« 窓ガラス59枚割られ消火器噴射も…愛媛の中学(12日)読売 | トップページ | シカ猟で誤射、男性死亡 宮城・女川町(12日)産経 »

2013年5月12日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日単位・レベル)
新名称は「母さん助けて詐欺」
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130505103553

 最近は、知能犯に暴力が加わるなど進化する「振り込め詐欺」-
 警視庁は、「オレオレ詐欺」の被害が甚大なことから注意喚起に適した新たな名称を募集していたが12日決まった。
 最優秀作品には「母さん助けて詐欺」が選ばれ優秀作品に「ニセ電話詐欺」と「親心利用詐欺」に決まった。
 初期のころの口述は鉄道警察を名乗り「ご主人が痴漢で捕まっている」の電話が入る。遠くで男のすすり泣く声。鉄警隊員が弁護士に変わり「相手は示談を望んでいるので振り込んでほしい」ともちかけ銀行口座に振り込ませる。
 その後、「交通事故で妊婦が流産の危機にある」として慰謝料を求め、こうして犯人と被害者の知恵比べはエスカレート。「母さん!オレ…オレだよ」と携帯番号が変わったと通知、その後「会社の金を使い込んだ。きょう午後3時までに返せば事件にしないと言われたので…」などと言って口座に振り込ませる。
 その後「口座振り込み」は、現金を直接受け取りに行く「受け取り詐欺」に進化。その手段は全体の7割以上を占めた。
 こうした振り込め詐欺にも「オレオレ詐欺」から「還付金詐欺」「警察官をかたる詐欺」など様々な騙しの文言が登場。総称して統計上「特殊詐欺」と銘打っていた。
 平成16年ごろから警察は「振り込め詐欺」の銀行口座の凍結を徹底し、銀行側も口座開設は本人確認が必要とするなど厳しくなったことから犯行に使う口座は減少。口座を販売する〝道具屋〟も出現したが、ついに「手渡し」に変わっていった。そして現在は受け渡し現場で持参した現金を強奪するなど凶悪化している。
 被害防止に窮した警察…ついに警視庁が名称を変えることとし公募していた。警視庁は今後、3つの作品を撲滅にむけたキャンペーンなどで活用するという。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏 ポイント 19以下
【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり完全なる「平穏」(レベル1)をはずしています。

« 窓ガラス59枚割られ消火器噴射も…愛媛の中学(12日)読売 | トップページ | シカ猟で誤射、男性死亡 宮城・女川町(12日)産経 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/57370317

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 窓ガラス59枚割られ消火器噴射も…愛媛の中学(12日)読売 | トップページ | シカ猟で誤射、男性死亡 宮城・女川町(12日)産経 »