カテゴリー

« 覚醒剤密輸で無罪相次ぎ注意点周知(25日)NHK | トップページ | 大阪腐乱遺体:幼児が先に死亡か(26日)毎日 »

2013年5月26日 (日)

【高齢者施設連続死】増える施設での虐待 背景につらい労働環境?(26日)産経

高齢者虐待防止法は、社会問題化した虐待に対応するため、虐待の早期発見や施設、家族への支援強化を目指したものだが、65歳以上の高齢者に対する家族や介護施設職員の虐待は増加傾向にある。痛ましい事件は現在も後を絶たない。
 厚生労働省の調査によると、介護施設などでの職員による虐待の相談・通報は、平成23年度は687件(前年比181件増)で過去最多。虐待と判断されたのは前年比57・3%増の151件で、これも過去最多だった。虐待が起きた施設の3割は、認知症や要介護度の高い人が入所することが多い特別養護老人ホーム。虐待を受けた高齢者の7割は、日常生活を自力で行うのは難しいとされる要介護3以上だった。
 「特養ホームを良くする市民の会」の本間郁子理事長によると、施設での虐待は、夜間など職員が少ない時間帯に、20~30代の若い職員によって起きることが多いという。「排泄(はいせつ)、食事介助、入浴と時間に追われているのに、お年寄りの動きはゆっくり。経験の少ない若手はついイライラしてしまう」と指摘する。
詳細は以下をクリック
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130526/crm13052600330001-n1.htm

« 覚醒剤密輸で無罪相次ぎ注意点周知(25日)NHK | トップページ | 大阪腐乱遺体:幼児が先に死亡か(26日)毎日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

トラックバック

« 覚醒剤密輸で無罪相次ぎ注意点周知(25日)NHK | トップページ | 大阪腐乱遺体:幼児が先に死亡か(26日)毎日 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ