ路線で何度も枕木が燃えることは異例。火災には至っていないが、沿線住民や乗客に不安を与えているため、調査と再発防止策の報告を求めた。古い枕木や車両は城端線だけでなく、ローカル線を中心に国内各地で使われているため、老朽化だけが原因とは考えにくいという。
 列車がブレーキをかける際に車両の部品から高熱の鉄粉が落ちたり火花が発生したりした可能性があるため、同社は14日から、列車がブレーキをかける区間で枕木に薬剤を塗り始めた。15日からは同区間で枯れ草を刈る。また、乾燥注意報が発令された日には巡回を強化しているという。

« 「性犯罪前歴者にGPS」宮城県が条例化断念 批判受け(16日)朝日 | トップページ | 恒例!白バイ隊の運転技術を見よ 女性隊員17人も(16日)テレビ朝日 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燃える枕木のナゾ…8日で9件、国が究明要請(16日)読売:

« 「性犯罪前歴者にGPS」宮城県が条例化断念 批判受け(16日)朝日 | トップページ | 恒例!白バイ隊の運転技術を見よ 女性隊員17人も(16日)テレビ朝日 »